フィンジアはイソフラボン含有で女性にも大人気の育毛剤!

髪を振り乱す女性
フィンジアには大正製薬のリアップシリーズのように女性用の商品はありません

これはフィンジアが男女どちらにも使用することができる男女兼用の商品だからです。
また、女の人に嬉しいイソフラボンなどの成分もしっかりと配合されており、天然由来の成分が多く配合されているので安全性も高い製品となっています。

配達時などにも荷物を受け取った人にフィンジアを購入したと分からないような工夫がされているので、こっそり育毛剤を使用したいという女性にも非常におすすめです。

目次

フィンジアに女性用が存在しない理由は男女兼用だから

幅広い層から絶大な人気を誇るフィンジア。

しかし、この商品には大正製薬のリアップシリーズのように女性用の商品はありません。

これはフィンジアが男女ともに使用することができる男女兼用の育毛剤だからです。

男性が使用するイメージの強い育毛剤ですが、実はフィンジアのような男女どちらでも使用できる商品も最近では非常に多くなっています。

リアップに女性用の商品があるのは副作用の危険性があるから!?

では、なぜ大正製薬のリアップシリーズなどには男性用と女性用の商品があるのでしょうか。
これには、リアップに含まれているミノキシジルという成分が関係しています。

ミノキシジルは血管を拡張して血行を良くする作用があり、薄毛の原因である頭皮の血行不良を解消してくれる成分です。

ただし、ミノキシジルには副作用が起こるリスクもあり、女の人が使用する場合にはこのリスクは男の人よりも高くなると言われています。

そのため、男性用のリアップなどにはミノキシジルが高濃度で含まれているものもありますが、女性用にはわずか1%しか含まれていません。

ちなみに、フィンジアミノキシジルは一切含まれていないので安心して利用することができます。

女の人が使用できない成分が配合されている育毛剤も存在する

リアップに含まれるミノキシジルは、低濃度であれば女の人でも使用することが可能です。

しかし、世の中には微量であっても女性が使用することを禁じられている成分もあります。
それが、フィナステリドやデュタステリドという成分です。

フィナステリドやデュタステリドは女性の場合、なんと触れるだけで不妊になってしまう危険性がある恐ろしい成分のため、使用はもちろん触ることも禁止されています。

ただ、これらの効果が強力な成分は主に経口摂取する内服タイプの育毛剤に含まれる成分であるため、頭に塗布するタイプではミノキシジル以外はほとんど気にする必要はなさそうです。

もちろん、フィンジアにもこれらの成分は含まれていません。

フィンジアには女性の薄毛に効果的なイソフラボンなどもたっぷり!

女性の薄毛や抜け毛に深く関わっているホルモンバランスの乱れ。
ホルモンには男性ホルモンと女性ホルモンとがあることは有名ですが、実は女性の体内にも男性ホルモンが存在します。

そして、この男性ホルモンが何かの拍子で優位になることで薄毛や抜け毛の原因となるのです。
そうならないためにフィンジアは、女性ホルモンと似た働きがあると言われるイソフラボンなどを成分にたっぷり配合しています

天然由来成分が主成分の身体に優しいフィンジア

フィンジアは天然由来成分が主成分の育毛剤となっています。

先程、フィンジアにはイソフラボンが配合されていると述べましたが、これもヒオウギやアカツメクサ(レッドクローバー)という植物に含まれているものが元です。

フィンジアは化学成分ではなく天然由来の成分にこだわっているため、副作用などの心配も少なく安心して利用することができます

また、女の人だからこそ頭皮やお肌のトラブルはできるだけ避けたいですよね。
フィンジアはヒオウギやアカツメクサ(レッドクローバー)以外にも、ボタンやビワ葉など多くの植物由来成分を配合している身体にも優しい育毛剤となっています。

ホルモンバランスが崩れる原因は生活習慣によるものが多い

女性の場合は、妊娠や出産などの時期には体内のホルモンバランスは大きく変化します。

たまに、出産などを通して味覚の趣向などが変化する方もいらっしゃいますが、これもホルモンバランスが変化したことによるものです。

また、これらの機会以外にも普段の生活習慣によって体内のホルモンバランスは大きく変化します。
たとえば、睡眠不足やストレスなどもホルモンバランスが乱れる大きな要因です。

ホルモンのバランスは睡眠中に調整されるので、寝不足の日々が続くとこの機能が低下していきます。
また、ストレスによってもこの昨日は低下しやすいので、日頃から生活習慣に気をつけることが重要です。

フィンジアは女性に対してもきっちりと効果を期待できる育毛剤

フィンジアに女性用の商品がないのは、男性だけではなく女性にも効果を発揮するように考えられた男女兼用の製品だからです。

その証拠にイソフラボンなど女の人に嬉しい成分もしっかりと配合されています。
さらに、天然由来の成分にこだわっているので、副作用などの心配も少ないです。

また、注文すると会社名や商品名などのロゴが一切入っていない無地のダンボールで商品が届くので、自分以外の誰かが荷物を受け取っても育毛剤を購入したことを知られる心配もありません。

このように、効果や安全性以外にプライバシーなどにも配慮されているフィンジアをあなたもぜひ使用してみませんか。

フィンジアはなぜ男性女性問わず効果的な製品と言えるのか

世の中には様々な育毛剤が存在しますが使用するなら、効果が薄い製品よりもやはり効果がより期待できる製品を使いたいものです。

とくに女性の場合は男性よりも頭皮がデリケートなので、頭皮や症状に会うものを選ばないと地肌トラブルを招く原因にもなります。

フィンジアは女性の薄毛改善にも必要な効果を有している

男女兼用となっているフィンジアは、性別を問わず薄毛に悩んでいる方に最適な製品となっています。

フィンジアが性別関係なく優れた効果を発揮できると言える理由は、女性の頭皮に必要な効果を多く有しているからです。

フィンジアが有している効果としては以下のものが挙げられます。

  • 5αリダクターゼの働きを抑制し薄毛の原因をブロックする
  • 毛乳頭細胞と毛母細胞を活性化させてヘアサイクルを正常化する
  • 保湿して髪や頭皮の乾燥を防ぎ症状を緩和する

育毛剤を選ぶなら必ず抑えておきたいポイント!

上記で挙げた効果はフィンジアが有している効果でもありますが、これから本格的に薄毛を改善したいと思っている人には必須の育毛効果であると言えます。

育毛剤選びをするのであれば、これらの効果を持つ成分が配合されている製品を選ぶべきであると言えるでしょう。

女性が育毛剤を選ぶ際にも、是非注意しておきたいポイントです。

このことからもフィンジアが優れた育毛効果を持つ製品であることが伺えますが、なぜこのような効果が必須となるのかを具体的に解説していきたいと思います。

女性にも影響を与える!フィンジアの男性ホルモン抑制効果

フィンジアは、主成分であるキャピキシルやヒオウギエキスによって5αリダクターゼを抑制する効果を有しています。

AGAにおいて5αリダクターゼは主に男性ホルモンに作用し薄毛を引き起こす原因であると言われています。

フィンジアが持つ主な効果がこの5αリダクターゼによる、悪玉男性ホルモンの生成をブロックすることであると言っても過言では無いでしょう。

男性ホルモンによる影響を受けるのは男の人だけではない

男性ホルモンと聞くと性別的に男性の方が影響を受けやすいと思いがちですが、女性も男性ホルモンを有しており、その影響によって薄毛になることがあります

AGAは男性型脱毛症と言われていますが、実は女の人も発症することがあり、FAGAと呼ばれる薄毛の症状がそれです。

こちらもAGAと同じ様に、男性ホルモンと5αリダクターゼが合体することでDHTとなり、ヘアサイクルを乱して毛乳頭細胞の活動を弱らせてしまいます。

そのため、男性でなくともフィンジアのように5αリダクターゼと男性ホルモンを抑制する効果が必要となってきます。

AGAの元をブロック!5αリダクターゼを抑制する成分

5αリダクターゼを抑制する成分としては以下のものが挙げられます。

  • ダイズエキス
  • アカツメクサエキス
  • ヒオウギエキス
  • カンゾウエキス
  • ヨモギエキス

アカツメクサエキスはフィンジアの主成分であるキャピキシルに含まれている成分です。

こちらの成分は、豊富なイソフラボンが含まれていることで知られています。

イソフラボンというと大豆などで有名ですが、アカツメクサエキスには大豆の20倍の量が含まれているという説もあります。

イソフラボンは女性ホルモンに似た作用があり、男性ホルモンであるDHTを抑制する効果が確認されています。

もう一つフィンジアに含まれている成分はヒオウギエキスですね。

こちらも5αリダクターゼに働きかけて、通常の男性ホルモンがDHTに変わるのをブロックしてくれます。

男性女性問わず抑えておきたい!フィンジアの毛母細胞活性化効果

フィンジアには、もう一つの主成分としてピディオキシジルが含まれているのですが、こちらはミノキシジルに似た構造を持つことでも有名ですね。

そんなピディオキシジルは、髪の毛を作るために必要な毛母細胞を活性化させる効果を持ちます。

こちらも男性女性を問わず薄毛を改善させるなら是非使用したい成分であると言えます。

毛母細胞が分裂することによって髪の毛が成長する

髪の毛の根本には毛球という膨らんだ部分があるのですが、髪が育つためにはここにある毛母細胞が活発に働いている必要があります。

通常だと髪の毛は毛乳頭細胞から成長のシグナルが出され、それを毛母細胞が受け取って細胞分裂を起こすことで発毛して成長していきます。

しかし、DHTによる影響や髪の毛の栄養不足などが原因で、毛乳頭細胞と毛母細胞が休止してしまうと健康な髪の毛が生えなくなってしまうのです。

ピディオキシジルは、眠ってしまった毛母細胞を起こして分裂を活性化させ、毛包全体を大きく成長させて健康な髪の毛が育つようにしてくれます。

健康な髪を生やすのに必須!毛母細胞を活性化させる成分

毛母細胞を活性化させる成分としては以下のものが挙げられます。

  • ピディオキシジル
  • プラセンタエキス
  • ゴボウエキス
  • ニンニクエキス
  • ジオウエキス

フィンジアに配合されているピディオキシジルのほかにも毛母細胞に効果的な成分は色々あります。

プラセンタエキスは化粧品やスキンケア製品などで、よく見かけるため女性にはお馴染みの成分だと思います。

こちらの成分には末梢血流増量作用があり、この作用によって頭皮に循環する血液量を増やすことが可能となります。

血液量が増えることで毛母細胞へ供給される栄養も増加し、毛母細胞が活性化して育毛へと繋がるというわけです。

育毛剤選びの際にはフィンジアに含まれるピディオキシジルをはじめ、プラセンタエキスやゴボウエキスなどが配合されているかもチェックしておきましょう。

フィンジアは女性に嬉しい保湿成分も豊富!

次に上げる育毛剤選びで必須となるチェックポイントはズバリ“保湿”です。

なぜならば、頭皮が乾燥しすぎるとフケやかゆみの原因となるほか、皮脂が過剰に分泌されオイリー肌の原因にもなります。

フィンジアや他の育毛剤を使用する際にも保湿効果に優れているか否かは大事な要素となります。

頭皮が乾燥するとフケやオイリー肌など頭皮トラブルの原因に

外からの刺激から頭皮を守るためには常に一定の潤いを保持している必要があるのですが、乾燥しがちな頭皮は上記のような地肌トラブルを招くほか、抜け毛が多くなる原因にもなりえるので頭皮の保湿対策も必須となります。

特に元から乾燥しやすい肌である場合は、通常よりもフケが発生しやすい可能性もあります。

また、地肌が乾燥していると肌を守ろうと余分に皮脂が分泌され、髪の毛がベタつきやすくなったり皮脂による汚れで雑菌が繁殖したりと、頭皮環境が悪化し結果的に髪が弱って抜けやすくなるということになりかねないのです。

特に男性より頭皮がデリケートに出来ている女性の場合は、頭皮を外部の刺激から守ってくれる保湿成分は不可欠であると言えるでしょう。

乾燥肌の人は特に注意!保湿効果が期待できる成分

育毛剤選びでチェックしておきたい保湿成分としては以下のものが挙げられます。

  • ビワ葉エキス
  • ヒオウギエキス
  • ヒキオコシエキス
  • シナノキエキス
  • ヒアルロン酸Na

フィンジアにはビワ葉エキスとヒオウギエキス、そしてヒキオコシエキスが配合されています。

そのため、フィンジアは優れた保湿効果も期待できると言って良いでしょう。

ビワ葉エキスは育毛剤だけでなく保湿クリームにも使われており、このことからも確かな保湿効果を有していることがわかるでしょう。

また、ビワ葉エキスには血液から不純物を取り除き頭皮の健康を保つ効果があるほか、FGF-7と呼ばれる髪の成長を促す因子の生成をサポートする効果もあります。

フィンジアは女性の頭皮に適したスカルプエッセンス!

さらに、フィンジアには他にも保湿効果が期待できる成分が含まれていますので、女性の頭皮にも優しくて適した製品であると言えますね。

ここでご紹介した育毛成分はどれも優れた効果を発揮する成分ですので、これらの成分が含まれているフィンジアを是非女性の方々にもおすすめしたいと思います!