m字ハゲの人にフィンジアがオススメである理由を徹底解説!

鏡を見て生え際を気にする男性

生え際からくるm字ハゲはなかなか改善が難しいとされていましたが、そんな悩みにおすすめしたいのが近年誕生したフィンジアというスカルプエッセンスです。

多くの場合薄毛の原因となっているのが5αリダクターゼという酵素なのですが、生え際はとくにこの5αリダクターゼが発生しやすいため、それが改善が難しいとされる原因にもなっていました。

しかしフィンジアには5αリダクターゼを抑制する作用があり、生え際からくる薄毛にも効果が期待できます。

今回は長らくm字ハゲに悩んできた人にフィンジアがおすすめである理由について解説していきたいと思います。

目次

フィンジアにはm字ハゲの原因に効く有効成分が豊富に配合されている

フィンジアは主成分であるキャピキシルやピディオキシジルのほか、天然由来の成分により薄毛の原因に作用することができます。

これまでどんな育毛剤を使ってもm字ハゲが改善しなかったという方は、薄毛が発生する原因についてご存知でしょうか。

実は生え際から発生する薄毛は加齢によるものとはまた異なるので、しっかりと原因にアプローチしないと効果はほとんど得られないのです。

悪玉男性ホルモンDHTが毛根を攻撃し薄毛の原因に!

上記で生え際の薄毛の原因となるのは5αリダクターゼであると述べましたが、これが男性ホルモンのテストステロンと合体すると、悪性の男性ホルモンであるDHTとなってしまいます。

DHTは髪の毛の生成に関わる毛乳頭細胞を攻撃します。それによりヘアサイクルが乱れ髪の毛が弱ってしまい薄毛が発生してしまうのです。

さらにやっかいなことに5αリダクターゼは前頭部に多く発生するので、これがいわゆるm字ハゲの原因となっています。

イソフラボンの一種であるビオカニンAは5αリダクターゼの働きを抑制する

フィンジアの主成分にはキャピキシルがあるのですが、こちらに含まれているビオカニンAというアカツメクサエキス由来のイソフラボンは、薄毛の原因となる5αリダクターゼの働きを抑制する効果があります。

ビオカニンAは女性ホルモンと似た構造を持っているため、5αリダクターゼや男性ホルモンに対抗することがでます。

その抑制力は90%以上となっていることから、キャピキシルを配合しているフィンジアはかなり高い効果を期待できると言えるのです。

同じくフィンジアに配合されているヒオウギエキスもm字ハゲの改善に効果的!

またフィンジアには他にもヒオウギエキスが配合されているのですが、こちらもm字ハゲを改善させるのに有効な成分となっています。

ヒオウギエキスもビオカニンAと同じくイソフラボンの一種として分類され、女性ホルモンであるエストロゲンと似た作用を持っています。

ヒオウギエキスは5αリダクターゼを抑制し抜け毛も予防する

イソフラボンの一種であるヒオウギエキスも、5αリダクターゼに作用しDHTの生成を抑制してくれます。

またヒオウギエキスには抜け毛の原因となる、MMP-1という酵素が生成されるのを防ぐ働きもあります。

さらにフィンジアにはビオカニンAも含まれていますので、ヒオウギエキスと合わさって薄毛の原因に対してより高い効果を発揮すると言えます。

フィンジアにはさらにm字ハゲの原因となる血行不良を改善する成分が配合されている

なかなか改善しないm字ハゲが発生する原因としては、悪玉男性ホルモン以外にも頭皮の血行不良が挙げられます。

実は生え際となる前頭部は髪の毛の栄養を運ぶ毛細血管がもともと少ないのです。

よって生え際の頭皮は他の箇所よりも、状態が悪くなりやすい要因を多く抱えているとも言えます。

フィンジアには悪玉男性ホルモンや薄毛の原因となる酵素を抑制する成分だけでなく、頭皮の血行を促進させる成分も配合されています。

ミノキシジルとよく似ているのに副作用の心配が無い

フィンジアの主な成分の一つであるピディオキシジルはミノキシジルと似た構成を持っており、さらにミノキシジルと同じく頭皮の血行を促進させるといった作用も備えています。

しかしピディオキシジルにはミノキシジルが有しているような副作用の心配がありません

ミノキシジルは血流を促すほか高い育毛効果がありますが、そのかわりに皮膚のかぶれや炎症をはじめ内蔵機能を低下させる、といった要らないオマケが発生する可能性があります。

一方ピディオキシジルはそれらの副作用が無いばかりか、吸収率が悪いというミノキシジルの欠点さえも解消しており、より安全で優れた成分として注目されています。

ピディオキシジルは毛細血管を拡張して頭皮の血行を促進させる!

ピディオキシジルは毛細血管を拡張して血流を促進させます。これにより頭皮の血流から髪の毛に栄養が行き渡るようになり、毛母細胞を活性化させ髪が健康に育つ助けをしてくれます。

頭皮環境を整え健康な髪の毛が生える土台づくりができるようになるということですね。

さらにフィンジアにはほかにも血行促進に効果があるセンブリエキスなども配合されています。

m字ハゲを今度こそ改善したいなら是非フィンジアを使ってみよう

以上のことからフィンジアがいかにm字ハゲに対して、高い効果が期待できるかをおわかりいただけたかと思います。

今までいろいろな育毛剤を試したけれど効果が無かったあるいは、AGA治療で使うミノキシジルの副作用が怖くて手が出せないという方は、是非フィンジアを使って生え際の薄毛改善に役立ててくださいね。

フィンジアは改善が難しいm字薄毛に効くと話題になっている

m字型薄毛を発症している人の多くは育毛剤を試しても効果が無かったという経験をしてきたのでは無いでしょうか。

抱えている症状がこのタイプの薄毛である場合は、普通の育毛剤では効果が発揮されない可能性が高いと言えます。

本気で生え際の薄毛改善を目指すなら、フィンジアのような製品でなければ改善は期待できません。

同じスカルプケア効果を持つはずなのになぜフィンジア以外の育毛剤では効果が無いのでしょうか。

普通の育毛剤では効果が無いことが多い!?どうして効果が無いのか知りたい!

おでこが広がってきたと感じたならそれはm字型の薄毛を発症している可能性があります。

このタイプの症状に悩まされている人は驚くほどたくさんいます。それは数ある薄毛症状の中でも特に改善が難しいとされるケースであるためです。

ドラッグストアで販売されている育毛製品を使用しても、効果が無く薄毛がどんどん進行していくことも珍しくはありません。

しかし、フィンジアであればこのような生え際の薄毛にも、改善効果が期待できると話題になっています。

以下ではなぜ普通の育毛剤だと効果が無いのか、そしてなぜフィンジアが有効と言えるのかについて詳しく解説していきたいと思います。

m字に普通の育毛剤が効かないのは選び方を間違えているから!?フィンジアは大丈夫?

m字を改善するために育毛剤を買ったけれど、効果が実感できなかったという報告がたくさん見受けられます。

医薬部外品または化粧品として提供されている市販の育毛剤は、効果が個人差があるため使用者によっては効果があまり発揮されないこともあります。

フィンジアも化粧品に分類されるスカルプエッセンスですので、すぐに効果が現れることもあれば時間がかかることもあるのですが、場合によっては選ぶ製品を間違えているのかもしれません。

症状によっては育毛剤が効かないことも!症状に合う成分を配合してるかが重要

一口に育毛剤といっても配合されている成分は多岐に渡るので、効果もそれぞれの製品ごとに微妙な違いがあります。

テレビのCMや雑誌などで宣伝される育毛剤も存在しますが、成分や効果も異なるためたとえ知名度があっても、効果が確実に現れるとは限らないのです。

そのため自分がかかっている薄毛の症状によっては、育毛剤の成分が効かないことだって充分にあり得ると言えます。

間違えずに効果のある育毛剤を選ぶためには、配合されている成分が症状に合っているかを見極める必要があるのです。

それではフィンジアの場合は選んでも大丈夫なのかについて詳しく見ていきましょう。

市販の育毛剤ではAGAの症状を改善できない可能性がある

m字型の薄毛が起こる原因はAGAと呼ばれる男性型脱毛症であるとされています。

AGAにはいくつか種類があるのですがこちらの場合は、生え際の髪が両サイドに向けて徐々に後退していくという特徴があります。

一度AGAを発症するとどんどん進行していきますので、育毛剤や医薬品などを使った早めの対処が肝心です。

ただし、AGAの場合は普通の育毛剤が効かない場合もあるので注意が必要です。

なぜなら、AGAの症状は頭皮で男性ホルモンが過剰分泌されることにより起こるため、この男性ホルモンを抑制しないことには改善に繋がらないからです。

AGAの原因となるDHTを抑制できる成分が無いと薄毛は止められない

AGAによる薄毛を進行させる原因はDHTという通常より強い働きを持つ悪玉男性ホルモンです。

通常はテストステロンという通常の男性ホルモンなのですが、毛根から分泌される5αリダクターゼという酵素が結びつくと、ジヒドロテストステロンまたの名をDHTに変性してしまいます。

DHTはテストステロンと同じ男性ホルモンの一種ですが、より強い作用を持っており髪の毛を作りだす毛乳頭細胞の活動を弱め、また頭皮の皮脂を過剰に分泌させるという働きをします。

これらの作用が毛根における発毛や髪の成長を阻んでしまい、髪の毛が弱ってしまう原因となるのです。

使用する育毛剤に5αリダクターゼやDHTの働きを抑制できる成分が無ければ、AGAによる薄毛の進行を止めることはできないと言えます。

AGAの原因を抑制できるフィンジアならm字薄毛も改善できる可能性がある!

育毛剤でAGAを改善するには原因となるDHTを抑制する成分が必要ですが、さらに厄介なことに髪の生え際は5αリダクターゼが他より多く生成される部位でもあります。

よって生え際の薄毛に悩んでいる方であるほど、男性ホルモンを抑制する作用が強い育毛剤を選ぶことを念頭に置く必要があるでしょう。

様々な育毛剤を試しても効果が無かったのはAGAを抑制できる製品では無かったから

それまで様々な育毛製品を試してみたけれど効かなかったという人の場合は、AGAの原因を抑制できる製品を使っていなかった可能性が考えられます。

しかしこれまでもご紹介してきたようにフィンジアには5αリダクターゼに有効なキャピキシルとピディオキシジルが配合されています。

よってm字型の薄毛に悩む人ほどフィンジアはとてもおすすめのスカルプエッセンスとなっているのです。

フィンジアはAGAに悩んでいる人に最適なスカルプエッセンス

血行促進など頭皮環境を改善する効果を持つ育毛剤はいくらでも存在します。現在提供されている育毛剤全てが共通して有している効果であると言えるでしょう。

しかし、AGAによる薄毛の場合は頭皮環境を改善する効果があっても、薄毛を改善する根本的な解決にはなりません。

AGAに効果が期待できる製品とはすなわち男性ホルモンを抑制できる成分を配合したフィンジアのようなスカルプエッセンスです。

さらに言うなら薄毛の原因がAGAであるなら、まさしくフィンジアは最適な製品であるとも言えます。

これまでは病院での治療が一般的だったが現在では次世代の成分で改善できる可能性も

ミノキシジルと同等の効果を持つキャピキシルとピディオキシジルが配合されたフィンジアは、まさにm字薄毛に悩んでいる人向けのスカルプエッセンスと言っても過言では無いでしょう。

通常AGAは専門のクリニックや病院などで治療するものというのが一般的でした。

しかし、現在ではフィンジアのように次世代の成分を配合した製品が次々と開発されています。

効果には個人差があるもののそれまで病院でしか改善の見込めなかったm字薄毛も、フィンジアをはじめとした製品で改善できる可能性が増えてきたのです。

長年m字薄毛に悩んでいる人ほど副作用の心配がないフィンジアがおすすめ

以上のようにAGAの一種であるm字タイプの薄毛は、通常の育毛剤では改善できないためより効果的な対策が必要であると言えます。

しかし、AGAの治療で使用されるミノキシジルのような医薬品は、副作用を起こす可能性も高く安易にはおすすめできないという難点があります。

ミノキシジルによる副作用は使用する人によっては、低血圧症のほか心臓負担や肝機能障害など体に大きな負担をもたらすリスクを有しています。

副作用が心配という悩みを持つ人にこそフィンジアがおすすめです。フィンジアに使用されているキャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルと同等以上の効果を持つことが実験で判明しており、さらに副作用の心配が無いという大きなメリットまであるのです。

長いことm字型の薄毛に悩んでいるというのであれば早速、キャピキシルとピディオキシジルを配合したフィンジアをチェックしてみましょう!