必ず知っておきたい!発毛を促すためのフィンジアの正しい使い方

茶色いジャケットを着たキャリアウーマン

発売当初からときに入手が困難になるほど高い人気を誇るフィンジア。

未だに人気は衰えず現在入手している人もたくさんいらっしゃると思います。

フィンジアはゲートアクセス理論にもとづいた設計の製品となっており、主にカプサイシン/キャピキシル/ピディオキシジルをはじめ、そのほか数種類の有効成分が配合されています。

メーカーが厳選した成分が使用されている分、スカルプエッセンスとして高い効果も期待できますが、正しい使い方ができていないとフィンジアの育毛効果を充分に引き出すことはできません。

今回は発毛効果をより促すためにフィンジアの正しい使い方についてご紹介していきたいと思います。

目次

フィンジアの使い方について

皆さんは通常フィンジアを使用する際どのように使用されていますか。

フィンジアをお風呂上がりに使用していらっしゃる方も多いですが、これは使用するタイミングとしてこれは大正解です。

これは、お風呂上がりは頭皮が柔らかくなっており、成分が浸透しやすいからというのも大きな要因の1つですが、フケや汚れなどが洗い流されており、頭皮が清潔な状態であることが大きな理由となっています。

つまり、頭皮が清潔な状態でない場合には育毛剤の本当の効果が発揮されづらいので、事前にきちんと汚れを取り除いておく必要があるというわけです。

フィンジアはスカルプエッセンスなので、薬剤を付けるタイミングやその後の処置が重要となってきます。

フィンジアの正しい使い方その0:ブラッシングを行なう

女性は髪が長い方が多いこともあり、普段から櫛で髪を梳かしていらっしゃる方も多いですよね。

しかし、男性の場合は髪を整える時以外に櫛を使わないという方も多いですよね。

櫛で髪を梳かすことは実は洗髪においても非常に有効ですので、櫛を持っていないという方やブラッシングの習慣がないという方も、これを機会に入浴前のブラッシングを始めましょう。

お風呂に入る前に櫛で髪をとかして汚れが落ちやすくする

フィンジアなど育毛剤の効果を最大限に発揮するのは入浴後です。

しかし、実は入浴前にある準備をしておくだけで、汚れが格段に落ちやすくなります。

その準備とは、入浴前のブラッシングです。

お風呂に入る直前に髪を梳かしておくことで髪の毛のほつれが取れて洗いやすくなり、ホコリなど大きな汚れも落とすことができます。

これにより髪にシャンプーがより行き渡りやすくなるほか、汚れも落ちやすくなるという効果が得られます。

ただし、櫛で髪をとかすときは髪を引っ張りすぎないように気をつけましょう。

頭皮を傷つけないよう優しくブラッシングするようにしてください。

髪のほつれは抜け毛の原因!

日常生活における様々な場面で髪のほつれは生まれます。

ヘアワックスやヘアスプレーを使用している方はもちろん、髪を結んでいる方なんかもほつれの原因です。

また、寝ている間にも寝返りなどで髪のほつれは生まれます。

髪がほつれていると抜け毛などの原因になり髪にもよくありませんので、できるだけこまめにブラッシングを行なって髪にほつれを作らないようにしましょう。

ブラッシングには他にもメリット盛り沢山

ブラッシングはホコリなど髪の汚れを取ったり、ほつれを梳かしたりすること以外にも様々な効果があります。

たとえば、ブラッシングを行なうことによって頭皮に刺激が加わり、頭皮マッサージを行った時のように血行を促進させることが可能です。

他にも、皮脂を髪の根元だけではなく毛先まで届けることができるので、髪に潤いとツヤを与える事ができたりメリットも多くなっています。

フィンジアの正しい使い方その1:予洗いを行なう

皆さんはシャンプーをするときには、きちんとお湯での予洗いを行っていますか?

予洗いを行っていない方は非常に多く、ほとんどの方が髪が濡れたらすぐにシャンプーを使用しています。

しかし、これは正しい洗髪方法ではありません。

ここでは、予洗いとは何かということと予洗いの重要性をご紹介します。

シャンプーする前に髪の毛をお湯で予洗いしておく

お風呂に入ったときにミスしがちなのが洗髪の方法です。

シャワーで少し濡らしてからすぐにシャンプーを付けてしまう方も多いですが、これは洗髪方法としてはあまり正しくありません。

髪をお湯で1分ほど流してからシャンプーを行なうのが正しい洗髪方法となっています。

「シャンプー前に1分もお湯で洗うの!?」

と思う方も多いとは思いますが、実はこうしてお湯で予洗いするだけで頭に付いた汚れの8割は落とすことができると言われています。

予洗いで頭皮の負担を軽減

予洗いだけで頭皮の汚れを大半落とすことができると言いましたが、これは非常に重要なことです。

汚れを落としておくことで次の段階であるシャンプーの時間を軽減することができます。

シャンプーは洗浄力が強いので汚れを落とすにはもってこいですが、洗浄力が強いということはそれだけ頭皮や髪にかかる負担は大きいということです。

つまり、シャンプーの時間を軽減することは頭皮や髪にかかる負担を軽減することにも繋がります。

予洗いをする際のお湯の温度

予洗いをする際には少しぬるい位が適していると言われています。

具体的には、38℃~40℃くらいがベストであり、これより冷たいと皮脂がうまく分解されなかったり、毛穴の汚れがうまく除去できなかったりします。

逆に、これ以上温度が高いと頭皮や髪の乾燥し、フケの発生など育毛の妨げになってしまうので、できるだけ38℃~40℃くらいを心がけるようにしましょう。

フィンジアの正しい使い方その2:シャンプーは指の腹で優しく行なう

お湯でしっかりと汚れを落としたら、いよいよシャンプーの出番です。

ただし、シャンプーの使用方法も間違っている方が非常に多いので、ここで正しい洗い方を覚えてしまいましょう。

髪をうまく洗うコツは、頭皮をマッサージをするように優しく洗うように心がけることです。また、この時には指の腹を使うようにしてくださいね。

痒いところなどを爪でガシガシと洗ってしまう方などもよくいらっしゃいますが、頭皮が傷ついてフケの発生や炎症といった頭皮トラブルの可能性となることもあるので、絶対に止めましょう。

シャンプーの洗い残しに要注意!

シャンプーの際に爪を立てないことももちろん重要ですが、頭を洗う手順の中で一番重要なのはシャンプーを洗い流すときと言っても過言ではありません。

注意すべき点としては、シャンプーをお湯ですすぐときは洗い残しが無いように、予洗いしたときよりもさらに時間をかけて流すようにしましょう。

これはシャンプーの洗い残しが毛穴に詰まるのを防ぐためです。

シャンプーのすすぎ残しが毛穴に詰まってしまった場合は、頭皮環境に悪影響があるばかりか、フィンジアを使っても毛穴に詰まったシャンプーが、有効成分の浸透を邪魔してしまいますので良いことなしです。

シャンプーの選び方

皆さんは普段どのようにシャンプーを選んでいますか?

おそらく、価格や知名度だけを見て購入している方がほとんどではないでしょうか。

しかし、自分の合ったシャンプーを選ばないと、頭皮や髪を傷める原因となってしまいます。

ここでは、簡単にシャンプーの選び方をご紹介します。

アルコール系界面活性剤が入っていないものを選ぶ

アルコール系界面活性剤と言われても聞き慣れていない方がほとんどだと思います。

アルコール系界面活性剤とは、ラウリル硫酸ナトリウムやラウリル硫酸カリウムなどのことを指しており、これらの成分は安価で洗浄力の強いシャンプーに含まれていることが多くなっています。

そのため、ラウリルや硫酸と付く成分が入っているシャンプーはできるだけ選ばないようにしましょう

石鹸系のシャンプーも髪へダメージは大きい

石鹸素や脂肪酸ナトリウムなどが配合されている石鹸系シャンプーは非常に人気ですが、こちらも実は髪にはあまりよくありません。

なぜなら、石鹸のようなアルカリ性の物質には髪のキューティクルを強制的に開かせる効果があり、これは髪への大きなダメージにつながります。

この影響で、石鹸系のシャンプーを使用した後には、髪の毛がゴワゴワになった経験がある方も多いのではないでしょうか。

アミノ酸系のシャンプーを選ぼう

美容院などで使用されているシャンプーは、そのほとんどがアミノ酸系の成分を配合したものです。

基本的に、弱酸性で洗浄力が強くないので、頭皮や髪への負担が少なくなっています

保湿成分や天然由来の成分にこだわっているものも多く、最もおすすめのシャンプーです。

ノンシリコンシャンプーって髪に良いの?

最近になってノンシリコンシャンプーを見かけることも増えましたね。

その影響でシリコンを髪にとって悪い成分であるかのように考える人も多いですが、実はシリコン自体は髪の手触りを良くするという髪にとって嬉しい効果を持っています。

しかし、洗浄力が強い製品がゴワゴワな手触りを誤魔化すために、シリコンが多く配合することも多かったので、ノンシリコンシャンプーが人気になったというわけです。

ジメチコン・シクロメチコン・シリカ・シリル・シロキ・シラン、~メチコンなどのシリコンが多く含まれているシャンプーは、洗浄力が強い可能性が高いので選ぶのは避けたほうが無難でしょう。

フィンジアシャンプーもおすすめ

フィンジアを販売する株式会社ユーピーエスは、実は育毛剤だけではなく育毛シャンプーも販売しています。

このシャンプーはフィンジアの力を限界まで引き出すことを目的に作られていますので、フィンジアと一緒に使うことでより効率的な育毛が行えるというわけです。

ここでは、そんなフィンジアシャンプーの魅力をご紹介します。

フィンジアシャンプーの魅力1:専門家の知恵を集結

フィンジアシャンプーは、製薬会社・スカルプケアメーカー・毛髪診断士・スカルプケアサロンによって共同開発された製品です。

髪の専門家達が知恵を集結させて生まれたシャンプーなので、髪に優しいことはもちろん育毛効果も折り紙付きとなっています。

その証拠に、なんとフィンジアに含まれているキャピキシルやピディオキシジルもこのシャンプーには配合されているのです。

他にも、ヒオウギエキスやセンブリエキスなどフィンジアに配合されている成分がたっぷり配合されているので、間違いなく効果には期待できるシャンプーと言えるでしょう。

フィンジアシャンプーの魅力2:添加物0で髪や頭皮に優しい

シャンプーと言えば石油系界面活性剤やシリコンなど添加物が使用されているものも多いですが、フィンジアシャンプーには化学合成物質などの添加物が一切使用されていません。

そのため、髪や頭皮にとって非常に優しい製品となっています。

洗浄成分もアミノ酸系のものを使用しているため、ノンシリコンのアミノ酸系というまさに理想のシャンプーです。

フィンジアシャンプーの魅力3:返金保証などサービスも充実!

フィンジアシャンプーもフィンジアと同様に、30日間の全額返金保証やセット購入時の割引を行っています。

フィンジアのように定期購入はできませんが、最もお得に購入したい方は3本セットが4,500円OFFなのでこちらを購入しましょう。

また、配送時の梱包はロゴなどが一切入っていない無地のダンボールであり、伝票にも商品名は記載されていない徹底ぶりなので、もし同居人などが受け取った場合でも安心です。

非常に細かいことですが、こういった気遣いがユーザーから高い支持率を集めている理由でしょう。

フィンジアの正しい使い方その3:タオルドライで乾かす

シャンプーをしっかりと洗いだ後は、お風呂を出てフィンジアを付けます。

ただ、ビショビショに濡れた髪にフィンジアを付けても、水で薄まってしまい効果は薄くなってしまうので、きちんとタオルで水気を取るようにしましょう。

この時の注意点としてドライヤーで乾かさずに、タオルで乾かすようにしてください。

そして、タオルで充分に水気を拭き取れたら、いよいよフィンジアの出番です。

タオルドライの注意点

特に男性の方に多いのですが、ワシャワシャと髪の水分を飛ばすように拭いたり、力強く毛束を握るように拭くのは、髪のことを考えるとNGとなってます。

こういった拭き方では髪同士が擦れることによってダメージを負うからです。

タオルドライを行なう際のポイントとしては、できるだけ髪同士の摩擦が起こらないように行なうことを心がけましょう。

頭皮を優しく揉むように行なうのが、髪や頭皮に優しいタオルドライのやり方となっています。

ドライヤーを使わないほうがいいわけ

「お風呂上がりに髪を乾かすなら、タオルよりもドライヤーのほうが早いんじゃないの?」

当然このような疑問を持つ方もいらっしゃいますよね。

もちろん、単純に髪を乾かすだけであれば、ドライヤーを使用したほうが早いでしょう。

しかし、ドライヤーを使用すると風邪によって、お風呂でせっかく開いていた頭皮の毛穴が閉じてしまうのです。

毛穴が閉じてしまうとフィンジアの浸透率は下がってしまうので、必ずドライヤーを使用する前にフィンジアを頭に塗布するようにしましょう。

毛穴と浸透率の関係性

フィンジアに限らず、頭に塗布するタイプの育毛剤は毛穴から浸透します。

そのため、毛穴が開いていれば開いているほど薬剤の浸透率も高くなり、高いパフォーマンスを発揮してくれます。

しかし、毛穴を自分の意思で開くことはできないので、頭皮を温めたりすることによって毛穴が開いている状態の時に薬剤を塗布するのが最も効率的というわけです。

フィンジアの正しい使い方その4:髪ではなく頭皮に付ける

タオルで充分に水気を拭き取った後は、いよいよフィンジアをスプレーしていきます。

ここで気をつけておきたいのがフィンジアを、きちんと頭皮にスプレーするということです。

これは、育毛成分が有する発毛効果は髪の毛ではなく頭皮に付けることによって作用するからです。

フィンジアはボトルがスプレータイプなので頭皮にもピンポイントで噴射しやすいですが、頭から距離があると頭皮ではなく髪の毛に付着してしまいます。

そのため、髪を掻き分けて頭皮に噴射口を近づけてから使用するという方法が確実です。

製品によって噴出口にも大きく違いがある

育毛剤を選ぶ際には含まれている成分ももちろん大事ですが、その使いやすさも非常に大事です。

育毛剤は基本的に毎日使用するものですから、使いにくい製品を購入してしまうとその後大きなストレスとなってしまいます。

そして、製品の使いやすさに大きく影響を及ぼすのが製品の噴出口のタイプです。

ここでは、一般的な3種類の噴出口の特徴をご紹介します。

プッシュタイプ 使いやすさ・・・★★★☆☆

プッシュタイプは、スプレータイプと同じ様に指で先端を押すと適量の薬剤が出てくる仕組みとなっています。

その形状から頭皮に直接塗布することは難しく、使用方法は一度手に出してから頭皮に塗布するというのが一般的です。

メリットとして自分で使用量を調整しなくても1プッシュで適量を出せるということがありますが、髪に付着しやすいというデメリットもあります。

また、1プッシュで適量を調節できるのは後述のスプレータイプも同じであるため、そちらがおすすめです。

ノズルタイプ 使いやすさ・・・★★★★☆

ノズルタイプは、頭皮に噴出口を付けて直接塗布できる仕様になっています。

この形式は頭皮に直接塗布できることから髪や手が汚れにくく、人気の育毛剤でも多く採用されています。

ただ、薬剤の量を自分で調整しなければならないので、1プッシュで適量が出てくるスプレータイプと比較すると慣れるまでは少し時間はかかるかもしれません。

また、直接頭皮に噴出口を付けるので、ボトル内に雑菌が繁殖しやすいというデメリットもあります。

スプレータイプ 使いやすさ・・・★★★★★

スプレータイプの噴出口は、先端を指で押すと薬剤が噴射されるという仕組みとなっています。

髪や手を汚すことなく使用することができ、量の調節も行わなくてもいいため、最近発売されている育毛剤にはこのタイプも多いです。

また、噴出口を直接頭皮に付けないので、ボトル内で雑菌が繁殖する可能性も低く、衛生面を気にする方にもおすすめとなっています。

付け過ぎは絶対にNG

フィンジアの育毛効果に期待して、一度にたくさん使用してしまう方も多いですが、これは絶対にやめてください。

育毛剤はたくさん付けるとより強い効果が得られるというものではありません。

むしろ、余分に付け過ぎた薬剤が毛穴に詰まったり、なかなか乾かずに蒸れてしまったりして、頭皮の炎症など頭皮トラブルを招く要因となる可能性もあります。

塗布した後に液が垂れてこない程度の適量を使用するようにしましょう。

フィンジアの適量とは?

「付け過ぎるのがダメなのは分かったけど、じゃあ具体的にはどのくらい付ければいいの?」

このような質問は非常に多いですが、公式サイトによると5~10プッシュが適量となっているようです。

頭皮の面積は人によって異なるので使用量も人によるとは思いますが、5~10プッシュを目安に使用するようにしましょう。

フィンジアの正しい使い方その5:頭皮マッサージを行なう

フィンジアをきちんと頭皮に適量使用できたらそこで終わりとは思っていませんか?

スカルプエッセンスの効果を最大限に発揮させたい場合には、付けてからの頭皮マッサージも重要なんです。

なぜなら、頭皮マッサージを行なうことで、フィンジアの有効成分をより頭皮になじませることができることができるのです。

といっても、「頭皮マッサージなど行ったことがないので、やり方が分からない!」という方も多いと思いますので詳しくご説明します。

薄毛を改善させるために頭皮マッサージは必須!

薄毛の改善を望むなら、薬剤を塗布した後の頭皮マッサージは必須です。

頭皮マッサージのコツとしては、シャンプーのときと同じく指の腹を使って頭皮全体を揉み込むように優しく行なうということを心がけてください。

爪を立てたり強い力でマッサージを行なってしまうと頭皮や毛髪が傷つくにも原因になるので、あくまで自分が気持ちいいと感じる力加減で行ないましょう。

この時に薬剤を頭皮全体になじませるように、満遍なくマッサージを行なうことも重要です。

時間としては数分で充分ですので、テレビでも見ながら行なう程度でも効果は発揮されます。

頭皮マッサージによる効果は育毛以外にもたくさん!

頭皮マッサージは育毛において効果的とされていますが、この理由は育毛剤を浸透させるからだけではありません。

ここでは、頭皮マッサージで得られる効果をいくつかご紹介します。

血行促進効果

髪への栄養は血管を通して届けられます。

そのため、血行を促進させることで成長に必要な栄養素を髪まで円滑に届けることができるというわけです。

実際に販売されている育毛剤の中にも血行と育毛の関係に着目して血行を促進させる成分を配合しているものも多く、フィンジアにもピディオキシジルやカプサイシンといった血行促進効果のある成分が販売されています。

眼精疲労軽減効果

一見関係なさそうですが、眼精疲労と髪は深い関係にあります。

なぜなら、眼精疲労の回復に必要なビタミン類などは育毛にも必要な栄養素だからです。

眼精疲労を発症していると、髪への栄養が目の回復に消費されるので育毛の妨げになります。

また、髪の成長を妨げる以外にも抜け毛を誘発する可能性もあるので、眼精疲労をためる前にマッサージで解消しましょう。

眼精疲労に効くツボは耳の付け根や耳の後ろなど耳付近に固まっていますので、こちらを重点的にマッサージしてあげるといいかもしれません。

ストレス解消効果

ストレスは薄毛にとって天敵です。

ストレスは、髪の成長を妨げるだけではなく、抜け毛の原因にもなります。

しかも、ストレスが原因の円形脱毛症は育毛剤や頭皮マッサージでの改善が難しく、原因となっているストレスを解消するしか方法がありません。

ストレス社会とも呼ばれる現代で、ストレスフリーな環境に身を置くことが難しい方も頭皮マッサージで少しは解消されるかもしれません。

コリ解消効果

コリは血行不良など薄毛を招く原因となります。

筋肉が固くなってしまっている状態をコリと言いますが、筋肉が固くなることで血管が圧迫されて血行不良を引き起こし、栄養や酸素が行き届かなくなることで育毛の妨げになるというわけです。

現代はデスクワークやスマホの使用などで特に体にコリがたまりやすい環境なので、こまめにマッサージを行ないましょう。

お風呂上がりはゴールデンタイム

「頭皮マッサージが育毛にいいのは分かったけど、これって気づいた時にやるのじゃダメなの?」

このような疑問を抱く人も多いですが、マッサージをするタイミングはできるだけ体が温まっている状態のときに行ないましょう。

特に、お風呂上がりは頭皮が柔らかくなっている上に清潔なので、頭皮マッサージを行なうのにベストなタイミングと言えます。

頭皮マッサージは時間をかければかけるほど効果が現れるというものではなく、むしろやり過ぎは頭皮を傷つけてしまったりする恐れもあります。

そのため。気づいた時に行なうというよりも、お風呂上がりに毎日行なうという習慣を付けましょう。

フィンジアの正しい使い方その6:ドライヤーで乾かす

頭皮マッサージが終わったら、最後に濡れたままの髪を乾かしましょう。

前半では使用を控えるようにと言っていましたが、最後はドライヤーでしっかりと乾かすことを推奨します。

ただし、注意点として温風で乾かしてしまうと、先程塗布した薬剤が乾いてしまう可能性がありますので、必ず最初は温風ではなく冷風で乾かすようにしてください。

ドライヤーは冷風でしっかりと乾かす

温風を使用すると頭皮に浸透中の薬剤まで乾いてしまう恐れがあるので、ドライヤーを使用する際は冷風で使用するようにしましょう。

冷風でも充分に髪を乾かすことは可能なので、完全に水気がなくなるまでしっかりと乾かすようにしてください。

ドライヤーを使わず自然に乾燥することを待っていると、湿った髪が雑菌などの温床となる可能性もありますので、頭皮マッサージを行ったらすぐに乾かすようにしましょう。

ドライヤーvs自然乾燥

ドライヤーで髪を乾かすことのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
乾くのが早い パーマやカラーが落ちやすい
セットをしやすい 手間と時間がかかる(電気代も)
ボリュームを出せる 過度な乾燥を招く恐れがある

一方で、自然乾燥で髪を乾かすことのメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット デメリット
時間も手間もかからない 雑菌の繁殖しやすい頭皮環境になる
過度な乾燥を防げる キューティクルから水分が失われやすい
パーマやカラーが落ちにくい 水分を含んだ髪による摩擦で髪が痛む

このように、両者ともにメリット・デメリットがありますが、個人的には頭皮の環境を保つことに適しているドライヤーを使用することをおすすめします。

ドライヤーを使用する時も摩擦に注意!

タオルドライについてのポイントでもお話しましたが、髪の毛は髪同士の摩擦によってダメージを受けます。

そのため、ドライヤーで髪を乾かす際にも髪同士ができるだけ擦れないようにしましょう。

ちなみに、下記がドライヤーを使用した正しい髪の乾かし方の手順になります。

  1. 髪をかき分けて頭皮に直接風を当てるように髪の根本からドライヤーをかける(頭皮の乾燥を防ぐためにドライヤーと頭皮の距離は20センチ以上離し、同じ箇所ばかりに風を当てないようにしましょう)
  2. 根本が充分に乾いたらだんだんと毛先に向かってドライヤーをかける
  3. 途中で温風に切り替えた場合でも最後は冷風で全体を冷やす

塗布した薬剤が浸透するまでは冷風→浸透したと思ったら温風→最後は冷風で引き締めるという手順で髪を乾かすようにしましょう。

フィンジアの正しい使い方を実践して発毛を促進させよう

フィンジアは上記でも述べたとおり、最新の成分として注目されているキャピキシルやピディオキシジル、そのほか天然由来の成分もふんだんに使用されており、副作用が起こる可能性が低くほとんどの人が使用できるスカルプエッセンスであると言えます。

しかし、間違った使い方をしてしまうと効果を得るどころか、逆に半減してしまうなど望ましくない結果を招く可能性もあります。

そのため、正しい使用方法を心がけてフィンジアを使っていく必要があるのです。

いくら効果的なスカルプケアでも正しい使い方を実践しなければ実現できないというわけですね。

この記事で解説した使用方法を参考にフィンジアの効果を実感できるよう是非実践してみてくださいね。

▼魔娑斗選手も愛用▼