フィンジアはスカルプエッセンス!育毛剤と何が違うの?

首を傾げる女性

首を傾げる女性画像

薄毛に悩んでいる人の間で現在トップクラスの人気を得ているフィンジア。

薄毛の人が使っているとなれば真っ先に思い浮かべるのは育毛剤ですね。

しかしこちらの製品は厳密に言うとスカルプエッセンスに分類されます。

どれも同じじゃないのかと思いがちですが、実はこういったフィンジアをはじめとしたスカルプケア目的の製品には様々な種類があるので、しっかりとその違いを把握しておかないと満足な効果を得られないこともあります。

今回はフィンジアについて正しい認識を得るために育毛剤とスカルプエッセンスの違いについて詳しく解説していきたいと思います。

目次

勘違いしやすいけれどフィンジアは育毛剤ではありません!

薄毛や抜け毛が気になっている人のために現在は、数多くのスカルプケア製品が販売されています。

昔から使用されている製品の中でも代表的なのが育毛剤ですが、近年ではスカルプエッセンスという製品が徐々に注目を集めてきています。

フィンジアもまたこのスカルプエッセンスに分類される製品です。

つまりフィンジアは育毛剤ではないということですね。

どちらも育毛効果があり効果の大きさに差があるわけではない

育毛剤とスカルプエッセンスは明確に異なる製品であると言えます。

フィンジアのようなスカルプエッセンスは化粧品の一種として扱われています。

とはいえフィンジアに育毛効果が無いというわけではありませんのでご安心を。

また育毛効果に大きな差があるということもありません。

育毛効果は両者とも同じように有しているとしたらその違いは一体なんなのでしょうか。

育毛剤とフィンジアが属するスカルプエッセンスは何が違うのか

フィンジアにちゃんと育毛効果があると分かってほっとした人もいるのではないでしょうか。

それでは育毛剤とフィンジアが属するスカルプエッセンスの違いについてより詳しく見ていきましょう。

厚生労働省認可の医薬部外品だと最新の成分が配合できない!?

育毛剤とスカルプエッセンスのどちらに分類されるかは、厚生労働省からの認可を受けているかいないかで決まると言えます。

育毛剤の場合は厚生労働省規定の成分が配合されていることから、成分の効果や安全性がより保証されていると言えます。

また認可を受けているので医薬部外品として販売することができます。

一方でフィンジアのようなスカルプエッセンスは厚生労働省が定めた医薬部外品ではないものの、その分規定の成分以外も使用することができるため、最新の有効成分も配合することが可能な製品であると言えます。

医薬部外品として販売することで製品の効果を堂々とアピールしやすくなる

厚生労働省からの認可を受けることで医薬部外品として販売することができる分、成分の効果についても堂々と宣伝することができるようになるというメリットがあります。

しかし厚生労働省から認可を受けていないからといって、フィンジアの効果が医薬部外品よりも劣るということではありません

あくまで厚生労働省による保証が付いているかいないかの違いであり、それがあるからこそ消費者にアピールしやすくなるだけに過ぎません。

フィンジアは医薬部外品として販売されている育毛剤には無いアドバンテージがある!

よって厚生労働省からの認可があるか無いかという違いを除けば、育毛剤もスカルプエッセンスも育毛目的で使用する製品であるという点では同じであると言えます。

しかし厚生労働省の認可を受けるには定められた基準をクリアしなければならず、そのためには国が規定している成分しか配合できないといった縛りが発生します。

フィンジアのようなスカルプエッセンスは、それらのような縛りによるデメリットを受けないため、いち早く最新の有効成分を配合できるという大きなアドバンテージがあります。

スカルプエッセンスである場合は新しい成分を取り入れやすい

つまりスカルプエッセンスは厚生労働省が定めた成分以外のものも配合して、より高い効果が期待できる製品として開発されているため、フィンジアも最新の有効成分をいち早く取り入れることができたと言えます。

厚生労働省からのお墨付きをもらっていれば、より堂々と消費者にアピールできるというメリットがあるのですが、国が規定しているルールを厳守する必要があるため、高い効果を期待できる成分なのに多くの量を配合できない、認可されるかどうかの審査が完了するまで半年から1年までの時間がかかるなど、開発段階でかなりの制約がかかってしまいます。

しかしスカルプエッセンスである場合は、厚生労働省の認可を受けるための審査を前提としない分、より革新的な方針を取った上で製品を開発することができます。

長年薄毛に悩んでいる人ほど従来の育毛剤よりもフィンジアがおすすめ!?

よってスカルプエッセンスに分類されるフィンジアもまた、消費者が使用できるよう安全性を保ちつつ、最新の技術や成分が投入された製品であると言えるのです。

厚生労働省による国の規定に縛られない分、従来の育毛剤よりもスカルプエッセンスの方が、最新の有効成分を取り入れられる分技術的には有利であるかもしれません。

医薬部外品で無いフィンジアが業界で注目を集めている、キャピキシルとピディオキシジルを最も配合している製品である理由もスカルプエッセンスとして提供しているからなのですね。

長年薄毛に悩んでいるのであれば医薬部外品の育毛剤よりも、最新の技術や成分を取り入れたフィンジアの方がおすすめかもしれませんよ!

AGAの改善にはフィンジアを使うか医薬品を使うかだけど副作用がコワイ……

育毛剤は医薬部外品やスカルプエッセンスというように様々な種類に分かれていますが、中には副作用のリスクを持つ製品も存在しますので、その点も念頭に置いた上で慎重に選びましょう。

とくに薄毛の原因がAGAである場合はフィンジアのような、男性ホルモンに作用する成分を配合した成分でないと改善するどころかどんどん進行していきます。

よってAGAの改善にはフィンジアが有効であるほかに、病院で処方される医薬品を用いるのが一般的です。

ただし病院で処方される医薬品は市販の育毛製品よりも、高い発毛効果が期待できる代わりに副作用の危険も有しています。

安全な育毛を行うには副作用を持つ育毛製品の特徴を知ることが大事

フィンジアは副作用の心配が無いスカルプエッセンスですが、医薬品タイプをはじめとしたごく一部の育毛剤には副作用のリスクを持つものもあります。

薄毛を治したいけれど副作用が起きたらコワイという人もたくさんいらっしゃるでしょう。

副作用と言っても大きなものからごく軽いものまで様々です。

あまり良いイメージが浮かんでこないのが一般的ですが、正しい知識を持っていれば大きな副作用も回避することは充分に可能です。

迷っている間にも薄毛は放っておくと進行しておくだけですので、後悔する前にきちんと副作用を持つ育毛剤の特徴を把握しておきましょう。

どの育毛剤にも副作用の可能性はある!?フィンジアも副作用が起きることはあるの?

どんな人でも使用するのであれば副作用の無い育毛製品を使いたいと思うはずです。

それは至極当然と言えるのですが実際のところ、使用後に副作用が起こる可能性の無い製品はほぼないと言って良いでしょう。

育毛剤にはさまざま薬効を持つ成分が配合されていますのでつまるところは薬の一種ということになります。

どんな製品でも副作用が起きる可能性を少なからず有している

フィンジアが副作用の心配が無い製品であるというのもあくまで一般的な基準から見た可能性に過ぎません。

体になんらかの影響を与える薬品である以上、副作用を完璧に無くすことはできないのです。

もちろん使う人全員に副作用が起こるようなものであれば、多くの人が使用する製品として安全基準を満たしているとは言えません。

よってフィンジアをはじめとした市販の製品は規定に従って、副作用が出ないように薬効が調整されています。

ただし使用者によって体質はそれぞれ違うので、体質に合わなくて予想外の副作用が出る可能性があるということも留意しておく必要があるのです。

効果が高いと言われる製品はまず副作用があると思った方が良い!?

育毛剤も薬と同じようなものなので副作用には用心すべきであると言えます。

とくに成分が有する発毛効果が高いものであるほど、体に与える影響が大きくその分副作用の危険もより高くなります。

フィンジアには医薬品として使用されているミノキシジルの3倍高い発毛効果を有するキャピキシルが配合されていますが、キャピキシルによる副作用の心配はほとんどありません。

しかしそれはフィンジアに限っての話ですので一般的に、効果が高いと言われている育毛剤であればまず副作用の有無を必ず確認しておく必要があると言えるでしょう。

なぜ副作用のリスクが無いフィンジアではなく医薬品を使用する人が多いのか

副作用が心配なら危険な成分を使った育毛剤を使わなければ良いと思いますよね。

普通ならばフィンジアなどの安全に配慮した製品を使用するのが自然でしょう。

しかしフィンジアではなく医薬品の使用を希望する人は意外なことに後を絶たないのです。

なぜそのような事が起きるのかというと発毛効果の大きさが最たる理由であると言えます。

フィンジアは副作用の心配がほぼ無いが効果の大きさでは医薬品が勝る!?

フィンジアのようなスカルプエッセンスやその他医薬部外品に分類される、育毛製品の効果はあくまで発毛効果が期待できる程度のものです。

安全基準に従って効果が調整されるのでほぼ副作用の心配が無い代わりに、最低でも半年ほどの期間使用しないと効果は現れてきません。

また効果が現れるかどうかは個人差によるので必ずしも髪が生えてくるという保証もありません。

一方で医薬品指定されているミノキシジルはフィンジアなどの市販製品よりも、発毛する確率が非常に高いことから未だに使用している人がたくさんいます。

毛細血管の血流を促進する効果が強いので高い発毛効果を発揮する

ミノキシジルは非常に強い発毛効果を持つことで知られています。ミノキシジルは毛細血管を拡張し血行を促す作用がとても強いという特徴があります。

血行を促進させることで毛母細胞をはじめ、血液から栄養を得ている髪の細胞が活性化され、結果的に髪の毛がまた生えてくるので薄毛の改善薬として使用されています。

元々は血圧を下げるための薬として開発されたミノキシジルですが、使用者の多くに体毛が増える効果が見られたため、その後育毛剤にも転用されるようになったのです。

ただしミノキシジルの販売は日本では行われていません。それはやはり高い発毛効果があるという事実以上に副作用の大きさが危険視されているからです。

ミノキシジルは血圧を下げるほかさまざまな健康を害する副作用を引き出す

先程も述べたとおり薬である以上副作用の危険は存在します。薄毛によく効くからといって安全に使用できるとは限りません。

ミノキシジルはその最たる例であると言っても過言では無いでしょう。服用することで発毛を促すことができる反面、元は血圧を下げるための薬なので元から低血圧である場合はさらに血圧が下がってしまうほか、心臓にも負担がかかる可能性も大きいので心臓が弱い方も向きません。

また肝臓機能に障害が生じるほかにも性欲が減退するといった副作用もあります。

さらに髪以外の体毛が濃くなる多毛症の作用もあるので、やはり安易な使用は考えものであると言えるでしょう。

化学成分配合の育毛剤はアレルギーを起こすかも!フィンジアなどの自然由来の成分を使った製品がおすすめ

以上のように成分によっては大きな副作用を起こす育毛剤もあるので注意が必要です。

またミノキシジルのほかにも安全上注意が必要な育毛剤が存在します。

たとえば化学的に合成された成分を使用した製品がそれにあたります。化学成分は自然には存在しない成分であるため人によっては、アレルギーなどの拒絶反応を起こす可能性があります。

アレルギー体質の人は化学成分が配合された育毛製品に注意

対してフィンジアの場合は主に自然由来の成分を配合していますので、化学成分に対するアレルギー反応が起きる心配はあまり無いと言えるでしょう。

とくに肌が敏感な人やかゆみが起きやすい人などは、より刺激の少ない成分を使った製品の方がおすすめとなっています。

また添加物となるアルコール/香料/パラペンなども注意が必要です。フィンジアは無添加ですがアルコールは含まれていますので、アルコールが苦手な体質の人は気をつけましょう。

育毛剤は毎日使用するものなのでより安全に使用できるものを重視して選ぶようにしてくださいね。