フィンジアの成分はどのような症状に効果があるのか?

悩むキャリアウーマン

スカルプケア製品は非常に多岐に渡りますが、それらを選ぶうえで大切なのは自分が持つ薄毛の原因や症状に合ったものを選ぶことです。

フィンジアは最新の有効成分が配合されているほか、育毛効果や頭皮環境の改善を期待できる様々な成分が含まれています。

しかし自分の症状に合っているかを確認しないまま使用しても、充分に効果を発揮しない可能性もあります。

今回は各スカルプケア製品の特徴や薄毛の原因からフィンジアがどのような症状に効果があるのかについてご紹介していきたいと思います。

目次

フィンジアをはじめとしたスカルプケア製品は特徴ごとに配合されている成分や効果にも違いがある!

そもそもフィンジアをはじめとしたスカルプケア製品はそれぞれ配合されている成分が異なります

それぞれの製品はメーカー独自の理論により何を配合するかを選んでいるので、特定の症状には効果を上手く発揮しない場合もあるのです。
まずフィンジアのようなスカルプケア製品は主に4つのタイプに分かれると言えます。

薄毛の原因となる悪玉男性ホルモンを抑制するタイプ

1つ目は男性ホルモンを抑制する構成物が配合されているタイプです。このタイプは薄毛の原因となる悪玉男性ホルモンの働きを抑制する効果があります。

多くの場合薄毛は男性ホルモンの過剰分泌により発症するとされており、AGAは典型的な男性ホルモンによる症状であると言えます。

頭皮の血行を促し髪に栄養が行き渡るようにするタイプ

2つ目は頭皮の血行を促す効果があるタイプです。血行促進効果がある構成物はフィンジアやその他の製品のほとんどに、必ずと言って良いほど配合されています。

人の体に必要な酸素や栄養は血流によって運ばれます。もちろん髪が成長するにも血流によって栄養が届けられる必要があります。

頭皮の血行が悪くなると充分な栄養が毛根まで行き渡らなくなり、薄毛の原因にも繋がりますので血行不良の改善は育毛に無くてはならない要素なのです。

頭皮と髪に栄養を供給し細胞分裂を活性化させるタイプ

3つ目は弱った頭皮や髪に栄養を与えるタイプです。髪の毛が柔らかいあるいは髪の毛が細い、という人は髪の毛に十分な栄養が与えられていないと考えられます。

とくに髪の毛を育てるのに必要不可欠な毛乳頭細胞が弱っていると、新しい髪を生やすことは尚困難になります。弱った毛乳頭細胞を活性化させることで太く抜けにくい髪にすることができます。

頭皮から出る皮脂の量を抑制し育毛を促すタイプ

4つ目は頭皮の皮脂の過剰分泌を抑制するタイプです。通常頭皮は皮膚を守るために毛穴から皮脂が分泌されるのですがこれが多すぎると、毛穴に詰まって酸化を起こし体臭やかゆみなど頭皮にダメージを与える原因になります。

また育毛効果のある成分を頭皮に塗布しても毛穴の奥まで浸透しにくくなってしまいます。

たとえばフィンジアを頭皮につけても毛穴に皮脂が詰まっていると、毛根まで届かず結果的に育毛効果が発揮されないといった問題が起きてしまいます。

よって毛穴から皮脂が多く出るという人は過剰分泌を抑える必要があるのです。

フィンジアの有効成分はさまざまな薄毛の原因に作用する効果を持つ!

スカルプケア製品にはどのようなタイプがあるのか大体わかったところで、今度はフィンジアにはどのような効果があるのか見てみましょう。

キャピキシルはDHTを抑制し強力な細胞修復力を持つ

フィンジアの場合は主にキャピキシルとピディオキシジルという成分が含まれています。

キャピキシルはカナダの化粧品メーカーが開発したもので植物エキスを原材料としています。

アカツメクサエキスとアセチルテトラペプチド-3という物質で構成されているのですが、薄毛の原因となる男性ホルモンDHTを抑制するほか、傷ついた細胞を修復させる機能を持っているなど、それぞれが育毛において非常に高い効果が期待できるとされています。

ピディオキシジルはミノキシジルの欠点をほぼ解消している

ピディオキシジルはキャピキシルと同じく業界で注目を集めているフィンジアの配合成分です。

別名ミノキシジル誘導体とも呼ばれているとおり、非常に似た構成を持っており毛細血管を拡張し血流を促進させる毛母細胞を活性化させ細胞分裂を促し髪の毛を強く育てるなど、備えている効果もまたよく似たものとなっています。

しかしピディオキシジルはキャピキシルと同じく副作用の心配はなく、さらにミノキシジルの欠点であった吸収率の悪さも解消しています。

さまざまなスカルプケア製品の特徴を抑えているのでほとんどの症状に効く

上記で述べたようにスカルプケア製品は4つのタイプに分かれますが、フィンジアのすごいところは主成分を見ただけでも1~3のタイプを補完できているという点です。

キャピキシルはほとんどの薄毛の原因であると言われるDHTに作用するのでAGAの方にも効果があると言えますし、ピディオキシジルは頭皮の血行を促進させて栄養を供給すると同時に、毛母細胞と毛乳頭細胞を活性化させる効果もあります。

つまりフィンジアはほとんどの症状に効果を発揮する製品であると言っても過言では無いと言えるでしょう!

フィンジアの有効成分はさまざまな薄毛の症状に効果が期待できる

以上のようにスカルプケア製品にも様々なタイプあります。つまり選び方を間違えてしまうと効果も発揮されないので、より正確に自分に合った製品を選ぶ感覚が必要となります。

スカルプケアは自分に最適なものを選ぶことで初めて成り立つと言えるのです。

フィンジアだけでなく全てのスカルプケア製品の効果には個人差があります。またオイリー肌など有効成分が浸透しにくい体質である可能性も考えられます。

しかしこの記事でご紹介したようにフィンジアは、配合されている成分により様々な症状に対応できるので、多くの人が薄毛を改善できる可能性があると言えます。

専門知識についてよくわからないという初心者の人も試しにフィンジアを使ってみてはいかがでしょうか。

AGAに有効な成分が配合されているフィンジア。しかしAGAにも様々なタイプが存在する

薄毛の原因にも本当に様々な種類が存在しますが、ほとんどの場合はAGAであるとされているので非常にたくさんの方がAGAに悩まされていると言えます。

しかしフィンジアに配合されているキャピキシルはAGAにも有効なことがわかっているので、AGAの諸症状にも効果的な製品となっています。

つまりフィンジアはAGAの改善にうってつけな育毛製品であると言えるのです。

薄毛と言っても実は様々なタイプに分かれている

フィンジアは様々な薄毛の症状に対応できるのでこちらを使って、日夜薄毛の改善に勤しんでいることでしょう。

しかし単に薄毛と言っても実に何種類ものタイプに分かれています。中には単純に髪の毛が薄くなっている状態のことを言っているのだと思っている人もたくさんいると思いますが、それだけでなく薄毛のタイプごとに原因もまた異なるのです。

原因によっては生活習慣を改める必要がある場合も

薄毛が進行する原因が異なるということは、最適な対処の仕方も原因によって異なるということ。

薄毛解消のためにはAGAを抑制する成分を配合したフィンジアを使用することはもちろん、中には生活習慣から改善する必要があることも多々あります。

以下ではフィンジアで薄毛を確実に治したい人が知っておきたいAGAの種類についてご紹介していきたいと思います。

AGAは3つのタイプに分かれる!男性ホルモンに効く成分を配合したフィンジアで対策を

薄毛の原因と言えばコレとまで言われるAGAは薄毛に悩んでいるほとんどの人が発症していると言われています。

おそらくフィンジアを使用している方の多くがAGAにかかっていると思われます。

もし薄毛が進行していると思ったら真っ先にAGAであることを疑った方が良いでしょう。

AGAは徐々に薄毛が広がっていく進行性で3つのタイプに分かれています。

M字型は5αリダクターゼの影響を最も受けやすいので改善も難しい

1つ目のタイプは前頭部の生え際から進行していくタイプで、所謂M字型やM字ハゲと呼ばれるケースです。

髪の生え際は頭皮の中でも脱毛の原因、DHTを作り出す酵素5αリダクターゼが多く分泌される場所です。

5αリダクターゼがテストステロンと結びついてDHTに変化するため、分泌量が多ければそれだけ薄毛の進行が早くなります。

さらに生え際がある前頭部は髪の毛の栄養を運ぶ毛細血管も少ないという特徴があります。

この条件に加えて5αリダクターゼが多く分泌されることから、M字型は最も改善が難しいとさえ言われています。

O字型は進行しているのがわかりにくいところが厄介

2つ目は頭のてっぺんから進行していくO字型です。こちらは頭頂部から徐々に髪が抜けていくので正面からは気づきにくいタイプです。

そのため薄毛を発症していることに気付いたときには、かなり脱毛が進行しているというケースも少なくありません。

このタイプの場合はちょっと気になってきたら、すぐにAGAであることを疑った方が良いかもしれません。

気のせいかもと思う前にクリニックなどで診断を受けてみましょう。早期発見できればその分だけ素早く症状の進行を食い止めることもできるはずです。

U字型はM字とO字両方の特徴を持っている厄介なタイプ

最後の3つ目にあたるのが複合タイプであるU字型です。こちらは前述のM字型と似ていて生え際から両サイドにかけて脱毛が進んでいきます。

しかし正面からだけでなく中央部の毛も、同じように抜けていくという特徴を持っているため、M字型とO字型の特徴を備えたタイプであると言えるでしょう。

2つのタイプの特徴を併せて有しているため、M字型と同じく厄介なタイプのAGAであると言えるかもしれませんね。

AGAにかかっている人は1,200万人以上!キャピキシルを配合したフィンジアは大人気

AGAは成人男性の3人に1人が発症しているとされていて、AGAが原因で薄毛に悩んでいる人は1,200万人以上にものぼると言われています。

これだけの患者数を誇っているのですから、フィンジアがすぐに売り切れを起こすのも頷ける話です。

AGAによる脱毛を防ぐには男性ホルモンのテストステロンを変性させる5αリダクターゼの働きを抑える必要があります。

テストステロンが5αリダクターゼと合体することでDHTに変性し薄毛を進行させるのですが、フィンジアはDHTの元になる5αリダクターゼを抑制するキャピキシルが主成分となっているのでおすすめ。

さらにほかにも男性ホルモンの働きをブロックする成分として、ヒオウギエキスなどが配合されているためより高い改善効果が期待できると言えます。

フィンジアは薄毛に有効な成分が豊富だが他の対処法が必要になる場合も

薄毛の原因として最もポピュラーと言えるAGAですが、その他にも脱毛を起こす原因はまだまだ存在します。

中には生活習慣から発症する薄毛もありますので、フィンジアに配合された有効成分を頭皮に供給するだけでなく、日常生活でも対策を取る必要がある場合もあります。

円形脱毛症の原因はストレスによる自己免疫疾患?

たとえばコイン状のハゲができる円形脱毛症は、自己免疫疾患が原因であるという説が有力になっています。

自己免疫疾患では本来体を守る免疫が外部の刺激に対して攻撃するだけでなく、自分の体の組織まで攻撃してしまうということが起きます。

これによって髪の毛の毛包が壊されてしまい脱毛の原因になるとされています。

生活習慣や血行不良を改善することが円形脱毛症の治療に繋がる

こういったケースではフィンジアを使用するほか、栄養不足にならないようバランスの良い食事を摂る、ストレスの元からなるべく遠ざかるなどの対処が必要になります。

また頭皮環境やヘアサイクルも乱れているので、血行を促進させるなどの方法も有効ですよ。

髪の毛は毛細血管から栄養を吸収しているので、血行不良を改善すれば脱毛症状の緩和にも繋がるでしょう。

フィンジアを使いながら原因ごとに合った対処法を実践しよう

フィンジアにはキャピキシルのほかにもう一つの主成分としてピディオキシジルが配合されています。

こちらは毛細血管を拡張して血流を促すという作用を持ちますので、円形脱毛症にもおすすめの成分であると言えるでしょう。

このようにフィンジアを使用するのはもちろん、自分の症状に合った対処法を実践することでより改善に近づくことができます。

ここでご紹介した原因ごとの対処方も是非参考にしてみてくださいね。

▼魔娑斗選手も愛用▼