副作用はあるの?育毛剤を使用する際の注意点


薄毛や抜け毛の強い味方である育毛剤。

しかし、やはり気になるのは副作用があるのかどうかということですよね。

直接肌に塗布するものだからこそ、副作用については気になっている方も多いと思います。

そこで、今回は皆さんが安心して利用できるように育毛剤の副作用についてご説明します。

育毛剤に副作用はあるの?

大前提として、一般的な育毛剤には大きい副作用を引き起こすことはほとんどないと言われています。

しかし、メーカーによって何種類もの成分を配合しているそうなので、含まれている成分が身体とは合わないという人はいらっしゃいます。

また、基本的には医薬品の方が医薬部外品よりも治療や改善の強力な効果があると認められています。

安全性は認められているものの、効果が強力なだけあって副作用が表れるときも症状が強くなってしまう傾向にあります。

利用する前には成分に注目

育毛剤を利用する際はまず成分に注目してください。

男性ホルモンを抑制する成分が含まれている育毛剤も多くありますが、ストレス等でホルモンバランスが乱れている方にとっては、この成分は良くない影響を及ぼす可能性があります。

また、多くの商品にはアルコールが含まれていますが、アルコールが肌に合わないという人は少なからずいらっしゃいます。

このように成分が自分に合っていない商品を利用すると、望むような効果が得られなかったり、良くない影響を受けたりする可能性があります。

少しの異変でも医師に相談することが大事

最も重要なことは小さな異変でも医師に相談するということ。

これは、早急に対処ができたほうが治療に高い効果を望むことができるからです。

実際に異変を感じながらも育毛剤の使用を続けた結果、取り返しのつかないことになったと言う例もありますので異変を感じたらすぐに近くの皮膚科に行くようにしましょう。

また、「頭皮の悩みを相談するのはなんとなく恥ずかしい」という方は、頭皮の悩み専門のクリニックも最近は多く存在するのでそちらに相談してみてはいかがでしょうか。

副作用として報告されている症状

育毛剤が肌に合わなかった場合に報告されている症状と原因は以下のとおりです。

また、これらの症状には個人差があり、小さい症状から大きい症状まで様々です。

ニキビや吹き出物

血行が良くなって代謝が促進されることが原因

痒みや発疹

含まれる成分が肌に合っていないことが原因

初期脱毛

髪が正常な育毛サイクルに戻り不健康な髪が脱毛している

手足のむくみ

身体が成分を解毒しようとして腎臓に負担がかかることが原因

嘔吐や気だるさなどの体調不良

血圧を下げる効果を持つ成分による血圧の低下が原因

動悸息切

血管を拡張する成分が原因

男性機能障害

男性ホルモンを抑制する成分が原因

異常を感じたらすぐに使用を中止する

少しでも上記のような異変を感じたらすぐに使用を中止してください。

また、これらの症状が表れる方は高血圧の方や肌や身体が刺激に敏感な方が多いので、そういった方が育毛剤を利用する際は充分気をつけてください。

そして、こういった症状は育毛剤を利用していて急に表れるということもあります。

普段から使用しているからと安心せずに

「なんか最近身体の調子が悪いなぁ」

と感じるような場合は、一旦育毛剤の使用を中止して様子をみてください。

副作用が少ないと考えられる育毛剤の選び方

育毛剤を選ぶ際には副作用の少ないものを選びたいですよね。

しかし、冒頭でも少し触れたように強力な効果のものはその副作用も強くなってしまいます。

「じゃあ、副作用が起こりにくくて効果の高い育毛剤はないの?」

と思いますよね?

もちろん、副作用が起こりにくく高い育毛効果を期待できる育毛剤も多くあります。

たくさんの種類がある中からそのような商品を見つけるコツとしては、成分が自分に合っているものか確認した後に、無添加やアルコールフリーのものを選ぶようにしましょう。

無添加にこだわったM-1育毛ミスト

M-1育毛ミストは育毛剤の中でも人気が高い商品です。

その人気の秘密は無添加にとことんこだわっているという点。

余計な添加物を一切使用していないので、副作用も起こりにくい育毛剤と言えます。

さらに、この商品はアルコールフリーなのでアルコールが苦手な方にも嬉しいですね。

また、その効果も非常に優秀であり、世界で初めて分子ピーリングという技術を用いた育毛剤でもあります。

この技術のおかげで非常に浸透率が高い育毛剤となっており、有効成分を頭皮の奥まで届けることができます。

副作用を心配するなら無添加のものを

育毛剤に副作用を感じる方は少なからずいらっしゃいます。

しかし、無添加やアルコールフリーのものを選ぶことでその可能性は大幅に軽減されます。

なぜなら、様々な副作用を引き起こす原因は主に添加物であるからです。

また、体質や体調によって急に症状が表れたりもするので、100%これらを防ぐということはできません。

そのため、もし使用中に少しでも異変を感じたという場合には、早急に皮膚科か専門のクリニックへ行くことを心がけましょう。