フィンジアで薄毛を改善したい人が知っておくべき基本知識!

茶色いジャケットを着たキャリアウーマン

皆さんフィンジアを使って薄毛の改善に勤しんでいると思いますが、単に薄毛と一言に言っても実は何種類ものタイプに分かれていることをご存知でしょうか。

単純に髪が薄くなっている状態を指しているだけのものだと思っていた人も多いと思いますが、それだけでなくそれぞれのタイプごとに原因も異なるのです。

原因が異なるということはすなわち正しい対処の仕方も、それに見合ったものでないと効果が無いということを意味します。

薄毛解消効果のためにフィンジアを使うことはもちろんですが、中には生活習慣を改善する必要がある症状も少なくありません

今回はフィンジアでハゲを確実に治したいなら知っておきたい、AGAの種類についてご紹介していきたいと思います。

AGAにはM字型を含め3つのタイプがある

AGAは進行性であり3つのタイプに分けることができます
ここでは、それぞれのタイプやその特徴についてご紹介します。

治療が最も難しいM字ハゲ

一つ目は前頭部の生え際から始まるタイプの俗に言うM字ハゲです。

髪の生え際となる前頭部は髪の毛の栄養を運ぶための毛細血管が特に少ない部位であること、そして脱毛の原因となる5αリダクターゼが多く分布することから最も治療が難しいタイプとされています。

進行に気づきにくいO字ハゲ

2つ目は頭頂部から脱毛が進んでいくO字ハゲ

こちらは頭頂部から始まっていくので正面からだけではなかなか気づきにくいことから、気づいたときにはかなり症状が進行してしまっていることも少なくありません。

ハゲは全体的に髪が薄くなるU字ハゲ

3つ目は前頭部から脱毛が進んでいくU字ハゲ

こちらは前述したM字ハゲと同じく前から後頭部へ症状が進行していくタイプですが、前だけでなく中央部の脱毛も著しいという特徴があります。

AGAによる薄毛に悩んでいる人は1,000万人以上

成人男性の3人に一人が該当すると言われており、AGAが原因となっている患者数は1,200万人以上とまで言われています。

AGAによる脱毛症は5αリダクターゼという酵素によって、男性ホルモンのテストステロンがDHTに変換され過剰に分泌されることで起きるのですが、フィンジアには5αリダクターゼの働きを抑えるキャピキシルやヒオウギエキスが配合されているため改善効果が期待できます。

これだけの患者数がいるわけですからフィンジアが発売後、すぐに売り切れになってしまったのも頷けるというものですね。

AGA以外にも薄毛の原因は存在する

薄毛の原因で最もポピュラーなのはAGAですが、その他にもまだまだ髪が薄くなる原因は存在します。

中には生活習慣によるものも存在しますので、フィンジアの使用以外にも対策を取る必要が出て来るものもあります。

以下ではAGA以外の原因で起こる脱毛の種類についてご紹介していきたいと思います。

円形脱毛症は自己免疫疾患の影響

円形脱毛症は頭部にコイン状のハゲができるのが大きな特徴です。

コインのように円形のハゲができるので一見集中型の症状に見えますが、周囲の髪の毛も抜けやすくなっているため油断は禁物です。

円形脱毛症が起きる原因としては自己免疫疾患が有力な説となっています。自己免疫疾患を発症すると外部からの刺激に対して攻撃するだけでなく、体の中にある組織をも攻撃してしまいこれによって毛包が破壊され脱毛が起こると考えられています。

充分な栄養を摂取し髪の毛に送る

対処法としては栄養不足にならないよう充分な栄養をしっかりと摂取すること、ストレスをなるべく抱えないようにすることと併せて頭皮の血行も改善することです。

髪の毛は毛細血管の中の血液から栄養を蓄えているので、血行不良を改善することは脱毛症にも非常に効果的であると言えます。

フィンジアの主成分にはピディオキシジルというものがあり、こちらは毛細血管を拡張して血流を良くするという作用を持ちます。また同じく配合されている褐藻エキスやフユボダイジュエキスなども血行を促す作用があります。

特殊な薄毛である脂漏性脱毛症

以上のようにフィンジアは豊富な種類の有効成分により、AGAではない他の脱毛症にも効果が期待できる製品となっています。

最後にご紹介する薄毛のタイプは脂漏性脱毛症です。大抵の髪が薄くなる原因は男性ホルモンの過剰分泌が大きく関わってくるのですが、こちらは皮脂の過剰分泌により起こるという珍しいタイプです。

脂漏性脱毛症は皮脂の過剰分泌が原因

脂漏性脱毛症は頭皮から皮脂が過剰に分泌されることにより、毛穴や皮膚に炎症が発生しその影響で急激に抜け毛が増えるという特徴があります。

こちらはホルモンバランスの異常が皮脂の過剰分泌を誘発し、分泌されすぎた皮脂が酸化して本来守るはずの頭皮にダメージを与えてしまうのが原因となっています。

対処法としてはシャワーの際に頭皮クレンジングなどで皮脂を丁寧に落とすこと、そして脂肪分の多い食事を減らして皮脂の分泌を抑えることが挙げられます。

フィンジアシャンプーで脂漏性脱毛症を予防しよう

脂漏性脱毛症が原因である場合はフィンジアを使うほかに、公式サイトで提供しているフィンジアシャンプーを使うのも一つの選択肢です。

フィンジアシャンプーにもキャピキシルなどの有効成分が配合されており、頭を洗うと同時にお湯で開いた毛穴に直接有効成分を供給することができます。

頭皮から皮脂が過剰に分泌されてしまう場合は、毛穴に皮脂が詰まって成分が浸透しにくくなってしまうので、専用のシャンプーを使った方が効果的である可能性もあります。

以上の情報が自分の症状に当てはまる方はフィンジアを使うほかにも、最適な対処法を取ることでより効果的に薄毛を改善できるようになるでしょう。

フィンジアが高い浸透力で薄毛改善効果を発揮するとされる理由とは?

フィンジアは株式会社ユーピーエスから発売されて以来、話題の育毛成分による効果が話題となり在庫切れが頻繁に起こるほどの人気を集めています。

こちらは開発独自のゲートアクセス理論によりフィンジアに配合されている有効成分が、毛根の奥まで届き育毛作用を発揮するとされています。

このようなゲートアクセス理論による浸透力の高さに加えて、次世代の成分も配合していることからフィンジアは、薄毛に悩まされている多くのユーザーに大きな期待を寄せられている製品であると言えます。

AGAをはじめ様々な症状に効果を発揮するとされているスカルプエッセンスですが、使用することいで頭皮にどのような作用をもたらすのかを詳しくご紹介していきましょう。

頭皮への有効成分を浸透させることに特化したゲートアクセス理論!

フィンジアの発売当初話題となったのが開発元が築いたゲートアクセス理論です。

公式サイトから公開された独自の理論が次第に様々なサイトや口コミで伝わっていき、発売からすぐに入手待ちが起こるほどの注目を集めました。

育毛剤には抜け毛や育毛を促進させる有効成分が多数配合されていますが、それらの成分をしっかりと頭皮へ浸透させなければ充分な効果は発揮されません。

その点フィンジアは有効成分の浸透力を上げることにも力を入れたスカルプエッセンスであり、まさにカギとなるのが開発によって導入されたゲートアクセス理論です。

硬くなった頭皮の毛穴をこじ開けて有効成分を毛根まで届ける!

抜け毛を起こす頭皮のほとんどが血行不良を起こしています。血の巡りが悪くなっている頭皮は通常の地肌よりも硬化しており、毛穴から髪の成長に必要な栄養や酸素を吸収しづらくなっています。

開発独自のゲートアクセス理論は薄毛が進行し、硬くなった頭皮の毛穴を内側からこじ開け、育毛成分をより毛穴の奥まで届かせるという仕組みです。

これにより毛根へ栄養を供給させ悪化した頭皮環境を整えて、弱った髪から強い髪が育つための土壌を作り出すというわけです。

フィンジアにはこのゲートアクセス理論を実現させるためのある成分が配合されています。

カプサイシンの燃焼効果で毛穴を開き浸透力をアップさせる!

ゲートアクセス理論は頭皮の毛穴を内側から開くという仕組みになっていますが、この理論に基づき使用されているのがカプサイシンです。

辛いものを摂取すると体がカッカしてくると思いますが、それはまさにカプサイシンによる体を暖める効果によるものです。

カプサイシンで体が暖まってくると汗をかくために毛穴が開きます。ゲートアクセス理論ではこの作用を応用し、カプサイシンによる作用で頭皮の閉じた毛穴を開いて、有効成分をより毛穴の奥まで届けることで浸透力アップさせようというのです。

このようなカプサイシンの作用によりフィンジアを塗布することで、髪の毛に必要な栄養を頭皮へ行き渡せることができるとされています。

フィンジアの成分は薄毛に大きな改善効果があると期待されている

ゲートアクセス理論に基づいた設計により、フィンジアは有効成分の浸透力をより高め育毛効果を発揮する製品であると言えます。

これによりフィンジアはネットにて多くの注目を集めたのですが、さらに注目を集めた要因となったのが最新の育毛成分が配合されていることです。

フィンジアには近年開発された2つの最新成分のほか10種類の育毛成分が配合されており、中でも2つの最新成分がAGAをはじめとした薄毛の改善に有効であることがわかり大きな期待を寄せられています。

ここではどのような成分が配合されどのような効果を有しているのかより詳しく解説していきたいと思います。

キャピキシルはミノキシジルを遥かに上回る育毛作用を持つ

フィンジアには多数の有効成分のほか育毛業界で、注目を浴びている成分が配合されているのですがその内の一つがキャピキシルという成分です。

キャピキシルはアカツメクサエキスアセチルテトラペプチド-3という物質によって構成されており、これらは悪化した頭皮環境を改善させる効果を持つだけでなく、抜け毛などの症状も抑制する作用があるとされています。

キャピキシルは開発元であるカナダの大手化粧品メーカーの実験により、育毛で非常に高い作用を有することがわかっています。

その作用は現在最も高い発毛作用を有すると認められている医薬品ミノキシジルを遥かに上回るとさえ言われています。

同じ条件で用意した細胞にキャピキシルとミノキシジルを用いた実験の結果、キャピキシルはミノキシジルの3倍高い育毛効果を有することがわかったのです。

フィンジアにはこのような実験結果を出したキャピキシルが5%配合されており、これは現在同成分を配合した製品の中でも最大量となっています。

ピディオキシジルはミノキシジルのデメリットを克服した成分

薄毛の改善に効果を発揮するとして注目されている、もう一つの成分がピディオキシジルと呼ばれる成分です。

ピディオキシジルで挙げられる優れた利点としてはまず副作用の心配が無いことです。
ミノキシジルは医薬品指定となるほどに高い発毛作用を発揮する成分ですが、その分使用者への負担も大きく肝臓機能障害や低血圧などのリスクも有しています。

しかしピディオキシジルの場合はミノキシジルと同じく血管を拡張し、頭皮の血行を促進させる作用があるにも関わらず上記のような副作用は興りません。

また先にご紹介したキャピキシルも、ピディオキシジルと同様に副作用のリスクがありません。
フィンジアにはピディオキシジル配合量が2%となっており、これもキャピキシルと同じく最も高い配合量です。

フィンジアには他にも様々な薄毛の原因に効く有効成分を配合!

またフィンジアにはキャピキシルとピディオキシジルのほかにも、脱毛症による薄毛の改善に効果が期待できる有効成分が含まれています。

たとえばヒオウギエキスという成分があるのですが、こちらはAGAによる脱毛を引き起こすとされている5αリダクターゼの働きをブロックします。

また脱毛因子と反対の働きを持つFGF-7という成長因子があるのですが、フィンジアに含まれるビワ葉エキスはそのFGF-7の生成を促進させます。

さらにセンブリエキスは髪の毛を太く成長させる毛乳頭細胞を活性化する作用を持ち、男性ホルモンの刺激により活動を休止した毛根には非常に有効です。

これら開発メーカーによって厳選された有効成分により、フィンジアはAGAをはじめとした様々なケースの原因にも効果的なスカルプエッセンスとなっているのです!

そのためフィンジアは近年発売された育毛製品の中でも、かなり高い改善効果が期待できるスカルプエッセンスであると言えるでしょう。

▼魔娑斗選手も愛用▼