万能の薄毛改善薬!?フィンジアは他の育毛剤よりスゴかった!

科学実験をする女性
今まで育毛剤を試してみても効果を実感できなかったという方に是非おすすめしたいのがフィンジアです。

フィンジアに配合されている最新の有効成分は、現在海外でも話題になっているほどなのだとか。

さらにどの育毛製品よりも最新成分の配合量が高いことも注目に値すると言えます。

今回はフィンジアが他の育毛剤よりどれだけスゴイ製品なのかを詳しく解説していきたいと思います!

目次

フィンジアにはミノキシジルよりも高い効果を持つ有効成分が配合されている!

まず触れておきたいのはやはりフィンジアに配合されている有効成分ですね。

フィンジアにはいろいろな種類の有効成分が配合されているのですが、中でも話題を集めているのがキャピキシルとピディオキシジルです。

この2つの成分は近年開発された新しい成分で、従来の成分よりも優れた作用を発揮してくれます。

キャピキシルは生え際で生成される悪玉男性ホルモンを抑制してくれる

キャピキシルはアカツメクサエキスとアセチルテトラペプチド-3という2つの成分からできています。

アカツメクサエキスには薄毛の原因となる5αリダクターゼという酵素の働きを抑え、これにより髪の毛の成長を阻む悪玉男性ホルモンであるDHTの分泌を抑えます。

そしてアセチルテトラペプチド-3はグロースファクターという細胞を修復させる作用があり、髪の毛を生成させるための毛母細胞を活性化させ、さらに傷んだ頭皮環境を整え髪を抜けにくくしてくれます。

さらに育毛剤として使用されてきたミノキシジルの3倍の育毛効果があるとされています。

ピディオキシジルはミノキシジルと似ているがより吸収率が高い

ピディオキシジルはミノキシジルと似た分子構造を持った育毛成分です。

血行を拡張することで頭皮の血行を促進させ、血流が髪に栄養を届けるのを助けてくれます。

またピディオキシジルはミノキシジルよりも吸収性が優れています。

ミノキシジルは育毛剤として使用した際の吸収率があまり良くないとされているのですが、ピディオキシジルはミノキシジルよりもより浸透しやすい成分なので、フィンジアの浸透力をより高めていると言えます。

フィンジアに含まれている最新の有効成分は致命的な副作用も無くて安心して使える

フィンジアが他の育毛剤よりもスゴイと言えるところはまだまだあります。

上記でご紹介した有効成分の効果はもちろんですが、これらの有効成分は従来の成分よりも大きな効果が期待できるだけでなく副作用の心配がありません。

何ヶ月使用しても体に副作用が出る心配ナシ

フィンジアのようなスカルプエッセンスや育毛剤に使用されている成分は、もれなく薬効を有しているのですが効果が大きすぎると副作用が発生する可能性も高まります。

現にAGA治療に使われることが多いミノキシジルも、市販の製品よりも大きな効果を発揮する反面、体への影響が強いために副作用が起こる場合があります。

しかしキャピキシルとピディオキシジルは、ミノキシジルが持つ欠点である副作用を有していませんので、何ヶ月も長期間連続して使用したとしても体に異常が現れることはありません。

また、フィンジアに使用されている成分の多くは天然由来のものであり、人の体にも馴染みやすく安心して使うことができます。

他の育毛剤よりフィンジアの方が効果的!?M字型薄毛の典型であるAGAにも効く!

フィンジアは加齢による薄毛や抜け毛だけでなく、AGAにも優れた効果を発揮してくれます!
薄毛や脱毛に悩む人の90%が男性型脱毛症として知られるAGAにかかっているとされています。

多くの場合AGAを改善するために育毛剤を使用すると思うのですが、それだけでは望むような改善効果を得ることはできません。

AGAの進行を止めるには5αリダクターゼに作用する成分が必要

育毛製品を使ってAGAの進行を止めるには、症状を進行させる元凶に作用する成分が配合されているものを使用する必要があります。

男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素と合わさることで、悪玉男性ホルモンのDHTに変化しこれが髪の毛の成長を阻害することで薄毛が進行します。

つまりAGAの進行をストップさせるためには、5αリダクターゼを抑制しなければならないのです。

キャピキシルにはAGAの進行を止める効果がある!

このため5αリダクターゼを抑制する成分が育毛剤に含まれていない場合、いくら毎日続けてもAGAによる薄毛を止めることはできません。

ここで思い出して欲しいのがフィンジアにはキャピキシルが配合されていることです!

上記でも触れましたがキャピキシルを構成している成分の一つである、アカツメクサエキスには5αリダクターゼの発生を抑制する作用があります。

アカツメクサエキスに含まれているビオカニンAというイソフラボンは、女性ホルモンと似た効果を持っており5αリダクターゼの働きを阻害することができます。

最新の成分だけでなく天然由来の成分も配合され万能な効果を発揮!

さらにフィンジアには同じく5αリダクターゼに作用するヒオウギエキスも配合されています。

ヒオウギエキスにはイソフラボンと同じ成分が含まれており男性ホルモンがDHTに変化してしまうことを防いでくれます。

このようにフィンジアは最新の成分と天然由来の成分を配合した、万能的な効果を持つスカルプエッセンスであると言えるでしょう。

フィンジアは高い人気を集めている製品でもあり、販売元である公式サイトもよく在庫切れを起こしていますので、まだ在庫がある内にできるだけ早めに申し込みしておくことをおすすめします。

髪の毛が細くなった…そんな人にも感じて欲しいフィンジアの凄い効果!

以上のことから、フィンジアの効果が思ったより凄いと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

フィンジアを使うことによって、薄毛が改善してきたという報告も多々見かけることができますので、まだ購入していない人は試してみる価値があると思います。

昔はちゃんと髪が太かったのに今では細くなっている……薄毛ではそんな悩みを抱えている人が大勢いらっしゃいますが、そんな方にもフィンジアはおすすめであると言えます。

髪が細くなる理由がわかれば対策もわかる!

フィンジアを使っている人や薄毛が進行している人に見られるのが、コシがなく弱々しい髪質になっているという悩みです。

髪が細くなると、地肌が透けてしまってたり、髪が抜けやすくなるなど様々な問題を生み出します。

このような事態が起きるのは、髪の毛を作り出す力が弱ってしまっていることが原因です。

しかし、フィンジアを使用するまたはその他育毛対策を講じることによって、また健康的な髪の毛を取り戻すこともできます。

フィンジアの効果をより実感するために、髪の毛が細くなる原因についても知っておきましょう。

フィンジアの凄い効果は髪の毛の仕組みを知ることでより理解できる!

フィンジアにはキャピキシルやピディオキシジルのような凄い成分が配合されていますが、単に塗布するよりも髪の毛のメカニズムについて知った上で使用した方が、より育毛への理解が深まり最適な使い方ができるようになります。

そのため、育毛を成功させたいならフィンジアに関する効果だけでなく、髪の毛に関する知識についてもある程度仕入れておくことをおすすめします。

フィンジアの凄い効果をより理解するために、まずは髪の毛が細くなってしまう原因について詳しく解説してきたいと思います。

頭皮の下にある毛包は髪の毛を作り出す重要な機関!

髪の毛が細くなってコシも無くなってしまう……その原因は毛根にある毛包が正常な働きをしていないからです。

髪の毛は毛幹と毛根に分かれており頭皮から出ている部分が毛幹で、頭皮に隠れている部分が毛根部分となっています。

毛根には毛包があり、ここが髪の毛を作り出す部分です。

毛包の中には毛乳頭細胞や毛母細胞があり、毛乳頭細胞が発毛の指令を出すと毛母細胞が分裂して髪の毛を作り出す仕組みとなっています。

育毛成分を頭皮にしっかりと浸透させることで効果が発揮される

このように毛包部分は普段頭皮に隠れて見えませんが、髪の毛を生み出す大切な役割を持つ器官となっています。

髪の毛が細くなってしまうのは、まさにこの毛乳頭細胞と毛母細胞を含んでいる毛包が弱ってしまうことが原因です。

また、フィンジアを使用する際にも頭皮にしっかりと浸透させて、育毛成分を毛包を含む毛根へと浸透させる必要があります

フィンジアの成分による効果がいくら凄いと言われていても、毛包に届かなければ効果も充分に発揮されませんので気をつけましょう。

フィンジアはヘアサイクルを正常化する効果も期待できるから凄い

フィンジアが凄いと言われている理由は、AGAの対策に適している以外にもヘアサイクルの乱れにも効果が期待できるからです。

ヘアサイクルが正常にならなければ薄毛の改善には一向に繋がりません。

そのため、フィンジアを使用するなどしてヘアサイクルの正常化に努めることは、最優先すべき課題であると言っても過言ではないでしょう。

ところで、ヘアサイクルの正常化とは具体的にどのようなことを意味するのでしょうか。

正常なヘアサイクルでは髪が健康に育つが周期が乱れると?

ヘアサイクルの乱れは毛包が弱ってしまう原因となります。

つまり、ヘアサイクルが乱れることによって薄毛の原因にも繋がるということです。

ヘアサイクルというのは、髪の毛が発毛と脱毛を繰り返す周期のことを指します。

髪の毛は成長期→退行期を得て休止期に入り自然に抜け落ちていきます。

そして、また新しい髪が生え……ということを繰り返しているというわけです。

通常はヘアサイクルに従って髪は成長をしていくのですが、ヘアサイクルが乱れると成長期が短くなってしまい、充分に髪が育たないうちに休止期に入って抜け落ちてしまいます

ヘアサイクルの乱れによって髪を作り出す毛包が弱ってしまう

そして、ヘアサイクルの乱れが続くと次第に毛包に備わっていた、髪の毛を作り出す能力が衰えてしまい、毛包自体が小さくなってしまいます。

この結果、新しく作られる髪の毛もコシのない細くて弱々しいものになるというわけです。

しかし、フィンジアに配合されているキャピキシルには、アセチルテトラペプチド-3という細胞修復能力がある成分が含まれており、休止した毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させる効果があります

これによって、フィンジアを使用することでアセチルテトラペプチド-3によって弱った毛包を修復することが可能です。

毛細血管からの栄養が足りなくなることでヘアサイクルの乱れが起きる

では、ヘアサイクルの乱れはどうして起こるのかというと、その原因は頭皮の毛細血管が関わっています

頭皮の下にある毛包部分は頭皮に広がっている、毛細血管から髪の毛を作り出す栄養を得ています。

しかし、毛細血管が収縮してしまうとその分血行が悪くなり、髪が摂取できる栄養も減ってしまいます

人間が何日も禄な食事を摂らなければ弱ってしまうように、髪の毛も充分な栄養を得ることができなければ徐々に弱っていってしまうのです。

DHTや過度なストレスによって毛細血管が収縮・減少してしまう

つまり、ヘアサイクルの乱れには頭皮の血行不良が大きく関わっていると言えるのですね。

血行不良が起きる原因としてまず挙げられるのはストレスです。

過度なストレスがかかると毛細血管が収縮してしまい、血行が悪くなります。

また、高齢になると自然と毛細血管の量が減ってしまいますので、結果血行不良による薄毛に繋がる可能性もあります。

薄毛の原因で有名なAGAでも悪玉男性ホルモンである、DHTによって頭皮の血行が阻害されるというトラブルが起きます。

フィンジアには血行不良に効果を発揮するセンブリエキスやピディオキシジルなども含まれているので、ヘアサイクルの改善にも大きな助けとなるでしょう。

血行促進によってフィンジアの凄い効果が実感できるようになる!

髪の毛が細くなったと感じたら、それはヘアサイクルが乱れて毛包が活力を失っている証拠であると言えます。

放っておくと薄毛になる可能性があるので早めの対策が必須です。

そのため、たとえ髪の毛が薄くなっていなくても、フィンジアなど育毛に効果的な製品を使ってスカルプケアを行うことをおすすめします。

また、頭皮の血行を促す方法もありますので、フィンジアを使うのと同時に実践していくようにしましょう。

運動や頭皮マッサージで成分の凄い効果を引き出そう!

運動を行うことで心臓が脈打ち、結果的に全身の血流を活発化させることができます

全身の毛細血管の減少を防ぐことができますので、もちろん頭皮の血管が減少する予防にもなります。

また、頭皮マッサージも頭皮の血行を良くするのにとても有効です。

ポイントは強く擦るのではなく優しく押す感じでマッサージを行うようにすることです。

とくに、フィンジアを塗布したあとは頭皮マッサージをすると、成分の浸透力がアップするので是非やりましょう。

他にも食事に気を使うなど生活習慣にも目を配ってみましょう。フィンジアの凄い育毛効果が徐々に現れてくるはずです!