フィンジアはどのような薄毛に対して効果が期待できるのか?

顎に手を当てて悩んでいるグレーのスーツ姿の女性

髪の生え方が人によって異なるように薄毛の症状も人それぞれです。

また、病気の症状別に薬が異なるように、症状に合った育毛剤を使用しなければ望んでいるような効果を得られないかもしれません。

そのため、薄毛の改善を願って育毛剤を購入する時も自分の症状に適切なものを選ぶ必要があります。

今回は、フィンジアがどのような薄毛に効果的なのか、また効果を実感することが難しいであろう薄毛の症状をご説明します。

目次

血行不良で薄毛が起こっている方にはフィンジアは非常におすすめ

薄毛の原因としてよく挙げられるのが血行不良。血行不良による薄毛は、加齢や生活習慣など様々な要因で血行が悪くなり、髪にうまく栄養が届かずに髪が痩せて細くなっているような状態です。

実はこういった血行不良が原因とされている薄毛には、フィンジアは高い効果が期待できます

なぜなら、フィンジアにはピディオキシジルという成分が配合されており、この成分は血行を促進してくれる効果があるからです。

フィンジアに含まれている代表的な成分であるピディオキシジル

フィンジアに含まれている代表的な成分であるピディオキシジル。

このピディオキシジルは別名ミノキシジル誘導体とも呼ばれており、ミノキシジルとよく似た分子構造をしています。その効果もミノキシジルと同じ用に血管を拡張して血行を促進するというものですので、血行不良が原因の薄毛にとっては非常に効果的と言えるでしょう。

また、ピディオキシジルは浸透力が非常に高く、ミノキシジルのような副作用もないので、フィンジアは安心して使用できると育毛剤と言えます。

フィンジアはAGA(男性型脱毛症)の方にも効果を期待できる

男性の薄毛は9割型AGAが原因と言われているほど患者が多い男性型脱毛症。フィンジアはこのAGAに対しても非常に高い効果が期待できます

これは、フィンジアにはキャピシルという成分が含まれており、この成分がAGAの原因である男性ホルモンを抑制する効果を持っているからです。

また、他にもキャピシルと同じように男性ホルモンを抑制してくれるヒオウギエキスなども配合されているので、AGAの方にもフィンジアは非常に効果的と言えます。

抑制するだけではなく育毛・発毛促進にも期待大!

フィンジアに含まれるキャピシルには、男性ホルモンを抑制する以外にも髪の元となる細胞に働きかけて発毛を促す効果があります。

その効果は、なんとあの有名なリアップに含まれるミノキシジルの3倍とも言われており、発毛においても高い期待ができそうです。

また、髪の毛の元となる母細胞や毛乳頭細胞といった細胞を活性化させる有効成分のセンブリエキスといった有効成分も含まれているため、発毛においても充分期待できそうですね。

ストレス性の薄毛にはフィンジアは効果が期待できない可能性が高い

様々な薄毛の症状に効果的なフィンジアですが、もちろんフィンジアが症状に合っていないという方もいらっしゃいます。

たとえば、ストレス性の脱毛の場合はフィンジアで育毛・発毛を期待するのは少し難しいかもしれません。これは、ストレス性の薄毛は原因のストレスが取り除かれない限り、症状の改善が難しいからです。

ストレス性の薄毛の方は、一部分が重点的に脱毛する円形脱毛症の方が多いので、このような症状の方は育毛剤よりも現在の環境を見直したほうが結果的に薄毛改善の近道になるかもしれません。

生活習慣が原因の薄毛の場合

薄毛の原因は生活習慣に潜んでいることも多く、それらが原因の場合はその習慣事態を改善しなければ薄毛の改善は難しいかもしれません。

たとえば、髪を洗う際にシャンプーの洗い残しがあったり、爪を立てて洗っているため頭皮に傷が付いたりといったことが挙げられます。

他にも、ヘルメットや帽子などを長時間被っていたり、毎日ヘアアイロンを使用していることが原因の薄毛などもフィンジアを使用するだけでは改善は難しいでしょう。

外傷などによって毛根が死滅している場合

フィンジアに限らず全ての育毛剤に言えることですが、基本的に毛根が死滅している場合は効果を期待することは難しくなっています

これは、育毛剤が毛根に働きかけて髪を育てることを目的とした商品だからです。

そのため、毛根が外傷などによって死滅し、機能していない場合にはいくら薄毛に有効な成分が入っていても効果に期待することはできません。

ただ、自分では毛根が死んでいると思っている場合でもほとんどの場合は活動を休止しているだけなので、育毛剤によってその機能を復活させることで薄毛を改善できる可能性は高いです。

血行不良やAGAが原因の薄毛にはフィンジアは非常におすすめ

フィンジアは血行不良やAGAが原因の薄毛には非常に高い効果を期待できます。

しかし、ストレスに脱毛や生活習慣によるもの、毛根が死滅している場合などはもしかしたら症状の改善は難しいかもしれません。

自分の薄毛の原因がどこにあるのかをしっかりと把握し、育毛剤のチョイスすることが自分に合ったの育毛剤を見つける第一歩です。自分にピッタリの育毛剤を使用してぜひ薄毛を改善に導いてくださしいね。

成人の3人に1人はかかっているAGA!フィンジアはちゃんと効果あるの?

フィンジアはAGAにとても効果的であることを述べましたが、皆さんはAGAについてどれくらい知識を集めているでしょうか。

実は、AGAというのは数ある症状の中で最もポピュラーな症状と言っても過言ではありません。

症状の重い軽いはあれど、日本でも成人男性の3人に1人はAGAだと言われているくらいであり、それだけに最も対策が必要な症状であるとも言えます。

フィンジアを使っている人またはこれから使おうとしている人に向けて、AGAについての解説をしていきたいと思います。

AGAは人によって症状のタイプに違いが出る!ただしフィンジアはどのタイプにも有効

AGAと聞くとあまり耳慣れない印象を受けるかもしれませんが、M字ハゲやてっぺんハゲといった症状は聞いたことがあるのではないでしょうか。

これらの症状こそAGAによるものであり、頭皮における悪玉男性ホルモンの過剰分泌が原因となっています。

つまり、AGAには複数のタイプがあり、そのタイプによって異なる症状が出るというわけです。

また、髪の生え際から薄くなっていったり頭頂部から薄くなっていったりと、それぞれ異なるケースが存在するのもこれが原因となっています。

ただし、進行していく形は違ってもどれも同じ原因による薄毛なので、どのタイプであってもフィンジアは有効です。

AGAはM字型/O字型/U字型の3タイプ!フィンジアを使って効果的な対策を

AGAのタイプはおおまかに3種類となっており、ほとんどの人はこの内のどれかを発症しているとされています。

それぞれM字型/O字型/U字型に分類され進行の仕方が異なるという特徴があります。

どれも男性ホルモンが原因となっているのは同じなので、フィンジアによる対策は有効ですが改善しやすさには違いがあります。

また、フィンジアのほかにも有効となる対策方法がそれぞれにあります。

本気で育毛に取り組みたいのであれば育毛剤の使用と併せて、他の方法を実践するのがより効果的であると言えるでしょう。

M字型/O字型/U字型で気をつけたいポイントも異なりますので、自分の症状にマッチする対策方法を知っておくことが大切です。

M字型は改善が難しいのでフィンジアのほかにサプリなどを使うと効果的

AGAによる症状の1つとしてM字型のタイプがあります。

こちらは生え際の両サイドから薄くなっていき、その名の通りM字を形作るように進行するタイプです。

前頭部から薄くなっているのは薄毛の原因である、男性ホルモンの元となる酵素が生え際に多く分布しているためです。

この酵素は5αリダクターゼというもので普通の量であればAGAは発症しません。

しかし、中には5αリダクターゼを分泌しやすい体質の人もおり、このためにM字型のタイプとなる可能性が高いと言えます。

オールバックにするなど普段の髪型がM字薄毛の原因に!?

髪の毛がM字型に薄くなっていく理由にはほかにも、普段の髪型が影響している場合があります。

たとえば、オールバックをはじめとした前髪を引っ張るような髪型がこれにあたります。

髪の毛を後ろに撫で付けたり逆立てたりするといった髪型は、前頭部の皮膚にある髪が抜けやすくなります。

また、髪をひっつめるスタイルもやはり、前頭部の皮膚を引っ張り続ける形になりますので髪が抜けやすくなります。

洗顔料やシャンプーの洗い残しでフィンジアの効果が半減することも

他には洗顔料やシャンプーが原因になることもあります。

たとえば、洗顔料で顔を洗った際に前髪の付け根に洗い残しがある場合、そこから雑菌が繁殖して生え際の頭皮にダメージが蓄積されて抜け毛が増えるというものです。

シャンプーの洗い残しも同じように頭皮環境を悪化させる原因になります。

頭皮にシャンプーが残っているとフィンジアを付けたとしても、洗い残しがあると毛穴の奥まで成分が浸透するのを阻害してしまいます。

そのため、洗顔料やシャンプーを付ける際は洗い残しがないように、しっかりとすすぐことが薄毛を予防する上で大切な要素になります。

また、フィンジアを使用する際には生え際を重視して塗っていくと良いでしょう。

改善が難しいタイプでもあるのでフィンジアサプリなどを使って、成分の効果アップを図るのも有効です。

O字型はフィンジアシャンプーなど頭皮に優しい製品で髪を洗うと効果的

AGAの1つであるO字型は、頭のてっぺんにあるつむじから薄毛が広がっていくタイプです。

つむじから広がっていく薄毛は日本でも最も多いケースの1つとなっています。

こちらは生え際ではなくつむじで薄毛の原因となる男性ホルモンが多く生成されるために、上から見るとO字の形に薄毛が広がっていくというパターンです。

男性ホルモンの影響を生え際の方で受けやすいか、つむじの方で受けやすいかの違いであると言えるでしょう。

DHTを生み出す5αリダクターゼの生成量は遺伝によって異なる!?

薄毛がO字の形に広がっていくという違いはあるものの、基本的な原理はM字型と同じです。

男性ホルモンの作用が強いかどうかは遺伝の影響も大きく関わっています。

AGAでは薄毛を引き起こす原因は5αリダクターゼとテストステロンが合わさることによってできる男性ホルモンDHTとされていますが、テストステロンの生成量は個人差がそれほど顕著でないのに対して、5αリダクターゼの生成量は遺伝による影響が大きいとされています。

よって、家族の誰かがAGAを発症している場合は、遺伝が原因になっていることも充分に考えられます。

頭頂部に刺激の強い製品を使用していると薄毛が進行する原因に

O字型の場合もM字型のようにシャンプーが原因になる可能性があります。

シャンプーを頭頂部から付ける場合に使っている製品が、添加物の多いものや洗浄力が強いものだと、頭皮にダメージが与えてしまいAGAをより進行させてしまう原因になります。

皮膚が乾燥肌や敏感肌である場合は、とくに成分の影響を受けやすいのでアルコールなどが配合された刺激の強い製品は避けるようにしましょう。

アルコールが多く含まれている製品はスーッとする使用感が残るので、清涼感を売りにしているような製品には注意が必要となっています。

頭皮環境を良い状態で保つためにも、無添加やアルコールフリーといった肌に優しい製品を選ぶようにすると効果的です。

また、育毛剤とセット販売されているような育毛シャンプーも頭皮に優しいのでおすすめと言えるでしょう。

U字型は全体的に薄毛が進行するのでフィンジアを頭皮に万遍なく塗布するのが効果的

最後にご紹介するU字型は混合型とも言われている特殊なタイプとなっています。

生え際からどんどん進行していくので一見M字型に似ているのですが、M字型は頭頂部の髪の毛が残る場合が多いのに対して、U字型は全体的に髪が抜けていくという特徴があります。

このため、M字型とO字型両方の特徴を持ったタイプであると言えるでしょう。

U字型は生え際から全体的に禿げ上がっていくタイプ

U字型は生え際から進行していくので、やはり髪の毛を引っ張るような髪型が原因となる可能性があります。

さらに、O字型と同時に発生するので男性ホルモンの影響をよりブロックする必要があると言えます。

このため、U字型の場合はフィンジアを使う場合も頭皮全体に塗ることを意識して使用することをおすすめします。

一見まだ薄毛が広がっていないように見えても、いつ兆候が出るのか分からないため、気になる箇所だけでなく万遍なく塗布して進行を予防するのが効果的であると言えるでしょう。

自分のタイプ傾向を把握して有効な対策を実践しよう!

以上のように、AGAには3タイプの症状があり原理は同じであるものの、遺伝による5αリダクターゼの生成量をはじめ、普段の髪型やシャンプーの影響によって発症するケースが異なります。

普段の生活や家族の薄毛傾向から自分の症状を分析して、フィンジアをどのように使用するのが有効であるのかを把握しておくと良いでしょう。

フィンジアを併せて正しい対策法を取ることで、より効果的に薄毛の進行を防ぐことができるはずです。