どちらが薄毛に効く?フィンジアとボストンスカルプエッセンスを比較

首を傾げる女性

フィンジアは薄毛改善に効果的なスカルプエッセンスとして人気を博していますが、もしかすると他にも効果的な製品があるのではないかと思った人も中にはいるでしょう。

確かにフィンジアの他にもスカルプエッセンスは存在しているので、その中にはよりメリットを感じられる製品も存在する可能性があります。

同じスカルプエッセンスで最もフィンジアに似ている製品として挙げられるのがボストンスカルプエッセンスです。

そこで今回はどちらの製品がよりお得で薄毛に効くのか検証してみたいと思います。

目次

薄毛に効くかも大事だけど値段も大事!フィンジアとボストンスカルプエッセンスはどちらがお得なのか

フィンジアと言えばゲートアクセス理論によるカプサイシンのほかに、キャピキシルとピディオキシジルが配合されていることで有名ですよね。

しかしキャピキシルが配合されているスカルプエッセンスならば、同じくボストンスカルプエッセンスがあり、こちらには同じくピディオキシジルも配合されています。

そしてキャピキシルとピディオキシジルが配合されている育毛剤は、現在この2種類以外にはありません

どちらも薄毛に悩む多くのユーザーから使われれている製品ではありますが、同じような成分が配合されているなら尚の事、どちらがよりメリットが大きいのかが気になります。

まずは値段からフィンジアとボストンスカルプエッセンスを比べてみましょう。

ピディオキシジルの配合量はフィンジアに軍配が上がる

フィンジアとボストンスカルプエッセンスは、両者ともにキャピシルとピディオキシジルを配合していますが、その配合濃度が異なります。

キャピシルはどちらも5%配合と配合濃度に違いはありませんが、ピディオキシジルの配合濃度はフィンジアが2%でボストンスカルプエッセンスが1.5%となっています。

つまり、ピディオキシジルの配合濃度を比較するとフィンジアに軍配が上がるようです。

キャピシルやピディオキシジル以外の有効成分もフィンジアの勝利

キャピキシルやピディオキシジルは高い育毛効果を期待できる成分ですが、両者に含まれている成分はキャピシルやピディオキシジルだけではもちろんありません。

そこで、キャピキシルやピディオキシジル以外の有効成分を比較すると、フィンジアにはセンブリエキスやヒオウギエキスなど多数の有効成分が含まれているのに対して、ボストンスカルプエッセンスにはグリチルリチン酸2Kカリウムは含まれているものの、その配合量はフィンジアには及びませんでした。

使いやすさもフィンジアに軍配が上がる

育毛剤は毎日使うものだからこそ、その使いやすさは非常に重要です。そして、育毛剤の使いやすさは基本的にその容器の形状によって決まります。

フィンジアはスプレータイプの容器であるため、患部に向けてプッシュすれば良いだけの非常に使いやすいです。また、1プッシュで噴射される量が決まっているため、量の調節もしやすくなっています。唯一の欠点と言えば、周りの髪が長いと少し付着してしまうという点くらいでしょうか。

対して、ボストンスカルプエッセンスはスポイトタイプの容器を採用しているため、塗布するまでに少し時間がかかってしまいます。そして、薬剤を吸い取るスポイトにメモリが付いていないので、量の調節がどうしても難しくなってしまうようです。

最安値の値段ではボストンスカルプエッセンスの方が1,000円お得

スカルプエッセンスは育毛剤のように長期間使用してこそ効果を発揮します。

よって続けて購入する必要があるので、やはりコスト面は誰しもが気になるところであると思います。

フィンジアとボストンスカルプエッセンスは両者とも、公式サイトにて最安値で購入できる定期コースが利用できます。

定期コースで購入するとフィンジアは通常よりも安い8,966円で、ボストンスカルプエッセンスは6,600円の割引き価格となります。

ここだけで比較するなら単純にボストンスカルプエッセンスの方がお得ですね。

両方とも定期コースで最安値にできるがサービス内容にそれぞれ違いがある

しかし値段だけ見るならフィンジアよりもボストンスカルプエッセンスの方が、お得だと言えますが一概にメリットばかりだとは言えません。

まずボストンスカルプエッセンスは定期コースで最安値になりますが、一度契約すると3回配送されなければ解約できないという縛りがあります。

つまり一度契約したら強制的に3ヶ月使用することになります。また返金保証は45日間となっていますがこれは単品購入しか適用されない点にも注意が必要です。3品セットなどを購入した場合、2本目以降からは返金保証外となります。

フィンジアの値段は1,000円ほど高いが初回から気軽に試せる

対してフィンジアの場合は1,000円ほど高いというデメリットはあるものの、配送回数による縛りは無く初回から解約することが可能です。

よって合わないと感じた場合は即座に使用を打ち切ることができます。また定期コースでも30日間の返金保証が適用されます。

ボストンスカルプエッセンスでは定期コースを初回で解約できないので、もし肌に合わないなどのトラブルがあった場合はお金が余計にかかることになってしまいます。

よって最安値で購入できると言ってもいきなり定期コースの使用はおすすめできないと言えます。

フィンジアの場合は初回からでも解約できますので、本当に薄毛に効くかどうか試してみるだけでも安心して購入できます。

フィンジアとボストンスカルプエッセンスはどちらが薄毛の原因に効くのか!?

さて次に見ていきたいのはフィンジアとボストンスカルプエッセンスの効果についてです。

フィンジアにはキャピキシルのほかにDHTに作用する成分が豊富に含まれている

まずフィンジアですがこちらはAGAという男性型脱毛症と頭皮の血行不良を改善し、さらにミノキシジルの3倍の育毛効果が期待できます。

AGAは専門的な改善方法が必要になってくるので、通常の育毛剤では効果が期待できないこともままあります。

しかしキャピキシルにはAGAの原因となるDHTという悪玉男性ホルモンの作用を抑える効果があり、生え際や頭頂部からくる薄毛にも高い効果が期待できます。

またほかにもDHTに効果的なヒオウギエキス/センブリエキス/ビワ葉エキスといった成分も配合されています。

ボストンスカルプエッセンスに含まれるフラーレンは頭皮の老化を防いでくれる

続いてボストンスカルプエッセンスですがこちらにもキャピキシルとピディオキシジルが配合されています。

他の注目成分としてはフラーレンというものがあります。こちらは非情に高い抗酸化作用を有しており頭皮の老化を防ぐといった効果があります。

頭皮の老化が進むと紫外線などの外部からのダメージを受けやすくなるほか、新陳代謝が低下してしまうなどのデメリットがあり、これらの影響を防ぎ改善してくれるのがフラーレンなのです。

さらに、このフラーレンは非常に高い浸透性を持つだけでなく、保湿効果もかなり高い物質であるため頭皮のようなデリケートな肌に塗布した時に肌荒れを防止する効果があります。

進行性のAGAに対してはフィンジアの方が効果が期待できる!?

成分数ではボストンスカルプエッセンスの方が勝っているものの、よくよく成分を見てみると頭皮環境の改善に作用する成分の方が多く、AGAの原因を抑制したり毛母細胞を活性化させたりといった効果はフィンジアの方が一歩リードしていると思われます。

もちろん頭皮環境を改善させることも非情に大切なことではあるのですが、進行性のAGAが原因であるという場合は、根本的な部分にアプローチしないと意味が無いため少々心許ないことも確かですね。

薄毛を改善するならAGAにも効くフィンジアがおすすめ

今回は共にキャピキシルとピディオキシジルを配合しているフィンジアとボストンスカルプエッセンスを比較してみました。

フィンジアの場合はキャピキシルとピディオキシジルを配合しているほかにも、ヒオウギエキスなど5αリダクターゼを抑制する成分が配合されているので、薄毛の進行を抑制できる効果がより期待できると言えます。

薄毛に効くかどうかは実際に使ってみないとわからないのですが、AGAの改善も期待できる製品ですのでまずは試しにフィンジアを購入してみはいかがでしょうか。

薄毛には様々な症状が存在する!それらの症状に対してフィンジアは本当に効くのか

ボストンスカルプエッセンスとフィンジアでの比較では、フィンジアの方がAGAに有効であると思われますが、皆さんはAGAについてどれほど詳しくご存知でしょうか。

上記でも触れてきたAGAですが実は、薄毛に悩むほとんどの人がこのAGAにかかっているとされています。

そのためキャピキシルを配合しAGAにも効くとされているフィンジアは、髪の悩みを持つ多くの人におすすめと言えるでしょう。

実際に多くのユーザーがフィンジアを使用して頭皮環境の改善に努めていると思われますが、AGAと言っても何種類かのタイプに分かれていることをご存知でしょうか。

脱毛症状にはAGAをはじめ様々な種類が存在する

フィンジアは様々な髪の悩みに効くスカルプエッセンスであると言えますが、薄毛と言っても一言では説明しきれないほどその実態は多種多様なものとなっています。

AGAが単に髪が薄くなる症状のことを指すものだと認識している人もいらっしゃるでしょう。
しかし実際はもっと複雑で複数のタイプが存在します。さらにAGAのほかにも薄毛の症状はいくつもありそれぞれに原因も異なります。

原因が異なるというのであれば対処方法も、それに正しく見合ったものでないと改善は望めません。

フィンジアで薄毛を改善したいのであればどのような種類があるのか、そして症状に対してどのような効果があるのかについても把握しておきましょう。

AGAは3タイプに分かれるがフィンジアはどのタイプの薄毛にも効く!

ほとんどの脱毛が起きる原因はAGAであるとさえ言われています。よってフィンジアを使用している多くの方々の中にも、AGAを発症している人がたくさんいらっしゃると思われます。

薄毛になっている人の8割が発症しているとされているので、もし抜け毛が多くなったと感じたらAGAにかかっていることを疑った方が早いかもしれません。

別名男性型脱毛症とされるこの症状は徐々に進行していくほかにも、3つのタイプに分かれるという特徴を有しています。

M字型は最も改善が難しいとされるタイプ

3タイプの内の1つ目はM字型でこちらは生え際の髪から抜けていくという特徴があります。
つまりM字ハゲと言われる形態の症状は間違いなくAGAであると言えるでしょう。

髪の生え際部分は全体と比較して、髪の毛の栄養が運ばれる毛細血管が少ない部位となっており、さらに脱毛因子を生み出す原因となる5αリダクターゼが、多く生成される部位でもあるため最も改善が難しいタイプであるともされています。

O字型は頭頂部から進行するので気づきにくい

2つ目のタイプはO字型でこちらは頭頂部から脱毛が進んでいくタイプです。
M字型の場合は生え際から両サイドにかけて進行していくのに対し、O字型は頭のてっぺんから進行していくので正面からでは発症していても気づきにくいタイプです。

よってO字型の場合はかなり症状が進行してから気づくといったことも少なくはありません。

O字型はなるべく早期の発見が大事なので、抜け毛が気になりだした段階でフィンジアを使うなどの対策が望ましいと言えるでしょう。

U字型は生え際だけでなく頭頂部も同時に進行していく

3つ目のタイプはU字型でこちらは複合型のような特徴を持ちます。
M字型のように生え際から始まっていくタイプですが、前頭部だけでなく頭頂部の抜け毛も一緒に進んでいくため複合型として認識されます。

M字型は生え際から進みますが頭頂部の髪の毛を残して、両サイドに進んでいくタイプであるとはっきりと区別されています。

U字型はM字型やO字型よりも範囲が広いので、全体的に脱毛症状が進行していくとも言えるでしょう。

フィンジアはこれらの薄毛症状全てに効くスカルプエッセンスですので、どのタイプであろうと関係なく使用することができます。

1,000万人以上が発症しているAGAによる薄毛にはフィンジアが効く!

AGAは成人している人の3人に1人は発症すると言われており、AGAに悩まされている患者数は1,000万人以上に上るとされています。

AGAが原因となる薄毛は5αリダクターゼという酵素が、男性ホルモンのテストステロンと結び付きより強力なDHTという男性ホルモンの一種に変換されることで発生します。

頭皮ではすでに通常の男性ホルモンであるテストステロンがあるのに、さらに強い作用を持つDHTが現れることで、男性ホルモンの過剰分泌となり頭皮環境の悪化に繋がるのです。

キャピキシルとピディオキシジルを配合し独自のゲートアクセス理論で浸透力を高めたフィンジア

フィンジアに配合されているのはキャピキシルとピディオキシジルの他に10種類の天然由来成分。

それらの有効成分を毛穴の奥までしっかり浸透させるためにカプサイシンを利用した、ゲートアクセス理論という独自のメソッドを取り入れているのが大きな特徴です。

カプサイシンが持つ効果で固く閉じてしまった頭皮を柔らかくし、毛穴を広げてそこにキャピキシルとピディオキシジルを叩き込むというこの独自の理論はフィンジアの人気を支える重要な仕組みなのです。

フィンジアにはキャピキシルのほかAGAに有効な成分が豊富に配合されている!

フィンジアには男性ホルモンによる薄毛に効くキャピキシルが配合されています。
上記で述べたようにキャピキシルはミノキシジルの3倍の効果を持ちAGAによる症状にも有効となっています。

しかしフィンジアにはさらにヒオウギエキス/ビワ葉エキスなどが配合されており、これらの成分もまたDHTにとても効果的となっていますのでご紹介したいと思います。

ヒオウギエキスとビワ葉エキスがDHTによる脱毛をブロックする!

ヒオウギエキスがDHTに有効と言えるのは、女性ホルモンとよく似ているイソフラボンが含まれているからです。

イソフラボンはテストステロンの分泌量を抑制することができます。テストステロンが抑制されればDHTの生成量も減りますので脱毛を防ぐことができるというわけです。

ビワ葉エキスは脱毛因子とされるFGF-5の生成を抑制する効果があるとされています。
FGF-5は5αリダクターゼとDHTの作用によって生まれる物質で、ヘアサイクルを乱し成長途中の髪の毛でも脱毛を促してしまいます。

フィンジアに含まれるビワ葉エキスによってFGF-5の生成が抑制されるので、さらにイソフラボンやキャピキシルの効果が発揮されやすい頭皮環境に整えことができます。

AGA以外の薄毛症状にもフィンジアはおすすめ!

以上のようにフィンジアは男性ホルモンに強い成分が豊富に配合されているため、AGAが原因となっている薄毛にも効果が期待できると言えるでしょう。

脱毛症状にはAGA以外にも脂漏性脱毛症や円形脱毛症などいろいろありますが、フィンジアにはこれらの症状に有効なピディオキシジルなどの成分が配合されています。

また脂漏性脱毛症である場合は皮脂をしっかりと通せるフィンジアシャンプーもおすすめと言えるでしょう。

これらの症状が自分に当てはまると思う方はフィンジアを使うと同時に、シャンプーやサプリも併せて使用してみてくださいね。

▼魔娑斗選手も愛用▼