公式では教えてくれないフィンジアの効果を引き出す方法

体の前で×を作るスーツの男性

フィンジアの効果を上手く引き出すために説明書もちゃんと読んで、毎日丁寧にシャンプーしているのに全然効果を感じられないという声も耳にします。

効果を上手く引き出せない理由は様々なケースが考えられますが、日頃使っているシャンプーや体質が関係している可能性があります。

今回は公式でも公開していないフィンジアの効果をさらに引き出すための情報についてご紹介していきたいと思います。

目次

フィンジアの公式で推奨しているシャンプーあるいはアミノ酸シャンプーを推奨する理由

夜フィンジアを使う前には入浴し頭を洗っておく必要があります。

入浴することで頭皮の血行が促進され、さらに頭皮の毛穴に詰まった汚れを取り除くことで、より有効成分の浸透力を高めることができます。

毎日使っているシャンプーの成分によって育毛効果が半減している可能性が!

フィンジアの公式サイトや説明書でも予洗いを行った上で、頭皮をマッサージするように優しく洗うことを推奨しています。

これらの手順を実践することは育毛を行う上でも大切であるのは間違いありませんが、実は頭を洗うときに使うシャンプーも大きく関わってくるという事実をご存知でしょうか。

健康な髪を生やすには正しいシャンプーの仕方だけでなく、どんなシャンプーを使っているかも大事なのです。

市販のシャンプーによっては頭皮や髪にダメージを与えるものもある

シャンプーにはいくつもの種類が市販で提供されています。しかしその全てが髪や頭皮に良い影響を与えるものであるとは限りません。

製品によっては頭皮や髪に悪影響をもたらし、薄毛や抜け毛の原因に繋がるような成分を配合しているものもあるのです。

使用しているシャンプーの配合成分によっては頭皮にダメージを与えるものがあります。

つまりフィンジアをはじめとしたスカルプケア製品を使用する際には、毎日頭を洗う際に使用するシャンプーを見直すことも大切なのです。

アミノ酸シャンプーは頭皮ダメージを抑えつつ汚れを落とすことができる

フィンジアと併せて使用するシャンプーとしておすすめと言えるのが、フィンジアシャンプーですがこちらにはアミノ酸が豊富に含まれています。

アミノ酸シャンプーは弱酸性となっており、頭皮も弱酸性なので髪や頭皮への負担を抑えた上で洗うことができます。

スーパーなどで市販されている多くのアルコール系シャンプーとは異なり、洗浄力が強すぎないので、頭皮を守るのに必要な皮脂や常在菌まで洗浄してしまうこともありません。

また無添加シャンプーもアレルギーをもたらす可能性がある、香料や着色料などが使用されておらず頭皮を守りながら洗うことができます。

フィンジアの公式にはない頭皮クレンジングのススメ

薄毛の原因の一つとして頭皮から皮脂が過剰に分泌されるというものがあります。

皮脂は通常頭皮を守るためにあるものなので、健康な頭皮環境を保持するために必要なものですが、過剰に分泌されると髪のベタつきだけでなく、毛穴をふさいでしまい髪の毛に必要な栄養や酸素が届きにくくなる、体臭の原因になるなど良いことはありません。

つまり皮脂が過剰に分泌される体質の人は、フィンジアを使うだけでなく皮脂が必要以上に分泌されるオイリー肌を改善する必要があります。

オイリー肌に関して公式サイトでは触れていませんが、フィンジアを効果的に使用する上でも大切なことなので是非知っておきましょう。

オイリー肌の人には頭皮クレンジングが必要な可能性も

普通の皮脂の量であればたとえ毛穴の奥にあったとしても、徹底的に洗浄する必要もありません。

しかしオイリー肌である場合は皮脂が多く分泌されすぎて毛穴に詰まって、髪の毛に酸素などが届かないばかりか、フィンジアを使っても有

効成分が毛乳頭細胞に浸透するのを邪魔してしまいます。

よってフィンジアによる育毛成分を供給するほかに、さらなるケアとして頭皮クレンジングがおすすめであると言えます。

メイクを落とすクレンジングと同じく頭皮の皮脂や汚れを落とす

頭皮クレンジングとはメイクを洗い落とすクレンジングのように、頭皮の毛穴に詰まった皮脂や汚れを洗い落とすことを指します。

美容室でのヘッドスパでも行うことができますが、自宅でも頭皮クレンジングを行うことができます。

頭皮クレンジングをするにはまずクレンジングオイルを用意します。おすすめなのはやはり肌にやさしいオーガニックのピュアオイルです。

頭皮クレンジングは頭を洗う前に行いそれからシャンプーをする

頭皮クレンジングは入浴で頭を洗う前に行います。まず入浴する前に髪を軽くブラッシングしておきます。

そして髪の毛が乾いている状態でフィンジアを使うときと同じように、髪の毛ではなく頭皮にオイルをつけて全体的になじませていきます。
なじませる際には指の腹を使い5分から10分かけて、円を描くように頭皮全体を優しくマッサージします。

オイルをなじませたらまずぬるま湯を少量頭皮にかけ全体的にマッサージしてください。

ぬるま湯でオイルを浮かせ汚れと一緒にお湯でしっかりとすすぎましょう。

その後でシャンプーをし頭皮を洗っていきます。頭皮クレンジングは毎日行う必要はなく週に1回~2回程度で大丈夫です。

公式以外の情報も探してフィンジアの効果を引き出していこう

以上のように公式では基本的な使用方法を紹介しているものの、フィンジアの効果を引き出すにはそれだけでは充分でないケースもあり、その場合は原因に見合った改善方法を実践した上で使っていく必要があるのです。

一つでも心当たりがある場合はこの記事でご紹介した情報を参考に、原因についての情報を詳しく調べた上で改善に努めてみてください。

公式サイトを見るだけではわからない!フィンジアに薄毛を予防する効果はある?

薄毛を治すために開発されたフィンジアですが、症状によって髪が薄くなる原因は異なっているため、自分の症状に合わせた治療や対策を行うなどのアプローチも必要です。

これまでに無かった次世代の成分を配合しているスカルプエッセンスとして、公式をはじめ様々なところでその効果が評判になっている製品ですが、あらかじめ薄毛の症状を予防したいという人にはどうなのでしょうか。

公式サイトではあまり語られないフィンジアの予防効果

家族に薄毛の症状が出ている人が予防のために育毛剤を使いたいという場合もありますよね。

薄毛を改善させるだけでなく薄毛予防にも使用できる育毛剤も提供されています。

公式サイトなどではよく育毛効果の高さを大きくアピールしていますので、フィンジアに薄毛を予防する効果があるかどうかは一見わかりにくくなっています、

しかし、確かめる方法がまったく無いというわけではありません。

フィンジアが薄毛を予防する効果を有しているか否かは成分から予測することができます。

薄毛を予防できる育毛剤とはAGAを予防できる育毛剤と言っても過言ではない

髪が薄くなる原因はAGAという脱毛症の一種が大きく関わっているとされています。

AGAは成人の3人に1人がかかるとされており、薄毛になったらまずAGAであることを疑った方が早いくらいです。

もし、薄毛の原因がAGAであった場合は頭皮の血行を促進するだけではなく、薄毛を起こす根本的な原因をなんとかしなければ改善することはできません。

よって、フィンジアに含まれる成分が原因に作用するものであれば予防にも効果が期待できると言えるでしょう。

キャピキシルに含まれるアカツメクサエキスがAGAの原因に効く

公式サイトではあまり予防に関しての情報は掲載されてはいませんが、実のところフィンジアは予防に使う際にもおすすめのスカルプエッセンスであると言えます。

フィンジアはキャピキシルが主成分になっていることで有名ですが、こちらにはAGAの根本的な原因に作用する効果を持っているからです。

このキャピキシルにはアカツメクサエキスという植物由来の成分が含まれており、アカツメクサエキスはAGAによる薄毛を引き起こす酵素の働きを抑制する作用を持ちます。

また、他の製品とくらべてキャピキシルの配合量が大きいため、フィンジアはより薄毛の予防効果が期待できるスカルプエッセンスであると言えます。

ヒオウギエキスはホルモンバランスの乱れを抑える効果を持つ

そしてもう一つAGAを抑制する成分として挙げられるのがヒオウギエキスです。

こちらの成分もアカツメクサエキスと同じく植物由来の育毛成分で、こちらに含まれているのはベラムカンジンやイリジンです。

聞きなれない成分だとは思いますが、別名でイソフラボンとも呼ばれています。こちらは健康食品などで割と有名なので聞いたことがある人も多いでしょう。

ヒオウギエキスに含まれているイソフラボンは女性ホルモンと同じく、男性ホルモンによる影響を抑えバランスを保つ働きをしてくれます。

ヒオウギエキスが持つイソフラボン効果で、ホルモンバランスの乱れによる薄毛の改善も期待できるでしょう。

フィンジアの公式では明かされない、薄毛の原因に作用する成分にこだわるべき理由とは

多くの場合薄毛の原因とされるAGAは進行性の脱毛症ですので早めの対策が必須となります。

ただし、AGAを予防するためにはフィンジアのように、原因そのものに作用する成分が配合されている製品でないと意味はありません。

なぜそこまでAGAの原因に効く成分に、こだわらなければならないのかその理由についても解説していきましょう。

AGAが起きる原因はヘアサイクルを乱す男性ホルモンにあった

AGAというのはAndrogenetic Alopeciaの略称であり、日本語では男性型脱毛症と呼ばれます。

男性型という名前のとおり男性が多く有している、男性ホルモンが主な原因となっている脱毛症です。

髪の毛にはヘアサイクルという成長周期があり、このヘアサイクルを乱すジヒドロテストステロンという男性ホルモンによって薄毛が引き起こされます。

元は何の害もないテストステロンがジヒドロテストステロンに変性する!?

ジヒドロテストステロンは男性ホルモンの一種で強い脱毛作用を持つ物質です。

このジヒドロテストステロン、元はテストステロンという何の害もない男性ホルモンで、頭皮にも良い影響をもたらしてくれる物質なのです。

しかし、テストステロンは5αリダクターゼという酵素と結びつくことで、ジヒドロテストステロンに変化してしまう性質を有しています。

5αリダクターゼは加齢などでテストステロンが減少すると、それを補うために分泌されるのですがそれがヘアサイクルを乱し脱毛を起こす原因となってしまうのです。

DHTの過剰分泌で毛乳頭細胞が攻撃されヘアサイクルが乱れる

5αリダクターゼが分泌されテストステロンと結びつくことでジヒドロテストステロンが生成されます。

ジヒドロテストステロンはDHTとも言い、通常とは異なる悪玉男性ホルモンとされています。

DHTが過剰に分泌されるとその強い脱毛作用によって、髪を作り出す毛乳頭細胞の働きが弱まってしまいます。

このようにジヒドロテストステロンもといDHTは、AGAの根本的な原因となっておりDHTの働きあるいは生成を抑えることが、薄毛を予防する上でも重要な課題となります。

悪玉男性ホルモンの作用を抑えるフィンジアは予防にもピッタリ!

前述のとおりフィンジアにはキャピキシルやヒオウギエキスによる、悪玉男性ホルモンの作用を抑制しホルモンバランスを整える効果が期待できます。

よって、フィンジアであれば薄毛の原因を抑えることができるのでもちろん予防効果も期待できると言えるでしょう。

公式で謳われている育毛効果のほかに、薄毛を予防する効果もほしいという人にもおすすめのスカルプエッセンスです。

すでに薄毛を発症している人だけでなく将来薄毛を発症する可能性が高い、と思われる方々は今からでも遅くはないので、公式サイトからサポートなどの情報も是非ご覧になってみてください。

フィンジアの公式サイトを見た人の中には髪が早く生えると勘違いする人も

もう一つフィンジアについて知っておきたいのが成分による効果が現れるまでの期間です。

フィンジアの公式サイトでは育毛効果が大きく打ち出されているためか、付ければ早く髪が生えてくると思い込んでいる人もいます。

薄毛の予防も日々の努力によって徐々に実っていく

フィンジアの効果は1日か2日付けたぐらいでは発揮されることはありません。

もっと言えばそのような効果を持つ育毛剤は残念ながら存在しないと言えるでしょう。

フィンジアには公式サイトが言うように、頭皮環境を改善し髪の毛を育てる効果が期待できるものの、髪の毛が育つスピードを早くする効果があるわけでは無いということを留意しておきましょう。

髪の毛が育つスピードはヘアサイクルによって決まっており、新しい髪は早くても3ヶ月か4ヶ月ほど待たなければ生えてはきません。

フィンジアで予防をする際にもすぐに効果が出るとは思わず、堅実に使い続けで頭皮環境を改善することを目指していきましょう!