薄毛対策をするならフィンジアがおすすめ!その理由とは!?

人差し指を立てるスーツ姿の男性

薄毛に悩んでいるのであれば早めに対策することをおすすめします。

とくに髪が薄くなる原因がAGAという男性型脱毛症である場合は、なるべく早く的確な対処を講じる必要があると言えます。

とは言えほとんどの人が髪の毛について深い知識があるわけではありません。

しかしフィンジアであれば様々な髪の悩みに対処することができます。早く症状を抑制したいという方にフィンジアはまさにピッタリなスカルプエッセンスであると言えるのです。

今回はなぜフィンジアが薄毛対策にピッタリな製品なのか、そして具体的な対処の方法について解説していきたいと思います。

目次

フィンジアで的確な薄毛対策をするためのAGAが発生する仕組みについて

髪の悩みついての正確な対処を行うには、やみくもに育毛剤などを使っても意味が無いと言えます。

フィンジアを使用することで薄毛対策も効果的に行うことができますが、AGAによる症状を抑制するにはまずそのメカニズムについて知っておく必要があります。

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれほとんどの薄毛の原因であるとも言われているのです。

ここではフィンジアを使う前に知っておきたいAGAについての詳しい原因について解説していきたいと思います。

AGAの原因は男性ホルモンの変化によって生まれるDHTだった!

髪が薄くなる原因としては頭皮環境の悪化などが挙げられますが、AGAが発生する最も大きな原因は男性ホルモンの変性であると言えます。

男性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという酵素が結びつくと、DHTという悪玉男性ホルモンに変化してしまいます。

このDHTという悪玉男性ホルモンが髪の毛の生成に大きく影響する、毛乳頭細胞に作用することで正常なヘアサイクルを乱してしまいます。

DHTはヘアサイクルを乱すだけでなく放っておくと症状が進行していく

髪の毛はまず頭皮から生えて成長した後、次第に成長が止まっていき自然と抜け落ちて、再び新しい髪の毛が生えてくるというサイクルを繰り返しています。

しかしDHTによって毛乳頭細胞が攻撃され、ヘアサイクルが乱れてしまうと髪が成長しきる前に抜けてしまう、あるいは毛根が弱ったために太い髪が生えてこなくなるといったことが起こります。

これがAGAによって薄毛が発生する仕組みになっており、フィンジアなどの有効成分を使った対策を早めに打っておかないとどんどん進行していってしまいます。

フィンジアには薄毛対策に効果的な成分が配合されている!

現在大人気のスカルプケア製品として有名なフィンジアには、カナダの化粧品メーカーが開発した最新の有効成分であるキャピキシルとピディオキシジルが配合されています。

フィンジアに配合されている多数の有効成分はいずれも、高い発毛効果が見込める成分として選ばれていますが、中でも薄毛対策として効果を発揮すると思われるのが、キャピキシルとヒオウギエキスです。

キャピキシルのアカツメクサエキスは5αリダクターゼを抑制する

フィンジアに配合されている成分の中でも代表的な存在と言えるキャピキシル。

キャピキシルにはミノキシジルよりも髪の毛を生やす力が高いと言われており、その効果が3倍であると開発元の実験で証明されています。

またキャピキシルを構成している物質の一つに、アカツメクサエキスというものがあるのですが、こちらは髪の毛が抜ける原因となる5αリダクターゼという酵素の作用を抑えることができます。

アセチルテトラペプチド-3は毛母細胞を活性化させ丈夫な髪を生やす

さらに同じくキャピキシルを構成しているアセチルテトラペプチド-3という物質もまた、フィンジアにおける薄毛対策の効果を高めています。

アセチルテトラペプチド-3は非情に高い細胞修復力を持っており、AGAの原因となる5αリダクターゼやDHTの作用で、弱った毛母細胞を再び活性化させ髪の毛の成長を促す効果を持っています。

ヒオウギエキスには男性ホルモンを抑制するイソフラボンが含まれている

またフィンジアに配合されているヒオウギエキスも薄毛対策にとても有効な成分であると言えます。

ヒオウギエキスの特徴と言えばズバリ悪玉男性ホルモンDHTの抑制効果です。

ヒオウギエキスにはベラムカンジンをはじめとしたイソフラボンが含まれています。

このイソフラボンは男性ホルモンを抑制する作用を有しており、キャピキシルに含まれるアカツメクサエキスと同じく、男性ホルモンの働きを抑制してくれますので結果的に抜け毛を減らすことに繋がるのです。

副作用の心配もないので薄毛対策をしたいならまずフィンジアを試してみよう!

このようにフィンジアにはAGAの原因となる男性ホルモンDHT、5αリダクターゼを抑制するキャピキシルやヒオウギエキスが配合されています。

そのため薄毛の対策にとても有効であり、AGAなどの脱毛症にあまり知識が無い人でも安心して使用することができます。

またフィンジアはミノキシジルよりも高い育毛効果を持つとされる成分が配合されていますが、ミノキシジルで発生するような副作用の心配もほぼ無いというメリットまであります。

よって薄毛の進行をとにかく早く止めたいという方は、お試しからでもフィンジアを使ってみることをおすすめいたします。

AGA以外の薄毛症状ではフィンジアを使う以外にどんな対策が必要?

薄毛を発症する原因として最も代表的なものとされているのがAGAですが、その他にもまだまだ様々な種類が存在しています。

中には生活習慣によって発症する症状も存在しますので、フィンジアを使う以外のケアも必要になる場合があります。

ここからはAGA以外の原因で脱毛を起こす症状の例と、それらの症状に対するフィンジアの効果や対策についてご紹介していきたいと思います。

円形脱毛症は体内の組織が攻撃されることによって発症する

脱毛症状の中でも割りとポピュラーな症状と言える円形脱毛症は、頭にコインのような丸い形状のハゲができるという特徴があります。

頭部の一部に円形のハゲできるという点から、そこだけが薄毛を発症しているように見えますが、実のところその周囲の髪も抜けやすくなっています。

円形脱毛症を発症する理由は諸説ありますが、今のところ自己免疫疾患が有力であるとされています。

普通は外部のダメージから自分の体を守るための免疫力ですが、自己免疫疾患を発症した場合は外部の刺激に対して働くだけでなく、自分の体内にある組織も攻撃してしまう現象が起き、それによって毛包も破壊されてしまい髪の毛が抜けてしまうとされています。

円形脱毛症の改善にはなるべくストレス無くし充分な栄養を摂ることが大事

円形脱毛症を発症した場合の対処法としては、まず充分な栄養をしっかりと摂取し栄養不足に陥らないように気をつけること。

次に日常生活でもなるべくストレスがかからないように気を配ること。そしてフィンジアなどのケア製品で頭皮の血行不良改善に努めることです。

髪の毛が成長するためには血管の中に含まれる栄養素が必要です。抜け毛を起こす頭皮は血行不良を起こしているため、フィンジアに含まれる血行促進効果は脱毛予防にも効果的であると言えます。

フィンジアの主成分ピディオキシジルは血行改善に最適な成分!

フィンジアの主成分にはキャピキシルのほかにピディオキシジルという成分があります。
こちらもキャピキシルと同じく次世代の成分として高い注目を集めている成分となっています。

ピディオキシジルはミノキシジルとよく似た構成をしており、有している作用もミノキシジルと非常によく似ています。

ミノキシジルは毛細血管を拡張して血流を促す働きをしますが、ピディオキシジルが持つ作用も概ね同じものとなっています。

しかし毛細血管に強く働きかけるため副作用が大きいミノキシジルとは違って、ピディオキシジルには副作用の心配がほぼ無いという画期的なメリットがあります。

皮脂の過剰分泌で常在菌が繁殖することで進行する薄毛も!フィンジアを使う場合の対策は?

次にご紹介する薄毛症状は脂漏性脱毛症です。多くの場合髪が薄くなる原因として男性ホルモンが挙げられるのですが、脂漏性脱毛症の場合は男性ホルモンでなく皮脂の過剰分泌により脱毛が進むという症状となっています。

脂漏性脱毛症は様々な脱毛症状の中でも珍しいタイプの一種とされています。
それでは脂漏性脱毛症についての詳しい特徴と、フィンジアでどのように対策すべきかを解説していきましょう。

皮脂は本来必要なもの!頭皮を外部ダメージから守ってくれる!

脂漏性脱毛症は頭皮から分泌される皮脂の量が過剰になることにより、炎症などの肌トラブルで頭皮環境が悪化し抜け毛が増えてしまうというものです。

皮脂は本来頭皮を乾燥をはじめとした外部の刺激から守るために必要なものです。
皮脂は頭皮全体に行き渡り薄い膜の様に地肌を覆っています。この皮脂があるからこそ乾燥のほか雑菌の侵入を防ぐことができるのです。

このように皮脂は通常であれば髪と頭皮を守るのに重要な役割を果たすものであると言えます。

脂漏性脱毛症はマラセチア菌による炎症が原因!?

脂漏性脱毛症は皮脂の分泌が過剰になることで起こるのですが、もう一つの原因はマラセチア菌の過剰繁殖であるとされています。

マラセチア菌は常在菌の一種で普段から頭皮に存在しています。しかし頭皮の皮脂が増えてしまうとそれを餌としているマラセチア菌も増え、それらが皮脂を分解し頭皮に刺激を与える物質を生成してしまい炎症が引き起こされてしまいます。

頭皮のかゆみあるいは頭皮がベタついていると感じている場合は、この脂漏性脱毛症が抜け毛を起こす原因となっている可能性があります。

普段使っているシャンプーが皮脂を増やす原因になっていることも

脂漏性脱毛症が薄毛を起こす原因となっている場合はフィンジアを使うのはもちろんですが、その他にも頭皮のケア生活習慣の見直しを行う必要があると言えます。

まず皮脂が過剰分泌されるのは普段使っているシャンプーが原因となっている可能性があります。

市販の石油系界面活性剤が使用されているシャンプーは非常に洗浄力が強く、頭皮を守るのに必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

皮脂が減ると地肌を守ろうとさらに皮脂が分泌されますので、アミノ酸系シャンプーなど頭皮に優しい製品を使うようにしましょう。

フィンジアシャンプーなら必要な皮脂を落とさずに頭皮を洗える!

フィンジアを使うのであれば公式サイトから販売されているフィンジアシャンプーがおすすめです。

こちらも頭皮優しいアミノ酸を豊富に配合しているほか、キャピキシルなどの有効成分も配合されているためシャンプーしながら有効成分を供給することができます。

皮脂が過剰に分泌されるオイリー肌の人は、頭皮クレンジングで皮脂を落としたり野菜を取り入れた食生活を心がけたりすることもおすすめと言えます。

フィンジアはいろいろな薄毛対策に使えるスカルプエッセンス!

以上のようにフィンジアは様々な症状の薄毛対策に効果的なスカルプエッセンスとなっています。

フィンジアが発売から未だ人気の衰えない人気商品であることも納得できますね。
さらにフィンジアは生え際からくる所謂M字型の薄毛にも最適な製品となっています。

M字型は改善が難しいと言われているけれど……

円形脱毛症など髪が抜ける原因も様々ですが、生え際から進行するM字型に悩まされている人も多いと思われます。

実のところM字型はAGAの一種であるとされており、さらに生え際は抜け毛の原因となる5αリダクターゼという酵素が多く生成されるため、改善が非常に難しいケースであるとされています。

AGAをはじめ抜け毛に悩んでいるなら是非フィンジアを使ってみて!

しかしフィンジアには上記でもご紹介したとおり5αリダクターゼによる、悪玉男性ホルモンの影響を抑制するキャピキシルヒオウギエキスが配合されています。

M字型も5αリダクターゼによる作用で抜け毛が進行するため、改善させるならまさにフィンジアがうってつけであると言えるのです。

男性ホルモンが原因となっているならフィンジアの効果がより発揮されると言っても良いでしょう。

もちろんAGAのほか皮脂による炎症や円形脱毛症に困っている、という方も是非フィンジアを使って対処してほしいと思います。

▼魔娑斗選手も愛用▼