市販の育毛剤と医薬品!本当におすすめなのはどっち?

市販されている育毛剤は薄毛を改善するために必要なものですが、その全てがおすすめできるものであるとは限りません。

使用者によっては体質に合わず痒みが起きたり頭痛が起きたりするものもあります。

また、中には医薬品を使った方が効果が期待できるという話も聞きます。

今回は市販の育毛剤について覚えておきたい知識や、おすすめの育毛剤について詳しく解説していきたいと思います。

自分にとっておすすめの育毛剤を見つけるには?市販品は医薬品とどこが違う?

医薬品とは違って市販の育毛剤の効果は、より個人差が出やすい傾向にありますので、使用者にとって最も相性の良いものを選ぶことが大切になります。

100%起こるとまではいきませんが最悪合わない育毛剤を使用したことで、薄毛が悪化してしまうこともありますので注意はしておくべきでしょう。

それではどのようにすれば自分にとっておすすめの育毛剤を見つけることができるのでしょうか。

誤解されがち!育毛剤には効果が期待できる場合とそうでない場合がある

まず知っておきたいのは市販の育毛剤が持つ効果であると言えます。

多くの人が単に薄毛を治すものであると思っていますが、厳密に言うと効果が期待できる場合と期待できない場合があります。

育毛剤を使っても効果が感じられないという人の場合は、効果が期待できないケースであった可能性もあるのです。

店舗にある製品の主な効果は今ある髪を育てること

現在店舗で市販されている多くの育毛剤が持つのは、現状生えている髪を維持させ育てることであると言えます。

たとえば抜け毛を減らしたり弱った髪を元気にしたり、といった目的で使用するのであれば効果が期待できます。

また頭皮環境を改善させフケやかゆみなどの症状を、改善させるといった効果も期待できるでしょう。

市販の製品には完全に無くなった毛根を復活させる効果は薄い

逆に市販の育毛剤で期待できないのは無くなった毛根を復活させる効果です。

一般的に販売されている製品には一度無くなった毛根を、新たに作りだす効果を持つ成分は配合されていません。

新しく髪を生やすのであれば医薬品指定されている製品を使う必要があると言えます。

髪が薄くなった場所に使用して新たに髪が生えてきたように見えるのは、まだ毛根が残っており育毛剤の成分によってヘアサイクルが戻り、再び髪が成長したためであると言えます。

原因がAGAの場合は医薬品でも市販の育毛剤でも、原因に作用する成分が入っていないと改善できない

以上のように市販されている育毛剤はほとんどの場合、今ある髪の毛を育てる効果を持つ製品ということになるのです。

よって新しく髪の毛を増やそうと思っている人には、市販のものよりも医薬品の方が向いていると言えるでしょう。

もう一つ踏まえておきたいのは症状によっても育毛剤の効果が異なる場合があり、症状からおすすめと言える製品も変わってくるということです。

AGAの性質を知らないままで育毛剤を使うと……?

育毛剤の効果が実感できるか否かの分かれ目になると言えるのが、原因がAGAであるかどうかであると言えるでしょう。

AGAは薄毛の一種ですが原因そのものを抑制しないと、改善することができないという特殊な性質を持つ症状です。

よって市販されている育毛剤にはAGAの原因に作用するものとそうでないものがあります。ちなみに医薬品である場合も使用をやめると再発することがあります。

この事実を知らないばかりに薄毛の原因がAGAである人が、AGAの原因に作用する成分の入っていない製品を使い続けて、効果を実感できなかったというケースが相次いでいます。

薄毛治療におすすめなのは体に優しい育毛剤!医薬品は作用が強いので体質に合わないことも

これまで述べたことをまとめると、市販されている育毛剤の主な効果は現状生えている髪の毛を育てること。

医薬品の場合は新たな髪を生やすことができるというものでした。

そして薄毛の原因がAGAである場合は、原因に作用する育毛剤でなければ効果が期待できないということです。

これらのことを踏まえた上で、今後の薄毛治療にもおすすめの商品と言える育毛剤の特徴についてご紹介していきたいと思います。

薄毛の頭皮はとても敏感!頭皮に優しい育毛剤の特徴

薄毛を発症している頭皮というのは原因によらず敏感な状態になっていると言えます。

市販されている育毛剤の中でも頭皮のことを考えた製品を重視して選ぶようにしましょう。

頭皮に優しい育毛製品の特徴としては以下のようなものが挙げられます。

  • ノンアルコール
  • 無添加
  • 防腐剤フリー

また原材料も市販のものである場合は、可能ならオーガニックなものを選ぶようにしたいと言えます。

育毛剤にかかるコストはその分増えますが、逆に価格が安いものほど化学合成添加物が多く含まれている傾向にあります。

ドラッグストアなどで1,000円くらいの価格で市販されている製品などがその代表です。

医薬品の場合も元々作用の強い成分を使用しているので、体質に合わないことも考えられるため注意が必要です。

AGAの改善も視野に入れたおすすめの育毛剤

また昨今ではAGAの改善をより重視した育毛剤がリリースされています。

AGAは薄毛になっているほとんどの人が発症しているとされる症状でもあるので、AGAにも効果が期待できる製品は視野に入れておくべきでしょう。

市販されているものでおすすめと言えるのは以下の製品になります。

  • チャップアップ
  • フィンジア
  • イクオス

上記の製品はドラッグストアではなくネット限定での販売を行っています。

その分メーカーからのサポート体制が整っており、万が一効果が感じられない場合でも全額返金保証が適用できるので安心です。

医薬品の育毛剤がネットで販売されている場合がありますが、こちらは日本では通常販売されていない製品がほとんどですので、自分だけで判断せずクリニックで相談した上で検討するようにしましょう。

薄毛の原因がAGAであってもこれらの育毛剤であれば薄毛の進行を抑制できる可能性があるでしょう。