AGAにも効果的!フィンジアで薄毛や抜け毛を抑制しよう!

鏡で自分の髪を見て驚く男性

育毛剤への関心は年々高まる傾向にあり、その効果も昔に比べて高くなっています。フィンジアもそんな育毛剤の1つです。

しかし、薄毛に育毛剤が効果的だということは知っていても、薄毛の原因や育毛剤が薄毛に対してどんな効果があるのかといったところまでは知らないという方も少なくありません。

そこで、人気の育毛剤フィンジアを例に出して、薄毛の原因や薄毛に対して育毛剤がどのように作用するのかをご説明します。

目次

フィンジアは知っているけどAGAってなに?

「そもそもAGAってどんなものなの?」

このように考えていらっしゃる方も多いとは思うので簡単にお答えします。

まず、AGAの正式名称はAndrogenetic Alopeciaで「男性型脱毛症」のことです。思春期を迎えた男性であれば誰でも発症する可能性があり、歳を重ねるごとに生え際や頭頂部の髪が薄くなり始めてしまいます。

一般的に、遺伝や男性ホルモン、生活習慣などが原因として考えられていますが、最大の原因はその中でもやはり男性ホルモンの影響だと説が濃厚です。

薄毛や抜け毛が進行する仕組みとしては、皮膚内で毛髪を作り出す「毛包」が完全に成長しないため、髪の毛がしっかりと育たないうちに抜けてしまうというもので、薄毛の進行に鈍感な人はいつのまにか髪の毛がなくなってしまったということもありえます。

しかし、この症状に見舞われても毛包がなくなることはなく、毛包が残っている限り髪の毛がまた復活の時を迎えられる可能性は充分にありますのでご安心ください。

薄毛に悩まされている人は日本人の3人に1人

20代~50代の日本人3人に1人は薄毛に悩まされています。つまり、今現在、全国で1,260万人もの人が薄毛に悩まされています。しかし、そのうち自身の薄毛について関心を持っている人は800万人、何らかの処置を行っている人は650万人しかいません。何の処置も行わなければ薄毛は常に進行しています。

関心を持たずに放っておくといつの間にか手遅れになってしまうこともあるのです。そのため早めの処置が大切になってきます。

AGA治療の経験者から学ぶ!フィンジアの効果

薄毛に悩みを抱くようになる人の年齢は様々で20代前半からAGAに悩まされる人もいれば、30代になって悩む人もいます。

いつの時代になっても薄毛は人々の天敵。そんな天敵との戦いに勝利を収めた人たちに聞いた、フィンジアの効果を経験談としてまとめてみました。

両親は二人ともフサフサなのにまさか自分がなるとは…

「まさか自分が薄毛に悩まされるようになるなんて…このまま薄毛が進行していくのはどうしても嫌で、まだみんなにバレていない今から対処することにしました」(20代男性)

この男性は育毛剤選びを入念に行っているなかでAGAに効果のあるフィンジアを選ぶことにしたそうです。

最終的には見事育毛に成功し、ふさふさな髪の毛を手にしました。

フィンジアにして良かったという声も多い

「私は女性なのですが男性ホルモンが多いらしく、20代の頃から薄毛に悩まされていました。育毛剤を使っている男友達に何気なく育毛剤の話を聞き、男性ホルモンを抑制する効果のあるフィンジアを試しに3ヶ月使用してみました。正直最初は半信半疑で効果についてもあまり期待はしていませんでしたが、徐々に髪の毛が濃くなってきました。本当に嬉しかったです」(30代女性)

この女性は今でもフィンジアを継続して使用しているようです。

フィンジアがAGAに対する抑制効果

抜け毛を抑制、そして発毛の促進する二段構えがAGAに対する正しい対処法です。

そして、フィンジアはこの対処法に基づいた育毛理論のもとで製造されています。

具体的には、フィンジアにはキャピキシルとヒオウギエキスが配合されており、これらには5αリダクターゼという酵素の働きを抑える力があります。この5αリダクターゼはAGAの主な原因となる悪玉男性ホルモンを生み出す存在なので、働きを抑制することによって薄毛や抜け毛を改善することが可能です。

また、ピディオキシジルなど発毛を促進する成分もきちんと含まれているので、抜け毛抑制と発毛をダブルで行なうことができます

薄毛で悩んでいたあの時の自分とお別れ

育毛剤が発達した今、ただ髪の毛が抜けていくのを黙って待っているだけの時代はとっくに終わりました。せっかく、育毛剤による薄毛治療が発展してきているのですから、それを最大限有効に使っていつまでも健康な髪の毛を保ちましょう。

また、フィンジアを使って手に入れれるものは健康で丈夫な髪の毛だけでは決してありません。日々の生活において自信という大きな活力を手にすることができます。

その活力は今後あなたの人生をきっとより豊かにしていくことでしょう。

フィンジアを購入して薄毛治療を始めることで、AGAとの長きに渡る戦いを今ここで終わらせて堂々と町を歩けるようになりませんか?

AGAに効果的と聞くけれどフィンジアで本当に改善できるか不安

育毛に関する製品は様々な種類に渡りますがその中からベストな選択をするには、自分が発症している薄毛の原因を把握し症状に合ったものを選ぶことが重要です。

フィンジアは次世代の成分を配合しているスカルプエッセンスであり、とくにAGAによる薄毛に効果的であるとされています。

また頭皮環境を改善する成分をほかにも複数配合していますので、髪が弱っていると感じる方にもおすすめとなっています。

このようにフィンジアは薄毛の悩みに最適な育毛製品であると言えますが、薄毛の症状について把握しないままでは育毛作用が充分に発揮されない可能性もあります。

配合している成分は製品によって様々!使う人によっては作用しないことも?

それぞれの育毛製品は開発メーカーが独自のコンセプトを立てた上で、どんな成分を配合するのかを決めているため特定の症状には、成分が持つ作用が上手く発揮されないこともままあります。

フィンジアもまたこの世に存在する、全ての有効成分を配合しているわけではありませんので、使う人によってはフィンジアの効果を実感できない可能性もあると言えます。

ここからはフィンジアが自分にマッチする製品であるか知りたい人のために、どのような症状に効果的であるのかについて解説していきたいと思います。

育毛剤は大まかに4つのタイプに分けられる!男性ホルモンを抑制するフィンジアはAGAにも効果的

上記でも説明しましたが、フィンジアをはじめとした育毛製品に配合されている成分は各製品により異なります。

よって製品によっては対応できる症状もあれば、対応できない症状もあるということを知って留意しておかなければなりません。

このため製品によってはAGAに対して効果を発揮できない場合もあり、もし症状に見合った製品でないなら頭皮に付けてもあまり意味を成しません

ここではフィンジアをはじめとした育毛製品のタイプについてご紹介していきましょう。

男性ホルモンに作用する成分が配合されている育毛剤はAGAにも効果的

まず最初にご紹介するのは男性ホルモンに作用する成分が配合されているタイプの製品です。

こちらのタイプはAGAによる薄毛を引き起こす男性ホルモンの生成、あるいは作用そのものを抑制する効果が期待できます。

フィンジアにはアカツメクサエキスを含有しているキャピキシル、さらにヒオウギエキスなどが配合されておりこれらの成分も男性ホルモンによる作用をブロックします。

よって男性ホルモンによる脱毛に対処するのであれば、フィンジアは最適な効果を持つ製品でありベストな選択と言えるでしょう。

頭皮の血行を促進する成分が配合されている育毛剤は栄養供給も期待できる

次に挙げるのは頭皮の血行を促進する成分が配合されたタイプです。こちらのタイプとなる製品には頭皮の血行不良を改善する作用が期待できます。

とは言うものの血行を促進させる成分は、ほとんどの育毛製品に配合されている成分であり、成分表示でも必ずと言って良いほど見つけることができます。

これには髪の毛の栄養を運ぶのが血液であるという点が関わっています。髪は頭皮の毛細血管から栄養を得ているので、頭皮で血行不良が起こると髪の毛もだんだん弱ってしまうのです。

そのためフィンジアにも血行を促進するピディオキシジルなどが配合されています。

したがって頭皮の血行不良に悩んでいる方にもフィンジアは効果的であると言えるでしょう。

弱った頭皮と髪に栄養を供給する育毛剤は頭皮環境の改善におすすめ

さて3つ目は弱った頭皮と髪に栄養を供給するタイプです。たとえば髪の毛が細かったり柔らかくて切れやすかったりするというのであれば、頭皮環境が荒れているために髪にも充分な栄養が届いていないことが考えられます。

とくに髪の毛を生やすあるいは成長させるのに必要な、毛乳頭細胞の働きが無くなると髪が弱って抜けやすくなるほか、新しい髪が生えてくるのも困難な状態になってしまいます。

こういった症状にも育毛剤の成分は有効であると言えます。脱毛が起きている場合はAGAである可能性も考えられますが、特に髪が減るというのでなければフィンジアでなくても、天然由来の成分を豊富に配合した育毛剤などで改善が期待できるでしょう。

皮脂の過剰分泌を抑制する育毛剤はニオイやかゆみなども改善する

最後の4つ目は皮脂の過剰分泌を抑制するタイプです。頭皮から分泌される皮脂は地肌を外部の刺激から守るためにあります。

正常な分泌量であれば紫外線や乾燥からのダメージを軽減してくれるのですが、皮脂が毛穴から多量に分泌されてしまうと、逆に毛穴に詰まって酸素を吸収しにくくなります。

また毛穴に詰まった皮脂は酸化してニオイやかゆみなどの症状を起こす原因にもなり、頭皮の老化に繋がるほか毛穴に詰まっている皮脂が、有効成分の浸透を邪魔してしまうといったデメリットがあります。

これらの症状に当てはまるのはオイリー肌と呼ばれるケースです。皮脂が過剰に分泌されるので肌や髪がベタつきやすいという特徴があります。

自分がオイリー肌に該当する場合は皮脂の分泌を抑える育毛剤のほかに、オイリー肌専用のシャンプーや頭皮クレンジングなども検討すると良いでしょう。

フィンジアはAGAだけでなく様々な薄毛のケースに効果的であることが判明!

育毛製品が持つ効果はこのように4つのタイプごとに分けることができます。

どれも同じだと思っていた方々にとっては意外に感じられたのでは無いでしょうか。

4つのタイプに関して大体わかったところで、次はフィンジアが薄毛症状にどのような作用を持つのかについてより詳しくみていきましょう。

様々な成分が配合されているフィンジアにおいて主成分となっているのはキャピキシルとピディオキシジルです。

これらの成分はカナダの化粧品メーカーによって開発されたもので次世代の成分ならではの効果があると期待されています。

キャピキシルは男性ホルモンによる作用を抑制するのに最適

まずはキャピキシルですがこちらは植物由来のエキスが原材料となっています。副作用の心配はほぼ無いため高い効果を持ちながらも安全に使用することができます。

キャピキシルはアカツメクサエキスとアセチルテトラペプチド-3という物質によってできています。

そのうちアカツメクサエキスは男性ホルモンを抑制する作用を持ち、アセチルテトラペプチド-3は細胞修復力によって弱った毛乳頭細胞を活性化させる作用と持つとされています。

フィンジアが男性ホルモンによる薄毛におすすめとなっているのも、このキャピキシルの作用があるからとも言えますね。

ピディオキシジルは血行のほか毛母細胞の活動も促進する

続いてピディオキシジルですがこちらもキャピキシルと同じく育毛業界で大きく注目集めている成分です。

ピディオキシジルには毛細血管を拡張させ血流を促すことにより、毛母細胞をも活性化させて髪の毛をより強く育てる効果が期待できるとされています。

ミノキシジル誘導体とも呼ばれているようにミノキシジルと非常に似た成分なのですが、こちらも副作用の心配がなくさらに吸収率も優れていることから、キャピキシル同様にフィンジアの主成分として大きく期待が集まっています。

ほとんどの薄毛のケースに使用できるため使い勝手が良い!

ここまでフィンジアの効果を見ればわかるように、フィンジアはAGAに効果的と言えるほか、血行不良の改善や栄養供給にも最適であると言うことができます。

つまりフィンジアはほとんどの薄毛症状に適しているとも判断できます。

育毛は自分に合った製品を選ぶことが肝心ですが、フィンジアは多くのケースに対応できる万能さがあるため非常に使い勝手が良いと言えるでしょう。