フィンジアで頭皮にかゆみが発生するってホント?

両手で頭を押さえる女性

フィンジアでかゆみが発生するというのは本当です。しかし、これは全ての育毛剤に言えることでもあります。

そこで今回は、フィンジアでかゆみが発生する原因やその可能性が高い方について説明します。

フィンジアの購入を検討されている方は要チェックですよ!

目次

フィンジアでかゆみが発生する可能性があるのは本当

フィンジアを使用すると、頭皮がかゆくなる可能性があるのは残念ながら本当のことです。

ただし、この症状はフィンジアを使用した全ての方に表れるものではありません。つまり、あくまでもかゆみが表れる可能性があるというだけです。

頭皮の環境や体質には個人差があるので、こればかりは実際に使用してみなければ判断できません。

かゆみの原因はフィンジアに含まれる成分

フィンジアには薄毛や抜け毛に効果が期待できる成分がたくさん含まれています。そして、成分の中には薄毛や抜け毛の原因である血行不良に効果があると言われる成分なども多いです。

皆さんも、お風呂に入ったりマッサージを受けたりした時に、体がかゆくなった経験が一度や二度はありますよね。原理としてはそれと同じで、頭皮の血行が良くなることによってかゆみが発生しているのだと考えられます。

フィンジア以外にもほぼ全ての育毛剤がかゆみを引き起こす可能性を秘めている

薄毛や抜け毛の原因が血行不良なので、ほぼ全ての育毛剤には血行を促進するために何らかの成分が配合されています。そのため、フィンジアに限らず、ほとんど全ての育毛剤は使用によってかゆみを引き起こす可能性があるのです。

育毛剤を使用する以上、頭皮がかゆくなる可能性は切り離せないようですね。

成分以外でかゆみが発生している場合も少なくない

かゆみが発生するのは、フィンジアに含まれる成分に原因があることが多いです。しかし、それ以外にも頭皮の環境やアレルギーなどが原因によって痒みが発生することも少なくありません。

ここでは、フィンジアに含まれる成分以外の原因をご紹介します。

頭皮環境に原因がある場合にはかゆみが発生することがある

頭皮は非常にデリケートなため、少しのことで傷ができたり炎症を起こしたりします。

たとえば、シャンプーの際に爪を立てて髪をガシガシと洗っている方は、知らず知らずのうちに頭皮を傷付けている可能性が高いです。他にも、ワックスなどを毎日使用している方は毛穴が詰まり、炎症を引き起こすというケースもあります。

頭皮がこのような状態のときにフィンジアを使用すると、患部に薬剤が作用してかゆみを引き起こす可能性が高いです。

また、最悪の場合は傷口から化膿してしまうこともあるため、頭皮の環境が健康な状態かどうかきちんと確認してから育毛剤を使用するようにしましょう。

アトピー性皮膚炎やアレルギー性疾患など体質によってかゆくなることもある

アトピー性皮膚炎やアレルギー性疾患などの方が育毛剤を使用すると、成分が合っていない場合に頭皮がかゆくなることがあります。その中でも多いのが、育毛剤に含まれるアルコールによってアレルギー反応を起こしてしまうケース。アルコール成分は品質維持や殺菌効果のために含まれており、フィンジアにもアルコール成分が含まれています。

ただ、このようなことを受けて最近では、アルコール成分を極力カットした育毛剤も多いです。

使用前にかゆみが発生するのか確かめる確実な方法はない

体質などが人によって異なるため、育毛剤を使用前にかゆみが発生するのか確かめる確実な方法はありません。できるのは育毛剤に含まれている成分表記を見て、自分の体質に合っていない成分が含まれていないのかを確認することくらいです。

ただ、もし購入後に自分に合っていないと判断した場合に、お金が返ってくる保証がついている育毛剤もありますので、心配な方は保証つきの育毛剤を利用することをおすすめします。

フィンジアには30日間の全額返金保証が付いている

フィンジアは商品を購入すると30日間の全額返金保証が無料で付いています。これは、商品到着後30日間以内であれば、商品に支払った代金を全額返金してくれる制度です。

たっぷり30日間も試すことができるので、その期間内にかゆみが発生した場合は保証を利用すれば、支払ったお金を無駄にせずに済みますよ。

また、使用する際はいきなり頭皮に使用せず一旦腕などに使用して、時間をおいてアレルギー反応などが出ないかを確認することをおすすめします。

フィンジアでかゆみが発生する可能性はあるが対処法もある

フィンジアに限らず全ての育毛剤には、かゆみが発生する可能性があります。しかし、こればかりは実際に使用してみないことには判断できません

そのため、初めて育毛剤を使用するという方は保証が付いているフィンジアのような商品がおすすめです。フィンジアは30日間たっぷりと試すことができ、その結果もし自分に合っていない場合も保証があるので支払ったお金が無駄になることはありません。保証を利用しながら、かゆみが発生しないような自分に合った育毛剤を見つけましょう。

フィンジアも効果ある!?頭皮のかゆみを抑える方法をご紹介

頭皮にかゆみが起こる原因はなにもフィンジアに限った話ではありません。

フィンジアの成分が合わなかった可能性も否定できませんが、以前から使っているシャンプーが合わないなどの原因も充分に考えられます。

また一時的なものではなく慢性的に、起こる場合は薄毛のサインである可能性が高いと言えます。

よってかゆみが起こっている時点でなんらかの対処が必要になります。放置しておくとむしろ薄毛が進行する原因になりかねません。

フィンジアを使った人だけでなく以前から、頭皮のかゆみに悩んでいる人のためにその対処法についてご紹介していきたいと思います。

頭皮にも使える痒み止めの薬で乾燥や炎症を改善する

頭皮の痒みが起こった場合にまず手っ取り早い対処法としては痒み止めを使用することが挙げられます。

痒み止めは主にドラッグストアなどの店舗で購入することができます。通常そのような製品は体の皮膚に使用するイメージがありますが、ちゃんと頭皮に付けられるものも提供されています。

頭皮の痒み止めは地肌の痒みを止めるほか炎症や乾燥を改善してくれます。ほかにもフケを改善する効果がありますのでフケによる痒みがある方にもおすすめです。

アミノ酸など頭皮に優しい成分を配合したシャンプーに変える

頭皮の痒みをともなう症状はフィンジアが原因というよりも、日頃使用しているシャンプーが原因となっている可能性が高いと言えます。

シャンプーに配合されているアルコールや界面活性剤は、頭皮の保護に必要な皮脂や常在菌まで洗浄してしまうほど強い作用があり、それらの成分は頭皮に強い刺激を与えるほか乾燥による頭皮トラブルの原因にも繋がります。

またシャンプーはほぼ毎日使用するものなので、強い刺激物を配合しているものを使っているなら、シャンプーの見直しをただちに行いましょう。

刺激を受けやすい敏感な頭皮にはフィンジアシャンプーなどの、地肌に優しく保湿力のある成分を配合したものが適しています。

フィンジアなどの痒みに効く成分を配合した育毛製品を使用する

育毛製品は薄毛の進行を抑えるだけでなく頭皮環境を改善させる効果も有しています。

育毛剤をはじめとしたスカルプケア作用を持った製品は、大抵の場合頭皮の炎症を防ぐ成分が配合されています。

とくにセンブリエキスなどは多くのスカルプケア製品に配合されており、優れた血行促進効果のほかに痒みを防ぐ抗炎症作用/消炎鎮痛作用/抗酸化作用なども有しています。

もちろんフィンジアにもセンブリエキスが配合されています。よってシャンプーをしたあとにフィンジアを付けることも、頭皮の皮膚トラブルを改善させる効果が期待できると言えるでしょう。

シャンプー後の頭皮は最も乾燥しやすい状態になっています。ドライヤーなどで乾かしたあとはフィンジアなどの製品を使って地肌ケアを行っていきましょう。

ドライヤーの温風をなるべく多用せず頭皮の乾燥を抑える

ドライヤーは髪を乾かすのに必要ですが他にも、頭皮のコンディションを守るにあたって重要な意味を有しています。

シャンプーをしたあとの頭皮は乾燥しやすいと先程述べましたが、髪が濡れたまま放置する自然乾燥は逆に頭皮を乾燥させてしまい痒みの原因となってしまいます

よってドライヤーをすることは頭皮を余計に乾燥させないために必要な工程なのです。

ただし頭皮に負担をかけないよう正しい方法で乾かす必要があります。

ドライヤーの熱は地肌を乾燥させるもとになりますので、温風を多用するのではなく冷風で地肌の水分を飛ばすことを意識して乾かしましょう。

また低温ドライヤーや保湿効果のあるドライヤーを使用するのもおすすめです。

フィンジアに含まれるグリチルリチン酸2Kも頭皮のかゆみに効果的!

以上のように頭皮のかゆみを止める方法はいくつか存在しますので、自分に合った方法で改善させることも可能となっています。

フィンジアにも頭皮の炎症を抑える成分が豊富に配合されていますので、フィンジアそのものが痒みの原因でない場合であれば、頭皮ケアのために使用するという手もあります。

フィンジアにはセンブリエキスのほかにも頭皮トラブルを抑制する効果のある成分が配合されています。

ここからはかゆみの症状に効果的なフィンジアの成分について解説していきたいと思います。

育毛製品だけでなく化粧品など様々な用途で使われるグリチルリチン酸2K

フィンジアに配合されている痒みに効果的な成分としてグリチルリチン酸2Kが挙げられます。

またはグリチルリチン酸ジカリウムと記載されていることもありますが両者は同じ成分です。
グリチルリチン酸2Kもセンブリエキスと同じように、抗炎症作用があるほか抗アレルギー作用も有しています。

グリチルリチン酸2Kは漢方で使用される甘草という植物から抽出される成分です。

世界の様々な地域で古くから利用されている成分で、フィンジアのような育毛製品だけでなく化粧品や医薬品にも使用されています。

グリチルリチン酸2K は健康な髪を生やすための環境を整える!

このように化粧品などさまざま用途で使用されているグリチルリチン酸2Kは、育毛製品として使用される場合頭皮環境を整える効果が期待できます。

頭皮環境を整えることは健康な髪の毛を生やすのに、必要不可欠な条件であると同時に健康な頭皮を維持するのにも有効となっています。

よって痒みの症状が慢性的に起きるといった場合にも、グリチルリチン酸2Kの作用は非常に効果的であると言えるでしょう。

さらにフィンジアには血行を促進させる成分も配合されているので、頭皮をより活性化させる効果も期待できるでしょう。

雑菌の増殖をブロックして頭皮の不快な症状を抑える

グリチルリチン酸2Kは外部の刺激を受けやすい、乾燥肌や敏感肌の方の症状を改善するのにおすすめの成分です。

こちらの成分は殺菌作用も有しており、雑菌の繁殖をブロックすることによって痒みやフケなどの症状を抑える効果があります。

特に皮脂を分泌しやすいオイリー肌の場合、皮脂の過剰分泌が雑菌を繁殖させる原因となるため、頭皮のコンディションを保つのに役立つ作用であると言えるでしょう。

炎症が起きている場合はフィンジアが逆効果になるかも?

さらに主な作用の1つである抗炎症作用は、雑菌の繁殖による炎症を防ぐ効果があります。

頭皮の炎症は髪の毛を作り出す毛乳頭細胞や、毛母細胞を有する毛根にもダメージを与えます。

よって炎症にまで症状が進行している場合は早急に対処をしておかねばなりません。

炎症が起きている場合はフィンジアなどの市販製品を使用すると、逆にダメージを与える原因になってしまうことがあります。

よってフィンジアが有効となるのは痒みやフケが出る程度の段階までと留意しておいた方が良いでしょう。

グリチルリチン酸2Kは一般的な使用方法であれば副作用の心配はナシ

ちなみにグリチルリチン酸2Kは副作用が心配されるという説もありますが、それは体内に多量摂取した場合など限定された条件に限ります。

一般的に販売されている製品に含まれる量では副作用を起こす量には足りないのに加え、主に肌に塗布して使用するので体内に摂取するわけでもありませんので、市販の製品を使用しても副作用が起きる心配は無用と言って良いでしょう。

頭皮のかゆみが気になる方はフィンジアほか、この記事でご紹介した改善方法を是非検討してみてくださいね。