フィンジアが効果ないというレビューに考えられるケースを紹介

提案しているスーツ男性

フィンジアを使った人によるレビューの中には、効果があったというものもあれば効果ないという内容のものもあります。

しかしフィンジアには業界でも高い注目を浴びている、キャピキシルやピディオキシジルが配合されているためにわかには信じ難い内容であることも事実です。

とはいえ実際に効果を感じられなかった人がいることも、確かなのですから簡単に無視することはできません。

そこで今回はフィンジアを使ったけれど効果ないという人には、どういうケースが考えられるのかについてまとめてみようと思います。

目次

フィンジアが効果ないというレビューをする人に考えられる特徴

フィンジアのレビューには効果ないという内容のものも存在していることは確かです。

しかし使ってみて効果があったという人たちもいます。これらのような結果の違いはどのように出て来るのかを調べてみた結果、効果がないと言っていた人にはいくつかの特徴があることがわかりました。

フィンジアが効果ないと言っている場合、どのようなことが考えられるのかを以下でまとめてご紹介していきたいと思います。

新しい髪の毛が生えてくるサイクルに合わせて使用していない

効果がないという人の中には効果が出るまで、継続利用できていなかったケースが考えられます。

フィンジアのようなスカルプケア製品は発毛効果が期待できる成分が配合されていますが、それによって髪の毛の生成サイクルが早まるということはありません

新しく髪の毛が生えるまでにはおよそ3ヶ月~4ヶ月ほどの期間がかかるとされています。

確かに最短1ヶ月ほどで髪の毛が生えてきたというレビューも見かけますが、筆者的には大げさに言っているだけだと思います。

フィンジアだけでなくどのスカルプケアでもまずは、3ヶ月ほど継続して使用してみなければわからないのです。

1日2回の使用が基本なのに朝か夜しか使っていない

次に使っても効果ないというレビューで考えられるのは、朝か夜のみ使用しているケースです。

フィンジアの説明書では朝と夜1日2回使用するようにと書かれています。

使用している人の中にはなるべく節約したいからといって、夜か朝しか使っていない人もいるようです。

液垂れするほどに付けすぎても毛穴に詰まり、抜け毛の原因になるので逆効果だと言えますが、量が少なすぎてもやはり効果が発揮されることは無いのです。

よってフィンジアが効果ないと言われる原因は、必要な量を使っていなかったためということも考えられるのです。

効果を上手く引き出すには説明書に書かれている用量を守って、多すぎず少なすぎず使用する必要があると言えるでしょう。

効果ないと判断する前に知っておきたいフィンジアの効果を発揮させるための条件

またフィンジアの効果が最大限に発揮されるには、適切な条件を満たしている必要があります。

効果ないと判断している人たちはそのことを見落としている可能性もあるので、ここではフィンジアの効果を発揮させるための条件をご紹介していきたいと思います。

頭皮の汚れをきちんと洗い出しておくことで成分が浸透する

他者のスカルプ製品でも言えることなのですが有効成分を発揮させるためには、頭皮にしっかりと薬品を浸透させる必要があります。

スカルプ製品を付ける前にはきちんと頭部を洗い、毛穴の汚れを落としておかなければならず、毛穴に汚れが詰まったままではフィンジアを使っても意味が無いと言えます。

頭を洗うときに髪の毛を洗うだけで済ませてしまうのではなく、頭皮を念入りに洗うのが大切です。

シャワーを頭皮に当てて指の腹でマッサージをするように洗い、毛穴に詰まっている汚れを洗い出します。

こうして毛穴の汚れを一掃した状態であれば、フィンジアの有効成分が頭皮により浸透しやすくなるのです。

頭皮が完全にさらされている状態では塗布しても意味がない

頭皮が完全にさらされている状態である場合、フィンジアを使っても効果がないことがほとんどです。

少しでも髪が生えているのであれば効果を期待できますが、髪が完全に失われている状態では有効成分の入った液体を塗布しても無駄な努力になってしまいます。

たとえ細くても毛根が生きているのであれば、フィンジアの有効成分が弱った髪の毛を強く補強してくれます。

このように頭皮に毛根が残っているかいないかで、効果のあるなしが判断されるといっても良いでしょう。

育毛剤でないという理由だけでフィンジアが効果ないと判断するのはまだ早い!

以上のようにフィンジアには効果がないという人の中には、有効成分の効果が発揮される条件が整っていないケースも多々あり、効果ないというレビューも一概に本当であるとは言えない可能性があります。

またこちらの製品が育毛剤ではなくスカルプケアエッセンスという化粧品に分類されるから、という理由で効果なしと判断される場合もあるようです。

フィンジアが育毛剤ではなくスカルプケアエッセンスという事実は、この製品に対して勘違いしやすいことの一つであると言えます。

正しい使い方と効果を引き出せる条件を理解した上で使ってみよう

しかしこちらの製品を開発している株式会社ユーピーエスは、薬用プランテルという育毛剤を開発しており、プランテルは改善が難しいM字ハゲの人から絶大な人気を集めています。

よってスカルプエッセンスであるという理由だけで、効果を判断するのはやや早計であるようにも感じます。

まずは正しい手順と効果が発揮される条件を把握し、その上でフィンジアを使ってみることをおすすめします。

フィンジアが効果ないのは頭皮のダメージが思ったより深刻だから!?

フィンジアが効果ないと思うようならもしかすると、育毛製品を使っただけでは効果が追いつかないほどに症状が進行していることも考えられます。

そうなるとフィンジアを使用するほかにも、さらなる頭皮ケアが必要であると言えるでしょう。

まだ薄毛を発症していなくてもフケや頭皮のかゆみといった、頭皮のトラブルは薄毛の原因にもなりますので予防したいなら頭皮環境を改善するケアは必須です。

頭皮トラブルをケアすることで育毛の成功に近づく!

頭皮におけるトラブルを改善することで結果的に育毛成功への近道となります。

なぜなら頭皮が健康であることによってヘアサイクルも正常に働き、脱毛による薄毛の進行をブロックすることが可能になるからです。

よって頭皮ケアはフィンジアで育毛を行うにおいて、決して欠かすことのできない要素であると言えるでしょう。

また症状をちゃんと見極めそれに合った頭皮ケアを行っていくことが大切であると言えます。

そこでここからはフィンジアが効果ないと思う人、又は効果がイマイチだと思う人に向けておすすめの頭皮ケアの方法についてご紹介していきたいと思います。

効果ないと感じる人はフィンジアのほかに毎日の頭皮ケアが必要!

頭皮ケアと言ってもその方法を知らない人にとっては、なんだか難しそうでちょっと尻込みしてしまいますよね。
一般的にはヘッドスパといったサービスを利用することで地肌のケアをすることもできます。

このように専門知識が無いとできないような印象がありますが、頭皮ケアは決して難しいものではなく誰でも実践することができます

薄毛の症状が深刻だったりオイリー肌だったりする場合は、フィンジアを使うほかに毎日実践することをおすすめします。

それでは実際にどのようなケアがあるのか詳しく解説していきましょう。

毎日使っているシャンプーが頭皮トラブルの原因かも

薄毛あるいは痒みやフケなどの頭皮トラブルを起こしている場合、まずは余計な刺激を頭皮に与えないよう気を配るのが先決です。

そのためには普段から頭皮に優しい製品を使用することが不可欠となります。

まず挙げられるのが日常的に使用しているシャンプーの見直しです。誰もが髪を洗うためにシャンプーを使いますが、このシャンプーがしばしば頭皮トラブルを促す原因になることがあります。

というのも一般的なシャンプーには頭皮に強い刺激を与える成分が配合されていることが多いのです。

頭皮トラブルを起こしている人はエタノールによる影響を受けやすい!?

市販されているシャンプーにはエタノールが配合されているのですが、頭皮トラブルが起きやすい人の場合は注意が必要です。

エタノールはアルコールの一種で雑菌による品質の劣化を防ぐために使用されています。

また殺菌作用があるので頭皮の雑菌繁殖を抑制できる効果が期待できるでしょう。

しかし敏感肌や乾燥肌の人はアルコールの刺激を普通より受けやすい体質なので、エタノールの配合量には注意する必要があります。

またアルコールアレルギーの人もエタノールによる刺激で、痒みや炎症などの症状が起きる可能性があり、その場合はフィンジアの使用も注意すべきでしょう。

アルコールに不安がある場合は使用する前にパッチテストを行ってください。

頭皮に優しいおすすめのシャンプーはアミノ酸系シャンプー!

頭皮トラブルを防ぎたいのであれば肌に優しい成分を配合しているシャンプーに切り替えましょう。

エタノールの他にもシャンプーには界面活性剤などの添加物が配合されています。

エタノールと界面活性剤を合わせて使用すると、余計に頭皮へのダメージが強くなりさらに頭皮が乾燥する原因にもなります。

たとえフィンジアを使用してもシャンプーによるダメージがある場合、有効成分の効果が追いつかず結果的に効果ないという結論になってしまう可能性もあります。

おすすめとしてはやはり刺激の少ないアミノ酸系シャンプーが挙げられます。

アミノ酸系シャンプーは頭皮の潤いを保って乾燥を防いでくれる!

頭皮環境が悪化する主な原因は頭皮の潤いが不足し乾燥しているためであると言えます。

痒みやフケなどが出る頭皮では健康な髪の毛を維持することはできません。

また頭皮が乾燥している状態だと地肌を守るために、皮脂を余計に分泌されてしまい髪の毛や頭皮がベタつく原因にもなります。

よってそのようなトラブルを抱えている頭皮に最適なのは頭皮の潤いを保ってくれるシャンプーであると言えるでしょう。

中でも頭皮ケアに最適なシャンプーの成分がアミノ酸です。

アミノ酸と言ってもいろいろありますが表示成分で、ココイルやコカミドといった表記であればアミノ酸が含まれていると判断できます。

逆にラウリルという成分は頭皮を乾燥させる界面活性剤なので、ラウリルがたくさん表記されているシャンプーは避けるようにしましょう。

ちなみにフィンジアとセットで購入できるフィンジアシャンプーも、アミノ酸系シャンプーですので手軽に頭皮ケアを行いたい方にはおすすめです。

フィンジアが効果ない事態を避けるための正しいドライヤーの仕方

フィンジアはお風呂で髪を洗った後に付けることが大前提となっています。

頭皮に汚れが残ったままだと有効成分の浸透力が落ちてしまい、いくら塗っても効果ないということにもなりかねません。

さらに気をつけたいのがドライヤーで髪を乾かすときです。せっかくフィンジアを丁寧に塗布してもドライヤーの温風で成分の効果が半減してしまう可能性があります。

薬液をちゃんと付けても正しいドライヤーの仕方でなければ、やはり効果ないことになりかねませんので正しいドライヤーの使い方についても解説していきましょう。

ドライヤーをする前にタオルドライで水気を拭っておこう

フィンジアを付ける前はドライヤーで完全に頭皮を乾かすのではなく、タオルで水分をぬぐっておく程度で大丈夫です。
また頭皮ケア的にもタオルドライで水気を払っておくことは大切であると言えます。

タオルで水気を払った分ドライヤーの風を当てる時間を短縮することができるからです。

逆に髪がお風呂から上がったばかりの状態だと、当然ドライヤーで乾かす時間が長くなりますので、その分頭皮にも余計な刺激を与えることになります。

フィンジアが効果ないという事態を避けるためにも、ドライヤーをする前にタオルでやさしく水気を拭き取っておくようにしましょう。

頭皮にドライヤーを近づけ過ぎないように気をつけよう

フィンジアをつける際には頭皮が清潔であること、ほかにも地肌に汗がついていないことや地肌が熱で火照っていないことが理想の状態であると言えます。

頭皮に触れたときにさらっとしていて少しひんやりしている状態が望ましいと言えます。

よってドライヤーを使うときは温風で頭皮が熱くなりすぎないように注意する必要があります。

ドライヤーを頭皮から近い距離で使うと当然地肌が乾燥してしまいます。頭皮が温まり過ぎてしまうので髪から15センチほど離して使うようにしましょう。

全体的に乾かすことを意識してドライヤーを使おう

また一箇所に集中して使うのではなく髪全体に、まんべんなくドライヤーを使うようにしましょう。

同じ箇所にドライヤーをあてすぎるとその箇所の地肌が余計に乾燥する原因になってしまいます。

よってドライヤーは常に全体を乾かすことを意識しながら使うことが大切です。すぐに髪を乾かそうとするよりも頭皮にダメージを与えないように、気をつけながらドライヤーを使いようにしてくださいね。