生え際にも効果がある!フィンジアが前頭部の薄毛にも最適!

頭を抱える男性
発売されてから未だに人気の衰えないフィンジアは、薄毛の改善に効果的であるとされています。

薄毛の傾向にもいろいろあり生え際から進行していくケースもありますね。
こういった薄毛のケースは短い毛が生えることはあっても、髪の毛を元通りに生やすことは比較的難しいとされています。

もちろん絶対に改善できないというわけでは無いのですが、現状難しいことには変わりないようです。

しかしこういった症状を持つ方におすすめしたいのがフィンジアです。
今回は生え際から来る薄毛に悩んでいる方々に向けて、フィンジアがどのような改善効果を発揮するのかについてご紹介していきたいと思います。

目次

生え際の薄毛改善で有名な株式会社ユーピーエスから生まれたフィンジア

フィンジアは株式会社ユーピーエスが開発したスカルプエッセンスです。

株式会社ユーピーエスと言えばM字ハゲの改善に効果的と言われる、プランテルという育毛剤をすでに販売しており、生え際の薄毛に悩む人々の間では非常に知名度の高い製品です。

そんなM字ハゲの改善で有名な株式会社ユーピーエスが、最新の育毛成分を配合し新たに開発したのがフィンジアです。

より多くの有効成分を配合した次世代のスカルプエッセンス

2015年に発売されたフィンジアはプランテルよりも、さらに高い効果が期待できる製品として開発されています。

配合されている成分量もこちらの方が多くなっており、まさに次世代のスカルプエッセンスといった仕様の製品になっています。

何よりも注目したいのは最新の育毛製品として開発されたフィンジアには、AGA改善を期待できる成分が豊富に配合されているという点です。

こちらに配合されているキャピキシルとピディオキシジルは、業界でも注目されている成分であり従来の成分よりも高い育毛効果が期待できるとされています。

フィンジアを使用する前に知っておきたい生え際の薄毛が発生する原因

フィンジアの効果についてより詳しく知るために、まずは生え際の髪が薄くなる原因について解説してきましょう。

前頭部はAGAの影響をもろに受けるポイントである

ほとんどの場合薄毛の原因となっているのは、男性ホルモンの分泌によるAGAという男性型脱毛症です。

AGAは生え際が薄くなりおでこが広くなるほか、同時に頭頂部の髪の毛も薄くなるといった特有の症状があります。
特に前頭部はAGAの影響を強く受けやすい箇所となっており、薄毛の進行を止めるにはAGAそのものを解消しなければなりません。

フィンジアに配合されている主な成分の一つ、キャピキシルにはAGAを改善する効果も有しており、薄毛の進行を防止するのに最適な成分であると言えます。

前頭部は毛細血管が少ないので髪の毛に栄養が届きにくい

もう一つおでこあたりの薄毛が進行してしまう原因として血行不良が挙げられます。
頭皮に生えている髪の毛に栄養を届けるのは血流です。

実は人体の前頭部は毛細血管の数が、他の体の部分よりも数が少ないのです。
髪の毛に必要な栄養や酸素は人体に張り巡らされた血管によって届けられます。

つまり毛細血管が少ない場所であるほど栄養が届きにくい場所であると言えます。
毛細血管が少ないために前頭部は皮膚が硬く血行が悪くなりがちです。

ただでさえ栄養が届きにくい場所なのに、頭皮の血行が悪くなればさらに栄養を摂取できなくなるのは言うまでもありません。

フィンジアに配合されているピディオキシジルやビワ葉エキスは、ミノキシジルのように血行を促進させる効果があります。

フィンジアには生え際の薄毛に効果的な有効成分が豊富に含まれている

生え際の薄毛を改善するには上記で述べた、男性ホルモンの分泌と頭皮の血行不良にアプローチする必要があります。

育毛剤と言ってもAGAの改善に効果が無いものもありますが、フィンジアはこれらの課題どちらにも対応できるスカルプエッセンスです。

それではどのように効果があるのかさらに詳しく見ていきましょう。

男性ホルモンDHTの成分を抑制し生え際の血行を改善する

フィンジアに配合されているキャピキシルはAGAの原因となる、髪の毛の成長を阻害するDHTの発生を抑えます。

また男性ホルモンの影響を避けて髪の毛の成長を促す効果もあります。

さらに同じく男性ホルモンの過剰分泌を抑えるヒオウギエキスも配合されており、キャピキシルと合わせてより効果が向上します。

同じくフィンジアの目玉であるピディオキシジルは、血管を拡張させ頭皮の血行を促進させるほか毛母細胞に作用して細胞分裂を活性化させ発毛を促進させます。

同じく配合されているセンブリエキスやビワ葉エキスも、生え際の血行を促進させる効果が期待できます。

このようにフィンジアには前頭部の薄毛に対して、とても最適と言える有効成分が配合されていることがわかります。

頭皮環境を改善できるフィンジアは生え際にも最適なスカルプエッセンス

今回はフィンジアが生え際の薄毛に対して、いかに効果的であるかを解説させていただきました。

ここまでご覧いただけたようにフィンジアには、AGAと頭皮環境に直接アプローチする有効成分が配合されているので、改善するのが難しいとされている前頭部の薄毛にもおすすめできると言えるでしょう。

フィンジアは副作用もほとんど無い製品であるだけでなく、通常価格よりもお得に購入できる定期コースがあるほか、全額返金保証つきですので安心して使ってみてください。

フィンジアを使っても生え際の改善が難しい場合は?育毛剤だけじゃ足りないの?

M字に悩んでいる男性が育毛剤を探すというのはよく聞く話ですが、実は男性だけでなく生え際から来る薄毛に悩む女性も増えてきています

20代でも前頭部が薄くなる症状が増えているらしく、なかなか深刻な状況になっているような気がします。

前頭部はフィンジアをはじめとした育毛剤を使っても、改善が難しい場合がありますのでより確実な方法が欲しいところです。

確実に改善するためには日常における対策も大事!

髪が薄くなったらとりあえず育毛剤を使おうと思う人がほとんどであると思いますが、薄くなった箇所によって対策も変わってくると言えます。

前頭部から来る薄毛は高確率でAGAであると言われています。

そのため、選ぶべき育毛剤はAGAに有効なものである必要があるでしょう。

数ある育毛剤の中でもおすすめと言えるのはやはりフィンジアですが、より確実に改善したいのであれば他にも対策が必要であると言えます。

よってここからは育毛剤での対策のほかに、日常でも実践したい薄毛対策についてご紹介していきたいと思います。

生え際はフィンジアや育毛剤だけでは改善しない?日常生活でも対策を!

生え際の薄毛は進行性のもので徐々に症状がはっきりしてきます。気づいたときにはすでにハッキリとM字型になっていることも多々あります。

一般的に、M字型の場合は改善が難しいとされていますが、産毛さえ残っていればそこから髪を育てていくことは可能です。

まだ改善の余地がありますので一刻も早く、フィンジアなどの育毛剤やその他の育毛方法で対策を行っていく必要があるでしょう。

それでは具体的にどのような方法で対策をしていけば良いのでしょうか?

生活習慣でできる4つの育毛対策!思い当たる人はすぐに見直そう

M字型の薄毛である場合はなるべく早いから体対策していくことが大切です。

極端に言えば、少し薄くなった感じた時点から対策をしていく必要があると言えます。

早期発見できたなら、まずは育毛剤を使うこともちろんですが、他に生活習慣も見直してみましょう。

毎日の生活で行える対策としては以下の方法が挙げられます。

  • 髪のゴールデンタイムを意識して睡眠不足を失くす
  • 血行不良を改善してスムーズに髪の栄養を供給できるようにする
  • ストレスを溜め込まないように上手く発散する
  • 薄毛の原因に繋がるタバコやアルコールを控えるようにする

睡眠不足は髪の成長を妨げる!ゴールデンタイムには就寝を

髪の毛は夜寝ているときに成長をするので、長々と夜更かしすることは髪の成長を妨げる原因になります。

特に成長ホルモンが分泌される夜22時から午前2時は通称ゴールデンタイムと呼ばれており、この時間に睡眠を取ることで成長ホルモンがたくさん分泌されたり、細胞の修復が効率的に進んだりします。

そのため、なるべくゴールデンタイムの間に睡眠を取るようにしましょう。

髪の毛の栄養は血管から運ばれてくる!血行不良の改善は必須!

血行不良も育毛では解消しておきたい問題であると言えます。

なぜなら、髪の毛が成長するには毛細血管から栄養を受け取る必要があるからです。

血液がスムーズに流れなくなると、その分だけ栄養を受け取るのが難しくなってしまいます。

特に頭皮は心臓から遠いので血行不良は看過できない問題です。

さらに、前頭部は毛細血管が少ないので血行不良による影響を受けやすいと言えます。

マッサージや運動などで全身の血流を促し、髪の毛に栄養が届く体作りをしていきましょう。

ストレスによって血管が収縮し髪が栄養不足に!

ストレスが溜まりすぎると内臓機能の低下や、血行不良による頭皮環境の悪化に繋がります。

ストレスによって血液の流れを制御している自立神経が緊張して血管を収縮させてしまい、髪の毛が栄養を受け取りにくくなってしまうのです。

他にも、自律神経が不調になると、内臓機能の低下してしまうこともあります。

髪の毛を作るのに必要となるのがタンパク質ですが、内臓機能の低下によってタンパク質が充分に吸収できず、その結果髪の毛が栄養不足になってしまい薄毛の原因となるのです。

上手にストレスと付き合う方法を見つけ実践していく

多くの現代人にとってストレスの解消は大きな課題となっていますね。

手っ取り早いのは運動など無心に体を動かすことです。

心臓が活発に活動するので血流が良くなり血行不良の改善にも繋がります。

ほかには旅行など非日常な体験をすることでストレスを発散する方法もありますし、趣味に打ち込むことで発散するというのも1つの手です。

完全にストレスを無くそうと焦らずに、無理なく上手にストレスと付き合っていくことを意識して実践してみましょう。

タバコは育毛の敵!改善したいなら禁煙は不可欠

育毛を成功させたいならタバコは完全に断つようにしましょう。

タバコにはニコチンという物質が含まれていますが、このニコチンには血管を収縮させてしまう働きがあるのです。

何度も述べているように血管の収縮は髪の栄養不足に繋がるので、育毛においては何のメリットもありません。

一方で、アルコールの場合は少量であれば育毛に良い働きをする場合もあります。

少量なら良いが飲みすぎると逆に薄毛の原因になってしまう

アルコールを飲むと体が暖まります。

この作用を利用すれば血行を促進させ髪の成長を促すこともできます。

ただしたくさん飲みすぎると肝臓にダメージを与えてしまいますので、飲むとしてもコップ1杯程度に留めておきましょう。

とはいえ、飲みすぎることによって薄毛に繋がる場合もありますので、飲酒の習慣はやはり身につけないようにする方が無難と言えるでしょう。

フィンジアや育毛剤だけでは足りない?生え際を改善するなら不足しがちな栄養を摂取しよう!

育毛剤は抜け毛を防ぐ効果が期待できる成分が入っているほか、フィンジアのように男性ホルモンを元からブロックする成分が含まれているものもあります。

これらのような育毛剤を使用するのはもちろんですが、育毛効果を実感した人の大半はやはりそれまでの生活習慣の見直しも行い、体質の改善にも気を使っていたことが明らかになっています。

健康な髪を生やすには材料となる栄養素を摂取することが大事

体質の改善を図るには、やはり髪を作るための栄養を摂取することが不可欠です。

育毛剤やフィンジアは頭皮に直接塗布することで成分を毛根へ届けますが、血流がスムーズで無ければ毛根まで届けることも難しくなります。

また、健康な髪を作るにはタンパク質などの栄養が必要です。

それを補うには正直なところ育毛剤を塗るだけでは完璧に補うことが難しいでしょう。

タンパク質やイソフラボン、亜鉛など髪に良い栄養を摂取しよう

タンパク質を摂取できる食べ物としては、肉類や魚などの動物性タンパク質のほか、大豆やピーナツなどの植物性タンパク質が挙げられます。

どちらを多く摂れば良いかではなく、どちらもバランス良く摂取することが大切です。

また、タンパク質だけでなくイソフラボンや亜鉛などの栄養素も必要です。

たとえば、納豆や豆腐からはイソフラボン、煮干しやするめなどからは亜鉛を摂取できます。

育毛剤を使用して生え際の薄毛を改善したい場合は、これらの髪に良い栄養素も意識的に摂取していきましょう。