飲む育毛剤?錠剤タイプの発毛剤に関する特徴と注意点

育毛剤と言えば、ほとんどの方が頭に塗って使うタイプの製品を想像すると思いますが、実はサプリメントのように飲んで使用する錠剤のタイプの育毛剤も存在します。

薬局やドラッグストアでもあまり見かけることのないこの錠剤タイプの育毛剤ですが、非常に強力な効果を持っており、薄毛に悩む方の中には使用している方も多く人気も高いです。

今回は、そんな錠剤タイプの育毛剤について、詳しくご紹介していきたいと思います。

ミノキシジル系とフィナステリド系が存在する

錠剤タイプの育毛剤に、ミノキシジル系とフィナステリド系という大きく分けて2種類の製品が存在します。

まず、この2種類についてそれぞれの解説していきます。

ミノキシジル系は体の血流を良くし髪の毛を増やす作用がある

ミノキシジルには血管を拡張させ毛細血管の血流を促す作用があります。

こちらは通常高血圧からなる症状を抑えるための降圧剤として利用されており、ミノキシジルを使用すると体の血流が良くなって、さらに髪の毛を含む体毛が増えるという効果があります。

ミノキシジルは世界中で育毛対策として用いられている成分であり、科学的にも発毛において有効性が認められているほか女性でも利用できるといったメリットもあります。

血圧に不安がある方は要注意

ミノキシジル系は、血流に作用するため服用することによって、不整脈/動悸/頭痛/低血圧などの副作用が発生する可能性があります。

さらに、頭に塗布するタイプは主に頭部にしか効果を及ぼしませんが、飲んで使用する錠剤タイプは体全体に作用するため、髪の毛の他にも全身の毛が多くなったり濃くなったりするといった、多毛症の症状を併発するリスクも高くなっています。

また、もともと血圧を下げる降圧剤として使用されていたという過去もあるため、血圧が低い方や血圧に作用する薬を使用している方は、ミノキシジル系の錠剤は服用しないほうが無難です。

フィナステリドは男性ホルモンの働きを抑え髪を丈夫に保つ

フィナステリドには、DHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモンの生成を抑制する効果があります。

DHTは、髪を抜けやすくしたり、細くしたりする作用があるため、これを抑制することで抜け毛の抑制や髪にコシやハリを与えることができます。

また、男性ホルモンが原因であるAGA(男性型脱毛症)の患者さんなどには、ミノキシジル系よりもこちらのほうがオススメです。

女性や未成年は使用禁止

フィナステリド系は、副作用として肝機能の低下や性欲減退に伴う様々な機能不全があります。

また、ホルモンバランスに大きく影響を及ぼす恐れもあるため、未成年者や女性がフィナステリド系の育毛剤を服用することは禁止されています。

最近は、女性のAGAであるFAGA(女性男性型脱毛症)に悩む女性も多いので、AGA改善に有効なこちらの使用を考える方も少なくありませんが、体のことを考えてフィナステリドを含む製品は絶対に利用しないようにしましょう。

錠剤タイプのメリット・デメリット

錠剤タイプの育毛剤には2種類のタイプがあり、それぞれの効果やリスクを持つことは理解していただけたと思います。

そこで、ここからは錠剤タイプの育毛剤を使用するメリット・デメリットについてご説明します。

錠剤タイプを利用するメリット

錠剤タイプを使用するメリットは数多くあります。

そのため、副作用があると言われているにも関わらず、現在でも多くの方が使用しています。

高い効果が期待できる

錠剤タイプの育毛剤を利用する最大のメリットは、その効果の強力さにあります。

効果が強力なだけあって、実際に生えたという口コミやレビューも多く見つけることができます。

また、短期間で薄毛や抜け毛を克服したという方も多く、効果が現れる期間も頭に塗布するタイプより早くなっているようです。

手軽に使用しやすい

育毛剤を使っていることを周囲に知られたくないという方も多いですが、錠剤タイプであれば人前で使用しても育毛剤であるとは気付かれません。

また、出かける前や旅先など時や場合を選ばず使用できる点も嬉しいですね。

継続して使用することで効果を発揮する育毛剤において、手軽に使用できるというのは多いなメリットとなっています。

日本より安価であることが多い

実は錠剤タイプの育毛剤は、日本製ではなく海外製のものがほとんどです。

そして、日本の育毛剤は7,000円~10,000円程度で販売されているものが多いですが、海外製のミノキシジル系やフィナステリド系の育毛剤の場合3,000円~6,000円程度となっています。

長期的に使用しなければならない育毛剤だからこそ、続けられる価格かどうかという点も大きなポイントの1つですよね。

錠剤タイプを利用するデメリット

メリットが多い錠剤タイプの育毛剤ですが、その反面デメリットも多いです。

使用を考えている方は、こちらもしっかりと把握しておいてください。

副作用のリスクがある

ミノキシジル系もフィナステリド系も海外製品であるため、使用者の体格や体質なども日本人を想定しているわけではありません。

そのため、副作用のリスクも高く、報告されている副作用の中には狭心症やうつ病の発症といった日常生活に甚大な影響を及ぼす症状もあります。

もちろん、使用者全員に副作用が起こると言うわけではないですが、使用する際には相応の覚悟が必要なようです。

入手に手間がかかる

錠剤タイプは海外製品であるため、入手方法は個人輸入を行うかクリニックで処方してもらうかの2択になります。

個人輸入の場合は、個人輸入代行サイトを利用した場合でも最短3日程度は必要であり、通常は5~10日程度必要なようです。

また、クリニックでは個人輸よりも簡単に入手できますがその分価格が高くなっており、自由診療となるため保険は適用されず診療費用や育毛剤の費用は全て自腹となります。

何が起こっても全て自己責任

個人輸入を検討している方の多くは、個人輸入代行業者を利用するとは思いますが、業者の中には、粗悪な偽造品を本物と偽って販売していたり、支払いを済ませると連絡が取れなくなる業者もいます。(商品説明なども製造されている国の言語で記載されているため、偽物と気付かずに使い続けてしまう場合も少なくないようです)

ただ、こういった場合でも、保証などがないため基本的には全て自己責任となります。

日本の育毛剤は返金保証などの保証が付いていることが多いので、こういった心配もありません。

まとめ

日本で販売されていないにも関わらず、2chの書き込みなど一部で高い人気を誇る錠剤タイプの育毛剤。

効果が高い・価格が安いといったメリットもありながら、副作用のリスク・保証なしといったデメリットもあります。

最後になりましたが、飲むタイプか頭に塗布するタイプかで迷っている方は下記を参考にしてみてくださいね。

錠剤の育毛剤(飲むタイプ)向き 市販の育毛剤(塗るタイプ)向き
  • 効果重視
  • 価格重視
  • 使いやすさ重視
  • 安全性重視
  • サポート重視
  • 買いやすさ重視