フィンジアは円形脱毛症にも効果があるのか?

マルバツのバーを持つ人

フィンジアと言えば、様々な症状の薄毛や抜け毛に効果があると口コミで人気のスカルプエッセンスです。

ただ、これはAGA(男性型脱毛症)などの症状に対しての口コミであることがほとんどで、フィンジアが円形脱毛症のような症状に対して効果があるのかという情報は少なくなっています。

今回は、円形脱毛症にもフィンジアは効果的なのかということをその原因や症状から詳しく解説します。

目次

円形脱毛症の原因とは?

円形脱毛症の原因として現在最も有力視されているのは自己免疫疾患です。

自己免疫疾患とは、雑菌などの外部からの侵入してきた異物を攻撃して私達の身体を守ってくれる免疫系の機能が、何らかの原因で自分の身体の一部を攻撃し始める疾患。

これによって、免疫系が頭皮に眠る毛根を攻撃し始めるので、一部分だけ髪が抜けてしまうわけです。

自己免疫疾患はどうして起こる?

円形脱毛症を引き起こす自己免疫疾患。では、なぜ自己免疫疾患は起こるのでしょうか?

疲労や感染症など考えられる原因はいくつかありますが、最も大きなものはやはりストレスでしょう。

また、人間の身体はストレスを受けると交感神経に異常が起こると、血管が収縮して血流が悪くなります。髪が成長するための栄養は頭皮の血管を通して届けられるので、血流が悪くなると髪が抜けたり髪が中々生えてこなかったりすることにつながるのです。

その他に考えられる原因

ストレスからの自己免疫疾患は円形脱毛症の大きな原因です。

しかし、この症状に悩む全ての方の原因がここにあるというわけではありません。

ここでは、ストレスからの自己免疫疾患以外に考えられる円形脱毛症の原因をご紹介します。

アトピー性疾患に原因がある場合

アトピー性疾患とは、アトピー性皮膚炎・気管支炎・アレルギー性鼻炎のいずれかを患っている方のことを指します。

この症状は先天的にアトピー素因を持っている場合に起こる場合が多く、家族などがこの素因を持っている場合は自身も持っている場合が多くなっています。

また、症状は先天的なものだけではなく、後天的に現れる場合もあるため、生まれながらにアトピー性疾患ではないからといって決して油断はできません。

遺伝に原因がある場合

円形脱毛症についての研究によると、「症状を発症している方の血縁者は、一般と比べて症状を発症する割合が高い」という結果も発表されています。

現段階では円形脱毛症になる遺伝子などは見つかってはいませんが、研究結果から遺伝的要素も関係していると考えて良さそうです。

ホルモンバランスに原因がある場合

女性の場合は妊娠や出産などを通して、体内の女性ホルモンが大きく増減します。

女性ホルモンは、髪が生えるためには非常に重要な役割を果たしているため、このホルモンバランスが乱れることによって急に髪が抜けるということも実はよくあることなのです。

フィンジアは円形脱毛症にも対応できるのか?

キャピキシルやピディオキシジルなど、最新のスカルプケア成分を配合しているフィンジア。

口コミなどでAGA(男性型脱毛症)患者にも効果的と人気のフィンジアですが、果たして円形脱毛症の方にもその効果を発揮するのでしょうか。

ここでは、 フィンジアがそれぞれの原因に対してどの程度効果があるのかを、◯・△・×の三段階で評価しています。

ストレスによる自己免疫疾患が原因の場合:×

自己免疫疾患の場合はその原因を取り除かなければ、抜け毛の進行を止めることは難しいでしょう。

しかし、自己免疫疾患の原因はストレスにある場合が多く、ストレスとなっている元を取り除くしか改善方法はありません。

そのため、ストレスが原因の自己免疫疾患には、フィンジア及びそれ以外のどれだけ効果が強力な育毛剤も効果を発揮することはないでしょう

アトピー性疾患が原因となっている場合:△

アトピー性疾患の方は症状の現れ方によっては使用を控えたほうがいいかもしれません。

なぜなら、頭皮に傷がある場合や肌が極端に弱い場合には、フィンジアに含まれているアルコールなどが原因で赤みや痒みを引き起こす可能性もあるからです。

ただ、アトピー性疾患の症状がそこまで酷くない場合にはフィンジアは充分に効果を発揮してくれるでしょう。

遺伝が原因となっている場合:△

「遺伝が原因となっている場合には、対処のしようがないんじゃないの?」

と考える方もいらっしゃるとは思いますが、フィンジアは予防にも効果を発揮するスカルプエッセンスとなっています。

たしかに、症状を発症した後は対処も難しくなりますが、血縁者に円形脱毛症の方がいる場合には早くから予防を行なうことで、遺伝に打ち勝つことも充分に可能となっています。

ホルモンバランスに原因がある場合:◯

フィンジアには、アカツメクサエキスという成分が配合されていますが、この成分にはビオカニンAというイソフラボンの一種が含まれています。

イソフラボンが豊富に含まれているものと言えば、真っ先に大豆が思い浮かぶ方も多いですよね。しかし、このアカツメクサエキスにはイソフラボンが10倍~20倍含まれていると言われています。

イソフラボンは体内で女性ホルモンに似た働きをする成分としても有名なので、ホルモンバランスに原因がある方に対しては高い効果を期待できると考えることができるでしょう。

フィンジアにも対処できるもの・できないものがある

フィンジアは、様々な薄毛や抜け毛の症状に対して効果的な万能スカルプエッセンスと言われています。

しかし、円形脱毛症に関してはその原因によって、効果を期待出来るものとあまり効果を期待できないものがあるようです。

円形脱毛症と一言に言ってもその原因は異なるので、フィンジアの購入を検討されている方は自身の症状の原因をしっかり把握して、フィンジアが本当に効果的なのかを確かめてから購入するようにしましょう。

フィンジアは育毛効果を持った化粧品!円形脱毛症などの症状を抱えている人ほど違いを把握しておこう

フィンジアは薄毛を改善させたいユーザーから大きな人気を獲得しましたが、ユーザーたちの多くはフィンジアを医薬部外品の育毛剤だと思い込んでいます。

実のところこちらの製品は医薬部外品ではなく化粧品です。しかし育毛成分が配合されていますので円形脱毛症などの薄毛症状に有効でないというわけではありません。

ここでは医薬部外品の育毛剤とスカルプエッセンスの違いについても詳しく解説していきましょう。

市販の医薬部外品と混同しがちだが厳密には化粧品

最新の成分を配合していることが話題となり薄毛の改善に大きな期待を集めているフィンジア。

円形脱毛症をはじめ抜け毛によるボリュームダウンや、AGAといった薄毛に悩まされている人に使われている製品と言えば育毛剤という認識があるため、フィンジアも医薬部外品の育毛剤と同じものであると思いがちです。

しかしこちらの場合は厳密に言うと育毛成分を配合した化粧品に分類されます。

スカルプエッセンスは化粧品と言えども育毛成分が配合されている

育毛成分を配合しているなら医薬部外品の育毛剤と変わらないのではと思うでしょうが、フィンジアのような育毛効果を持った化粧品である場合はスカルプエッセンスと呼ばれます。

市販されている育毛剤をはじめとしたスカルプケア製品には様々な種類があります。
そのためしっかりとそれらの違いを把握しておかなければ、円形脱毛症やAGAなどの特徴的な薄毛症状には充分な効果が発揮されないこともあります。

円形脱毛症の原因にも色々あるけれど育毛剤にも色々ある!フィンジアは他の育毛剤よりも効果に大きな差はある?

現在では非常に多種多様なスカルプケア製品が、薄毛や抜け毛に悩まされている人々のために販売されています。

髪のボリュームや抜け毛といった症状に使用する製品と言えば、昔から医薬部外品の育毛剤という認識がありましたが、近年では育毛成分を豊富に配合したスカルプエッセンスという製品が注目を集めるようになっています。

フィンジアもこのスカルプエッセンスに分類される製品であり、従来の育毛剤とは異なる特徴を持つ製品であると言えます。

育毛剤とスカルプエッセンス、どちらも成分の作用に大きな差は無い

医薬部外品の育毛剤とフィンジアのようなスカルプエッセンスは、同じように見えて明確に異なる特徴を持った製品であると言えるでしょう。

まずフィンジアが化粧品であると聞いて不安を覚えた方もいらっしゃるでしょう。

確かに化粧品として分類されるのは事実ですが、フィンジアに育毛効果が全く無いというわけではありません。
さらに言えば育毛効果において医薬部外品の育毛剤と大きな差があるというわけでもありません。

よって円形脱毛症においても選ぶ製品を間違えなければ、きちんと成分の作用は発揮されると言えます。
髪を育てる効果はどちらも同じく備えているのであれば、両者の決定的な違いとは何なのかさらに詳しく見ていきましょう。

市販の育毛剤とスカルプエッセンスは円形脱毛症にも効果を発揮する!フィンジアが従来の育毛剤には無い効果を持つ背景とは?

上記のようにフィンジアが化粧品に分類される製品であるとしても、市販の育毛剤に効果が劣るということは決してありませんのでご安心ください。

原因によって異なる場合もありますがフィンジアは円形脱毛症をはじめ、基本的に加齢や遺伝による薄毛など様々な症状に対応できる製品であると言えます。

化粧品であっても他の製品より大きく劣るわけでは無いなら安心して購入できますね。
それでは次に医薬部外品の育毛剤とスカルプエッセンスであるフィンジアの違いについて見ていきましょう。

医薬部外品は厚生労働省の規定に則って決められた成分のみを使用している

育毛効果の成分を配合した製品がどのようにして医薬部外品と、スカルプエッセンスのいずれかに分類されるかは厚生労働省からの認可を受けているかいないかで決まります。

厚生労働省から認可を受けていない製品は医薬部外品として販売することができません。
医薬部外品の場合は厚生労働省が認めている成分が配合されており、認可されていない成分を使用するとルール違反となってしまいます。

規定の成分によって作られているため医薬部外品の育毛剤は、誰が使っても基本的に成分効果でも安全性が保証されています。

また厚生労働省から認可を受けていることで、成分の効果についてもテレビなどで大きく宣伝できるというメリットがあります。

とはいえ先ほども述べたように厚生労働省の認可を受けていないからといって、フィンジアの効果が医薬部外品よりも低いということではありません。

医薬部外品かスカルプエッセンスであるかどうかは、あくまで厚生労働省による認定や保証がされているかいないかアピールがしやすいかの違いに過ぎないのです。

フィンジアは最新成分を配合できるため医薬部外品よりも有利!円形脱毛症の改善効果もより期待できるかも!?

フィンジアのようなスカルプエッセンスでは厚生労働省が認可している成分以外のものも使用されています。

そのため当然厚生労働省認定の医薬部外品として販売することはできないのですが、それが必ずしもデメリットとなるわけではありません。

医薬部外品として販売するためには厚生労働省が認可している成分だけしか使用できないので、それはつまり新しく開発された成分であっても使用できないということになります。

しかしフィンジアのようなスカルプエッセンスの場合は医薬部外品よりも規定が緩いので、最新の成分を配合し今までにない効果を持った製品として開発されているというメリットを有しています。

これまでの育毛剤で効果が実感できなかった人はフィンジアがおすすめかも

よってスカルプエッセンスに分類されるフィンジアはより革新的な技術や、育毛効果を持った成分を使用した上で開発された製品であると言えるでしょう。

さらにフィンジアは副作用の心配が無いキャピキシルが主成分となっているほか、無添加/無香料のスカルプエッセンスとなっておりより多くの人が使用できる安全性も配慮しています。

従来の育毛剤のように医薬部外品では無いフィンジアが、円形脱毛症やAGAにかかっている人たちの間で売り切れが続出するほど人気なのも頷けるというものです。

これまでの育毛剤がイマイチであったという人は、最新の成分を取り入れたフィンジアを使用してその効果を実感してみてはいかがでしょうか。

▼魔娑斗選手も愛用▼