1ヶ月では判断できない!フィンジアの効果が現れるまでの期間は?

悩むスーツの男性

フィンジアはキャピキシルとピディオキシジルが配合されており様々な薄毛の原因に作用するため、薄毛改善が期待できると評判とスカルプエッセンスです。

しかし口コミやレビューを見てみると髪の毛が生えたという人もいれば、生えてこなかったという人も見受けられます。

ただフィンジアのようなスカルプケア製品は長期間使用することで、有効成分による作用が発揮されますので地道な継続力が必要であり、生えてこなかったという人は早期に諦めてしまったというパターンが多く見られます。

今回は一体どれくらいの期間フィンジアを使えば効果が発揮されるのかについて解説していきたいと思います。

目次

フィンジアの効果は短期間では発揮されない!薄毛改善のために知っておきたい髪が成長する仕組み

ネットで育毛剤の口コミを見ていると使ってから1週間ほどで髪が生えてきた!という声もたまにありますが、正直言って使ってから1週間で髪が生えるというのはほぼ無いと考えておいてください。

1週間くらいで効果が出るんだと思ってフィンジアを使ってしまうと、大きな期待とは裏腹に落胆してしまう結果になるでしょう。

なぜならフィンジアはそのような短期間で発毛効果が現れるような製品では無いからです。

薄毛を治すなら必ず知っておきたいヘアサイクルの知識

フィンジアを使う前に必ず知っておきたいこととしてヘアサイクルというものがあります。

髪の毛はヘアサイクルに基づいて成長していきます。ヘアサイクルとは簡潔にいうと髪の毛が生えて抜けるまでの周期を指します。

ヘアサイクルは新たな髪が生えて伸びてゆく成長期、徐々に髪の毛の成長が鈍くなる退行期、そして完全に成長が止まってあとは抜けるだけの休止期があります。

スカルプケア製品を使っても最初のうちは抜け毛が減る程度

頭皮に生えている髪の毛の全てがこのヘアサイクルに従って、生えては抜けることを繰り返しているわけですが、フィンジアなどのスカルプケア製品を使うことで成長が早まるということはありません。

新しい髪の毛が生えてくるまでは必ず3ヶ月から4ヶ月ほどの日数がかかります。

よって早いうちに有効成分の作用を実感できるとすれば、まず抜け毛が減るくらいだと思われます。

フィンジアの効果が出て来るまで平均的にどれくらいの期間がかかるのか

このように髪の毛が生えるにはヘアサイクルが基盤となっているので、育毛をする際にはまずこのヘアサイクルを理解しておく必要があると言えます。

薄毛になっている頭皮は明らかにヘアサイクルが乱れているので、まずは髪の毛の成長サイクルを元に戻す必要があり、フィンジアを使って改善していくことになるのですが、平均的にどれくらいの期間使用すれば効果が出てくるのでしょうか。

フィンジアには薄毛や抜け毛を抑制する効果はあるが髪の毛はヘアサイクルに従って生えてくる

フィンジアに含まれているキャピキシルとピディオキシジルは抜け毛を抑制し、弱った毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させ発毛を促す効果を発揮します。

またほとんどの薄毛の原因と言われる悪玉男性ホルモンDHTの生成も、抑制できることからAGAにかかっている人にも改善が期待できます

またフィンジアで使用しているキャピキシルやピディオキシジル他多数の有効成分は、ミノキシジルのように副作用の心配が無いという利点があります。

フィンジアにはこれらのようなメリットを持った製品ですが、上記のように髪の毛が生えるサイクルを変えることはできないので、最低でも3ヶ月から4ヶ月は使用する必要があります。

毛根のヘアサイクルが戻るまでの時間も考慮すると効果が出るまでは平均的に6ヶ月間かかる

薄毛は乱れたヘアサイクルを元に戻した上で改善できるものなので、まずは休止期の毛根を活性化させる必要があります。

またフィンジアを使ってどの部分の毛根が活性化するかは予測できません。

その上で毛母細胞を復活させそこから髪の毛が新たに生えてくるまでに、3ヶ月から4ヶ月はかかるということであれば、さらに時間がかかると見ておくべきでしょう。

早い人なら3ヶ月で効果が現れるかもしれませんが、それはあくまで早い場合でという予測に過ぎません。

休止状態だった毛根が復活するまでの時間を考慮すると、平均的には約6ヶ月ほどは必要であると考えられます。

髪が生えてくる仕組みと期間を理解した上でフィンジアの効果が出て来るのを待とう

フィンジアに限らずスカルプケア製品を使った口コミの中には、1ヶ月間使用して効果があるか無いかを判断してしまうパターンが多く見られますが、ヘアサイクルのルールがあるかぎり1ヶ月間程度の期間で、判断を下すのは現実的に不可能であると言えます。

そもそも全ての人に効果があるスカルプケア製品など存在しないので、製品によって効果を得られる人もいれば得られない人がいるのも確かではあるのですが、上記のようにヘアサイクルがある以上フィンジアも6ヶ月間は使用しないと、本当に効果があるかどうかを判断することはできません

このように薄毛の改善は数日程度で行えるものではなく長い目で取り組む必要があります

頭皮環境も個人差があるので髪が生えてくる速さも異なります。

フィンジアを使用する際にも髪の毛が生える仕組みや、自分の頭皮環境を把握した上で腰を据えて薄毛改善に努めていきましょう。

フィンジアを使用する期間の中で最も効果が発揮される時間帯は夜だった!

ところで皆さんはどのタイミングでフィンジアを使用しているでしょうか?

育毛製品に含まれている有効成分の効果を発揮させるためには、毎日使用することが大前提となっていますが正しいタイミングで使用することもまた不可欠となっています。

フィンジアをはじめ多種多様な育毛製品が出回っていますが、いつ頭皮に付けるかのタイミングは一貫して効果を左右する重要な要素となっています。

育毛製品は誤った使い方をしてしまうと効果も落ちてしまいます。

しかし、正しい方法で使えば逆に効果をアップさせることもできるのです。

よって、フィンジアを付けるタイミングもとても大切なものとなっているので詳しく解説していきたいと思います。

夜はフィンジアの作用をアップさせる重要な時間帯である!

育毛製品は長期間使用するものですが、大抵の場合夜使用することが推奨されています。

また、フィンジアのように夜と朝2回に分けて使用するものもありますが、基本的に頭皮に塗布する最適な時間帯は夜となっています。

このように育毛剤を使用するタイミングは夜がベストとなっており、その理由は夜の時間帯に活性化する成長ホルモンが関係しています。

実は髪の成長において夜の時間帯は成長ホルモンと密接な関係にあるのです。

ゴールデンタイムに睡眠を取ることで髪の成長ホルモンが分泌される

意外に思われるかもしれませんが夜は髪の成長が活発になる時間帯でもあります。

髪の成長ホルモンが活性化する時間帯は午後22時から午前2時までの間となっており、育毛におけるゴールデンタイムとされています。

薄毛を改善しより健康的な髪を生やしたいならば、この時間帯までにベッドに入るだけでなく質の良い睡眠を摂る必要があるのです。

なぜなら髪の成長ホルモンは寝ることによって分泌されるからです。

起きたままでは充分な成長ホルモンが生成されないので、夜更かしなどしていては健康的な髪を生やすことはできないと言えるでしょう。

成長ホルモンが活性化する前に育毛剤を塗ることでより効果がアップ

以上のように髪の成長を促すホルモンは夜に分泌されることから、夜にフィンジアなどの育毛剤を使うことを推奨されているのも、成長ホルモンの働きと併せて育毛成分の作用を向上させるためです。

フィンジアやその他の育毛剤には育毛作用が期待できる成分が配合されているものの、その働きはとてもゆっくりなものとなっています。

市販の育毛剤は効果が緩やかになっていることもあり、夜のゴールデンタイムにおける成長ホルモンの活性化は見逃せない要素であると言えるでしょう。

長期間使用するなら尚気をつけよう!シャンプー後に付けるのはフィンジアの効果をより発揮させるためだった

フィンジアはもちろん育毛剤を塗る時間帯は、成長ホルモンが活発になる夜が最適となっています。

効果が現れるまでどれほどの期間を要するとしてもこのルールだけは変わりません。
しかし夜と言ってもどのあたりのタイミングで塗れば良いのかとなります。

最も適していると言えるのはお風呂から上がった後です。なぜならお風呂上がりの頭皮はフィンジアの有効成分が浸透しやすい状態になっているからです。

頭皮が汚れているとフィンジアの効果が半減する!?

フィンジアの説明書にもあるようにまずは髪を洗い、ドライヤーで髪を乾かした後でフィンジアを使用します。

なぜ髪を洗った後が良いかというと、頭皮は皮脂腺や汗腺が多いので思った以上に汚れやすい部位でもあるからです。

皮脂が毛穴に詰まっているとそれに邪魔されて有効成分が毛根まで届かないため、頭皮に上手く浸透させることができなくなります。

皮脂や汚れで毛穴が詰まったままの状態では、いくら薬液を塗布しても効果が半減してしまいます。

そのため、フィンジアの有効成分をより浸透させるには、頭皮をシャンプーで髪を洗ったあとの清潔な状態にする必要があるのです。

朝シャンプーすると逆に頭皮に必要な皮脂を落としてしまう

フィンジアは夜だけでなく朝も頭皮に塗布することが推奨されています。

夜はシャンプーしてから付けることになっていますが、それでは朝もシャンプーをしなければならないのでしょうか。

確かに頭皮を清潔にした上でフィンジアを塗布することが大切だと述べましたが、朝の場合は夜とは異なりシャンプーの必要はありません。

むしろ朝にシャンプーをするのはかえって、頭皮に余計な刺激を与えてしまうことになりますのでおすすめできないと言えます。

朝もシャンプーをしてしまうと今度は頭皮を外部の刺激から守るために必要な、皮脂や常在菌も洗い落としてしまうためです。

やむにやまれず朝にシャワーをする必要がある場合は、シャンプーは使わないでお湯だけで頭皮を洗うようにしましょう。

使用期間の中で徹底させたいポイント!さっそく実践してフィンジアの効果をアップさせよう

フィンジアの育毛効果をより発揮させるためにも、夜のシャンプーはかなり重要であることがおわかりいただけたと思います。

育毛を成功させるにはいかに有効成分を浸透させるかが重要と言っても過言では無いので、夜のシャンプーと早く就寝することは使用期間の中で、とくに徹底させるべき要素であると言えるでしょう。

また、お風呂上がりにフィンジアを塗布する際には、髪を濡らしたままではなくある程度乾かした状態にしておきましょう。

ドライヤーをするときは頭皮が熱くなりすぎないように気をつける

フィンジアを使用する前に髪を乾かしておくことにも重要な意味があります。

髪が濡れたままだと雑菌が繁殖する原因となり頭皮環境に悪影響を及ぼします。

よって、お風呂から上がったらそのまま放置せずすぐにドライヤーを使うことをおすすめします。

しかし、ドライヤーの温風は頭皮の乾燥も招きますので、冷風を使うなどしてなるべく頭皮を暖め過ぎないように気をつけましょう。

ドライヤーを使ったあとに頭皮を触って少しひんやりしているくらいが丁度良いです。

薄毛が進行している場合は頭皮環境も乱れているので、頭皮に余計な刺激を与えないように気を使うことが大事です。

最後に行う頭皮マッサージは有効成分の浸透力をアップさせる

髪を適度に乾かしたまさにこの状態がフィンジアを塗る最適のタイミングであると言えます。

そしてもう一つフィンジアの効果を引き出すのに欠かせないのが頭皮マッサージです。

マッサージすることで頭皮の血行が促進されフィンジアの育毛成分を、毛根までしっかりと浸透させることができるためです。

頭皮をしっかりと洗ってもこの頭皮マッサージをサボってしまう人はかなりいます。

しかし有効成分の効果を上手く引き出したいなら是非やるべきであると言えるでしょう。

長時間マッサージする必要はなく5分ほど頭皮をもみほぐすくらいで大丈夫です。

これらのような時間や手順に気を使うことで、フィンジアの効果をより確実にアップさせることができます。フィンジアを使うなら是非今日から実践してみてくださいね!