効果がないと思う人へ!フィンジアの使用方法とヘアサイクルの知識

茶色いジャケットを着たキャリアウーマン

フィンジアがこれだけ有名になったのはなんといっても、キャピキシルとピディオキシジルという最新の有効成分が配合されていることがやはり大きいと言えます。

とは言えいくらミノキシジルの3倍の効果があるとされていても、フィンジアを使うときに正しくない使用方法を実践していたらせっかくの育毛効果も発揮されなくなります。

今回はフィンジアを使っても効果があるか不安を感じている方に向けて、より効果を発揮させるための使用方法や気をつけたいポイントについてご紹介していきたいと思います。

目次

フィンジアの効果的な使用方法について順を追って解説

フィンジアにはメーカーが推奨する使用方法というものがあります。

まずフィンジアは基本的に夜の入浴したあとに使うものですが、頭を洗うときに気をつけるべきポイントがいくつかあります。

ここではまず基本知識としてフィンジアの効果的な使用方法をざっとご紹介していきたいと思います。

頭皮を傷つけないよう洗い充分な時間をかけてすすぎを行う

まず夜は髪を洗う前に軽くブラッシングしておきます。

このとき強く引っ張ると髪や頭皮が痛みますので、刺激を与えないよう優しく梳かすことが大切です。

手順としてはまずシャワーだけで頭皮を洗います。これは予洗いといってこの時点で8割がた汚れを落とすことができます。

また、シャンプーするときですが原液で付けず泡立ててから、指の腹で頭皮をマッサージするようにします。

そしてシャンプーをすすぐのですがここが一番肝心です。すすぎ残しがあると頭皮の毛穴に詰まってダメージの元になりますので、シャンプーが残らないように予洗いするときよりも丁寧に流します。

髪の毛ではなく頭皮へ付けるほか用量を守って使用する

フィンジアの場合はドライヤーで髪を乾かす必要はなく、乾いたタオルでしっかりと水分を取った後に使用します。

そして気をつけたいポイントは髪の毛ではなく頭皮に液体を付けることです。

この辺を勘違いして髪の毛に薬品を付けてしまう方が結構いらっしゃいます。

付けるべきは頭皮であって髪の毛ではないので気をつけましょう。

また液垂れするほど付けてしまうとこれも毛穴が詰まり、髪の毛が弱ってしまう原因になるので用法用量を守って付けるようにしてください。

最後はフィンジアの有効成分を頭皮に浸透させるためにマッサージをします。

指の腹で頭皮全体を2分から3分ほど柔らかく揉みほぐしてください。

フィンジアの使用方法以外に知っておきたい髪の毛のヘアサイクルとは

フィンジアの効果を得るならまず説明書に則った使用方法を厳守することが大切なのですが、淡々と説明書どおりの行動を続けるのは難しい上に、本当に効果があるか不安が募ってくるものです。

しかし不安に流されてしまっては育毛効果を得ることはできません。

効果があるかどうかの不安を解消するには、正しい育毛の知識を持っておくことも大事なのでご紹介していきたいと思います。

スカルプケア製品はヘアサイクルを早めるものではない

フィンジアのようなスカルプケア製品は薄毛を抑制し、育毛を促進させる効果を持ちますが髪が生えるスピードが増すというわけではありません。

このあたりを勘違いしてしまいフィンジアや育毛剤を使っても、髪が生えてこないと思って諦めてしまう方も多いと言えます。

髪の毛にはヘアサイクルと呼ばれる髪が生成される周期が存在します。

髪の毛は一定の期間を過ぎると頭皮から抜けて、また新しい髪の毛が生えてくるというサイクルを繰り返しています。

ヘアサイクルの順序から見ると髪が新しく生えてくるまで最低3ヶ月はかかる

ヘアサイクルには成長期/退行期/休止期という順序があり、成長期は新たに髪の毛が生えて育つ時期にあたり、退行期は髪の毛を成長させる活動が止まる、そして休止期は完全に髪の毛の成長が止まりやがて自然に抜け落ちていきます。

髪の毛が休止期を迎えて抜け落ちまた生えるまでには、およそ3ヶ月から4ヶ月ほどかかりますので薄毛や抜け毛の症状が出ている人は、その間に髪の毛がスムーズに育つよう頭皮環境を整えておく必要があるのです。

ヘアサイクルの流れに従って使っていくことが大事

つまりフィンジアは髪の毛を早く伸ばすのではなく、ヘアサイクルの中で丈夫な髪の毛が育つようサポートする製品であると言った方が正しいかもしれません。

医薬部外品として販売されているスカルプケア製品である場合は、ほぼこのパターンに当てはまると言えるでしょう。

よってフィンジアや育毛剤を使っていても数日で髪が生えてくるということは無いので、3ヶ月~4ヶ月しないうちにフィンジアを付けても効果が無い、と決めつけるにはまだ早いのです。

フィンジアは朝と夜2回付ける使用方法もある

このように髪の毛についての正しい知識を仕入れることも、薄毛を改善させるためにはとても大切なことです。

また育毛剤を夜だけでなく朝使用する場合もありますが、フィンジアも朝と夜2回使用することができます。

朝使用する場合は夜入浴済みであればシャンプーする必要はなく、そのまま気になるところに5回から10回プッシュします。

あとは頭皮マッサージをして有効成分を浸透させれば完了です。

もしワックスなどの整髪料などを使う場合はそれらを付ける前にフィンジアを付けるようにしてください。

以上がフィンジアを使う上で抑えておきたいポイントになります。

是非正しい使用方法と併せて育毛に役立ててくださいね。

フィンジアの使用方法を間違えると最悪薄毛が進行するかもしれない!?

フィンジアはキャピキシルとピディオキシジルの次世代成分配合で、多くの人を悩ませているAGAにも作用することから高い評判を集めている育毛製品です。

しかし、それでもレビューなどでは効果を実感できなかった人もちらほら見受けられ、本当に評判ほどの効果があるのかと疑う人もいます。

それもそのはず、フィンジアは頭皮に塗ってからすぐに効果が現れる製品ではないので、使ってもうまくいかなかったと判断してしまう可能性があるのです。

もちろん、これはフィンジアに限った話ではなく、育毛剤全般に言えることなので短期間では効果が出ないということは覚悟しておく必要があります。

効果がイマイチと感じるのは間違ったやり方で使っているからかも

フィンジアの効果には個人差があるため全ての人が、等しく効果を感じられるというわけでは無いというのは事実です。

しかし、効果が実感できないのは間違った方法で製品を使用しているという可能性もあります。

たとえば、フィンジアを使うタイミングを誤っている可能性も考えられます。

今では多種多様なケア製品が軒を連ねていますが、薬液を頭皮に付けるタイミングは一貫してほぼ共通しており、且つ効果を上手く引き出せるかも左右すると言えます。

開封してすぐに説明書などを捨ててしまうという方は、育毛剤の使用においては要注意です。

間違った方法で使っていると効果半減!?薄毛が進行する可能性も!

これらのような育毛製品は誤った使用方法を用いると成分の効果も半減します。

効果が半減してしまうと育毛にかかった時間やお金も無駄になってしまうどころか、発症している薄毛がより進行してしまう可能性も考えられます。

しかし逆に言えば正しい使用方法をきちんと実践すればより効果を引き出すこともできるということです。

ここからは効果がイマイチだと思う人に向けて、フィンジアの効果をよりアップさせるための使用方法について解説していきたいと思います。

フィンジアの正しい使用方法!最も使用に適している時間帯は夜である!

フィンジアのような育毛製品は長い時間をかけて効果を発揮していくものであり、それだけに使用方法についてはきちんと守ることが大前提となっています。

またフィンジアは夜と朝の2回に分けて使用するとなっていますが、夜はとくに育毛成分を塗布するのに最適な時間帯であると言えます。

育毛剤を使用するにおいて頭皮へ塗布するタイミングはとても重要です。

その理由は夜に活性化する成長ホルモンが大きく関係しています。

質の良い睡眠を摂ることが髪の毛の成長を促すことに繋がる!

薄毛を改善してより健康的な髪を生やすには、ゴールデンタイムと呼ばれる22時~2時の時間帯までにベッドに入って睡眠を摂る必要があるとされています。

なぜなら髪の成長ホルモンは質の良い睡眠を摂ることによってよりスムーズに分泌されるためです。

目が覚めている状態では充分な成長ホルモンが生成されず、その分髪の毛の成長が阻まれてしまうといったトラブルの元になります。

よって夜更かしせずなるべく早くベッドに入ることも、フィンジアでの育毛において重要な習慣であると言えるでしょう。

夜のゴールデンタイムを意識するのも正しい使用方法に含まれる

このように髪の成長を促すには夜のゴールデンタイムを上手く活用することが重要となります。

フィンジアなどの育毛製品の使用方法で夜が推奨されているのも、成長ホルモンの働きを利用して育毛成分の作用をより高めるためです。

フィンジアほか育毛効果が期待できる成分が配合された製品は、作用がとても緩やかに調整されているため効果が見えるまでかなりの時間がかかります。

そのため育毛製品だけでは上手く成分の効果が発揮されないこともままあり、だからこそ夜のゴールデンタイムを意識した生活習慣は欠かせない要素になると言えるでしょう。

フィンジアの使用方法で注意しておきたいタイミング!夜付けるときはお風呂から上がったあとで

フィンジアを頭皮に付ける時間帯は成長ホルモンが活発化する夜が最適となっており、どの製品であっても使用方法において必ずといって良いほど共通しています。

とは言え夜であればどのタイミングでも良いのかという話になりますよね。

フィンジア含めた育毛製品の効果を発揮させる際に重要なのは、いかに有効成分を浸透させるかであり、最も適しているタイミングがお風呂上がりとなっています。

毛穴の皮脂を落とすことで育毛成分が毛根にまで浸透する

フィンジアの使用方法では髪を洗ったあとタオルドライで水気を払ったあとに塗布するとなっています。

これはシャンプーで髪を洗ったあとの清潔な頭皮にしておくことで育毛成分をより浸透させやすくなるためです。

頭皮は皮脂腺や汗腺が多く密集している部位であり、その分毛穴に汚れが溜まりやすい部位となっています。

毛穴に詰まった皮脂は毛根に至るまでのルートを塞いでしまいますので、その状態でフィンジアを塗っても育毛成分が毛根まで上手く届きません。

よって、フィンジアを塗る前にシャンプーで毛穴に詰まった皮脂を洗っておくのが正しい使用方法であると言えます。

朝フィンジアを使うときはシャンプーなしで付けてOK

フィンジアは夜に塗布するのが最適となっていますが、使用方法では朝も塗布することを推奨していますよね。

使用方法に従って朝塗布することももちろん必要ですが、育毛成分を浸透させるために朝も頭皮を洗わなきゃいけないのではと考える人もいるでしょう。

夜では汚れた頭皮を清潔にする必要がありましたが、朝もシャンプーをする必要はありません。

夜に加え朝もシャンプーで頭皮を洗うと、逆に頭皮を守るための皮脂も洗い落としてしまうほか、余計な刺激を与えてしまうのでかえって頭皮には良くないのです。

もし朝にシャワーを浴びる必要があるときはシャンプーは使わずお湯だけで頭を洗うようにしましょう。

どの工程も育毛には重要!最後に頭皮マッサージを必ず実践しよう

フィンジアを塗ったあとはドライヤーで髪を乾かすのですが頭皮が熱くなりすぎないように注意しましょう。

そして最後に頭皮マッサージを忘れずにするようにしてください。

頭皮マッサージは血行を促進する効果があり頭皮に塗布したフィンジアの成分をより浸透させることができます。

強くマッサージする必要はなく指で優しく揉み込むくらいで大丈夫です。またマッサージの時間も5分程度で充分ですので気軽に行うことができます。

フィンジアの使用方法にも頭皮マッサージをするように記載されていると思いますが、それだけ重要な工程なので省略せずに毎回きっちりと実践していきましょう。

育毛は成分の効果をより引き出すための工夫が重要です。ちょっとしたことでも省こうとせず丁寧に実践することで着実に効果が現れてくるでしょう。