好みに合わせて使おう!育毛剤の容器をタイプ別に解説!

色鮮やかな薬瓶

薄毛対策として育毛剤を使っている人はたくさんいらっしゃると思いますが、現在使っている製品の容器のタイプについて考えたことはあるでしょうか?

現在提供されている育毛剤で採用されているのは、ノズルタイプ/スプレータイプ/スポイトタイプなどがあります。

一見どちらでも良いように感じますが実は、それぞれのタイプによって使い方も異なればメリットも異なります

今回は育毛剤で採用されているノズルタイプ/スプレータイプ/スポイトタイプの容器について詳しく解説していきたいと思います。

細かいことを気にせず育毛剤を使いたいならスプレータイプの容器がおすすめ!

現在ドラッグストアやスーパーマーケットまたはインターネットの通販サイトなど、様々なところで販売されている育毛剤ですが、薬品を保存している容器もいくつかの種類に分かれています

誰しも初めのころはどちらかというと効果重視で、そちらの方にはあまり意識を向けずに選んでいたと思います。

しかし育毛剤が入っているそれぞれの容器にも、メリットとデメリットがあるので早速見ていきましょう。

スプレータイプは適量がわかりやすいので気楽に使える

まずスプレータイプですが現在販売されている育毛剤の中で、最も流行っている容器であると言えます。

スプレータイプの大きなメリットは育毛剤を、誰でもわかりやすく手軽に使用できるという点です。

たとえば説明書で頭皮に薬品を適量で塗ってくださいと書いてあっても、ほとんどの人にはどれくらいが適量なのかサッパリわからないと思います。

しかしスプレータイプはプッシュすれば薬品が出てくるので、どれくらいが適量かを知らなくても何プッシュすればオーケーかという感覚で使えます。

スプレータイプはプッシュすることで液体が広がってしまう

対してスプレータイプの容器である場合、使い続けていくうちに内容量が少なくなった際、最後のほうは薬品をうまく吸い出せなくなります

よって一回分の適量は何プッシュかという目安で量れなくなります。

そしてもう一つのデメリットはスプレータイプの育毛剤である場合、液体が無駄に広がってしまうことがあります。

液体が広がりすぎると頭皮ではなく髪につきやすくなるほか、勢いが強すぎると生え際あたりで液垂れしてしまうことも。

よってスプレータイプの育毛剤である場合は液体が広がらず、一直線に出る作りになったスプレー容器の方が無駄がなく効率が良いと言えるでしょう。

液体が飛び散って髪の毛につくのがイヤならノズルタイプの容器がおすすめ!

次にご紹介するノズルタイプもまた育毛剤でよく見かける容器ですね。

全てとは言いませんがテレビCMで出てくる育毛剤はだいたいこのタイプではないでしょうか。

ノズルタイプは液体の有効成分を頭皮へ送りやすい

ノズルタイプの育毛剤はまず頭皮にノズルをあて、軽く叩いたり容器を押したりして使用します。

頭皮に直接ノズルをあてながら付けるので、髪の毛につきにくくその分液体が無駄にならないというメリットがあります。

育毛剤は髪に付けるものではなく頭皮に付けなければ意味が無いので、ここは重要なポイントであると言えますね。

ノズルタイプは自分が使っている量を把握しにくい

有効成分の入った液体をきちんと頭皮へ届けることができるのは大きなメリットなのですが、初心者には付ける量の調節が難しいという面があるので、適した使い方ができるようになるまではある程度慣れが必要です。

スプレータイプのようにワンプッシュで適量を出してはくれないので、今使っている量が足りているのかいないのかが分からないところがネックとなっています。

1日の使用量をきっちりと把握し、育毛剤を計画的に使用したい人にとっては、使いにくい容器であると言えるかもしれません。

育毛剤をきっちりと計画的に使いたいならスポイトタイプの容器がおすすめ!

最後にご紹介するのはスポイトタイプです。

このタイプの育毛剤を使ったことが無いという人もいるかもしれませんが、育毛剤を計画的に使用したい人におすすめと言えるメリットを有しています。

スポイトタイプは自分が使った分を正確に把握できる

こちらはその名の通りスポイトで育毛剤を吸い出して頭皮に付けます。

スポイトタイプの場合まず液体が無駄に広がらず、狙った場所に無駄なくピンポイントで薬剤を付けられるというメリットがあります。

プッシュ式であるがゆえどうしても、液体が飛び散ってしまいがちなスプレータイプには無い特徴ですね。

またスポイトで容器から液体を吸い出すので、使用量を把握できるというメリットもあります。

育毛剤によっては目盛りが付いているものもありますので、ちゃんと適量を使用しているかが非常にわかりやすいと言えます。

スポイトタイプは他の2つのタイプに比べ慣れるまで難しく感じる

以上のようにスポイトタイプは他の容器には無いメリットを兼ね備えているのですが、この3つの中では一番扱いが難しいと言えるかもしれません。

こちらの場合は無駄なく育毛剤を使うためにはスポイトで慎重に吸い出す必要がありますが、スプレータイプではプッシュするだけで簡単に適量を使用できます。

またスポイトタイプの場合はノズルタイプのように、頭皮に直接触れた上での使い方はできないのでそのあたりも注意しながら使う必要があります。

気楽に使えるという点ではスプレータイプやノズルタイプに一歩譲るものの、育毛剤の使用量を把握できる分無駄なく計画的に利用できる容器であると言えるでしょう。

それぞれの特徴を把握して好みに合った育毛剤の容器を選んでみよう

このように育毛剤の容器にはいくつかの種類があり、それぞれに特有のメリットとデメリットがあるということがお分かりいただけたと思います。

どれが自分に合うのかは実際に使用してみなければ分からない部分もありますが、前もってこれらの特徴を把握しておくことで、より自分に合った育毛剤を選ぶ助けになることでしょう。

育毛剤を無駄なく使いたいあるいは髪につきにくいものが良いなど、是非容器にもこだわって自分の好みに合ったものを選んでみてください。