徹底比較!フィンジアにはあのミノキシジルを上回る効果がある!?

笑顔で励ます男性

高い育毛・発毛効果があるとして多くの育毛剤に含まれているミノキシジル。しかし、フィンジアにはこの成分を上回る効果が期待できるという話もあります。

そこで今回は、フィンジアには本当にミノキシジルを上回る効果が期待できるのかということについて、両者を比較して検証していきたいと思います。

目次

ミノキシジルはそもそも高血圧の治療薬であった

ミノキシジルは、もともと高血圧の方に向けた治療薬として開発されました。仕組みとしては血管を拡張し、血流を良くすることで血圧を下げるという原理です。

しかし、それが発毛においても効果があると分かり、現在は発毛剤や育毛剤に使用されています。これは薄毛や抜け毛の原因が血行不良にあるからで、ミノキシジルを使用することによって血管が拡張されて血行が良くなるからです。

血圧に問題がある方が使用すると大変危険

ミノキシジルの効果は血管を拡張して血流を良くするというものです。また、元々は高血圧の治療薬として開発されたという経緯もあり、低血圧の方が使用すると血圧が下がりすぎてしまうという危険性があります。また、低血圧ではない方でも高血圧の薬を使用している方も同様に、血圧が下がりすぎてしまう恐れがあるようです。

そして、血圧が低下すると動悸や頭痛といった症状を引き起こしてしまう可能性があります。ミノキシジルが配合されている発毛剤や育毛剤を使用する際には、こういった副作用の危険性が潜んでいることを充分に把握しておくことが重要です。

ミノキシジルを含んでいる製品はリアップやミノキシジルタブレットが有名

ミノキシジルが含まれている製品で最も有名なのは、鷲のマークで有名な大正製薬が販売するリアップシリーズではないでしょうか。リアップシリーズでは、通常のリアップよりもミノキシジル配合量が大幅にパワーアップしたリアップX5プラスや女性用のリアップリジェンヌなど既に多くの製品を発売しています。

他にも、専門のクリニックや個人輸入で入手することのできるミノキシジルタブレットなども有名ですよね。

どちらも非常に高い発毛・育毛効果があると人気の商品であり、使用者の口コミなどでも高い評価を獲得しています。

フィンジアに含まれるキャピシルとはどのような成分なのか?

フィンジアに含まれているキャピシルは、なんとミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われているスカルプ成分です。

この成分はアカツメクサとアセチルテトラペプチド-3を配合して生まれた成分で、アカツメクサにはAGA(男性型脱毛症)など薄毛の原因である男性ホルモンに対抗するイソフラボンが含まれており、アセチルテトラペプチド-3は髪の栄養として必要不可欠4つのアミノ酸で構成されています。

キャピシルを構成している成分を見ただけでも、フィンジアの育毛効果には期待ができそうですよね。

フィンジアに含まれるキャピシルが薄毛に効果的な理由

薄毛や抜け毛の原因である悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンは、善玉男性ホルモンであるテストステロンと体内の5αリダクターゼという酵素が結びついて生成されます。

フィンジアに含まれるキャピシルには、この5α-リダクターゼの働きを抑制する効果があるのです。5α-リダクターゼの働きが抑制されると、ジヒドロテストステロンの生成も少なくなるので、結果的に薄毛や抜け毛の改善に繋がります。

これがフィンジアに含まれるキャピシルが薄毛や抜け毛に強いと言われる理由です。

フィンジアなら健康な髪の生成に必要なアミノ酸もしっかりと補給できる

フィンジアに含まれるキャピシルは、何も薄毛や抜け毛の進行を止めるだけではありません。髪の成長に必要不可欠なアミノ酸も、フィンジアならしっかりと補給することができます。

「髪の毛の成長にどうしてアミノ酸が必要なの?」

と不思議に思う方もいらっしゃるかとは思いますが、実は人間の髪は何種類ものアミノ酸が結合したタンパク質で構成されているのです。

キャピシルにはなんと4種類ものアミノ酸が含まれていますので、健やかな髪を育てるには非常に高い効果が期待できる成分と言えるでしょう。

キャピシルだけじゃない!フィンジアにはピディオキシジルも含まれている

先程までの説明でキャピシルの凄さは分かっていただけたと思いますが、フィンジアにはミノキシジルに対抗できる成分がもう1種類含まれています。それが、ピディオキシジルという成分です。

フィンジアに含まれるピディオキシジルは別名ミノキシジル誘導体とも呼ばれており、ミノキシジルと似た分子構造となっています。そのため効果もミノキシジルと似ており、血管を拡張して血流を良くするという作用があるそうです。

ピディオキシジルは非常に高い浸透力を誇る

ピディオキシジルの特徴はその浸透力にあります。発毛剤や育毛剤において、いくら成分が効果的でも頭皮まで浸透しなければ効果は見込めません。そのため、成分の浸透力はどのメーカーでも非常に大きな課題となっています。

その点、フィンジアに含まれるピディオキシジルは、非常に高い浸透力を誇っているので成分を頭皮の奥まで届けることができるという仕組みになっているようです。

フィンジアは副作用の心配がなく安全性も高い

フィンジアに含まれるキャピシルやピディオキシジルには非常に高い育毛効果が期待できます。そして、ミノキシジルで危惧されるような副作用がフィンジアでは起こることはありません

これは、キャピシルやピディオキシジルには副作用がないとされているからです。

「副作用を心配することなく高い育毛効果に期待ができる育毛剤を試したい!」

という方には、フィンジアは非常におすすめの商品となっています。

フィンジアとミノキシジルの効果の違いについてより詳しく!

フィンジアなどの市販されている育毛製品との顕著な違いとしては、医薬品は市販の薬品よりも効果が強く現れるという点が挙げられます。

事実市販品としての育毛製品と医薬品としての製品では、効果に明らかな違いがあるため使用についても注意が必要な場合があります。

ここからはフィンジアとミノキシジルが持つ違いや知っておきたい注意点についてより詳しく解説していきたいと思います。

フィンジアは半年から1年ほど使用することで徐々に現れてくる

たとえば市販の製品で育毛をするのであれば、長い期間をかけて毎日欠かさず使用することが大前提となります。

フィンジアも例外ではなく通常は少なくとも、半年か1年ほどの期間をかけてやっと育毛成分の効果が現れてきます。

大抵の育毛製品はこのように非常に効果が緩やかなので、短期間で髪の毛を生やすことはできないと言えるでしょう。

ミノタブの発毛効果は最短3ヶ月ほどで現れるって本当?

一方で医薬品に分類されるミノキシジルはフィンジアなどの市販の製品よりも、効果が現れてくるのが比較的早いとされています。

AGA治療に使用されるミノキシジルが配合された医薬品、通称ミノタブと呼ばれている製品を服用した場合、多くの人が3ヶ月ほどで効果を実感できたと述べているそうです。

ただしこれも確実ではなく期間に関しては個人差があるというのが一般的です。

中には6ヶ月ほどかかるというケースもあるそうなので、ミノタブの効果が短期間で現れると一概には断言できないようです。

どのような育毛製品も効果がいつ現れるかは人それぞれ

AGA治療に限らず薄毛の症状を改善するには、やはりある程度の期間が必要になると言えるでしょう。

またどのような育毛製品であっても、成分の効果が現れるまでの期間が必ず同じであるとは限りません

配合されている成分がどの程度効くのかには個人差があり、年齢をはじめ体質や遺伝などの先天的な違い、生活習慣や病歴など人それぞれなので、誰しもが同じ結果を得られるわけでは無いのです。

ミノキシジルのような医薬品成分を使用している場合でも、効果が早く現れる可能性が高い程度の認識に留めておいた方が良いと言えるでしょう。

ミノキシジルは効果が高いがフィンジアよりも安全性に欠ける点に注意!

ミノキシジルはその発毛効果の高さから薄毛を改善する治療薬として認知されていますが、その代わりに大きな副作用が現れる可能性を持つというデメリットがあります。

フィンジアのような市販の製品ではそのような副作用の心配があるものはごく一部です。

大抵はフィンジアに配合されているキャピキシルやピディオキシジルのように、副作用の心配が無い成分が主に配合されています。

対してミノキシジルは市販では販売されていない医薬品成分です。医薬品を取り扱う場合は専門的な知識が必要なので、医師の診断による処方でのみ入手が可能となっています。

ミノタブを検討する際には副作用があることを忘れずに!

フィンジアと医薬品成分を使用したミノタブで、どちらが強い効果が出るかと言うのであればミノタブに軍配が上がると言えるでしょう。

ただ、そうであれば誰もがミノタブを使えば全て解決するはずですし、フィンジアをはじめとした育毛製品が出回ることもありませんね。

医薬成分であるミノキシジルを配合したミノタブは、服用した人のほとんどが効果を実感するほどの有効性を発揮します。

しかし、ミノタブを使用する場合において、最も忘れてはならないのが副作用が存在するという点です。

効果が高い成分ほど使用した際に副作用が出る可能性も高い

すべての薬品は主作用と副作用を有しているとされています。

主作用は特定の症状に発揮する効果のことを言い、その薬品本来の用途を指しているとも言えるでしょう。

一方で本来想定していたものとは異なる効果を副作用と呼びます。

とはいえ先程も述べたように基本的に薬品となるものは、主作用も副作用も多かれ少なかれ有しています。

薬品を利用したからと言ってその全てが副作用を起こすというわけではありません。

大抵の場合体に与える影響が大きいものであるほど、副作用が出る可能性が高い傾向にあると言えます。

体への影響が大きいため誰でもが気軽に購入することはできない

フィンジアに含まれている成分はそのどれもが、副作用を起こすほどの強い効果を有してはいません

その証拠にフィンジアは毎日欠かさず頭皮に塗布しなければ効果を実感することはできませんし、誰でも気軽にインターネットを使って購入することができます。

ミノタブの場合は配合されている成分が医薬品指定されているミノキシジルであるため、誰でも通販で購入できるというわけではなく、医師から診断を受けた上で処方してもらう必要があります。

それだけミノタブが持つ効果が体に与える影響は大きいと言うことができるでしょう。

ミノキシジルで現れる主な副作用!安全に育毛するならフィンジアがおすすめ

フィンジアの主な成分として有名なキャピキシルとピディオキシジルは副作用の心配が無いことでも有名です。

それでいてミノキシジルにも劣らないあるいは同等の発毛効果が期待できる、という実験結果も出ていることからこの2つの成分がスゴイと騒がれるのも頷ける話ですね。

一方のミノタブは発毛効果が高いことは認知されているものの、残念ながら複数の副作用が出る可能性も認められています。

多毛症:血行促進によって毛根が刺激され体中の毛が増える

ミノキシジルが持つ副作用の中でも有名なのが多毛症です。

上記で解説したようにミノキシジルは血圧を下げるための薬であり、血管を拡張して血行を促す作用が薄毛に有効であることが判明しています。

もっと詳しく説明すると血流が促されることによって、髪を作り出す細胞が活性化され著しい発毛効果を生み出すのですが、血管は頭皮だけでなく体中を巡っているので、必然的に髪の毛だけでなく体中の毛が増えるという副作用が発生します。

ミノタブを使用して1ヶ月ほど経った後、顔周りをはじめ腕/足の甲/指などの毛が濃くなったという報告が上がっています。

むくみ:腎臓や肝臓などへの負担で体にむくみが現れる

またミノタブで有名な副作用として腎臓や肝臓への負担が挙げられます。

ミノタブを使用しているとむくみが発生する人がいます。これは血液の中の水分が血管から滲み出し、皮膚の下に溜まることで起きる作用です。

このむくみは腎臓の機能低下によるものであるとされています。ミノタブを服用した際に肝臓と腎臓への負担が大きくかかり、利尿作用の低下を招いてむくみが出てしまうのです。

そのため肝臓または腎臓に不安がある方の場合は、ミノタブの使用はおすすめできないと言えるでしょう。

フィンジアで体毛が増えるなどの副作用はとくに無い

ちなみにフィンジアなどの市販製品を使用しても、体毛が増えるというような副作用はありません

時折髪の毛以外に眉毛などを増やそうと育毛剤を眉に塗ってしまう人がいますが、フィンジアなどの製品はあくまでも頭皮で使うことを前提に作られているのでおすすめできません。

とくに目の周りの皮膚はとても敏感なので、頭皮とは扱いがまた異なると言えます。

眉を増やしたい場合はフィンジアではなく、きちんと専用の育毛剤を使用するようにしましょう。

きちんと用法と用量を守ればフィンジアで副作用が起こる心配はありません。

フィンジアは成分から見てミノキシジルよりも、安全に薄毛を改善できる可能性がある育毛製品であるとも言えるでしょう。