大人気のフィンジアから生まれたフィンジアシャンプーを解説!

お風呂場にあるリンスとシャンプー

ゲートアクセス理論という今までにない独自のコンセプトに基づき誕生したフィンジア。

発売当初から幾度も在庫切れを繰り返していたほどの、人気を博しているスカルプ製品として有名ですね。

さてそこから派生したシリーズ商品として、フィンジアシャンプーが発売されたことをご存知でしょうか。

こちらもまたスカルプケアメーカーと製薬会社によって、共同開発された商品となっているのですが、フィンジアと併用することでどのような効果があるのか気になりますよね。

そこで今回は派生商品として開発されたフィンジアシャンプーについて詳しく解説していきたいと思います。

目次

フィンジアシャンプーにはスカルプエッセンスと同じ有効成分が含まれている

フィンジアシャンプーはスカルプエッセンスとして開発されたフィンジアと同様の効果を持った製品として誕生しました。

つまり普通のものとは異なり育毛効果を持っているということです。

こちらとフィンジアを併用することで頭部全体のケアを行うことが可能となります。

最新の有効成分を配合しており薄毛対策にも有効!

こちらのシャンプーには最新の有効成分として業界でも注目を集めている、キャピキシルとピディオキシジルが配合されているため、頭を洗う際にも薄毛対策を取ることができる製品となっています。

通常の製品だと主な効果は髪や頭皮に付いた汚れを落とすだけであり、さらに配合されている成分によってはダメージを与えるものも少なくありません。

たとえばエタノールなどのアルコール成分の割合が多かったり、香料などの添加物が多かったりすると、頭皮の乾燥を招く他かゆみや炎症の原因になることもあります。

石油系界面活性剤などの添加物は一切なく頭皮にやさしい

しかしフィンジアシャンプーではスカルプエッセンスのフィンジアでも使われる成分を配合しており、さらにパラペンをはじめとした市販の製品でよく使われる、石油系界面活性剤/合成着色料/シリコン/鉱物油などの添加物を使用していません

アルコールなどの刺激が強い洗浄成分も無いので、髪や頭皮へのダメージを極力減らし、さらに配合されている育毛成分を頭皮へ届けることができます。

フィンジアシャンプーは加齢の薄毛だけでなくAGAにも効果的!

このようにフィンジアと同じ有効成分を使用しているフィンジアシャンプーを使用することで、毎日の頭皮ケアがより捗るというわけですね。

洗うだけで有効成分を頭皮へ送ることができるというのは、たしかに画期的と言えますが実際にはどのような効果が期待できるのかも見てみましょう。

悪玉男性ホルモンを抑制するキャピキシルと高い細胞修復力を持つピディオキシジル

フィンジアと言えばやはり育毛業界で噂の的になっている、キャピキシルとピディオキシジルが配合されていることですね。
どうしてこれらの成分が注目されているのかというと、従来より育毛剤として使用されてきたミノキシジルという成分よりも、遥かに高い効果が期待できるためであると言えます。

キャピキシルはミノキシジルの3倍高い育毛効果を持っているとされ、さらに構成成分であるアカツメクサエキスに含まれるイソフラボンが悪玉男性ホルモンを抑制します。

そしてもう一つの構成成分であるアセチルテトラペプチド-3は、火傷の治療などでも効果が認められているほどの細胞修復力を有しており、弱った頭皮や髪の毛の細胞を活性化させ発毛を促すとされています。

ヒオウギエキスやセンブリエキスのほか約20種類の有効成分を配合

その他にもフィンジアシャンプーにはヒオウギエキスやセンブリエキスなど、フィンジアでおなじみの有効成分が配合されています。

ヒオウギエキスは男性ホルモンを変性させ、薄毛の原因を作る5αリダクターゼという物質を抑制させる働きをします。

また同じくこちらに配合されているセンブリエキスは、髪の毛の太さを左右する毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させる作用を持ちます。

このほかにもさまざまな有効成分が20種類あります。フィンジアシャンプーには髪の毛の成長をストップさせる原因に直接作用する有効成分が配合されており、加齢の薄毛だけでなく男性型脱毛症と言われるAGAにも効果が期待できます

フィンジアとシャンプーを併用することで育毛効果が倍増する!

フィンジアの持つ有効成分の効果を高めるには、毎日のシャンプーが欠かせないと言えます。

頭を洗うのは汚れを落とすほかにも、マッサージするように洗うことで頭皮の血行を促し、有効成分をより浸透させやすくするといった意味があります。

また添加物が多い製品は頭皮へのダメージを増やし、抜け毛が増える原因になるので薄毛を改善したいなら、使用する製品についてもこだわる必要があると言えるでしょう。

長期的な薄毛治療が必要な人ほどおすすめ

その点フィンジアシャンプーは使用することで頭皮を清潔にするだけでなく、同時に有効成分も毛穴に浸透させることができます。

さらにフィンジアと一緒に使用することで、より育毛効果を高めることができるのは間違いありません。

AGAなど長期の薄毛治療が必要な方であるほどフィンジアシャンプーは効果的な製品であると言えるでしょう。

フィンジアと育毛シャンプーを買う前に知っておきたい育毛剤選びのポイント

薄毛を改善するためのケア製品はフィンジアなどのスカルプエッセンスや、派生商品の育毛シャンプーなど非常にさまざまですが、だからこそ自分の症状にきちんと合った製品を選ぶことが重要です。

高い効果を有しながら副作用の心配がないキャピキシルや、ピディオキシジルを配合していることで注目を集めているフィンジア。

さらに派生商品としてのシャンプーも同じ成分を配合していることで注目を集めていますが、主にどういった症状に効果的であるのか把握している人は少ないのではないでしょうか。

自分の症状と効果を把握してからの方が自分に合った製品を見つけやすい

フィンジアとその派生商品であるシャンプーには、話題の次世代成分が配合されているほかにも、高い育毛効果や頭皮環境の改善を期待できる成分が多数配合されています。

しかしその効果を充分に発揮させるためにはどのような薄毛の症状に最適であるのかを知っておくことが大切です。

自分に合っているかを確認しないまま使ってしまうと、成分の効果が半減してしまうこともありますので症状との相性はとても大事であると言えます。

そこでここからはフィンジアやシャンプーをより有効に使用するために、育毛剤の効果と症状の特徴ごとに解説していきたいと思います。

フィンジアと育毛シャンプーを検討している人はチェック!4つの育毛剤タイプを解説

フィンジアをはじめとしたスカルプケア製品にはいろいろな分類がありますが効果としては4つのタイプに分けることができます

またどのような効果を狙って配合するかは大抵似通っているので、成分を細かく見るよりもタイプ別にしてしまった方が効率が良いでしょう。

それぞれ異なる成分配合となっているものの、育毛シャンプーを選ぶ際にも参考になるかと思うので是非チェックしてみてください。

男性ホルモンの働きを抑え脱毛症の進行をブロックするタイプの育毛剤

最初に挙げられる1つ目のタイプは男性ホルモンを抑制する成分が配合されている育毛製品です。

たとえばフィンジアや派生商品のシャンプーに含まれているキャピキシルが良い例ですね。

他にはノコギリヤシ/亜鉛/ヒオウギエキス/ビワ葉エキスなどが挙げられます。

これらの成分は悪玉男性ホルモンを生み出す5αリダクターゼの働きを抑えるなど、男性型脱毛症とされるAGAの原因にとても有効となっている成分です。

また亜鉛は髪を生成するための欠かせない材料にもなるので、男性ホルモンの作用によって弱った髪を健康にする効果が期待できます。

頭皮の血行を促進して頭皮環境を整えるタイプの育毛剤

2つ目のタイプは頭皮の血行を促進させる成分を配合している育毛製品です。

フィンジアをはじめ血行促進成分を配合している製品は数多く存在し、むしろほとんど全ての製品に必ずと言って良いほど配合されていると言えるでしょう。

育毛シャンプーでも頭皮の血行を促す成分がやはり配合されています。なぜなら血管が圧迫されて血行不良になると、髪の毛の成長に必要な栄養を吸収することが難しくなり結果的に脆弱化するなどの問題が発生します。

血行促進効果を持つ成分としてはセンブリエキス/ニンジンエキス/セファランチンなどが挙げられます。

肩こりなどの血行不良による症状が思い当たる場合は、これらの血行促進成分が豊富に配合された育毛剤がおすすめとなっています。

頭皮や髪に栄養を与え髪の成長促すタイプの育毛剤

3つ目に挙げられるのは頭皮や髪に栄養を与えて髪の成長を促す成分です。

たとえば髪の毛が細いとかすぐに切れやすい人、またはパサついていてハリやコシが無い人は、頭皮環境に悪化によって髪の毛にトラブルが発生していると考えられます。

この場合は髪の毛に必要な栄養が毛根にまで届いておらず、毛母細胞の活動が鈍くなっている可能性が考えられます。

健康的な髪の毛の成長を促すには前述のとおり、頭皮の血行を促進させるほかに毛母細胞を活性化させる必要があります。

このような悩みにはビタミン/亜鉛/プラセンタなどの成分がおすすめです。フィンジアなどの育毛剤を使用するほかにサプリメントや食生活に取り入れると尚効果的です。

皮脂の過剰分泌を抑えて雑菌の繁殖をブロックする育毛剤

最後に挙げる4つ目は皮脂の過剰分泌を抑え頭皮トラブルを改善する成分です。

皮脂は通常頭皮の毛穴から分泌され紫外線や、乾燥などの刺激から来るダメージから頭皮を守る役割を果たしています。

しかし余分に分泌された皮脂は菌の餌となって大量に繁殖する原因にもなってしまいます。

雑菌が繁殖することにとって頭皮の炎症といった地肌トラブルにも繋がります。

頭皮のかゆみやフケなどの症状に悩まされている場合は、育毛剤を使ってこれらの症状を早めケアをしましょう。

最適な成分としてはビタミンC誘導体/大豆イソフラボンのほか、抗菌作用のあるグリチルリチン酸ジカリウム/ユーカリエキスなどが配合された製品がおすすめです。

フィンジアと育毛シャンプーの効果は男性ホルモンと血行不良による薄毛に効果的!

このように育毛剤の効果も大まかに4つのタイプに分けることができ、自分の症状に合ったものを選ぶことが成功のカギとなります。

それぞれの製品ごとに他の製品よりも得意とする分野もあれば、劣る分野もあるのでどのような症状に効果があるのかを知るのはとても大事なことです。

フィンジアとその派生商品となる育毛シャンプーの場合はやはりAGAの症状に強いと言えます。

キャピキシルのほかにもヒオウギエキスとビワ葉エキスが男性ホルモンに効く

フィンジアと派生商品のシャンプーに配合されている主成分は、ご存知のとおりキャピキシルですが悪玉男性ホルモンを抑制する成分はほかにもあります。

キャピキシルのほかに挙げられるのはヒオウギエキスとビワ葉エキスですね。

キャピキシルの場合は構成成分の1つであるアカツメクサエキスが5αリダクターゼを阻害しますが、ヒオウギエキスの場合は女性ホルモンに似た作用を持つイソフラボンが含まれており、5αリダクターゼによって生成された悪玉男性ホルモンの作用を中和することができます。

またビワ葉エキスは悪玉男性ホルモンの作用によって生み出される、脱毛因子FGF-5の働きを抑制するため抜け毛も予防する効果が期待できます。

ピディオキシジルもAGA治療で使用されるミノキシジルに劣らない効果を持つ

またキャピキシルにほかに主成分となっているピディオキシジルもまたAGAの改善に適した効果を有しています。

ピディオキシジルには頭皮の血行を促進させる効果があるのですが、AGA治療で使用されるミノキシジルにも劣らない効果が期待できます

またミノキシジルには大きな副作用を持つというデメリットがありますが、ピディオキシジルはミノキシジルと異なり副作用の心配が無いので安全性が高いと言えます。

このようなピディオキシジルの作用によって毛細血管から毛根へ栄養をスムーズに届けることができ、結果髪の毛を生成させる毛乳頭細胞と毛母細胞の働きを活性化させる効果が期待できます。

AGAが薄毛の原因ならフィンジアを選んで間違い無し

以上のことからAGAによる薄毛に悩んでいる人には、フィンジアと派生商品となる育毛シャンプーがおすすめであると言えます。

また血行不良による頭皮環境の悪化にも同じく優れた改善効果が期待できるでしょう。

皮脂の過剰分泌が原因である場合はフィンジアだけでなく、皮脂の過剰分泌を押させるために頭皮クレンジングなどを併せて行うことをおすすめします。

派生商品にはシャンプーのほかサプリメントもありますので、自分の症状に合わせて必要に応じて併用してみてくださいね。