AGAには3タイプある!?フィンジアはどのタイプに効果があるのか

指を3本立てる女性

フィンジアは一般的に専門的な治療が必要とされるAGAの症状にも効果があるとされています。

薄毛になった人のほとんどがかかっていると言われているほど、非常にメジャーな症状なのですが実は様々な種類に細分化されているという厄介な側面も持ちます。

フィンジアはミノキシジルをも上回る効果を持つ次世代の成分が配合されているものの、自分がどの薄毛の種類に該当するかを知っておくことも大切です。

今回はフィンジアユーザーの多くを悩ませているであろうAGAの種類とタイプ別の原因についてご紹介していきたいと思います。

目次

フィンジアえを使っているほとんどの人がAGA!?

日本人男性の4人に1人が男性型脱毛症であると言われているので、フィンジアを使っている人のほとんどがこの症状にかかっていると言っても過言ではありません。

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれ単に髪が薄くなる症状のことを指すもの、だと思いがちですが実は人によって進行の仕方が違います。

以下ではまずどのようなタイプがあるのかについてご紹介していきたいと思います。

薄毛の進行パターンはM字型/O字型/U字型の3タイプ

最初にご紹介するのはM字型と呼ばれる進行タイプです。こちらは生え際から薄毛が進行していくというもので、前からおでこが広くなっていくという特徴があります。

そして、もう一つがO字型と呼ばれる進行タイプです。こちらは頭頂部から髪の毛が薄くなっていくタイプであり、つむじの周辺からハゲが広がっていきます。

最後はU字型と呼ばれる進行タイプで、A字型と言われることもあります。こちらはM字型のように生え際から後退していくのですが、中央部も巻き込んで全面的に薄毛が広がるほか、O字型と同時発症する可能性も比較的高いとされています。

進行の仕方が異なる3パターンの薄毛

男性型脱毛症の進行の仕方が人によって違うのは、3つのパターンから発生しているからだったのです。

同じくフィンジアを使っている人でも、それぞれ薄毛の進行の仕方が異なると思います。

またフィンジアが非常に多くの人に利用されているのも、これらの症状に効果的な有効成分が配合されているためであると言えます。

それにしても同じ症状なのに一体どうしてこのような現象が起こってしまうのでしょうか。

またフィンジアの有効成分は薄毛の3タイプそれぞれにちゃんと効果があるのでしょうか。

AGAが3タイプに分かれるのは発生原因が異なるから?

上記で述べたように男性型脱毛症にはそれぞれ異なるタイプがあることがわかります。

同じ薄毛の症状に分類されるのに、3つもの種類に分かれるとはなんとも不思議な話ですね。

それぞれの薄毛タイプの種類は原因も微妙に異なる部分があり、フィンジアを使うと同時に気をつけていきたいポイントがあります。

フィンジアの有効成分による効果を充分に発揮させるために、ここではAGAのタイプごとに進行の仕方が異なる原因について解説していきたいと思います。

M字型は5αリダクターゼの過剰分泌が原因

まずM字型の進行タイプから見てみましょう。こちらは生え際から髪が後退していくという特徴がありますが、それは脱毛の原因となる5αリダクターゼという酵素が生成されやすいのが生え際であるためです。

5αリダクターゼは男性ホルモンのテストステロンと結合すると、より強い男性ホルモンの作用を持つDHTに変性して毛包に対して強い刺激を与え弱らせてしまいます。

また5αリダクターゼが発生しやすい体質である場合もM字型が発症しやすい可能性があります。

O字型はストレスや偏食による栄養不足が原因の可能性もある

O字型の場合も基本的に髪が薄くなる原因は、5αリダクターゼによる男性ホルモンの過剰分泌にあると言えます。

もともと頭頂部は生え際に比べて5αリダクターゼの生成が少ない部分なので、本来は脱毛症の影響を受けにくい部位です。

もちろん5αリダクターゼの影響もあるのですが、もう一つ考えられるのは生活習慣による原因です。

たとえば強いストレスがかかることによって血管が収縮し髪の毛に充分な栄養が届いていない、あるいはジャンクフードばかりの偏った食生活や喫煙、ムリな食事制限なども薄毛の原因に繋がる可能性があります。

U字型は頭皮への負担が原因の可能性もある

U字型はM字型と似た症状で生え際が後退していきますが、U字型の場合は中央部に髪が残ること無く全体的にハゲることから、5αリダクターゼの発生範囲がより広いためであると考えられます。

また髪の毛をきつく引っ張るような髪型をしている場合も原因となる可能性があります。

男性だけでなく女性でも発症することがあるので要注意です。なるべく頭皮に負担をかけないことを心がけましょう。

フィンジアがAGAに効果的とされる根拠はDHTを抑制するキャピキシルが配合されているから

フィンジアは改善が難しいとされるM字型やO時型といった、男性型脱毛症の薄毛改善に効果があるとされています。

世の中にはフィンジアをはじめとしたスカルプエッセンスやミノキシジルのような発毛剤まで様々な種類がありますが、たくさん種類があるためにどれが男性型脱毛症に有効なのか判別しづらい面があります。

中にはAGAに効果が無い育毛剤もあるのにフィンジアが有効とされる根拠は有効成分にあります。

AGAは男性ホルモンが原因であるため、それを抑制できる育毛剤を使う必要がある

M字型やO時型の薄毛という特徴を持つ男性型脱毛症は男性ホルモンが原因となっています。

そのため改善させるには原因となる男性ホルモンに効果的な治療をする必要があり、男性ホルモンに対応する成分が入っていない育毛剤ではいくら頭皮に使っても意味が無いのです。

その点フィンジアには男性型脱毛症の原因となる男性ホルモンDHTの働きをブロックするキャピキシルという成分が配合されているため、M字型やO時型の薄毛改善にも期待が持てるとされています。

強い作用を持つDHTを作り出す5αリダクターゼの生成を抑制することが改善への道となる

男性型脱毛症の原因となるのはDHTという男性ホルモンなのですが、通常男性ホルモンは体毛にも必要な物質であると言えます。

しかし上記で述べたように頭皮で分泌される5αリダクターゼという酵素と結びつくと、より強い作用を持ったDHTという悪玉男性ホルモンに変化してしまい、これによる男性ホルモンの過剰分泌によって、ヘアサイクルが乱れてしまい充分に髪が育たないまま抜け落ちるなどの症状が発生するのです。

つまり男性型脱毛症を改善するためにはテストステロンをDHTに変化させてしまう、5αリダクターゼの生成を抑制することがカギとなります。

AGAに対して非常に効果的キャピキシルは、フィンジアのほか世界で注目される成分!

さてここからがお待ちかねのフィンジアに配合された注目成分についてです。

男性型脱毛症に効果的であるとされているフィンジアの主成分としてキャピキシルが挙げられます。

このキャピキシルはカナダの大手化粧品メーカーから近年生み出された次世代の育毛成分です。

キャピキシルを構成する成分にはアカツメクサエキスがあり、これが男性ホルモンに対して非常に有効な効果を発揮することがわかっています。

アカツメクサエキスに含まれるビオカニンAが5αリダクターゼの生成をブロック!

キャピキシルを構成するアカツメクサエキスにはビオカニンAという物質が含まれており、この物質はテストステロンを変化させる5αリダクターゼの分泌量を抑制する作用があります。

男性型脱毛症による薄毛の症状は男性ホルモンの過剰分泌によって進行するので、キャピキシルに含まれるビオカニンAが5αリダクターゼの生成をブロックすることで、男性ホルモンによる頭皮への影響を軽減することができるというわけです。

このビオカニンAの効果を見れば、フィンジアがAGAに有効であると言われるのも納得できる話ですね。

フィンジアにはキャピキシルの他にも植物性女性ホルモンとされるイソフラボンが含まれている

またフィンジアにはキャピキシル以外にも、5αリダクターゼの作用を抑制する成分が含まれています。

フィンジアに配合されている成分の一つであるヒオウギエキスはイソフラボンを含有しています。

イソフラボンはDHT発生の元となる5αリダクターゼとテストステロンの結合を阻むなど、男性ホルモンが持つ作用に対する効果を発揮します。

ヒオウギエキスに含まれるイソフラボンは植物性の女性ホルモンとも呼ばれており、男性ホルモンの影響を強く受けている頭皮に対しても有効であると考えられています。

フィンジアの主成分キャピキシルは実験の結果ミノキシジル以上にAGA大して効果を発揮する可能性を持つ!

カナダの化粧品メーカーで誕生したキャピキシルは、開発元による検証の結果AGAにとても効果的な作用を持つことが判明し、今世界中の育毛業界から注目を集めています。

これまで男性型脱毛症にいったんかかると、普通の育毛剤では改善できなかったため、専門のクリニックにかかるしか治療することができませんでした。

しかしキャピキシルが誕生してからは医薬品を使わなくても、フィンジアのような市販の製品でも男性型脱毛症を改善できる可能性が出てきました。

フィンジアの知名度を大いに上げたキャピキシルには、次世代の成分と言うに相応しい様々なメリットがあります。

ミノキシジルはかつて高血圧の治療に使われていた医薬品だった

従来のAGA治療に用いられてきた医薬品と言えばミノキシジルが最も有名です。
ミノキシジルは医薬品であるため一部を除き、フィンジアなどの市販の製品には使われていません。

例外としてはリアップシリーズが挙げられますが、こちらも安全のためにミノキシジルの作用はかなり緩やかに調整されています。

最も発毛が実感できる育毛剤として有名なミノキシジルは、もともと血圧を下げるための薬であり発毛は副作用の多毛症によるものです。

ミノキシジルが血管を拡げ増やすことで体の毛が増える副作用が起きる

育毛剤としてのミノキシジルが持つ作用は血管を拡張、あるいは増やすことによる血行促進です。

血管を広げることで血の流れがスムーズになり体中の毛根に栄養が届きやすくなります。

また髪の毛は血液から運ばれる栄養素を元に成長するので、血管が増えればそれだけたくさんの栄養を補給できるようにもなります。

その結果休止していた毛乳頭細胞が活性化し、以前よりも髪の毛や体毛が増えていきます。

血圧を下げるためにミノキシジルを服用した人たちに、多毛症の副作用が現れたのも血流が増えたことによるものであると言えます。

またミノキシジルは多毛症のほかに肝臓機能の低下や、心臓負担などの副作用も多く確認されており使用には慎重を要するというデメリットがあります。

開発メーカーの実験によりキャピキシルはミノキシジルよりも3倍高い育毛作用を持つことが判明!

さてフィンジアに含まれているキャピキシルですが、こちらは男性型脱毛症の原因そのものである5αリダクターゼの分泌をブロックすることにより、DHTによる脱毛を防ぐ効果を持ちます。

しかしキャピキシルが持つメリットはこれだけではありません。開発メーカーで行われた同じ細胞組織を用いた実験では、キャピキシルはミノキシジルの3倍高い育毛結果を叩き出しました。

つまりフィンジアにはミノキシジルよりも、遥かに高い育毛作用を持つ成分が配合されているということになるのです。

フィンジアに配合されたキャピキシルは副作用なし!性別を問わずAGAに効果を発揮する

フィンジアの公式サイトでも育毛効果がミノキシジルの3倍と言うような広告を目にしたことがあると思います。

そうなるとミノキシジルのように副作用があるのではと心配になりますが、驚くべきことにキャピキシルには多毛症や内臓機能の障害といった副作用の心配が無いのです。

さらに言えばミノキシジルは副作用のリスクが大きく、成人男性のみ使用可能となっていますが女性も安心して使用することができます。

よって男性がかかるAGAだけでなく女性のFAGAの治療にもフィンジアは最適であると言えるのです!

そのためフィンジアはより多くの薄毛に悩む方々におすすめのスカルプエッセンスとなっています。

フィンジアはAGAによる症状に全てに有効!

どのタイプの症状であってもAGAであることには変わらないので、基本的にはフィンジアを使うほか生活習慣の改善など対処法は共通しています。

フィンジアにはキャピキシルやヒオウギエキスなどの脱毛症の原因となる、5αリダクターゼやDHTを抑制できる成分が配合されているだけでなく、毛細血管を拡張させ血行不良を改善させる効果を持つピディオキシジルやフユボダイジュエキスなども配合されています。

フィンジアの配合成分は臨床実験でもAGAに有効であると立証されているので、様々な薄毛のタイプにも最適なスカルプエッセンスであると言えるでしょう。