育毛剤が様々な種類に分かれる理由は薬事法にあった!

ペンでたくさんのチェックマークをつけるスーツの男性が

薄毛を治そうと育毛剤を探し始めたらいろいろな種類があることがわかります。

髪を生やすために使うのは育毛剤ですが、よくよく見てみると医薬品や医薬部外品はたまた化粧品といった種類に分類されています。

なぜこれらのような複数の種類に分かれているのかというとそれは薬事法が関係しています。

今回は薬事法における育毛剤の分類とそれぞれのメリットやデメリットについてご紹介していきたいと思います。

育毛剤を使う人にとって薬事法は無くてはならないものである

育毛剤はテレビやネットなどの広告でよく宣伝されているので、知らない人はいないと思いますが薬事法について知っている人は少ないと思います。

こちらについては正式な名称として医薬品/医療機器等の品質/有効性および安全性等の確保に関する法律となっています。

薬事法は製品の品質と安全の基準を定める法律である

端的に言いますと医薬品/医薬部外品/医療機器等の効能や品質が、ちゃんと安全性が確認できる基準に達しているかどうかを管理指示するための法律ということです。

多くの人が使用する育毛剤はこちらの法律と大きく関わっており、スカルプケア製品が様々な種類に別れているのもこの法律によるものであると言えます。

育毛剤はたくさんの薬効成分によって作られた製品です。

もし薬事法が無ければ安全性の基準を無視した製品が、容易に販売されるようになり使用する人に大きな副作用をもたらす可能性も高くなります。

安全性を管理指示する法律によって誰もが安全に育毛剤を使用できる

安全性を考慮した基準が無ければ効果が高い育毛剤も作れますが、その分副作用も大きくなるため多数の人が利用できる製品にはなりえません。

しかし薬事法があることによって個人で使用しても問題が無いもの、医師の指示に従って使用するものなど、それぞれ適した使用方法と一定の安全性を持った製品として利用することができるのです。

また規定によってその製品にどんな成分が使われているのかもわかるようになっています。

このような法律があることによって専門的な知識が無い消費者でも、安心して育毛剤を使用することができるというわけです。

薬事法によって育毛剤は大きく3種類のタイプに分かれている

安全に使用するために育毛剤は薬事法によって、大きく医薬品/医薬部外品/化粧品の3つに分類されています。

薄毛の症状にも様々なものがありさらに育毛剤も、それぞれのタイプによって効果も異なるのでどのようなタイプがあるのかをしっかりと把握しておく必要があるのです。

ここでは3つに分けられる育毛剤のタイプについてご紹介していきたいと思います。

医薬品は最も効果が高い反面副作用が発生するリスクがある

医薬品タイプに分類される育毛剤には市販の製品には無い医療成分が配合されています。

医療成分が含まれている医薬品である場合は、基本的に医師あるいは薬剤師に処方してもらう必要があります。

医薬品タイプの育毛剤が持つ最大のメリットは大きな効果が期待できることです。

医療機関で使用される成分が配合されているので、市販のものよりも効果は保証されていると言えます。

ただし市販の育毛剤よりも値段が高い、また入手するには毎回医師からの処方が必要、そして副作用が大きいというデメリットがあります。

医薬部外品は医薬品よりも副作用の心配はなく誰でも安全に使用できる

医薬部外品タイプに分類される育毛剤は薬効成分が含まれているものの、誰でも使用できるよう医薬品よりも効果が緩やかになっています。

一般的にドラッグストアや通販などで提供されている製品がこれらに該当します。

医薬品ほどの大きな効果は期待できませんが病院に行かなくても、手軽に入手できるほか副作用の心配がほとんどないというメリットがあります。

デメリットとしては医薬部外品タイプの育毛剤には発毛効果が期待できる成分を配合しているものの、上記で述べたように作用は緩やかで、医薬品のように効果が保証されているというわけではなく、使う人によっては効果を感じられないこともあります。

あくまで薄毛症状の改善や予防目的程度の効果であると留意しておきましょう。

化粧品タイプは医薬部外品よりも先に新しい成分を配合できる

化粧品タイプに分類される育毛剤の数はそう多くは無いものの、最近では通販などで人気の製品が増えてきています。

頭皮に負担をかけない天然由来の成分を使用しているもの、肌が敏感な人も使いやすいなど体質に配慮したものも多く見かけます。

また医薬部外品のように縛りがきつくなく国が定めた成分以外のものも使用できるので、いち早く最新の成分や技術を取り入れた革新的な製品を試せるというメリットもあります。

デメリットとしては医薬部外品と同じく医薬品のような大きな効果が期待できないという点が挙げられます。

近年では新たに開発された製品が話題に

以上のように現在の育毛剤は薬事法によって定められた規定に則り、様々な種類に分けた上で提供されているのです。

効能は医薬品が最も大きいのですが副作用があるので医師と相談した上で慎重に使用する必要があります。

これまでのAGA治療も副作用を留意した上で医薬品タイプの育毛剤を使用していました。

しかし近年医薬品に劣らないほどの効果を持ちながら、副作用の心配が無い成分が新しく開発され、それが化粧品に分類されるスカルプエッセンスにいち早く取り入れられたことから、病院に通わなくてもAGAを改善できる可能性も出てきました。

薬事法と聞くと少々面倒な印象があるかもしれません。しかし、育毛剤のタイプについての特徴を把握しておけば、このような最新の情報も見聞きしやすくなるので情報収集を積極的に行っていきましょう。