m字型の薄毛にもおすすめ!生え際の悩みにもフィンジアが効く!

薄毛に悩む男性
今AGAに高い効果が期待できるとして、フィンジアが非常に注目されているのをご存知でしょうか。

薄毛になる人が抱える原因の多くはAGAであるとされています。
AGAは男性型脱毛症と呼ばれており、思春期を過ぎた成人男性に現れる脱毛症の一種です。

20歳ごろから症状が出ることもあり、20代前半のはやいうちからm字型の薄毛で悩んでいる方もいます。
AGAはただ育毛剤を付けるだけでは改善しないことも多いのですが、フィンジアというスカルプエッセンスにはAGAに有効な成分が豊富に含まれていることがわかっています。

今回はフィンジアがm字型の薄毛に効果的である理由を詳しく解説していきたいと思います。

目次

フィンジアにはm字型の薄毛に効く有効成分が豊富に含まれている

m字型の薄毛を改善するのは難しいとされています。

それは生え際部分が他の箇所よりも育毛が難しい箇所だからです。

しかしフィンジアは生え際の髪の毛をフサフサにしたい人に最適な有効成分が配合されています。

以下ではなぜ生え際部分の髪を増やすのが難しいのか、その理由とフィンジアの主な効果をまとめて解説いたします。

血行不良を改善し生え際に栄養を届けるのを助ける

髪の生え際部分となる前頭部の頭皮はおでこにつながるのでつっぱりがちになります。

頭皮の厚さも薄く硬くなりやすい部分であると言えます。

また髪の毛に栄養を届ける毛細血管の数が、人体の他の部分よりも少ないことも特徴です。

このため生え際はとくに血行不良になりやすく、髪の毛への栄養が届きにくい箇所となっています。

育毛剤を塗布しても毛細血管が少ないので、有効成分が浸透しにくく改善もより難しくなるというわけです。

フィンジアには血行不良を改善するピディオキシジルや、センブリエキスが含まれており頭皮の血行改善に効果を発揮します。

負担がかかりやすい生え際の頭皮環境を整える

また、前頭部の生え際は髪の毛が生えている箇所の中でも負担がかかる箇所でもあります。

生え際はブラシや手でかき分ける回数が多いほか、風に煽られた場合でも思っている以上に引っ張られています。

また、紫外線の影響を一番受けやすい箇所でもあります。

つまり生え際は髪の毛に最も外から刺激や負担がかかってしまう箇所なのです。

フィンジアには頭皮を守るのに有効なグリチルリチン酸2kや髪の毛を生成させる毛母細胞を活性化させる褐藻エキスが配合されており、m字薄毛が発生する生え際の傷みやすい頭皮環境に作用します。

フィンジアは生え際のm字型薄毛の元凶にも効果を発揮する!

このとおり髪の生え際部分は常に頭皮や毛根に負担がかかる環境となっているため、髪の毛を生やすのも難しいとされるわけです。

しかしm字型の薄毛改善が最も手強いとされる最大の理由は、5αリダクターゼという酵素の存在です。

フィンジアが生え際の髪を生やすのに有効だとされるのは、髪の毛が後退する原因どのものにアプローチする成分が配合されているからです。

フィンジアは生え際に多く発生する5αリダクターゼを抑制することでDHTの分泌も防止する

生え際の髪の毛が後退していくのは男性ホルモンであるテストロテンが、毛根付近にある皮脂腺から分泌される5αリダクターゼと結びつくことで悪玉男性ホルモンDHTとなり、これが髪の毛の成長をストップさせてしまうからです。

生え際は5αリダクターゼが多く分布する箇所ですので、DHTが過剰に分泌されてしまう原因にもなります。

これがAGAにおけるm字型の薄毛が発生する元凶であり、改善するには5αリダクターゼを抑制する、あるいはDHTの分泌そのものを抑制する必要があります。

5αリダクターゼを抑制する成分が配合されているフィンジアはm字型薄毛にも効果アリ!

さて上記で述べたようにフィンジアには、これらの元凶に作用する有効成分が配合されています。
フィンジアに配合されている成分の一つであるキャピキシルは、アカツメクサエキスとアセチルテトラペプチド-3で構成されています。

アカツメクサエキスに含まれているビオカニンAは5αリダクターゼの発生を抑制する効果があります。

また同じくキャピキシルを構成するアセチルテトラペプチド-3は、極めて強力な細胞修復力を持っており、毛包の構造を維持するほか固定する効果もあります。

キャピキシルを配合しているのでAGAの改善にもおすすめ!

このようにフィンジアに配合されているキャピキシルは、AGAの元凶の一つである5αリダクターゼに作用しますので、m字型の薄毛にも効果的であると言えます。

5αリダクターゼを抑制することで悪玉男性ホルモンである、DHTの過剰分泌も抑えられるので結果的に薄毛の改善に繋がるというわけです。

またキャピキシルの効果はAGA治療で使用されるミノキシジルの3倍と言われています。

さらに頭皮に塗布しても副作用の心配が無く安全に利用できるというメリットまであります。

今までどの育毛剤を使ってもm字型の薄毛が改善できなかった、という方は是非一度フィンジアを試してみることをおすすめします!

m字型の薄毛に効果的な育毛剤を見つけるには?

額が広くなってきたと思ったら高い確率で、それはm字型の薄毛を発症していると言って良いでしょう。

できれば気付いたその時から育毛剤で対策を行い、1日でも早く薄毛の進行を止めることが大切です。

とはいえ世の中にある多種多様な育毛剤の中で、どのような製品が効果的なのか分からず迷っている方も多いことでしょう。

効果的な育毛製品を選び出すためのポイントを知ろう!

薄毛改善のために育毛剤を選ぶのであれば、やはり効果が期待できる製品を選び出したいですよね。

とくに改善が難しいとされるm字型の薄毛を発症している場合は、効果が期待できる製品を選び出すことはより重要なポイントとなります。

最も注目すべきはやはり薄毛の原因となる、男性ホルモンを抑制する成分が入っているか否かですが、他にも髪の毛の成長を助ける成分をより配合している育毛剤が望ましいと言えます。

ここからは、m字型の薄毛に悩む人のためにより効果的な育毛剤を選び出すためのポイントについて解説していきたいと思います。

m字薄毛が改善しないのは効果の無い育毛剤を使っているから!?

m字型の薄毛は所謂AGAの一種ですので、やはり男性ホルモンを抑制できる成分が入っているかはとても重要です。

なぜなら、どんなに髪の毛に豊富な栄養を与えることができても、男性ホルモンは原因そのものを抑制しなければその症状を止めることはできないからです。

これまでどんな育毛剤を使っても改善できなかったという人は、使っていた育毛剤に男性ホルモンを抑制する成分が入っていなかったためである可能性があります。

いくら塗っても薄毛が改善しないのは何故?

育毛剤をいくら塗ってもm字が改善しないケースがあります。

それは症状に対して効果のある成分が入っていないからである可能性が高いと言えます。

たとえば、頭痛が辛いのに皮膚の調子を良くする薬を塗っても、ほとんど意味がないように育毛剤を使用する場合もきちんとその症状に合っているものを選ぶ必要があるのです。

とくにAGAの原因となる悪玉男性ホルモンの作用は、育毛製品で良く見かける血行促進効果のある成分や、抗酸化作用の成分をいくら使用したところで抑制することはできません

大切なのはやはり悪玉男性ホルモンに、直接アプローチできる作用を持った成分を使用することなのです。

DHTを抑制できれば市販の育毛製品でも薄毛を改善できる!?

一昔前まではほとんどの育毛剤が血行促進作用を主にしているものばかりで、m字型の薄毛にもほとんど効果を発揮することはありませんでした。

しかし、現在では研究が進み悪玉男性ホルモンDHTを抑制する効果が期待できる新たな成分も開発されてきました。

そんな次世代の成分を配合しているものでは、フィンジアは最も代表的な製品と言えますね。

市販の製品なので医薬品ほどの強い作用は持たないものの、症状の進行度と使用者の自己管理次第で、育毛製品で薄毛を改善できる可能性も見えてきました。

失敗しない育毛剤選びのコツは配合されている成分を見ること

つまり、選ぶ育毛剤さえ間違えなければ、m字型の薄毛を改善できる可能性もちゃんとあるわけです。

そのためには、症状にマッチしている製品を選び出すポイントを抑えておく必要があります。

最も分かりやすいポイントとしてはやはり配合されている成分でしょう。

どのような成分が配合されているのかによって、その製品がどのような効果を持つのかが決まると言っても過言では無いので、配合成分のチェックは育毛剤選びでは欠かせない要素です。

m字を改善したいなら知っておくべき必須の育毛剤成分

m字型の薄毛が改善できない理由は、育毛剤の選び方も大きく関わっていると言えます。

AGAの一種であり原因もほぼ同じとなっているm字型の薄毛の場合も、やはりAGAに効果的な成分が配合されている育毛剤を選ぶべきであると言えるでしょう。

それでは、どのような成分が効果的であるのか見ていきたいと思います。

DHTを抑制する効果が期待できる育毛剤の成分

悪玉男性ホルモンであるDHTを抑制するのに、効果的とされる成分は以下のようなものがあります。

  • キャピキシル
  • ヒオウギエキス
  • オウゴンエキス

キャピキシルはすでにフィンジアでお馴染みですね。またヒオウギエキスもフィンジアに配合されています。

ヒオウギエキスは5αリダクターゼを抑制してホルモンバランスを保つ

ヒオウギエキスにはイソフラボン誘導体という、女性ホルモンに似た性質を持つ物質が豊富に含まれています。

よく男性よりも女性の方が薄毛になりにくいとされていますが、それはまさしく女性の方が女性ホルモンを多く有しているからです。

ただし、女性でも出産後などでホルモンバランスが崩れると抜け毛や薄毛が起こりやすくなります

ヒオウギエキスに含まれるイソフラボン誘導体は5αリダクターゼの作用を抑制し、男性ホルモンがDHTに変性することを防いで、頭皮における男性ホルモンの過剰分泌を防いでくれます。

オウゴンエキスはDHTの生成を77%もブロックする

また、オウゴンエキスもキャピキシルと同じく、DHTを生み出す元なる5αリダクターゼを抑制する作用を持っています。

ミノキシジルの3倍の効果を持つとされるキャピキシルですが、オウゴンエキスも決して負けてはいません。

オウゴンエキスの作用によって5αリダクターゼによるDHTの生成を、なんと77%カットすることができるとされています。

フィンジアには、オウゴンエキスが含まれていませんが、その代わりキャピキシルとヒオウギエキスが含まれているので、他の育毛剤よりDHTを抑制する効果がかなり期待できると言って良いでしょう。

m字薄毛を育毛剤で改善したいなら健康的生活も心がけよう!

以上のことから、悪玉男性ホルモンDHTを抑制する成分が豊富に配合されている育毛剤は、m字型の薄毛にも効果的であることが分かります。

フィンジアには、キャピキシルをはじめヒオウギエキスも配合されているのでDHTを抑制するのにうってつけの育毛製品であると言えるでしょう。

とはいえ、他の育毛剤と同じくあくまでも市販されている製品ですので、成分の効果だけに頼っていては改善が難しいケースもあります。

AGAの原因は同じだが進行度は人によってそれぞれ異なる

m字型の薄毛は男性ホルモンの一種であるDHTが毛乳頭細胞に脱毛因子を生成させ、ヘアサイクルを乱すことで髪の毛を弱らせ、抜け毛を起こさせるというメカニズムによって引き起こされます。

ただし、人によって症状の進行度は異なります。

症状の進み具合が人によって異なる原因はその人の体質や生活習慣です。

たとえば、5αリダクターゼの生成量が多い体質である、ジャンクフードばかりなど偏った食生活になっているといったことが挙げられます。

体の健康バランス維持も育毛には重要な意味を持つ!

健康な髪を生み出すにはやはり土台となる体が重要です。

いくら育毛剤にDHTを抑制できる成分が入っていても、健康バランスが崩れている場合は効果も充分に発揮されないでしょう。

たとえばアルコールや肉類の多い食事ばかりでなく髪に良い食べ物も取り入れる、血行不良を改善するために適度な運動を始める、睡眠不足を解消するなどの工夫も必要です。

これらのような改善方法も必ず功を奏しますので、育毛のために是非実践していただいきたいと思います!