人気商品のフィンジアで考えられるデメリットをまとめて解説!

悩む女性
フィンジアと言えば薄毛に悩んでいる人の間で、もはや知らぬ人は存在しないであろうというくらいに有名な製品ですね。

育毛業界で注目されている最新成分を配合したフィンジアですが、良いことばかり強調されていて逆にアヤシイと思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

正確には育毛剤ではなく化粧品なので、本当に大丈夫なのかと疑問に思ってしまうことは無理もありません。
今回はフィンジアを使用することでどのようなデメリットがあるのかを詳しく見てきたいと思います。

目次

フィンジアを使用することで副作用として起こり得るデメリット

フィンジアのようなスカルプエッセンスまたは育毛剤には、多くの場合デメリットとなる副作用を有している場合があります。

たとえばAGA治療で使用されるミノキシジルには、頭皮に塗布しても非常に吸収されにくいほか、使用することでかゆみ/頭痛/めまいなどの症状が発生する可能性があります。

このように育毛製品の中には副作用を持つものも少なくないので、購入する前に慎重に検討する必要があると言えます。
フィンジアの場合も100%ではありませんが、デメリットとして副作用が起こる可能性がありますので解説していきたいと思います。

エタノールは殺菌作用が強く頭皮に強い刺激を与える場合がある

まずフィンジアを使用することで考えられるデメリットとして、体質に合わないことによる肌トラブルの副作用が挙げられます。

こちらの製品にはエタノールが使用されています。
エタノールとはアルコールの一種であり、高い抗菌効果を発揮するほか消毒効果で頭皮を清潔にしたり、成分の吸収率を高めてくれたりする作用があります。

エタノールは頭皮を清潔にしてくれるのですが、頭皮を守るために必要な常在菌まで殺菌してしまうほど作用が強いので、強い刺激に肌が耐えられないことも考えられます。

とくにアレルギー体質の方はアルコールで反応する可能性もありますので注意が必要です。

カプサイシンでアレルギー反応が起こる可能性もある

またフィンジアにはカプサイシンが含まれているのですが、こちらも人によっては副作用が出る可能性があります。
カプサイシンは唐辛子などの辛いものに含まれている成分です。

フィンジアでは辛いもの含まれているカプサイシンで、内側から毛穴を開くゲートアクセス理論を採用しているのですがカプサイシンは刺激物でもありますので、かゆみなどの症状が出ることもあります。

皮膚に対する刺激性があることからアレルギー性皮膚炎を起こす可能性もあり、過度に肌が敏感な人は注意が必要です。

シャンプーなどにも配合されているメントールも抗菌作用が強い

フィンジアにはメントールも配合されています。メントールは育毛剤をはじめシャンプーなどにも配合されておりスッキリする使用感を与えます。

抗菌作用や血行促進などの作用があることから、完全にデメリットになる成分とは言えないのですが薄毛が解消するほどの高い効果はありません。

またメントールもアルコールの一種であり肌への刺激が強い成分です。
さらにメントールとエタノールが組み合わさると、刺激が強くなってしまうのは言うまでもありません。

フィンジアの副作用によるデメリットは誰にでも起こるものではない

このようにフィンジアにもデメリットを抱える成分が配合されているので、必ずしも副作用なしで使用できるというわけでは無いと言えます。

しかしこれらはあくまで可能性の話であり、使用した人全てに副作用が起こるというわけでは無いということも留意しておきましょう。

アレルギー体質でなければ多少アルコールが含まれていても大丈夫

エタノールやメントールは大なり小なり多くの育毛製品に含まれている成分であり、基本的にどの製品にも配合されていると思って良いでしょう。

上記ではエタノールなどのアルコール系成分が有するデメリットをご紹介していますが、それも肌への影響が大きすぎた場合の副作用という認識程度で大丈夫です。

ただしアレルギー体質である場合はアルコール成分が少ない製品も検討しておいた方が無難と言えるでしょう。

頭皮につけてもカプサイシンのせいでヒリヒリすることはない

またフィンジアには唐辛子に含まれるカプサイシンが配合されていることは確かですが、唐辛子エキスを直接食べたようなヒリヒリ感が出るというわけではありません。

よって使用した際にも安全に使用できるよう、刺激を極力少なくしていることは間違いないと言えます。

通常辛いものを食べても平気なのであれば、副作用による心配も無くフィンジアを安全に使用できる可能性も高いと思われます。

メリットとデメリットを考慮してフィンジアを購入するか検討しよう

以上のようにフィンジアは体質に合わない場合、副作用が起こる可能性があるものの全ての人にデメリットがある製品ではないことがお分かりいただけたと思います。

フィンジアにはアルコールやエタノールが配合されてはいるものの、基本的に刺激の少ない製品として開発されており、さらに育毛成分による副作用も殆ど無いというメリットがあります。

過剰なアレルギー体質や敏感肌の人は注意したい部分もありますが、いままで他製品でアレルギー症状やかゆみなどの副作用が無かったという人であればフィンジアを使用しても問題は無いでしょう。

スカルプエッセンスにもメリットとデメリットを備えたいろいろな製品がありますので、まずは焦らず自分の体質に合うものを比較検討していきたいところです。

育毛剤の気づきにくいデメリット!フィンジアには使用期限がある!?

育毛剤が持つデメリットは成分についての話だけではありません。

フィンジアに代表される全ての育毛製品は期間が過ぎると共に劣化していきます

つまり、ずっと新品のままの品質で使用することはできないのです。

薄毛を改善するためには日々育毛剤を使っていくことが大切ですが、使用期限についてはあまり意識していないのではないでしょうか。

使用期限が過ぎたものを使うと頭皮に悪影響が!

育毛剤にも非常に分かりにくいですが使用できる期間には限りがあります。

普段は使用期限について意識している人はほとんどいないでしょう。

パッケージを見ても使用期限の表記がされていないことも多々あります。

中には現在出回っている育毛剤を次々と試し買いしているうちに、使いきらないまま放置してしまっている人もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうやって長い間放置したものや購入してから長い期間が過ぎたものを使用すると、却って頭皮に悪影響をもたらす可能性があります。

ここからは、フィンジアをはじめとした育毛剤における使用期限について解説していきたいと思います。

意外な使用期限のデメリット!フィンジアや育毛剤の品質はどれくらい保たれる?

実のところ育毛剤も化粧品類のようにいつまでも使えるというわけではありません。

しかし、パッケージを見ても使用期限についての表記が見られる製品はそう無いと言えます。

そのため期限についてあまり気にしていない方も多いと思われますが、実際には育毛剤の品質と期限は大きく関わっていますので、フィンジアを使用する際にも決して無視できない要素なのです。

製品によって成分はそれぞれなので正確な使用期限はわからない

育毛剤は、開封後空気に触れて酸化することにより劣化が始まっていきます

そのため、劣化する前になるべく早く期限までに使い切る必要があります。

それでは、ボトルを開けたあとの期限はどのくらいになるのかと言うと、これは一概に言うことはできません。

何故かと言うと、保存環境が使用者によって異なるほか、それぞれの製品で使われている成分も異なる上に、1つの製品に数種類の成分が含まれているため、絶対と言える答えを割り出すことはとても困難であるためです。

開封後は1ヶ月~3ヶ月くらいなら品質は保たれる

上記にもあるように、各メーカーでは育毛成分を独自に組み合わせて配合しています。

よって、品質保持のために配合される成分の量も、育毛剤によってまちまちとなっているのです。

ただ、ボトルの内容量自体はほとんどの場合1ヶ月分となっています。

そのため、開封から最低でも1ヶ月間は使用に問題ない品質であると考えられます。

フィンジアには品質保持のためにアルコールが配合されているので、あくまで予想ですが開封してから最低1ヶ月長くても3ヶ月は大丈夫であると見て良いかもしれません。

開封後はなるべく半年以内には使い切るようにしよう

このように育毛剤には防腐剤としてアルコールが含まれているため、開封してもある程度の期間は成分の有効性を保持することはできると思われます。

しかし、品質の劣化は進んでいるので開封後はなるべく、半年以内には使い切るようにしましょう。

フィンジアの場合は定期コースが利用できるので、そちらで購入していれば品質劣化のデメリットを回避することも簡単です。

いつ買ったかも思い出せないような製品は使わず廃棄しよう

育毛剤を販売しているメーカー側も使用期限が過ぎた製品を使うことは推奨していません。

開封してから半年以上経っているものなどを頭皮に使ってしまうと、酸化した成分のせいで地肌に異常が起きることも考えられます。

よって、未開封でもいつ買ったかも思い出せないような育毛剤も使わず破棄することをおすすめします。

育毛剤で使用期限が確認できないデメリットはなぜ起きる?フィンジアが未開封であってもやっぱり劣化は防げない

先程も述べましたが、育毛剤のパッケージには使用期限の表記がほとんどありません。

全ての育毛製品がそうだというわけではなく、中には非常に小さい文字で表記されていることもあります。

食品のように期限があるならきちんと表記して欲しいと誰もが考えると思います。

ただ、パッケージに表記されていたり表記されていなかったりするのには理由があるのです。

医薬部外品は使用期限を記載しなくても良いって本当?

実は育毛剤にはパッケージに使用期限を記載する義務が無いのです。

成分の酸化による異常が起きるかもしれないデメリットがあるのに、どうしてこのような事が許されているのでしょうか。

育毛剤は厚生労働省から認可を受けている医薬部外品となります。

このような製品である場合未開封で適切な場所に保存されているのであれば、3年間は品質が保たれていると認められているのです。

そのため、薬機法上は有効期限の表示が必要ないことになっており、医薬部外品の育毛剤には使用期限の表記がされていないのです。

未開封であれば最低3年位は品質が保持される?

それでは、医薬部外品である場合は3年は品質が保持されるのかと思いますよね。

しかし、3年間の品質保持が保証されるのは、あくまで未開封の状態であった場合に限ります。

また、未開封であっても品質の劣化を完全に防ぐことはできません。

これは育毛剤であってもフィンジアのようなスカルプエッセンスであっても変わりませんので、やはり購入してから半年以内に使い切ってしまうのがベストな使い方でしょう。

品質劣化のデメリットを回避!育毛剤やフィンジアを正しく保管する方法

使用期限による品質の劣化という分かりにくいデメリットもありますが、基本的に販売されている育毛製品は個人でも安全に使用できるものです。

ただ、安全に使用するには使用期限を守るほかに、適切な管理を行うといったことが前提となっています。

薄毛に使用する育毛剤やフィンジアなどのスカルプエッセンスをきちんと適した方法で保管すれば、その分だけ劣化を防ぐことができますので、正しい保存方法についてもご紹介していきましょう。

日光などの強い光が当たらないところに置いておく

育毛剤は日光に当てることはなるべく避け、温度や湿度の変化が無い場所で保管するようにしてください。

また、日光だけでなく蛍光灯の光が直接当たる場所も避けてください

フィンジアのように防腐剤としてアルコールが入っていても、成分が変性して品質の劣化が早まってしまいます。

最も良いのは光を遮断できる蓋で閉じられる箱や引き出しの中で保管することです。

ボトルから別の容器に移し替えると酸化が早まる

育毛剤の容器は、中に入っている成分を保護するためのものです。

別の容器に移し替えようとすると、中の薬液が空気に触れて劣化してしまう原因になります。

よって、薬液を他の容器に移し替えるようなことはもってのほかです。

また、できるだけ酸化や雑菌から液体を守るために、使用後はきちんと蓋を閉めるようにしてください。

十分な育毛効果を発揮させたいなら使用期限内に使い切ること

フィンジアを使用する際にも品質の劣化に対して気を配るようにしましょう。

いくら頭皮に優しい成分を使っているからといっても、成分が劣化してしまっては髪や頭皮に悪影響をもたらす原因になってしまいます。

また、育毛効果も期待できないので劣化したフィンジアを使っても得することは1つもありません。

育毛製品で十分な効果を得るには、品質が保たれているうちに使い切ることも大切であると言えるでしょう。