フィンジアで頭頂部から進行する薄毛や抜け毛を改善しよう!

閃いた女性

頭頂部から薄毛が進行するAGA(男性型脱毛症)。その対処法として育毛剤を使用する場合は、きちんとAGAの原因である男性ホルモンの発生を抑制するものでなければなりません。

そんなAGA対策に持ってこいの育毛剤がフィンジア!なぜなら、この育毛剤には悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを生成する5α-リダクターゼの働きを抑制するキャピシルやヒオウギエキスが豊富に含まれているからです。

今回は、フィンジアがAGAに対して効果的である理由を成分からご説明します。

目次

頭頂部から進行する薄毛や抜け毛はAGAの特徴

薄毛や抜け毛に悩む男性の約9割がAGA患者であるとも言われる現代。そして、頭頂部から抜け毛や薄毛が進行するのはAGAの特徴でもあります。

そのため、自身の頭部を確認して頭頂部から抜け毛や薄毛が進行している所謂てっぺんハゲの状態であれば、育毛剤もAGAの対策に効果が期待できるものを使用しなければなりません。

育毛剤にもAGA対策に適したものとそうでないものがある

育毛剤と一言に言っても、頭頂部から薄毛が進行しているようなAGAの症状に効果が期待できるものから、栄養不足で髪が細くなっているような症状に効果が期待できるものまで様々です。

そして、栄養不足の場合は髪の栄養となるアミノ酸やビタミンが多く含まれている商品が効果的ですが、AGAの場合は原因が男性ホルモンであるため、アミノ酸やビタミンが豊富な育毛剤を使用しても効果はあまり実感できないでしょう。

頭頂部から進行するAGAの原因は男性ホルモン

AGAの原因は男性ホルモンであると言われています。男性ホルモンは頭頂部や前頭部に特に作用しやすいので、頭頂部から薄毛の進行が起こるというわけです。

そのため、対処法としてはヒオウギエキスといった男性ホルモンを抑制する成分が配合されているフィンジアのような育毛剤を選ぶ必要があります。

男性ホルモンを抑制する仕組み

抜け毛や薄毛の原因となる男性ホルモンは、ジヒドロテストステロンと呼ばれる悪玉男性ホルモンであり、これはテストステロンという善玉男性ホルモンが体内の5α-リダクターゼという酵素と結び付くことによって生まれます。

つまり、5α-リダクターゼの働きを抑制することが、結果的にジヒドロテストステロンの抑制にも繋がるのです。

フィンジアには5α-リダクターゼの働きを抑制する成分が2種類も配合されている

フィンジアには、頭頂部の薄毛や抜け毛が特徴であるAGAの原因、5α-リダクターゼを抑制する成分が多く含まれています。
具体的には、フィンジアにはミノキシジルの3倍の効果があるとも言われるキャピシルをはじめとして、AGAに対して有効な成分として有名なヒオウギエキスやビワ葉エキスも含まれています。

これらの3種類の成分のおかげで、フィンジアはAGAに対して非常に高い効果を期待できるというわけです。

フィンジアがAGA対策に向いているのは成長も促せるから

AGA対策といっても5α-リダクターゼを抑制しているだけでは、頭頂部の薄毛や抜け毛の進行を止めているだけです。髪を若々しく保つために重要な点は、症状の進行を止めたうえでさらに髪を成長させることにあります。

フィンジアは、ピディオキシジルやセンブリエキスといった血行促進に作用する成分や髪の元となる毛母細胞に作用する成分も豊富に含んでいるので、AGAの進行を止めつつ同時に育毛も行なうことができるでしょう。

フィンジアはカプサイシンとイソフラボンで頭頂部からの薄毛に終止符を打つ

フィンジアには、先程ご紹介したキャピシルやヒオウギエキス以外にも、独自のゲートアクセス理論に基づいて、唐辛子などに含まれている辛味成分のカプサイシンも配合しています。

また、カプサイシンは頭皮の毛穴を開き、浸透力を高めるという目的でフィンジアに配合されていますが、実はそれ以外にも大きな効果があるのです。カプサイシンはイソフラボンと結びつくとIGF-1という成分が分泌され、この成分には非常に高い育毛効果を期待できます。イソフラボンはキャピシルの中に含まれていますので、キャピシルとカプサイシンが含まれているフィンジアは頭頂部からの薄毛を阻止し、髪の成長も促進させることが可能です。

フィンジアは頭頂部から進行するAGAに高い効果が期待できる

フィンジアにはキャピシル・ヒオウギエキス・ビワ葉エキスといった、AGAの原因であるジヒドロテストステロンを生み出す5α-リダクターゼの働きを抑制する成分が配合されています。

また、ピディオキシジルやセンブリエキスといった育毛効果に期待できる成分に加えて、キャピシルに含まれるイソフラボンとカプサイシンと合わさることによって、髪の成長にも大きく貢献してくれそうです。

AGAはただ5α-リダクターゼを抑制するだけではなく、きちんと育毛も併行して行わなければなりません。

5α-リダクターゼを抑制しながら育毛促進もしっかりと行えるフィンジアは、AGA対策に非常に向いている育毛剤ということができます。

頭頂部の髪が細くなるのもAGAが関係している!フィンジアで元に戻せるか?

AGAの症状には生え際から後退していくケースや、頭頂部から後退していくケースなど複数ありますが、他にも特徴的な症状として髪の毛が細くなってしまうというものが挙げられます。

髪の太さは生まれつきのものですがAGAを発症すると髪の毛が細くなってしまいます。
しかしフィンジアを使って元の太さから、細くなってしまった髪の毛を元通りにすることは可能です。

髪の毛が細くなる原因も男性ホルモンのDHTが関係している

AGAと言えば頭頂部が薄くなっていくなどの症状がよく特徴として挙げられますよね。

進行パターンが特徴的なのでこれらの症状から、AGAであるかどうかを判断しやすいと言えます。

とはいえAGAの症状は薄毛になるというものだけではありません。それにはAGAによって薄毛が引き起こされるまでのプロセスが大いに関係しています。

頭頂部からにしろ生え際からにしろ、上記で解説したように薄毛を発症させるのはジヒドロテストステロン又は通称DHTと呼ばれる男性ホルモンの一種です。

このDHTがどのような影響を及ぼすのかより詳しく見てみましょう。

頭頂部から髪が抜ける原因は脱毛因子!?フィンジアでヘアサイクルを正常にしよう

DHTが5αリダクターゼと結びつくことによって生成されると正常に働いていたヘアサイクルを乱してしまいます。

髪の毛は通常2年から6年ほどの年月を経てから自然に抜け落ちるのですが、DHTは正常だった髪の成長期を短くしてしまう働きをします。

この作用によって髪が充分に成長しきらない内に、頭皮から抜け落ちてしまうという不自然な現象が起きるのです。

以上のようにDHTは健康な髪の毛の成長に欠かせない、ヘアサイクルを乱してしまうという特徴があるのです。

なぜ男性ホルモンの一種であるDHTによって抜け毛が増えるのか

本来男性ホルモンというのは髪の毛を太く健康に維持するために必要なものです。

それなのに同じ男性ホルモンであるDHTが、なぜ髪の毛を細く弱らせてしまうのか。

その理由はDHTが毛乳頭細胞と毛母細胞の活動を停止させてしまうからです。

毛乳頭細胞は発毛や脱毛を司る髪の毛にとって重要な機関です。毛乳頭は毛細血管と直接繋がっており、血管内の中にある栄養素を受け取っています。

そして毛母細胞に細胞分裂のシグナル出して発毛を促すことによって髪の毛を成長させ、髪が育ちきると今度は成長を止めて脱毛するようシグナルを出しています。

毛乳頭細胞と毛母細胞が正常に活動することによってヘアサイクルも正常に働くのですが、ここにDHTによる作用が介入するとヘアサイクルが乱れてしまいます。

DHTが毛乳頭細胞に結合して脱毛因子を増やす!?

毛乳頭細胞は通常ヘアサイクルに則って、発毛と脱毛の指令を毛母細胞に送っているために、髪の毛が成長途中で不自然に抜け落ちてしまうということはありません。

しかしDHTは毛乳頭細胞に結合してTGF-βという脱毛因子を増やしてしまうのです。

そしてTGF-βはさらに髪が抜けるよう指令するFGF-5に働きかけます。

FGF-5はタンパク質の一種でTGF-βと同じく脱毛因子とされており、TGF-βからの指令を受けて毛母細胞に脱毛させるようシグナルを伝えます。

このようなDHTによる作用により本当は髪が抜け落ちる休止期でも無いのに、成長期にある髪であっても無差別に抜け落ちるという現象が起こるのです。

フィンジアを使って脱毛因子による抜け毛をブロックできる

本来成長期にある髪の毛なら毛乳頭細胞から栄養を得て成長するはずなのですが、脱毛因子が増えてしまうことにより成長がブロックされてしまうので、太く健康な髪を作り出すのも困難になってしまいます。

よってAGA治療では5αリダクターゼによるDHTの生成をブロックすることが大切なのです。

フィンジアには5αリダクターゼを抑制するキャピキシルやヒオウギエキスなどが配合されていますが、これらの成分を頭皮に塗布することによりDHTによる脱毛因子の生成も予防することができるでしょう。

5αリダクターゼは頭頂部や生え際に多く分布するので、フィンジアを使用する際にもそれらの部分を意識して塗布することをおすすめします。

頭頂部の薄毛や細くなった髪の毛もフィンジアの血行促進効果で回復が期待できる

フィンジアの効果としては発毛を促進させるほかに、頭皮環境を改善させ髪を成長させる作用も期待できます。

たとえばフィンジアに含まれる主成分であるピディオキシジルは非常に優れた血行促進効果を有しています。

AGAを発症している頭皮は多くの場合血行不良も見られます。頭頂部や生え際で薄毛が進行していくのも、悪玉男性ホルモンであるDHTのほかに頭皮の血行不良も関係しています。

髪の生え際には血行促進効果を持つ成分が必要不可欠!?

毛乳頭細胞は前述したように毛細血管から栄養を得て、毛母細胞に髪の成長シグナルを発する役割を担っています。

反対に言えば血の流れがスムーズでなくなると、毛母細胞に充分に栄養が届かず栄養不良で健康な髪が育たなくなってしまいます。

とくに髪の生え際などは毛細血管が少ない部位であるため、充分な栄養を届けることはとても重要な意味を持つと言えるでしょう。

よって薄毛を改善するにはフィンジアなどの育毛製品に含まれる、血行促進効果を持つ成分も不可欠な要素となるのです。

ピディオキシジルなどの血行促進効果で髪の毛が元の太さに!

髪の毛を成長させることはすなわち、AGAによる影響で弱って細くなった髪の毛を太くさせる効果も期待できます。

ピディオキシジルやセンブリエキスの血行促進効果によって、活動が鈍くなった毛乳頭細胞や毛母細胞も活性化するとされています。

毛乳頭細胞が通常どおりに働けば、ヘアサイクルも正常に戻っていきますので、結果的に細くなった髪の毛を元の太さに戻すことができるというわけです。

髪の毛が細くなった気がすると思った方は、頭皮環境の悪化が原因と考えられますのでフィンジアで改善するのも有効であると言えるでしょう。

フィンジアが頭頂部の薄毛を改善するまでどのくらいかかる?

以上のようにAGAでは頭皮環境を悪化させヘアサイクルを乱すことにより、徐々に髪の毛を細くしてしまうという特徴も有しています。

さらに頭頂部や前頭部は毛細血管が少ないので、血行不良が起こりやすく髪の毛が栄養を吸収しにくいという弱点まであります。

前頭部や頭頂部は血管が少ないので改善には時間が必要になる

よってフィンジアなどの育毛製品に配合されている有効成分を、頭皮へと供給するのは非常に供給するという対策が不可欠となります。

フィンジアを毎日塗布することで徐々に有効成分の効果が現れてくるので、細くなってしまった髪の毛を元に戻すことも決して不可能ではありません。

ただし上記でも述べたように頭頂部や前頭部は、毛細血管が少ないという弱点も含めて改善には時間がかかると言えます。

新しい髪が生えてくるまでは3ヶ月から6ヶ月はかかる

年齢や体質などの個人差がありますがフィンジアの効果が現れるまでは、早くても3ヶ月で大抵の場合は6ヶ月ほどかかるというのが一般的な説です。

フィンジアには育毛を促進させる成分が配合されていますが、頭皮に塗布してからすぐに髪の毛の太さが戻るというわけではありません。

まずはAGAの影響によって乱れてしまったヘアサイクルの回復を待つ必要があります。 ヘアサイクルで髪が新しく生えてくるまでは3ヶ月から6ヶ月ほどかかるとされています。

その間にフィンジアを使うまたは生活習慣の改善を行って、再び健康な髪が生えてくるのを待つ必要があります。

毎日欠かさずフィンジアを塗って健康な髪の毛を取り戻していきましょう!

▼魔娑斗選手も愛用▼