フィンジアの効果が出るまでの期間はいったいどのくらい?

頭を抑える女性の後ろ姿

フィンジアという育毛剤をご存じでしょうか。
この育毛剤は、ヘアサロンの美容師からも高評価を獲得しているもので、その利用者からも「良かった!」という声があがっているイチオシの育毛剤です。

ここでは、効果を実感できるまでの期間や、フィンジアの成分について解説しています。気になる方はぜひ御覧ください!

目次

フィンジアの効果には個人があるが一般的には最低2~6ヵ月必要!

育毛剤の効果を実感できる期間は個人差があるものですよね。フィンジアもまた、効き目が個人によって早かったり遅かったりするのようです。

早い方だと2週間経った頃には「抜け毛が減った」「ハリやコシが出てきた」と効果を早々に実感しているようですが、その一方で、5~6ヶ月かけてやっと効果を実感している方もいます。

「そんな長い時間かけて効果が出なかったらどうしてくれるんだ!」

と思う方もいらっしゃいますよね。私も当初はそのように考えていました。しかし、髪が生える仕組みから考えて、どうしても期間がかかってしまうのです。

育毛には辛抱が必要だということを覚悟する

髪の毛は一本一本が成長したり抜けたりしているので、髪の毛を一気に増やすということはできないのです。

また、健康な状態の毛髪でも生えるのには非常に長い期間かかります

そのため、薄毛に悩んでいる状態から髪を生やし、それを太く長いものにするには更に長い時間と辛抱が必要なのです。

ヘアサイクルを理解しよう!

フィンジアの効果を実感できるまでに、なぜ長い期間がかかるのでしょうか。

それには、ヘアサイクルが大きく関わっています。

髪の毛は永久的に伸び続けず一定期間経つと自然に抜けていき、そこからまた新たな髪の毛が生えてくるということを繰り返しており、この周期をヘアサイクルというのです。

ヘアサイクルの周期はなんと6年!

ヘアサイクルの周期には個人差があるもののある程度は期間が決まっています。

また、サイクルには成長期・退行期・休止期と3つの期間があり、大抵の場合はこのサイクルを4~6年かけて一周します。

ここでは、それぞれの期間について詳しくご説明します。

  • 成長期
    成長期は毛母細胞が分裂して、髪が生えてから長く伸びる期間です。また、ヘアサイクルのほとんどがこの成長期にあたります。期間的には2~6年程度と言われており、この成長期が早く終わってしまうと薄毛や抜け毛に悩むことになるのです。
  •  退行期
    成長期で伸びていた髪の成長が徐々に遅くなっていき、止まるのがこの退行期です。期間としては、大体2~3週間とされており、この期間が完全に髪の成長が止まるまでのカウントダウンとなります。
  •  休止期
    休止期は、髪の成長が完全に停止し、抜けるのを待っているだけの状態の期間です。新しい髪の毛が生えてくることによって、この状態の髪の毛は押し出されて抜けていきます。また、期間的には3~4ヶ月程度と言われています。

ヘアサイクルを意識すれば効果を実感できるおおよその期間も割り出せるかも!?

薄毛はヘアサイクルが乱れて成長期が早く終わってしまったり休止期が早く来てしまったりしている状態なので、これをフィンジアを使って乱れたサイクルを元に戻してあげると、徐々に髪の毛も生えてきて抜け毛も減っていきます。

また、ヘアサイクルのことをよく理解できていれば、フィンジアを使用して「どのくらいの期間で成果が実感できるんだ…」と悩む必要もなくなるはずです。

育毛剤の使用は決してゴールのないマラソンではありません。しっかりとゴールを設定して、焦ることなく育毛を行っていきましょう。

他の育毛剤と比較しても効果が現れるのは早い!

ヘアサイクルの関係で育毛には一定期間かけなければなりませんが、キャピキシルやピディオキシジルといった最先端の成分を業界トップの濃度で配合していることも考慮すれば、他の育毛剤よりも早く効果を得ることができるかもしれません。

また、フィンジアでは、購入30日以内で効き目を実感できない場合は全額返金するというサポートを行っております。育毛剤は安いものではないので、このサポートは非常に心強いですよね!

ただ、ここで注意していただきたいのは30日以内に髪が生えてくるというものではないということです。30日間という期間はあくまで頭皮の状態や髪の毛の質に良い変化が見込めるようになる期間であると考えておいた方が良いかと思われます。

ヘアサイクルなどの他にも意識すべきこと

フィンジアは薄毛や抜け毛の方にとって非常に心強い味方ですが、育毛剤だけに頼っていては髪は一向に生えてこないものだということを忘れないでください。

中でも特に注意していただきたいのが日々の生活習慣についてです。

暴飲暴食や睡眠不足などの生活習慣の乱れは、髪に対しても大きな悪影響を与えます。また、運動不足やストレスも薄毛や抜け毛を引き起こす原因になりかねません。

今回は、フィンジアという育毛剤と効果の見込める期間についてまとめたものでしたが、お役に立つ情報になっていれば嬉しく思います。

長期間使用するからこそ知っておきたいフィンジアなどの市販製品と発毛剤のち外

育毛剤を探している方々はフィンジアのような育毛製品、あるいは発毛剤やスカルプエッセンスといったケア製品をチェックしていると思われます。

これらのようなケア製品は育毛剤をはじめ、なんだかよく似た名前なので結局はどれも同じように見えます。

しかし効果はそれぞれで大きく異なるので、長期間使用するならどういった作用を持つのかよく理解しておく必要があります。

市販と育毛剤と発毛剤は同じような効果を持つ製品じゃないの?

薄毛を改善するためいざインターネットで、育毛剤を探してみると実にいろいろな種類が存在することがわかります。

テレビや雑誌などで大きく宣伝されているような市販の育毛剤をはじめ、ほかにもスカルプエッセンスや発毛剤といった製品も存在し、同じケア成分を配合した製品なのになぜ細かい区別が付いているのだろうと不思議に思う人も少なくはないでしょう。

同じような製品に見えるがそれぞれが異なる効果を持つため区別される

フィンジアなどの製品はどれも薄毛による悩みを、改善するために使用するものであることに違いはありません。

しかしそれぞれによって異なる効果を有するために区別されているのです。

症状や配合成分によってはうまく効果が発揮されないこともあるため、育毛剤ごとの特徴について把握しておくことはとても重要であると言えます。

よってここからは似ているようで実は異なる特徴を持つ、フィンジアのような市販の製品と発毛剤の違いについて解説していきたいと思います。

フィンジアなどの市販の育毛剤が持つ主な効果は頭皮環境の改善と予防!そのため長期間の使用が必要となる

薄毛を改善するためのケア製品としては育毛剤をはじめ発毛剤やスカルプエッセンスなどが挙げられます。

通常ドラッグストアの店舗で購入できるのが、医薬部外品の育毛剤やフィンジアのようなスカルプエッセンスです。

とはいえフィンジアをはじめとした近年開発された製品は、通販限定である場合が多くなっています。

一般的なイメージでは薄毛を治すために使用されるのは育毛剤、という印象が強いと思われますが実のところ、ドラッグストアなどで販売されている育毛剤やスカルプエッセンスが持つ効果は、頭皮環境の改善や薄毛の予防といった意味合いが強いと言えます。

髪の毛が生えてくるかどうかはどうしても個人差が出てしまう

薄毛の方が総じて行う育毛は文字通り髪の毛を育てることであると言えます。育てるべき髪が無ければもちろん毛を育てることはできません。

店舗や通販で購入できるフィンジアのような製品は、有効成分を供給することで頭皮環境を整え弱った髪をより強く育てるためのものなのです。

そのため薄毛そのものを確実に改善できるかは個人差によると言えます。フィンジアを使用した場合も同様で全ての人に効果があるとは限りません。

この点が育毛剤やスカルプエッセンスと発毛剤が有する大きな違いであると言えますね。

フィンジアなどの市販製品は安全基準を優先して効果が調整されている

現在店舗で市販されている育毛剤のほとんどが医薬部外品かスカルプエッセンスに分類されます。

さらに言うとスカルプエッセンスはもっと厳密に言うと化粧品に属しています。

医薬部外品の育毛剤は厚生労働省が認可したものであり、市販される製品として安全に使用できると国が認めた成分のみが配合されています。

スカルプエッセンスは厚生労働省の認可を受けた医薬部外品ではありませんが、きちんと安全基準を満たした上で販売していますので、フィンジアも基本的に安全上の問題なく使用することができます。

市販されている育毛製品はほとんどの人が医師の指示なしで使用できるよう効果が緩く調整されています。

このことからフィンジアも長期間使用することで効果を発揮する製品となっているのです。

フィンジアは効果に個人差があるので長期間使う必要があるが発毛剤は確実な効果を持つ

フィンジアなどの育毛剤によって髪の毛が増えたという報告ももちろん多数存在します。しかし確実に発毛させるほどの効果は保証できないため、正確には頭皮環境が改善されたことによって、活動が止まっていた毛根が再び活性化して、髪の毛の成長が再開されたためであると言えるでしょう。

確実な発毛効果が期待できないなら、長期間使用する意味が無いのではと思われるかもしれません。

しかしフィンジアなどの市販製品には大きな副作用の心配が無いというメリットがあります。

それでは次に発毛剤の方はどのような効果や特徴があるのかを見ていきましょう。

ミノキシジルを配合した発毛剤の効果は確実だが医師に処方してもらう必要がある

フィンジアのような市販の育毛剤では成分の作用が発揮されるのは個人差があり、髪が生えるかどうかも確実とは言えないという特徴がありました。

一方で発毛剤はより確実な効果を持っているのが大きな違いであると言えます。

発毛剤と育毛剤とではこれまた名前が似ていてとても紛らわしいので、区別がつかずに両者が混同されていることもままあります。

発毛剤として知名度が高いのはミノキシジルやフィナステリドといった成分を配合したものですね。

これらの発毛剤は一般的に医薬品とされているので、基本的にドラッグストアなどの店舗では提供されておらず、日本では医師から処方をしてもらうことで入手することができます。

発毛剤は専門のクリニックや病院AGAという脱毛症の治療のために提供されています。

医薬品タイプの育毛剤は発毛作用が認められているが副作用が大きい

このようにミノキシジルをはじめとした発毛剤は、医薬部外品や化粧品ではなく医薬品に分類される育毛剤だったのです。

AGAの治療になぜ医薬品タイプの育毛剤を使用するのかというと、AGAは特殊な症状で加齢やストレスによる薄毛とは原因が異なるからです。

こちらの場合は頭皮で作られる5αリダクターゼという酵素が、男性ホルモンと合わさってDHTという悪玉の男性ホルモンとなり、毛乳頭細胞を攻撃して薄毛を進行させてしまいます。

そのため頭皮環境を整えるだけの育毛剤では症状を改善させることができないのです。

さらにミノキシジルなどの発毛剤は、フィンジアとは反対に発毛作用が認められているほどの、とても高い効果を持ちますが大きな副作用が出る可能性があり、気軽に使用できるような製品では無いという特徴があります。

フィンジアは効果が出るまで長い期間かかるけれど副作用の心配がなくて安全に使える!

以上のようにフィンジアのように市販されている育毛剤やスカルプエッセンスと、発毛剤にはメリットとデメリットで大きく異なります。

フィンジアなどの製品は効果が緩やかなので長期間使用する必要がありますが、使い続けることによって徐々に頭皮や髪が元気になっていきます。

その代わり続けて使っても副作用が出る可能性はほとんど無いので、多くの人が気軽に購入して使用できる製品となっています。

健康に不安があるなら副作用の心配が無いフィンジアの方がおすすめかも

発毛剤は髪を生やすことができる反面デメリットとして副作用が出る可能性が高いと絵います。

症状としては軽いもので赤みや痒みが発生する程度ですが、低血圧症/心臓負担/循環器障害などの深刻な症状が出ることもあります。

元々が作用の強い医薬品ですので個人での使用は禁止されています。また血圧や心臓に不安のある方もおすすめできないと言えるでしょう。

しかし近年の研究で誕生したフィンジアは、開発メーカーの実験でAGAにも効果があることが判明しています。

よって人によっては医薬品を使わなくてもフィンジアで症状を改善できる可能性もあります。

副作用の心配がほとんど無く次世代の成分キャピキシルを配合したフィンジアであれば、これまでどの製品でも効果が無かったあなたの薄毛も改善できるかもしれません。