どうしてm字ハゲにフィンジアが効果的であると言えるのか?

頭を抱えて俯く男性

スカルプケア製品はフィンジアのようなスカルプエッセンスから、リアップのような市販の育毛剤やミノキシジルのような内服薬の育毛剤まで多岐に渡ります。

ただ、育毛効果があるからと言って当てずっぽうで選ぶようなことをしても、AGAのように生え際から来る薄毛の症状を改善することは難しいと言えます。しかし、実際のところいろいろな種類がありすぎて正直何が効くのか全くわからないですよね。

そんな人に是非おすすめと言えるのがフィンジアなのですが、今回はm字ハゲ改善を目的にしている人に向けて、なぜフィンジアが効果的であると言えるのかその根拠についてご紹介していきたいと思います。

なぜフィンジアはm字ハゲにも効果があるとされているのか?

フィンジアは加齢やストレスによる薄毛だけでなく、生え際から来る薄毛に有効であると絶大な人気を集めている製品です。

通常生え際の後退によるm字型のハゲは、男性ホルモンによるAGAが原因であることが多く、改善する際にも専門的な治療でなければ意味が無いとすらされています。

このようなAGAの症状にも効果があるとされているフィンジアですが、その根拠は配合されている有効成分にあると言えます。

5αリダクターゼ+テストステロン=悪玉男性ホルモン

まずどのようにしてAGAが発症するのかその原因から説明しましょう。

AGAが発生する主な原因の一つとして悪玉男性ホルモンが挙げられます。善玉男性ホルモンであるテストステロンが5αリダクターゼという酵素と合わさると、悪玉男性ホルモンDHTに変化します。

このDHTが過剰に分泌されることによって、髪の毛の正常なヘアサイクルが乱れてしまい髪の毛が抜けるという減少が起きるのです。

アカツメクサエキスは5αリダクターゼを抑制する

生え際は特に5αリダクターゼが生成されやすい部位となっており、この5αリダクターゼによるDHTの生成量を抑えないとAGAを改善することはできません

フィンジアには薄毛の原因となる5αリダクターゼの生成を抑制することができる成分が配合されています。

まずフィンジアの注目の成分として挙げられるのがキャピキシルです。キャピキシルにはアカツメクサエキスが構成成分として含まれています。

アカツメクサエキスにはビオカニンAという物質が入っているのですが、このビオカニンAにはDHT発生の元となる5αリダクターゼの生成を抑える作用があります

植物性のイソフラボンも配合

また5αリダクターゼに対抗できる成分としてフィンジアにはヒオウギエキスも含まれています。ヒオウギエキスには植物性女性ホルモンと呼ばれるイソフラボンが入っており、こちらもDHTを作り出す5αリダクターゼの結合を阻止します。

イソフラボンによる5αリダクターゼへの抑制作用は、きちんと科学的に実証されており、フィンジアによるAGAを改善する効果も期待できると言えます。

m字型ハゲ改善効果で有名なメーカーが開発

フィンジアを開発提供しているのは株式会社ユーピーエスという会社なのですが、こちらではm字ハゲの症状で悩んでいる人の中で有名なプランテルという製品も提供しています。

時期的にはフィンジアより先にリリースされたのはプランテルです。その後発として生まれたフィンジアはプランテルと同じく植物性の成分を主に配合しつつ、新たな成分を加えた次世代のスカルプエッセンスとして開発されています。

つまりフィンジアはより生え際の薄毛改善効果が期待できる製品であると言えるのです。

ミノキシジルは強力さ故に副作用のリスクがある

フィンジアに配合されている成分であるキャピキシルは、近年開発された新しい成分であるだけでなくミノキシジルより3倍高い発毛効果を持つとされています。

ミノキシジルは数ある育毛成分の中でもトップクラスの作用を持つ成分として位置づけられています。

実際多くのAGA患者がミノキシジルを使って育毛を行っていました。しかし、ミノキシジルには副作用という致命的なデメリットがあります。

副作用無し&ミノキシジル以上の効果が証明されている

フィンジアに含まれるキャピキシルの場合は副作用の心配がほぼ無いという画期的なメリットがあります。さらにAGA患者による臨床実験でキャピキシルは、ミノキシジルを大きく上回る発毛反応があることも証明されています。

つまり今までのAGA治療では副作用のリスクがあったのですが、キャピキシルの登場によって副作用の心配なく治療ができる可能性が高まったということですね。

フィンジアはm字ハゲにも効果を発揮する貴重な製品

前髪が後退するタイプの俗に言うm字型ハゲが、気になって仕方ないという人はたくさんいらっしゃると思います。

通常は育毛剤を使ってこういった症状を治そうとすると思いますが、後退してしまった生え際を復活させられる製品は限られていると言えます。

よって有効成分についてよく把握した上で、効果が期待できる製品を探す必要があるのですが、その中でもフィンジアはおすすめの製品となっています。

上記でご紹介したとおり、フィンジアはミノキシジルを上回る発毛作用を持つ成分とされているので、これまで生え際の薄毛を改善できなかった人はこちらのフィンジアを是非試していただきたいと思います。

なぜフィンジアなのか?普通の育毛剤ではm字型薄毛を改善できない理由とは?

実のところフィンジアはm字型の薄毛をはじめ、様々な薄毛を引き起こす原因に効果が期待できるスカルプエッセンスです。

よってこれまで育毛剤を試してみたけれど改善が見られなかったという方にもおすすめしたい製品であると言えます。

生え際から薄毛が進行している人の多くは、育毛剤を塗布しても効かなかったという経験をしたことがあると思います。

上記でも触れましたが生え際の薄毛は、AGAによるものである可能性が高く普通の育毛製品では改善できない可能性が高いと言えます。

ここからはなぜ通常の製品を使っても生え際の薄毛が治らないのか詳しく解説していきたいと思います。

育毛剤で改善できないのは間違った製品を使っている可能性が

生え際の薄毛を改善するために育毛剤を使ったけれど、改善しなかったという報告は後を絶ちません。

薄毛が生え際から進行していく人はたくさん存在します。であるのにも関わらず抜け毛を抑制する育毛剤を使用しても効かないというケースは珍しくありません。

薄毛の症状にも複数ありますが中でも生え際の薄毛は改善が難しいとされておりその事実が悩みをさらに深刻化させています。

フィンジアのように通常販売されているケア製品は、そのほとんどが医薬部外品または化粧品であり、その効果は確実ではなく個人差があります。

よって人によっては成分の作用が上手く発揮されないこともままあるのですが、そのほかに使うべき製品を誤っている可能性が考えられます。

有名な育毛剤でも原因によっては改善できないことがある

髪を育てるために使用するのが育毛剤やスカルプエッセンスなどのケア製品ですが、それぞれに使われている成分が異なるために、頭皮で発揮される作用も多岐に渡るものとなっています。

フィンジアのようにネット通販から人気に火が付き、知名度の高いものも複数存在しますが製品ごとに含有する成分が違うことから、たとえ人気の製品であっても薄毛の原因よっては効かないことも多々あるのです。

特に専門的な治療が必要となるAGAが原因となる場合はその典型であると言えます。
男性ホルモンに有効な成分を配合したフィンジアのような製品でなければ、生え際から進行する薄毛を抑制することはできないのです。

AGAの改善には原因である男性ホルモンを抑制する成分が必要!

生え際から来る薄毛を改善するためには自分の症状に有効な製品を選ぶことが大前提となります。

AGAは生え際または頭頂部から進行していくという特徴があり、もしこれらのような形で薄毛が進行しているならAGAである可能性が非常に高いと言えます。

おでこの両サイドから進行していくm字型の薄毛は、一度発症すると適切な対処を行わない限りどんどん脱毛が進んでいきます。

残念ながらAGAの改善には血行促進や殺菌などの作用は意味が無いと言えます。
AGAは頭皮での男性ホルモンの過剰分泌が原因であるため、男性ホルモンを抑制する成分を配合した育毛剤を使わないと改善は見込めないのです。

よって使用している製品に男性ホルモンを抑制する成分が配合されていないのであれば、当然生え際の薄毛を止めることはできないと言えます。

フィンジアは悪質な男性ホルモンをブロックする効果を持つ

上記でも生え際の薄毛を起こす原因は悪玉男性ホルモンのDHTであると述べましたが、この物質がどのような作用を持つのかについてもより詳しく解説しましょう。

一般的に男性ホルモンは薄毛を進行させる原因として、髪に悪い存在だと思われる傾向が強いのですが、通常の男性ホルモンであるテストステロンは悪いものではありません。

むしろ髪の毛には有益な物質で、テストステロンによる作用で髪を太く育てることができます。

しかしこれが5αリダクターゼによってDHTに変化すると、頭皮から皮脂を多く分泌させる原因となるのです。

本来皮脂は頭皮を乾燥などから守ってくれるのですが、過剰に分泌されると今度は髪の毛が弱り抜け毛を起こすことに繋がるのです。

フィンジアには5αリダクターゼを抑制する成分が配合されているため、生え際に分布する脱毛の原因に有効であると言えます。

フィンジアは男性ホルモンを抑制するのでm字型薄毛には効果的!そのほか次世代の成分も続々と誕生している

以上のことからキャピキシルを配合したフィンジアならばともかく、5αリダクターゼの作用を抑制する作用の無い育毛剤では、生え際からくるm字型薄毛を改善するのは不可能であるということがお分かりいただけたと思います。

生え際はとくに薄毛を進行させる5αリダクターゼが多く生成される部位であるため、生え際の薄毛を改善したいなら真っ先に、フィンジアのような男性ホルモンに有効な製品を探す必要があるのです。

男性ホルモンに有効な製品であるということは、AGA全般の改善にも期待ができるということです。

現代の薄毛を引き起こす原因の8割はAGAであるとすらされているので、フィンジアをはじめとした男性ホルモンに効果的な製品を使った方が改善の近道であるとも言えますね。

昔ながらの生薬のほかに男性ホルモンを抑制する成分が開発されている

ほとんどの薄毛の原因がAGAであるとされているので育毛業界では、男性ホルモンを抑制する成分の開発により力が入ってきています。

昔から使われてきた植物性成分から厳選するだけでなく、研究により新たな成分も続々と開発されてきています。

植物成分ではヒオウギエキス/ビワ葉エキス/オウゴンエキスなどがAGA対策に有効であると話題になっています。

さらに近年ではフィンジアに配合されているキャピキシルをはじめ、褐藻類エキスから作られたM-034なども期待されています。

M-034は褐藻類から抽出された成分なので頭皮にも優しく副作用の心配もありません。
高い保湿力を持つ上にミノキシジルと同等の育毛効果も確認されており、M-034を配合したブブカなどのケア製品も人気を集めています。

生え際の薄毛にはAGAと変わらない対策が前提となる

ここまでご覧になったことでm字型の薄毛には血行促進作用だけの育毛剤では効果が無く、AGAの原因に作用する成分を使用することが大事であることがお分かりいただけたかと思います。

AGA治療に使われる成分としてはミノキシジルなどを配合した医薬品が挙げられますが、これらのような薬効の大きい育毛剤は副作用のリスクもあります。

ミノキシジルは使用者の体質によって大きな症状を引き起こす可能性があるので、個人の判断では使用できるものでは無いと言えます。

治療を諦めたくは無いけれど副作用が怖くて手が出せないという方もたくさんいらっしゃると思います。

そのような悩みを持つ方々にこそ副作用の心配がない、新たな育毛成分を最高濃度で配合したフィンジアがおすすめです!

フィンジアはAGAに悩む人におすすめの次世代製品です!

フィンジアには5αリダクターゼを抑制するアカツメクサエキス、さらに男性ホルモンに対抗することができるイソフラボンを有したヒオウギエキスも配合されています。

つまり男性ホルモンが原因となる生え際の薄毛には、まさにもってこいと言えるスカルプエッセンスなのです!

ここまで男性ホルモンに対する効果を重視しているフィンジアは、むしろAGA対策のために生まれた製品と言っても過言では無いと思います。

無理なく生え際の薄毛を改善したい方は男性ホルモンに強いフィンジアを是非試してみてくださいね。

▼魔娑斗選手も愛用▼