逆にハゲるってホント!?育毛剤で抜け毛が増える原因とは!

鏡で自分の髪を見て驚く男性
本来、髪を生やす目的で使用される育毛剤。

しかし、髪を生やすどころか逆にハゲてしまったという話をインターネット上でも何件か確認することができます。

髪を生やす目的で使っている育毛剤で髪が抜けるとしたら、こんなに恐ろしい話はないですよね。

この記事では、育毛剤を使ったら逆にハゲてしまう可能性があるケースについて解説しています。

逆にはげる原因1:育毛剤の効果により初期脱毛が起こっている

薄毛を治療するクリニックなどに通っている方は、この初期脱毛という言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。

しかし、初めて聞いたという方がほとんどだと思いますので、初期脱毛とは何かを詳しくご説明します。

ヘアサイクルの乱れにより起こる初期脱毛

初期脱毛とは育毛剤を使用した際に見られる症状で、育毛剤を使い始めて1~2週間程度の期間に抜け毛が増えるというものです。

これには薄毛が発生する原因となるヘアサイクルの乱れが関係しています。

通常髪の毛はヘアサイクルの則って成長しきった後に自然と抜け落ちて行きます。

弱った髪が抜けるのは効果が現れ始めているサイン!?

しかし、このヘアサイクルが乱れてしまうと髪の毛が成長しきる前に、髪の毛が抜け落ちてしまいそれが薄毛につながってしまうのです。

育毛剤を使うことでヘアサイクルが戻ってくると、現在成長期にある弱った髪が先に抜けて、その後により健康になった髪が生えてきます。

つまり初期脱毛は逆にはげるのではなく、むしろ効果が現れ始めているサインでもあるのです。

逆にはげる原因2:自分の体質に合わない育毛剤を使っている

育毛剤を使うことで逆にはげるというケースで、2つめに考えられる原因は体質に合わない製品を利用している場合です。

食べ物によってアレルギーを起こす場合があるように、肌に合わない製品を使用することで頭皮にダメージを与えてしまうケースもあります。

乾燥肌や敏感肌の人はなるべく刺激の少ない育毛剤を選ぼう

育毛剤には非常に多岐にわたる種類の有効成分が配合されており、その内のどれかが肌に合わない可能性もありますし、またエタノールのようなアルコール成分の配合量が多い製品である場合は刺激性も強いので、頭皮の乾燥やかゆみ又は逆にはげる原因となることも考えられます。

とくに敏感肌や乾燥肌の人である場合はなるべく刺激性の少ない、無添加で自然由来の成分が配合された製品を選ぶように注意しましょう。

逆にはげる原因3:薄毛の原因に合っている育毛剤を使っていない

そして育毛剤を使った際に逆にはげる理由として最後に考えられるのが、そもそもの薄毛の原因となる症状に成分の効果が合っていない場合です。

薄毛の原因に合った製品を選ばないと成分の効果は発揮されない!

薄毛の原因には男性ホルモンや皮脂の過剰分泌、あるいはストレスや血行不良による髪の栄養不足など色々あります。

そのため育毛剤にもそれぞれの原因に合わせた様々な種類が存在し、男性ホルモンの生成を抑える効果を持つものもあれば、血行を促進させたり頭皮に栄養を届けたりするものも存在します。

頭痛がするのに腹痛の薬を飲んでも意味が無いですよね。

育毛剤の場合も同じで症状に合うものを選ばないと、いくら使っても効果が発揮されず薄毛が進行してしまうかもしれないのです。

AGAが原因である場合は専門的な治療が必要になる

とくに薄毛の症状が単なるストレスからではなく、 AGA によるものであった場合は普通の育毛剤を使用しても改善できない可能性が高いと言えます。

男性型脱毛症とも呼ばれるAGAの原因は主に男性ホルモンです。よって頭皮にいくら栄養を与えても症状は改善できません。

AGAを改善するためには原因となるDHTを生成する、5αリダクターゼという酵素にアプローチする必要があるなどより専門的な治療が必要となります。

このように症状に見合う育毛剤を選ばないと、どんどん進行して逆にはげるということが起きるのです。

育毛剤を使っても逆にはげることが無いように自分の症状や体について把握しておこう

またいくら育毛剤を使ってもそれだけに頼っていては、確実に薄毛を改善することはできません。

元々市販されている育毛剤は誰でも安全に使用できるよう、作用が強い医薬品よりも効果が緩やかになるよう調整されています。

よって市販の育毛剤は効果が現れるのもゆっくりなので、それ以外のケアをして効果が引き出せるように対策を取ることも大切なのです。

薄毛を改善するなら原因に即した体のメンテナンスも忘れずに

たとえば肩や首の凝りが酷い人は血行不良により、薄毛の原因に繋がっている可能性がありますので、育毛剤を塗る以外にも毎日マッサージをして凝りを和らげるなどの対策が有効です。

また皮脂が出やすい人はコレステロールが高い食べ物だけでなく、野菜も摂るようにして食生活を改善するのが有効であると言えます。

このように薄毛の改善には育毛剤だけでなく、体のメンテナンスも必要な要素ですので、育毛剤を使っても逆にはげることが無いよう、自分の状態についてしっかりと把握しておくことをおすすめします。