フィンジアVSプランテル!優れているのはどっち?

頬に拳を当てて悩む女性

近年、育毛剤に対する関心が国内でも高まっており、それに応じてその効果についてもだんだんと高くなってきています。フィンジアもそのような段階で生まれた育毛剤のうちの1つです。

しかし、薄毛には育毛剤が効果的だということは知っていても、薄毛になってしまう原因や薄毛に対してどのような効果があるのかというところまではまだ知らないという方も多いですよね。

そこで今回は、育毛剤として有名なフィンジアとプランテルはどちらのほうが優れているのかということに関して説明していこうと思います。

フィンジアとプランテルの成分を比較

まずは、フィンジアとプランテルの成分にどのような違いがあるのかということを見ていこうと思います。

フィンジアの主成分はキャピキシル、ピティオキシジル、カプサイシンです。

それに比べて、プランテルの主成分はセンブリエキス、タマサキツヅラフジエキス(セファランチン配合)、甘草エキス(グリチルリチン酸2k配合)となっております。

キャピキシルとピティオキシジルは男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンを抑制し、発毛を促進させる効果を期待することができます。さらに、ピティオキシジルは別名ミノキシジル誘導体とも呼ばれていますが、ミノキシジルのように副作用を時期起こす可能性はありません。また、カプサイシンは固くなってしまった頭皮を柔らかくする効果があり、他の成分の吸収を助ける効果があります。

対して、プランテルの主成分であるセンブリエキスは毛母細胞を活性化させる効果があり、細胞分裂を促進させる作用があると言われております。そして、セファランチンは血行促進の効果があり、グリチルリチン酸2kは抗炎症作用がありますので、育毛のサポートとその障害を取り除く作用があります。

しかし、実はセンブリエキスとグリチルリチン酸2kはどちらもフィンジアにも配合されているのです。さらにフィンジアには抜け毛ホルモンDHTを抑制する働きのあるヒオウギエキスも配合されております。

そのようなことから、フィンジアは効果が期待できる成分の数においてプランテルよりも優れているということができそうです。他にも、フィンジアには、パンテノール、ビワ葉エキス、褐藻エキス、ボタンエキス、冬ボダイジュ花エキス、ヒキオコシ葉茎エキス、キハダ樹脂エキス、ヒマシエキスなどフィンジアには14種類も成分が含まれています。

フィンジアとプランテルの人気の比較

それでは、フィンジアとプランテルは人気の面ではどちらのほうが優勢なのでしょうか。

まず、プランテルはロングセラーとして続いている育毛剤です。チャップアップほど人気があるわけではありませんが、常に売れ続けているという商品です。

一方で、フィンジアは販売を開始してから人気が爆発的に上がり続けています。人気が一気に上がってしまいましたので、2015年12月や2016年1月では売り切れになるほどのものでした。

このフィンジアの人気は現在でも続いており、完全に他の育毛剤を上回っております。

このような点から、人気の面に関してフィンジアはプランテルよりも優れているということができそうです。

フィンジアは浸透力に関してもプランテルよりも優れている

上記に述べたような点以外にもフィンジアにはプランテルよりも優れている点が多くあります。

まず、フィンジアは浸透力が他の育毛剤に比べて非常に高いのが特徴です。

これは、フィンジア独自の技術であるSPEテクノロジー(毛穴を広げる作用があるとカプサイシンという成分を利用して生まれた技術)を採用しているからであり、そのような技術を持っている企業は他にはありません。そのため、フィンジアはその高い浸透力が評判となり、人気が上がりました。

どんなに優れた成分を含んでいる育毛剤であっても、頭皮に浸透しなければ意味がありませんのでこの強い浸透力は非常に重要です。

プランテルと比較すると効果や浸透力の面でフィンジアに軍配が上がる!

プランテルとフィンジアを比較した場合、やはり育毛剤として優れているのはフィンジアと言えそうです。まず、成分1つ取ってみても、フィンジアには非常にたくさんの種類の育毛促進効果のある成分が含まれております。その数は14種類にもなり、プランテルに含まれている成分の数を凌駕しております。

また、発売当時からの人気に関してもフィンジアのほうが圧倒的です。たしかに、プランテルもロングセラー商品として売れ続けていることは事実ですが、成分の差などからフィンジアの人気はプランテル以上の非常に爆発的なものとなりました。

そして、その人気は今でも根強いものとなっております。

また、フィンジアは独自の技術を用いて浸透力を高めています。成分を細分化して吸収されやすくなるようにした育毛剤は他にもありますが、フィンジアのように毛穴を広げて浸透力を上げるという商品は他に類を見ません。

薄毛に悩んでおり育毛剤の使用を考えているという方がいましたら、是非フィンジアを使うことをおすすめします。

フィンジアはプランテルを開発したユーピーエスから生まれた次世代のスカルプエッセンス

フィンジアは今でも治療が難しいと言われている、生え際から進行する薄毛にも効果が期待できるとされています。

そしてプランテルもまた生え際に強い育毛剤として開発されており、M字型の薄毛に悩んでいる人々から注目を集めています。

しかし現在大きな期待を寄せられているのはフィンジアの方であると言えそうです。

ここからはフィンジアがM字型の薄毛にどのような改善効果を発揮するのかについてご紹介していきたいと思います。

フィンジアはM字型薄毛の改善に特化した製品を開発するユーピーエスから生まれた

株式会社ユーピーエスと言えば育毛業界をはじめ、とくにM字型の薄毛に悩んでいる人たちの中ではとても知名度の高いメーカーであると言えるでしょう。

M字型の薄毛改善に特化した育毛製品、プランテルを作ったメーカーが株式会社ユーピーエスなのです。

そんなM型薄毛の改善で高い知名度を誇るユーピーエスが、次に開発を行ったのが最新の育毛成分である、キャピキシルとピディオキシジルなどを配合して開発したのがフィンジアとなっています。

最新成分を最大量配合した次世代のスカルプエッセンス

以前まではM字型の薄毛には薬用プランテルがおすすめとされていました。

しかし2015年にフィンジアが発売されてからは、さらに高い効果が期待できる育毛製品として大きな人気を集めました。

中でも注目されたのはフィンジアには最新の育毛成分が配合されており、ほとんどの薄毛の原因とされるAGAの改善を期待できるという点です。

主成分として配合されているキャピキシルとピディオキシジルという2つの物質は、世界中の育毛業界で注目されている成分で、医薬品として使用されている成分よりも高い効果が期待できるとされています。

フィンジアにはこの2つの成分が最大量配合されている製品となっています。

M字薄毛にはフィンジアとプランテルがおすすめと言われているけれど、そもそもの原因は?

M字型薄毛に悩んでいる人はプランテルと、フィンジアのいずれかを購入すると思われますが、なぜ生え際から薄毛がどんどん進行していくのかその理由をご存知でしょうか?

実は生え際から髪が抜けていくのにもちゃんと理由があります。

フィンジアの効果をより詳しく知るためにまずは生え際から薄毛進む原因について解説します。

生え際から薄くなっていく現象はAGAの典型的な症状の一つ

髪の生え際からM字型に薄毛が進んでいく現象は、典型的なAGAにおける症状の一種として認識されています。

AGAは男性型脱毛症と呼ばれ薄毛の原因はそのほとんどがAGAとさえ言われています。

この脱毛症には複数のタイプが存在し、生え際が薄くなりおでこが広がっていくM字型や、頭頂部から髪の毛がどんどん薄くなっていくO字型、そして生え際と同時に頭頂部も薄くなっていくU字型といった特有の症状に分かれています。

中でも髪の生え際となる部分はAGAの影響を強く受けやすい箇所となっています。

DHTが発生することでヘアサイクルが乱れ髪の毛が弱っていく

AGAによる脱毛を起こす原因となるのが5αリダクターゼという酵素です。

5αリダクターゼは髪の生え際に多く分布する物質であると同時に、頭皮でテストステロンと結びつくとより強い作用を持つDHTという悪玉男性ホルモンに変性してしまいます。

そしてこのDHTがさらに毛乳頭細胞の受容体に結合すると、髪の毛を作り出すための細胞を分裂が減りヘアサイクルがどんどん乱れてしまうのです。

ヘアサイクルが乱れることによって髪の毛が細く抜けやすくなり脱毛が起きます。

このDHTによる作用を止めない限り症状は進行していくので、改善するにはDHTそのものを抑制することが不可欠となります。

おでこの頭皮は毛細血管が少ないので血行不良になりやすい

おでこの薄毛が進行してしまうもう一つの原因として血行不良が存在します。

髪の毛は頭皮に流れる毛細血管によって栄養を得ています。しかしおでこにあたる部分は人体の中でも毛細血管が少ない部位なので、髪に必要な栄養が届きにくい箇所でもあります。

よっておでこなどの生え際は毛細血管が少ないために、他の部位よりも皮膚が硬く血行が悪いのです。

ただでさえ栄養を吸収しにくい環境なのに、DHTによって毛乳頭細胞をやられてしまったら、余計に髪の毛が弱ってしまうのは当然であると言えるでしょう。

よってAGAを改善するには血行不良の改善も大きな課題の一つになります。

このように厄介な特徴を持つDHTですがフィンジアや、プランテルにはどのような効果が期待できるでしょうか?

AGAにおけるフィンジアとプランテルの効果を比較してみる

フィンジアの主成分は先にも述べたとおりキャピキシルとピディオキシジルという物質で、プランテルの場合はセンブリエキスやセファランチン、そしてグリチルリチン酸2kなどが主な成分となっています。

プランテルは弱った毛乳頭細胞を活性化させる効果が期待できる

プランテルの主成分となるセンブリエキスやセファランチンには、前者が毛乳頭細胞を活性化させる効果、そして後者には血行促進効果が期待できるとされています。

センブリエキスの効果は毛乳頭細胞の機能を阻害して髪の毛の成長を妨げる、DHTに対する作用としては悪くありません。

また髪の毛は血管から栄養を供給されるため、血行を改善できるセファランチンの効果も有効でしょう。

しかしDHTの発生そのものを止める効果は無いため、進行度によっては全く効果が無い可能性も大きいと言えます。

フィンジアはAGA対策により効果的な成分の組み合わせになっている

一方フィンジアの主成分であるキャピキシルにはアカツメクサエキスという物質が含まれており、DHTを発生させる5αリダクターゼの働きを抑えるという特徴を持っています。

さらにピディオキシジルはミノキシジルと同等の効果を持つにも関わらず、危険な副作用の心配が無いという画期的なメリットを有します。

つまりフィンジアはAGAの原因そのものを抑制できるということであり、生え際に多く分布する5αリダクターゼに対して非常に大きな効果が期待できると考えられます。

またフィンジアにはほかにも男性ホルモンの作用を抑制することができる、ヒオウギエキスとビワ葉エキスなども含まれておりよりAGA対策に最適な組み合わせとなっています。

ピディオキシジルも高い血行促進効果を有していますので、DHTの作用で栄養不足になり弱った髪の毛を再び元気にできる効果が期待できます。

プランテルで効果が追いつかない場合はフィンジアがおすすめ

生え際に対して効果的となっているフィンジアとプランテル。両者とも生え際の薄毛に悩む方々から人気の製品です。

ここでお読みいただいた方もフィンジアと、プランテルの効果について理解を深めていただけたと思います。

5αリダクターゼを抑制できるフィンジアはAGAの悩みに最適!

今回解説したようにM字型薄毛の改善にはAGAの原因そのものを抑制する必要があります。

その点AGAの原因である5αリダクターゼを抑制する成分であるキャピキシルや、ヒオウギエキスなどが配合されたフィンジアはまさにうってつけの製品であると言えます。

N字型の薄毛はとくに改善が難しいとされていますのでプランテルだけでは効果が追いつかないことも考えられます。

そのような方にはAGAの原因から抑制できるフィンジアを是非使っていただきたいと思います。