フィンジアの薄毛改善効果がより発揮されやすい人とは?

悩んでいる様子の女性

フィンジアを使うのであれば少しでも効果を引き出したいですよね。

育毛剤やスカルプエッセンスなどのケア製品は、薄毛の改善や予防に効果がある成分が配合されているのですが、正しい知識を以って使用しなければいくら使っても、無意味になってしまうことも多々あります。

そう髪の毛を生やすにはフィンジアをただ頭皮に塗るだけではなく、育毛に関しての知識もやはりある程度必要になってくるのです。

製品の特徴を把握するのはもちろんですが、そのほかにも自分がどのような症状を抱えているのかも、製品を選ぶ上で重要になると言えます。

今回はフィンジアで薄毛を効果的に改善するために、どのような人がより最適であるのかについてご紹介していきたいと思います。

目次

血行不良の人はフィンジアの薄毛改善効果が発揮されやすい!?

育毛剤やスカルプエッセンスはそれぞれ配合されている成分が違うので、それぞれどの製品が自分に適したものであるかを選ぶ必要があると言えます。

しかしフィンジアをはじめ現在提供されている製品の数は非情に多いので、ほとんどの人がどれを選ぶべきか迷ってしまうと思います。

髪だけでなく自分の生活習慣や体質から原因を考え製品を選んでみよう

そんなときはまず自分の生活習慣から薄毛の原因を突き止め、自分に合った製品のアタリをつけてみましょう。

たとえば首や肩にこりを抱えている人や冷え症の人は、体の中で血行不良が発生しており、これが髪の毛が薄くなる原因となっている場合があります。

なぜ血行不良で髪の毛が薄くなるのかと言うと、髪が育つための栄養は毛細血管を通る血流から供給されるからです。

つまり血行不良が起こってしまうと毛細血管から届けられる栄養が少なくなってしまい、髪の毛の成長もスムーズにいかなくなって結果、髪が薄くなる原因にも繋がるというわけです。

フィンジアにはピディオキシジルをはじめとした血行促進作用がある成分が含まれている

首や肩のこりによる血行不良が原因となっている場合は、やはり血行促進を促すタイプの製品がおすすめであると言えます。

フィンジアにはピディオキシジルをはじめセンブリエキスなどの、頭皮の血行を促す成分が複数配合されています。

ピディオキシジルはミノキシジルと非情に似た性質を持つ成分で、血管を拡張させ血液を流れやすくする作用を持ちます。

またセンブリエキスには血行不良を改善するほかにも、抗炎症作用/抗酸化作用のほか毛乳頭細胞を増殖させ、髪の毛の質を向上させる働きをしてくれます。

血行不良や冷え症などで原因が思い当たるのであれば、フィンジアを使用することで薄毛を改善できる可能性があると言えます。

フィンジアは薄毛の主な原因AGAにも有効な効果を発揮する!

もう一つフィンジアの薄毛改善効果が発揮されやすい例としてAGAが原因である場合が考えられます。

AGAは髪の毛が薄くなる原因の中で最も代表的なものとされています。つまりAGAに対処できる製品であればより信頼性が増すということでもあります。

フィンジアにはこのAGAの原因に対して、直接アプローチする成分が含まれているのでまさに最適な製品としておすすめであると言えます。

キャピキシルはAGAの原因となるDHTに直接作用する

フィンジアにはカナダの化粧品メーカーから生まれたキャピキシルという最新の成分が配合されています。

AGAはDHTという悪玉男性ホルモンによって進行していくため、AGAが薄毛の原因である場合はこのDHTをいかに抑制するかがカギとなります。

フィンジアに配合されているキャピキシルはDHTの元となる5αリダクターゼの作用を抑えることができます。

これによりAGAの進行を抑えさらに症状を緩和させる効果が期待できるのです。

ヒオウギエキスとビワ葉エキスもDHTの作用を抑えることができる

またキャピキシルのほかにもヒオウギエキスやビワ葉エキスが、AGAの進行を抑制させる作用を持ちます。

ヒオウギエキスの主成分は女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンです。

イソフラボンもDHTの作用を抑えることができるのでAGA対策に有効な成分であると言えます。

ビワ葉エキスにはDHTによって増加する、FGF-5という脱毛因子の働きを抑える作用があります。

このように主な薄毛の原因と言われるAGAにかかっている場合でも、フィンジアに含まれている有効成分によって改善が期待できます。

フィンジアの特徴や効果をよく把握した上で薄毛改善に努めよう

今回はフィンジアが持つ薄毛改善効果が発揮されやすいケースについてご紹介させていただきました。

フィンジアで挙げられる主な有効成分の作用は頭皮の血行促進と、AGAの原因となる悪玉男性ホルモンDHTの生成を抑えることです。

全く知識が無い場合でもとりあえずこの点を抑えておけば、他の製品とも比較しやすくなるでしょう。

この他にも薄毛に有効な配合成分が多数配合されていますが、やはりAGAにも有効であるという点は大きいと思います。

この記事の情報から自分に向いていると感じた方は是非フィンジアを使ってみてはいかがでしょうか。

使用するシャンプーによってはフィンジアの育毛効果が半減され薄毛が改善しない可能性が

公式サイトや説明書を見ればフィンジアの基本的な使い方を知ることができます。それだけでもフィンジアに配合された有効成分の作用を引き出すことはできます。

とはいえ中には説明書もちゃんと読んだし毎日欠かさず使っているのに、イマイチ効果を感じられないという口コミも時折見られます。

成分の作用を実感できない理由は使用者の体質など様々なケースが考えられるものの、まず挙げられるものとしては毎日使っているシャンプー体質などがあります。

毎日使っているシャンプーも育毛に大きく影響する!

フィンジアの公式サイトや取扱説明書を見ると、お湯で予洗いをした上でシャンプーをすることを推奨しています。

育毛をする上では正しい頭皮の洗い方を実践することも大切ですが、同時に毎日使用するシャンプーも育毛に大きく影響することはご存知でしょうか。

薄毛を発症している頭皮を再び健康な状態に戻すには、正しい方法でシャンプーをすることはもちろんですが、さらに頭皮に良い影響を与えるシャンプーを使っているかどうかも大切であると言えます。

市販のシャンプーは頭皮や髪に余計なダメージを与える!?

お風呂で頭を洗う際に何気なく使っているシャンプーにも様々な種類があります。

多くのシャンプーが髪に様々なメリットをもたらす成分を配合していると宣伝されていますが、その全てが髪や頭皮に良い製品であるというわけではありません。

シャンプーに配合されている成分の中には頭皮にダメージを与えるものもありますので、ものによっては頭皮に余計な刺激を与えてしまいフィンジアの効果が半減してしまう可能性もあります。
よって薄毛を改善させるには毎日使用するシャンプーを見直すことも必要なのです。

頭皮への刺激を少なくして汚れを落とすアミノ酸系シャンプーは育毛剤との併用におすすめ

このように薄毛の進行を止めるには毎日育毛剤を使うだけでなく、それらのケア製品と併せて使うシャンプーを選ぶ必要があると言えます。

フィンジアと併せて使うシャンプーとしてまず挙げられるのは、やはり同じメーカーから発売されているフィンジアシャンプーでしょう。

こちらのシャンプーには人の肌に近いと言われるアミノ酸が豊富に含まれています。
アミノ酸系のシャンプーは弱酸性で同じく人の肌も弱酸性です。よって髪の土台となる頭皮も弱酸性なので、アミノ酸系シャンプーを使用することで髪や頭皮への刺激も少なく抑えることができます。

オイリー肌はフィンジアの薄毛改善効果を半減させる!頭皮クレンジングでしっかりケアを

フィンジアの効果を引き出すためにはオイリー肌の改善も必要であると言えます。

オイリー肌とは毛穴から皮脂が過剰に分泌される肌のこと指します。皮脂の過剰分泌は薄毛の原因に繋がるほかにも、フィンジアの有効成分が毛根へ達するのを阻害してしまうというデメリットがあります。

このようにオイリー肌はフィンジアの有効成分による作用を半減する原因にも繋がります。

オイリー肌のままだと有効成分の浸透力が落ちてしまう

頭皮で薄毛が発症する原因の一つに皮脂の過剰分泌があります。本来毛穴から分泌される皮脂は外部のダメージから頭皮を守るためにあるものです。

よって皮脂は健康な頭皮を維持するために必要なものと言えるのですが、皮脂の分泌量が過剰になると髪の毛がベタついてしまうほか、毛穴を塞ぎ髪が育つために必要な栄養素や酸素が届くのを邪魔したり、毛穴で酸化して強い体臭の原因になったりといったことが起きます。

そのため皮脂が過剰に分泌されるオイリー肌を改善しないままでは、フィンジアを使用しても有効成分の作用が上手く発揮されない可能性があるのです。
フィンジアの薄毛改善効果を充分に引き出すためにもオイリー肌のケア方法も是非知っておきましょう。

オイリー肌の人は頭皮クレンジングで余計な皮脂を洗浄しよう

オイリー肌である場合はフィンジアで育毛成分を供給する前に、頭皮クレンジングで余計な皮脂を洗浄しておくことをおすすめします。

頭皮クレンジングは毛穴に詰まった皮脂や汚れを洗い落とすことができるため、有効成分の浸透力を向上させるのに最適です。

美容室によるヘッドスパでも受けることができるほか自宅でも行うことが可能です。
自宅で頭皮クレンジングを行う場合はクレンジングオイルを用意しましょう。こちらもオーガニックなどなるべく肌にやさしい製品がおすすめです。

毛穴に詰まった皮脂を洗浄する頭皮クレンジングの方法

まず頭皮クレンジングを行う際の前準備として入浴前に髪を軽くブラッシングします。
ブラシで髪をとかすときはなるべく髪と頭皮をひっかけないように気をつけましょう。

次に髪が乾いている状態で頭皮にクレンジングオイルを全体的になじませていきます。この時髪の毛にオイルを付けても意味が無いので、頭皮にオイルを付けることを意識してください。

オイルを頭皮に付けたら5分から10分ほど、指の腹を使って円を描くように頭皮全体をマッサージしましょう。

マッサージが終わったら少量のぬるま湯を頭皮にかけ、さらに頭皮全体をマッサージして汚れと皮脂を浮かせます。

2度目のマッサージを終えたらお湯でしっかりクレンジングオイルをすすぎ、その後フィンジアシャンプーなどの肌に優しいシャンプーで頭皮を洗っていきます。

頭皮クレンジングはシャンプーのように毎日行う必要はありません。週に1回~2回ぐらいの頻度を目安に行うようにしてくださいね。

オイリー肌を改善すればフィンジアの薄毛改善効果もアップ!

普通の皮脂量であればたとえ毛穴から分泌されたとしても徹底的に洗浄する必要はありません。

しかしオイリー肌である場合は皮脂が多すぎることによって毛穴に詰まってしまい、フィンジアの有効成分が髪の毛を作る毛乳頭細胞に達するのを邪魔してしまいます。

公式サイトなどではフィンジアの基本的な使い方を説明していますが、有効成分の効果を引き出すためにはそれだけでは足りないケースも多々存在します。

特に上記でご紹介したようなオイリー肌など、皮脂の分泌量が多い体質の方などは毛穴に皮脂が残っていることにより、フィンジアの効果が半減してしまっている可能性が高いと言えます。

健康的な食生活と頭皮クレンジングでオイリー肌の改善を目指そう

オイリー肌など皮脂を多く分泌してしまう原因としては、まず偏った食生活をしていることが考えられます。

肉料理など動物性油分の多い食事やアルコール、またジャンクフードを主に摂取する食生活を続けていると、皮膚で分泌される皮脂の量が増える原因となります。

頭皮も体を覆う皮膚の一部なので例外ではありません。よって皮脂の分泌量を抑えるには野菜やフルーツなど、食物繊維も加えたバランスの良い食生活を心がける必要があります。

また野菜やフルーツを摂取することは皮脂の分泌量を抑えるだけでなく、酸化作用による頭皮の老化も防ぐなど育毛にも有効なメリットをもたらします。

オイリー肌に心当たりがある場合はフィンジアを使うと同時に、頭皮クレンジングや健康な食生活で皮脂の分泌量を抑えることで、よりフィンジアの薄毛改善効果の向上を図ることができるでしょう。

▼魔娑斗選手も愛用▼