フィンジアに含まれるピディオキシジルとは?

OKマークを作る医者

フィンジアの最も大きな特徴は、国内では使用が珍しいキャピキシルとピディオキシジルという2種類の最新成分が配合されている点です。

これらの成分はどちらも海外では非常にメジャーであり、スカルプエッセンスを始めとした多くのヘアケア製品に使用されています。

キャピキシルについて詳しく記載した記事は以前作成しましたので、今回はピディオキシジルについて詳しくご説明します。

目次

ピディオキシジルは育毛のために開発された成分

現在市場には多くのスカルプエッセンスが出回っています。

しかし、そんなスカルプエッセンスに含まれる育毛成分というのは、元々育毛目的で開発された成分ではないことも多いのです。

たとえば、厚生労働省により効果が認められているミノキシジルやフィナステリドという成分も、本来は高血圧の治療薬や前立腺肥大症の治療薬の治療薬として開発されていました。

しかし、使用した患者に副作用として発毛の傾向が見られたので、育毛に用いられたというわけです。

ピディオキシジルはこれらの成分とは異なり、純粋に育毛のためだけに開発された成分となっています。

当初はまつ毛用美容液として販売

ピディオキシジルは、フィンジアなどのスカルプエッセンスに配合される前はまつ毛用美容液に使用されていました

長いまつ毛に憧れる女性は昔から多いので、そういった方には現在も重宝されているようです。

また、瞼という人体の中でも皮膚が薄い非常にデリケートな部分に使用する商品に使用されていたということは、安全性の高さの証明にもなっています。

まつ毛用美容液はかなり評判が高い

当初、ピディオキシジルはまつ毛用美容液に使用されていたと言いましたが、現在もピディオキシジル配合のまつ毛用美容液はいくつか存在します。

しかも、それらの商品は非常に評判が高いようで、

「まつエク(まつ毛のエクステ)に頼らなくても良いくらいボリュームが出てきた」

「ビューラーを使った時に毛が長く濃くなったことを実感した」

といった利用者の口コミが多く見受けられました。

ピディオキシジル配合のまつ毛用美容液はきちんと効果を発揮しているようなので、育毛剤にも期待が高まりますよね。

育毛のためだけに開発されたことって重要?

ピディオキシジルは育毛のためだけに開発された成分ですが、これは実は非常に重要なことなのです。

なぜなら、ミノキシジルやフィナステリドのように育毛以外の目的で使用されていた成分は、育毛以外の効果が副作用として発揮される可能性が高いからです。

実際に先程のミノキシジルやフィナステリドが配合されているスカルプエッセンスには、血圧の低下や性欲減退といった副作用が起こるリスクが考えられています。

ただ、これは高血圧や前立腺肥大症の治療薬として使用されていた過去を考えると当然かも知れません。

その点、ピディオキシジルは育毛のことのみ考えられているので、副作用の心配などもありません

副作用から生まれた育毛剤

当初、ミノキシジルは高血圧の治療薬、フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として開発されていましたが、使用しているうちに副作用として多毛症を発症する患者が現れ始めました

多毛症とはその名の通り髪や体毛が濃くなる症状で、これを育毛に活かせないかと考えた結果、現在のように育毛剤として使用されるようになったのです。

副作用と言うと聞こえは悪いですが、このように副作用から生まれた育毛剤もあるので一概には言えませんね。

ピディオキシジルはミノキシジルに似た分子構造

名前も少し似ていますが、ピディオキシジルの分子の構造はミノキシジルの分子構造と酷似しています

ミノキシジルは、育毛成分の中でも最強と噂されるほどの高い効果がある成分で、強力な血管拡張作用があります。

髪への栄養は血液によって届けられており、頭皮で血行不良が起きるとうまく育毛が行えなくなるので、ミノキシジルの効果は薄毛解消の大きな助けとなるわけです。

ミノキシジルのような副作用がない

そんな薄毛に効果的なミノキシジルですが、先程お話したような副作用によって敬遠されることも多くなっています。

しかし、先程もお話したようにピディオキシジルにはミノキシジルのような副作用はありません

このおかげで、ピディオキシジルはミノキシジルと似た効果を持ちながら副作用がない成分として注目されているのです。

安全性が高い理由

ピディオキシジルは別名ミノキシジル誘導体と呼ばれています。

ちなみに、誘導体とは何かを誘導するものではなく、物質の構造をほんの少し変えた化合物のことを指しており、ピディオキシジルの場合では「ミノキシジルの構造をほんの少し変えた化合物」ということです。

構造が似ているので似たような効果を得られることに加え、構造を変えることで副作用を避けることも可能となっています。

これが、ピディオキシジルがミノキシジルと似た効果を持つにも関わらず副作用がない理由です。

浸透力はミノキシジルを凌駕

ミノキシジルには副作用の他にもう1つ浸透力という大きな課題を抱えています。

頭皮の奥まで育毛成分を届ける必要があるスカルプエッセンスにおいて、浸透力の高さ非常に大きな問題です。

その点、ピディオキシジルは浸透力が非常に高いので、頭皮の奥まで成分を届けることができます。

分子の構造は酷似していますが、副作用と浸透力の2点ではピディオキシジルはミノキシジルより優れていると言えそうです。

ピディオキシジルの浸透力が高い理由

浸透力の高さには分子の大きさが影響しています。

成分は毛穴から浸透するので、分子の大きさは小さいほうが浸透力は高くなるというわけです。

酷似しているピディオキシジルとミノキシジルの分子ですが、ピディオキシジルのほうが若干分子が小さいのでこちらのほうが浸透力は高くなっています。

ミノキシジルよりも優れているわけではない

ピディオキシジルにはミノキシジルのような副作用はなく、育毛成分において非常に重要な浸透力に関してもミノキシジルを上回ります。

しかし、ミノキシジルよりも優れているかと聞かれると、実はそういうわけではありません。

ピディオキシジルには、ミノキシジルが持つような成長因子の産出促進作用や毛母細胞アポトーシス抑制作用はないからです。

安全性や浸透力が優れているピディオキシジルがあるにも関わらず、現在でも多くの育毛剤にミノキシジルが使用されていることにも納得できますよね。

ピディオキシジルの持つ3つの役割

ミノキシジルと構造が似ているというだけあって、その効果もミノキシジルと酷似している点が多いです。

ただ、どのような効果があるのか知らずにフィンジアを手に取るのは、少し勇気がいると思いますので、ここではピディオキシジルが持つ3つの効果を詳しくご説明します。

効果その1:血管の拡張による血行促進効果

まず最初にご紹介するのは、先程ミノキシジルの効果としてもご紹介させていただいた血管を拡張させる効果です。

血管を拡張させると血行がよくなり、髪への栄養が届きやすくなります。

その結果、髪が抜けにくい環境を整えるとともに、太く丈夫な健康な髪の毛の生成も手助けしてくれます。

効果その2:細胞の活性化による育毛・発毛促進効果

ピディオキシジルには、分裂して髪の毛を生成する毛母細胞と呼ばれる細胞の働きを活性化させる効果があります。

細胞を活性化させることによって、得られる効果は大きく分けて2つです。

まず、分裂が活発に行われるようになり、髪の成長や生成の速度がアップします。

そして、細胞が活性化することによって、髪の毛の元となる毛包と呼ばれる部分が大きく成長し、太く丈夫な髪へと育ちます

効果その3:休止中の細胞を覚醒させることによる育毛・発毛促進効果

よく勘違いされている方もいらっしゃいますが、薄毛や抜け毛は頭皮の細胞が死滅しているからでは決してありません。

多くの場合、頭皮の細胞は眠っているだけなのです。

ピディオキシジルにはそんな眠っている細胞を呼び覚ます効果があります。

そのため、今まで髪が生えてこなかった場所から、もう一度髪が生えてくるということも期待できます。

ピディオキシジルの欠点

先程までの説明でピディオキシジルが薄毛に有効であるということは、よくご理解いただけたと思います。

副作用の心配もないのでまさに最強のスカルプケア成分と言うことができるピディオキシジルですが、実は男性ホルモンの抑制作用はありません。

そのため、AGAのような男性ホルモンが原因の薄毛には、ピディオキシジルの効果は期待できないのです。

欠点を補い合っている育毛剤を選ぼう

ピディオキシジルには男性ホルモンを抑制する効果はないですが、育毛剤は1種類の成分だけでできているわけでは決してありません。

そのため、ピディオキシジルの欠点を補うような成分を配合している育毛剤を選ぶ必要があります。

この場合で言えば、男性ホルモンの発生を抑制するような成分が配合されている育毛剤を選ぶのがベストです。

男性ホルモンの発生を抑制する成分の重要性

近年、AGA(男性型脱毛症)の割合も増加してきており、育毛剤の中でも男性ホルモンを抑制する成分に注目が集まっています。

男性ホルモンを抑制する成分としては、オウゴンエキス・ヒオウギエキス・センブリエキスなどが有名です。

また、フィンジアなどに含まれるキャピキシルも男性ホルモンを抑制するのには非常に効果的な成分となっています。

ピディオキシジルが育毛や発毛を促す謂わば攻めの効果とすれば、男性ホルモンを抑制する成分は薄毛の進行を食い止める守りの成分です。

どちらが欠けても効率的な育毛は行なえませんので、購入前に含まれている成分を良くチェック刷るようにしましょう。

ピディオキシジルが配合されているスカルプエッセンス

ピディオキシジルが配合されているスカルプエッセンスは日本では大変少なくなっています。

実際に現在ピディオキシジルを配合しているスカルプエッセンスは、フィンジアとボストンスカルプエッセンスの2種類しかありません。

どちらの製品も最新成分であるピディオキシジルとキャピキシルを配合しているという点では同じですが、それぞれ異なる点ももちろんあります。

ここでは、様々な項目から両者を比較し、それぞれどのような製品なのかを探っていこうと思います。

異なる独自の理論

フィンジアもボストンスカルプエッセンスもそれぞれ製造会社がこだわりを持って製造していおり、どちらも非常にユニークな独自の理論を用いて他社製品との差別化を図っています。

ピディオキシジルを配合していること以外にも、こういったこだわりがあることがフィンジアやボストンスカルプエッセンスが人気の秘密ではないでしょうか。

ここでは、それぞれの独自理論を詳しくご紹介します。

フィンジアのゲートアクセス理論

フィンジア独自のゲートアクセス理論とは、トウガラシに含まれる辛味成分であるカプサイシンを利用したものです。

たとえば、皆さんも辛いものを食べた時に全身の毛穴が開いて汗が吹き出てくる体験を一度くらいはしたことがありますよね。

このように、カプサイシンには発汗作用があるので、それを利用して頭皮の毛穴を開き、薬剤の浸透力を高めているというわけです。

成分を細分化して浸透力を高めている育毛剤はありますが、毛穴を広げて浸透力を高めるという方法を取っているのはいまフィンジアのみです。

ボストンスカルプエッセンスのグロースシナジー

ボストンスカルプエッセンス独自のグロースシナジーとは、ボストンスカルプエッセンスが見つけ出した相乗効果を生み出すとされる育毛成分の組み合わせのことです。

具体的には、キャピキシル・ピディオキシジル・フラーレン・オレアノール酸・成長因子の5種類の組み合わせによってグロースシナジー成り立っています。

ピディオキシジルについては先程から何度も触れているので、以下でそれ以外の成分について少しご説明します。

  • キャピキシル

アセチルテトラペプチド-3(4種類のアミノ酸から構成されたペプチド)とアカツメクサ花エキス(植物のエキス)を組み合わせたもの。

毛髪細胞の活性化による育毛・発毛促進効果が期待できる。

  • フラーレン

ノーベル賞も受賞した経験のある非常に希少な成分。
高い浸透力と保湿効果に加えて抗酸化作用もあるので、薬剤の浸透を補助したり、頭皮の環境を健やかに保つ効果が期待できる。

  • オレアノール酸

全世界で認められているベーシックなスカルプケア成分。
副作用のリスクが低い安全性の高い成分で、AGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモンを抑制する作用が期待できる。

  • 成長因子

髪をと頭皮を形成しているタンパク質。

細胞を活性化させることによって働きを正常にするので、乱れたヘアサイクルを元に戻す効果が期待できる。

価格を比較

毎月購入する必要のあるスカルプエッセンスにおいて、商品の価格は非常に重要ですよね。

どちらの商品もいくつかの購入方法に分かれていますので、それぞれのコースと値段を詳しくご紹介します。

フィンジアの価格

フィンジアは単品購入・3本まとめて購入・定期購入の3種類の購入方法があります。

  • 単品購入が12,800円【送料640円・手数料無料】
  • 3本まとめて購入が34,800円(1本あたり11,600円)【送料・手数料無料】
  • 定期購入が9,980円【送料・手数料無料】

となっており、お得に商品を購入できるのは圧倒的に定期購入です。

ボストンスカルプエッセンスの価格

ボストンスカルプエッセンスには、4種類の購入方法があります。

  • 単品購入が9,800円【割引なし】
  • 3本まとめて購入が19,800円(1本あたり6,600円)【送料・手数料無料】
  • 定期購入が8,800円【送料・手数料無料】
  • 3本定期セット17,800円(1本あたり約5,933円)【送料・手数料無料】

となっており、こちらはフィンジアとは異なり3本定期セットが最もお得に購入できる手段となっています。

また、価格で比較した場合には、全体を通してフィンジアのほうが価格の面では高いという結果になりました。

キャピキシルやピディオキシジルの配合量

最新スカルプケア成分であるキャピキシルやピディオキシジル。

高い育毛・発毛効果に期待できる成分である一方で、非常に希少な成分であるため自ずと配合量も少なくなってしまいます。

ここでは、フィンジアとボストンスカルプエッセンスの成分配量を比較します。

フィンジアの成分配合量

フィンジアの公式サイトによると、フィンジアに含まれるキャピキシルは5%ピディオキシジルは2%となっています。

「あれ?5%と2%しか入ってないの?」

と思われるかもしれませんが、これはキャピキシルやピディオキシジルがそれほど希少な成分であるということです。

ボストンスカルプエッセンスの成分配合量

ボストンスカルプエッセンスに含まれるキャピキシルは5%ピディオキシジルは1.5%となっています。

つまり、キャピキシルはフィンジアと同じ5%でもピディオキシジルはフィンジアのほうが高濃度で配合されているというわけです。

ピディオキシジルの配合量で選ぶのであれば、ボストンスカルプエッセンスよりフィンジアを選ぶのがおすすめとなっています。

AGA(男性型脱毛症)に効果的なのは?

男性の薄毛の原因の約9割とも言われているAGA。

最近ではFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれる女性のAGAの方も増えてきており、男女関係なく被害に苦しんでいます。

その原因は悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンであると現在までの研究で分かっており、この発生を抑えることができればAGAのに対抗できるというわけです。

では、フィンジアとボストンスカルプエッセンスではどちらがAGAやFAGAへの対策に向いているのでしょうか。

フィンジアのAGA対抗成分

フィンジアには悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを抑制する成分が3種類入っています。

まず、最新成分でミノキシジルの3倍の育毛効果があるとも言われているうえに、男性ホルモンの抑制に高い効果が期待できるキャピキシル。

次に、植物由来の成分で男性ホルモンを抑制する以外にも、髪の成長を促す効果もあるビワ葉エキス。

最後に、こちらも植物由来の成分で女性ホルモンに似た働きをすると言われるイソフラボンを多く含み、男性ホルモン抑制及び女性ホルモン補助の役割でホルモンバランスを整えてくれるヒオウギエキス。

フィンジアには、これら3種類のAGA対策成分が含まれています。

ボストンスカルプエッセンスのAGA対抗成分

ボストンスカルプエッセンスには、残念ながらAGAに対抗できる成分がキャピキシル1種類となっており、それ以外は見当たりませんでした。

また、キャピキシルの配合量も5%となっており、フィンジアと同じ濃度となっています。

そのため、AGA対策のためにスカルプエッセンスを使用する場合にはフィンジアがおすすめです。

配合されている成分の数

スカルプエッセンスは、数十種類もの成分をバランス良く配合することによってそれぞれの役割を効率よく発揮できるように製造されています。

もちろん、配合されている成分が多ければ良いスカルプエッセンスであるというのは短絡的ですが、多くの成分が配合されていればそれだけ広範囲の効能をカバーしてくれる可能性が高いです。

それでは、フィンジアとボストンスカルプエッセンスの成分の配合数を比較してみましょう。(※アルコール類などは除いた主要成分の数です)

フィンジアに含まれる成分数は14種類

フィンジアの成分表を見ると、主要成分は以下の14種類となっています。

  • キャピキシル
  • ピディオキシジル
  • カプサイシン
  • パンテノール
  • センブリエキス
  • ビワ葉エキス
  • 褐藻エキス
  • グリチルリチン酸
  • ボタンエキス
  • フユボダイジュ花エキス
  • ヒキオコシ葉茎エキス
  • ヒオウギエキス
  • キハダ樹脂エキス
  • ヒマシ油

フィンジアに含まれるの特徴は、キャピキシルとピディオキシジル、ゲートアクセス理論によるカプサイシンの他には天然由来の成分が多いという点です。

センブリエキスやビワ葉エキスなど植物由来のものも多く、非常に安全性の高い製品となっています。

「副作用のリスクが怖い…」

「肌や頭皮が弱いから荒れたりしないか心配…」

そのため、このような心配がある方にもフィンジアはおすすめとなっています。

ボストンスカルプエッセンスは20種類

フィンジアの成分表を見ると、主要成分は以下の20種類となっています。

  • キャピキシル
  • ピディオキシジル
  • フラーレン
  • ヒト遺伝子組換オリゴペプチド-1
  • ビオチノイルトリペプチド-1
  • モウソウチクたけのこ皮エキス
  • アマモエキス
  • 褐藻エキス
  • カミツレ花エキス
  • グリチルリチン酸2K
  • アピゲニオン
  • オレアノール酸
  • カンフル
  • グリセリン
  • レシチン
  • ダイズ油
  • ラベンダー油
  • クエン酸Na
  • グルタミン酸

ボストンスカルプエッセンスに含まれる成分の特徴は、ベーシックな成分が多いという点です。

褐藻エキスやグリチルリチン酸2Kなど、BUBKAやチャップアップといった他の人気スカルプエッセンスでも多く配合されている成分が多くなっています。

他のスカルプエッセンスで使用されているということは、それだけ効果があり安全性も高いということの証明でもあるので安心できますよね。

ピディオキシジル配合の育毛剤は化粧品扱い!?

フィンジアとボストンスカルプエッセンスは、どちらも分類上は化粧品とされています。

化粧品に分類される育毛剤は効果にあまり期待ができないものも多いので少し心配になりますが、実はこれには深いわけがあるのです。

ここでは、育毛剤の分類とピディオキシジル配合のフィンジアとボストンスカルプエッセンスがどうして化粧品扱いであるのかを詳しくご説明します。

育毛剤は大きく分けて3種類

育毛剤は大きく分けると医薬品・医薬部外品・化粧品の3種類に分類されます。(厳密には医薬品の中は第一類医薬品・第二類医薬品といったように別れていますが、ここでは割愛します)

基本的に最も効果が強力なのは医薬品で右に行くほど効果が緩やかになっていきます。

では、フィンジアやボストンスカルプエッセンスは、その効果には期待ができないのでしょうか。

分類は国によって行われている

医薬品・医薬部外品・化粧品といった分類は厚生労働省、つまり国によってなされています

具体的には、下記のような基準に基づいて製品は分類されているようです。

  • 医薬品
    配合されている成分の効果が厚生労働省に認められている製品。風邪薬や鎮痛剤などに多い
  • 医薬部外品
    厚生労働省が効果を認めた成分が一定の濃度で配合されている製品。健康ドリンクや健康サプリなどに多い。
  • 化粧品
    医薬品・医薬部外品よりも効果が緩やかな製品、医薬品や医薬部外品以外の製品。シャンプーや日焼け止めなどに多い。

このように分類されていることで、その製品を購入する前から私達消費者にも効果・効能がある程度分かるというわけです。

人気育毛剤はどこに分類される?

現在販売されている育毛剤は数多くありますが、人気商品のほとんどは医薬部外品にあたります。

簡単な製品の特徴とその分類は下記の通りです。

  • 医薬品
    フィナステリドやミノキシジルといった非常に強力な成分を配合している製品が分類される。製品の使用において副作用のリスクが伴うが、それでも購入者が後を絶たないことからもその効果の高さが伺える。また、医薬部外品や化粧品よりも即効性が高い。
    例:リアップシリーズ、プロペシア など
  • 医薬部外品
    副作用のリスクがなく、保湿成分や無添加といった頭皮環境などにもこだわった製品も多い。副作用のリスクを気にせず、安全に育毛を行ないたい方向け。ここ数年は、ネット上での販売が主流となっており、若ハゲやFAGAに悩む若者や女性などからも人気が高い。
    例:チャップアップ、BUBKA など
  • 化粧品
    フィンジアのように理由があって医薬品や医薬部外品に分類されなかった製品がある一方で、ほとんど効果を期待できない粗悪品も多い。激安スーパーなどで低価格で販売されているものは大概後者。値段は安いが成分のほとんどが水であったり、添加物が大量に入っている製品も多いので要注意。
    例:フィンジア、ボストンスカルプエッセンス など

フィンジアは効果があまり期待できないのでは…?

「じゃあ、化粧品に分類されているフィンジアやボストンスカルプエッセンスって効果が期待できないんじゃないの?」

ここまでの流れで皆さんは当然そのようにお考えと思いますが、実は一概にそうとは言えないのです。

なぜなら、ピディオキシジルが最新の成分だからです。

医薬品や医薬部外品に指定されている製品は、既に効果・効能がはっきりしている成分を使用しています。

しかし、ピディオキシジルは最新の成分なので、効果・効能が厚生労働省によって認められていないのです。

ピディオキシジルの研究が進めば、フィンジアやボストンスカルプエッセンスが医薬品や医薬部外品に分類される日もそう遠くないかも知れませんね。

化粧品のほうが効果が強力な場合も!

医薬品と医薬部外品は厚生労働省より認められた成分が配合されています。

しかし、逆に言えば成分が認められているので、配合量や配合濃度などにも細かな決まりがあるのです。

化粧品にはそういった制約はないので、効果的な成分を高濃度で配合することもできます

「医薬品や医薬部外品のほうが効果がありそう」

と分類だけを見て安易に製品を購入してしまうと、もしかしたら結果的に損をしてしまうかもしれませんのでご注意下さい。

ピディオキシジルは薄毛の救世主

ピディオキシジルは真新しい成分であるため、配合している製品はまだフィンジアとボストンスカルプエッセンスの2種類しかありません。

しかし、数々の実験においてもその高い効果は証明されており、ピディオキシジルはミノキシジルに非常によく似た構造をしていますが、ミノキシジルのような副作用はない上にミノキシジルの弱点でもあった浸透力も克服しています。

優れた育毛効果を持っているにも関わらず、副作用のリスクや浸透力といった課題解決に成功したピディオキシジルは、まさに薄毛の救世主となる成分と言えるでしょう。

また、最新の成分だけあって現在はまだ厚生労働省によって効果が認められていませんが、研究が進めばいずれミノキシジルと同じように医薬品の成分として認められるということも充分に考えられます。

もしそうなった場合、配合量などを国が細かく管理することになりますので、もしかしたら成分の配合量が今より少なくなってしまうかもしれません。

厚生労働省に正式に有効であると認可される前に、ピディオキシジルをたっぷり配合したフィンジアやボストンスカルプエッセンスを試してみてはいかがでしょうか?