フィンジアとイクオスを併用する場合の相性を検証してみた

科学実験をする女性

スカルプケア製品で薄毛の改善を目指している方の中には、異なる製品を使用することでより効果が向上するのではないかと考える人もいます。

フィンジアは公式サイトからサプリシャンプーなどの派生商品も提供されているので、他の製品と併用できる可能性もあるように見えます。

フィンジアと同じく知名度の高い製品を使えば、より育毛効果がアップするのではないでしょうか!?

そこで今回はフィンジアと人気の育毛剤であるイクオスが併用に向いているかを検証してみたいと思います。

目次

イクオスはフィンジアよりも良好なコストパフォーマンスを備えている

なぜフィンジアと併用する育毛剤に、イクオスを選んだかというとコストパフォーマンスが良いというメリットがあるからです。

フィンジア自体も軒並み高価なキャピキシル配合の製品の中で、最も安く購入できるスカルプエッセンスと言えますが、併用することにより単品使用以上のコストがかかるのは避けられないので、比較的安価なものから探してみた結果イクオスが選ばれました。

定期コースでの購入でフィンジアを上回る驚きの低価格が実現!

フィンジアは定期コースで月9,980円で購入できます。それでは候補に上げられるイクオスの方はというと単品価格9,698円となっていました。

さらに定期コースでは定価より49%OFFという特典が付いており、5,980円という安価で購入することが可能です。

また、いつでも解約可能なので試しに一度使ってみたい、という場合には尚お得に利用できるというメリットがあります。

割引特典だけでなく長期間の全額返金保証も付いている!

さらに定期コースの特典として初回は49%OFFの他にも、45日間全額返金保証まで付いてきます。

ただし保証日数は商品を購入した日からとなっていますので、保証が適用できるのは実質42~43日ほどと考えておいた方が良いでしょう。

ちなみにフィンジアにも付いていますがこちらは商品が届いてから30日間の保証です。

実際には届いた日から保証を適用して欲しいものですが、フィンジアよりも10日以上余裕があるので許容範囲と言っても良いと思います。

配合されている成分から見るフィンジアとイクオスの相性は?

上記のようにコストパフォーマンスにおいては非常に良好であることが見受けられるので、併用する際にも経済的な負担をできるだけ軽減できる製品であると思われます。

次に確認しておきたいのはフィンジアと併用するにあたって相性が良いかどうかです。

それでは様々な条件からフィンジアとイクオスの相性について見ていきましょう。

同じような成分を配合しているなら併用する意味はほとんど無い

異なるスカルプケア製品を一緒に使用するにあたって、気をつけたいのは効果が被るものを選んでしまうことです。

たとえば同じような成分を配合した2つの製品を使うとします。配合されている成分が似通っているならもちろん効果もだいたい同じであると言えるでしょう。

そうなると同じ製品を使っているのと大差ないので、わざわざ2つ購入する意味がありません。

フィンジアで言うなら同じくキャピキシルとピディオキシジルを主成分としている、ボストンスカルプエッセンスは主成分が同じなので併用する意味はほとんど無いと言えます。

配合成分の数が多いため併用することで弱点を補える可能性もアリ?

以上のことを踏まえるとフィンジアと相性が良いのは、異なる成分や効果を持つ製品であると言えます。

その点で言うとイクオスは候補としては完璧とは言い難いかもしれません。

まずイクオスで挙げられるのはキャピキシルで、これらは薄毛の原因の中でも代表的な存在と言える5αリダクターゼを抑制します。

フィンジアにもキャピキシルは配合されています。他にもヒオウギエキスやビワ葉エキスなど共通する成分がいくつかありました。

しかしイクオスは近年大きなバージョンアップを果たし、60種類以上もの成分が配合されている製品として進化しています。

配合されている成分のどれかがフィンジアの苦手な部分を補える可能性も充分に考えれると言えるでしょう。

フィンジアとイクオスを使用する場合はタイミングにも注意!

この時点で言うならかなり効果が被っているとも取れますが、60種類以上と述べたとおり他にも多くの有効成分が配合されていますので、フィンジアの効果を補うことができるというパターンももちろん考えられます。

コストパフォーマンスも良いので併用する候補としては悪くないと思うのですが、一つ気になるのは使用するタイミングです。

異なる製品を一緒に使う場合は使用するタイミングが被らないようにする

通常異なるスカルプケア製品を併用する場合は、安全上それぞれ別の時間に使用することが推奨されています。

配合されている成分同士が混ざり合うことで、思わぬ反応が起きてしまうことも考えられるからです。

製品ごとに1回ずつ使用するのであれば、朝と夜に分けて使用することになりますが、フィンジアは朝と夜使用することを推奨されています。

よってどうしてもイクオスと併用したい場合は、毎日メインで使用する方と何日かおきに使用する方を明確にするなど、使うタイミングを工夫する必要があると言えるでしょう。

自分の症状や体質に合っているかも確認してから併用する製品を選ぼう

スカルプケア製品にはそれぞれ特徴があり配合されている成分、あるいはその人の症状によって効果が左右されることも多々あります。

知名度の高い製品を使っても効果が無いという場合は、自分の症状に合っていないあるいは体質との相性が良くないといったことも考えられます。

フィンジアを別の製品と併用する場合は上記のことを踏まえつつ、相性の良い製品を充分に検討した上で選ぶようにしてくださいね。

フィンジアとイクオスはAGAにも効果的!ところでAGAには色々な種類があるって知ってた?

皆さんはAGAがほとんどの薄毛の原因であるとされていることをご存知でしょうか?

AGAは成人男性の3人に1人は発症するとされており男性型脱毛症とも呼ばれています。

キャピキシルを配合しているフィンジアとイクオスは、どちらもAGAに効果的な育毛剤であると言えるでしょう。

ここでは現在フィンジアまたはイクオスを使っている人を悩ませているであろうAGAの種類と原因について詳しく解説していきたいと思います。

AGAには様々なタイプに分かれている厄介な脱毛症

単にAGAと言っても実は発症する薄毛のタイプは、人によって異なりいくつかの種類に分かれているのです。

薄毛になった人のほとんどが発症しているとまで言われるAGAは、最も代表的な脱毛症であると同時に対処法も独特なものとなっており非常に厄介です。

フィンジアやイクオスを使っている人が、かかっている薄毛にも色々なケースがあると思いますが、それはAGAを発症しているからであると言えるかもしれません。

以下ではまずAGAにどのようなタイプがあるのかについて解説していきましょう。

AGAの進行パターンは大きく分けてM字/O字/U字に分かれる

最初にご紹介するのはM字型に進行していくタイプの症状です。こちらは前部分の髪の生え際から髪が抜けていくというケースで、サイドの生え際からおでこが徐々に広くなっていくのでM字型と呼ばれています。

2番目はO字型に進行していくタイプの症状で、こちらは頭の真ん中から薄毛が進んでいくケースであり、つむじの周辺から円状に広がっていくのでO字型と呼ばれています。

そして3つ目はU字型と呼ばれるタイプで又はA字型と呼ばれることがあります。

こちらのタイプはM字型と同じく前部分から髪が後退していくのですが、U字型の場合は中央部から脱毛が進んでいくO字型と同時に発症する可能性が高いとされており、前だけでなく頭頂部も巻き込んで全面的に薄くなっていくこともままあります。

フィンジアなどに含まれている有効成分は3種類のAGAに効くのか?

このように人によって薄毛が進行するパターンが異なるのは、3つタイプに分かれているからであると言えます。

よって同じフィンジアを使っている人同士でも、それぞれで薄毛の進み方が違うこともあります。

全て同じAGAなのにどうして3つものタイプに分かれるのかとても不思議だと思いませんか?

また複数のタイプに分かれるのならばフィンジアと、イクオスの効果が効かないパターンもあるのではと心配になります。

果たして両者に配合された有効成分は、AGAそれぞれのタイプにちゃんと効果を発揮するのか見ていきましょう。

フィンジアやイクオスはちゃんと効く?3種類のAGAが発生する原因とは

AGAは今や日本人男性の3人に1人が発症していると言われているので、フィンジアまたはイクオスを使っている人の多くがAGAにかかっている可能性があります。

AGAは上記で述べたように3種類に分かれているのですが、それぞれのタイプごとに原因も微妙に異なるという特徴があります。

原因によっては日常的な習慣が問題となっている場合があるため、フィンジアとイクオスを使用すると同時に気をつけたいポイントが存在します。

有効成分による改善効果をうまく発揮させるためにも、AGAのタイプごとに異なる原因や注意点について解説していきたいと思います。

M字型は生え際に5αリダクターゼが多く分布することが原因に

まずは生え際から髪が後退していくパターンのM字型ですが、なぜ生え際から進行していくのかというとDHTの発生源となる5αリダクターゼが、他の部位よりも生成されやすいからです。

5αリダクターゼはテストステロンという男性ホルモンと結びつきDHTという、テストステロンより強い作用を持った悪玉男性ホルモンに変化します。

生え際は5αリダクターゼをたくさん生成する部位なのでDHTが過剰に生成されます。

DHTの作用で生え際のヘアサイクルが乱れM字型の薄毛が進行していくのです。

O字型はストレスや偏った食生活で髪の栄養不足が原因に

O字型である場合も基本的には髪が薄くなる原因は、5αリダクターゼの作用により男性ホルモンが過剰分泌されることであると言えます。

しかし頭頂部は元来5αリダクターゼの分布が少ない部位であるため、生え際に比べてDHTの影響を受けにくい部位となっています。

AGAでO字型を発症した場合は5αリダクターゼの影響のほかに、もう一つ考えられるのがストレスや生活習慣です。

精神的に強いストレスがかかると血管が収縮し、髪の毛に必要な栄養を頭皮から届けるのを阻害してしまいます。

または普段ジャンクフードばかり食べていたり、ダイエットのために無茶な食事制限をしていたりといった場合にO字型を発症する可能性があります。

U字型は5αリダクターゼの影響が強い複合型のAGA

U字型はM字型とよく似ているタイプであると言えます。初期の頃は生え際から薄くなっていくのでM字型と間違えやすいのですが、U字型である場合は生え際だけでなくO字型のように頭頂部も薄くなっていきます。

従ってU字型はM字型とO字型の複合タイプであると言えるでしょう。

またM字型は両サイドにかけて脱毛が進行していくので中央部分の髪は残りますが、U字型の場合はO字型の特徴も有しているので、全体的に脱毛していくのが特徴でると言えます。

これは5αリダクターゼの発生と影響が、より広い範囲に及んでいるからであるとされています。

また髪の毛をきつく引っ張るような、頭皮に負担のかかる髪型をしている場合も原因になる可能性があります。

どのAGAでもフィンジアとイクオスは効果アリ!キャピキシルのほかにも効果的な成分が豊富!

以上のような3タイプに分かれているAGAですが、主な原因は5αリダクターゼであるものの、生活習慣が原因になっているなどそれぞれに異なる特徴を持ちます。

しかしどれもAGAの一種ですのでフィンジアとイクオスの効果も共通しています。

よってM字型/O字型/U字型どのケースであっても、フィンジアとイクオスに配合された成分の効果が期待できるということです。

フィンジアは臨床実験でAGAに有効であることが確認されている

とくにフィンジアはキャピキシルやヒオウギエキスなど、5αリダクターゼの働きを抑制する成分を豊富に含有しています。

また毛細血管を拡張させ血行を促すピディオキシジルほか、同じく血行に効くフユボダイジュエキスも配合しています。

フィンジアのAGAに対する効果は臨床実験でも立証されているので、様々なAGAによる症状に悩まされている方には最適なスカルプエッセンスであると言えますね。

もちろんイクオスにもAGAをはじめ薄毛に効果的と言える成分が、多数配合されており薄毛の改善が期待できます。

しかし次世代の有効成分を試したいという方であれば是非フィンジアを試していただきたいと思います!