フィンジアが育毛促進に期待できる理由を成分から徹底解説!

顎に手をあて険しい顔をする初老の男性

フィンジアは育毛促進において非常に高い効果を期待ができる商品です。そして、その高い効果を期待ができる理由として真っ先に挙げられるのが、キャピシルやピディオキシジルといった成分となっております。

また、他にも多くの有効成分が配合されており、その数は有効成分だけでなんと10種類にもなるようです。

今回は、フィンジアが育毛促進に対して期待できる理由をその成分から分析していきます。

目次

フィンジアは2大スカルプケア成分を高濃度で配合

フィンジアの大きな特徴は、キャピシルとピディオキシジルという2大スカルプケア成分を高濃度で配合している点です。

具体的には、キャピシルを5%ピディオキシジルを2%の割合で配合しているのですが、これは他のキャピシルやピディオキシジルを配合している育毛剤と比較してもトップクラスの配合濃度となっています。

ちなみに、ピディオキシジルを2%の濃度で配合している商品はフィンジアのみです。

キャピシルは乱れた頭皮のコンディションを整える効果に期待できる

キャピシルとは、アカツメクサとアセチルテトラペプチド-3という成分を配合して生まれた成分となっています。

アカツメクサにはイソフラボンが豊富に含まれており、このイソフラボンは薄毛の原因である男性ホルモンを対抗する成分として有名です。

また、アセチルテトラペプチド-3は髪の栄養として必要不可欠4つのアミノ酸で構成されています。

この2つの成分を組み合わせることによって、髪や頭皮のコンディションを整える役割を期待できるキャピシルが生まれるわけです。

育毛のために開発されたピディオキシジル

ピディオキシジルは別名ミノキシジル誘導体とも呼ばれており、あの大正製薬のリアップにも含まれているミノキシジルと似た構造をしています。そのため、その効果もミノキシジルに似ており、血行促進や毛母細胞の活発化が主な役割となっています。

もともと、まつ毛へ使用する美容液として販売されており、その育毛効果の高さによって育毛剤にも使用されるようになった成分なので、育毛効果の高さには期待ができそうです。

フィンジアにはキャピシルやピディオキシジル以外にも育毛促進成分が多数配合

フィンジアにはキャピシルやピディオキシジル以外にも、多くの育毛促進成分が配合されています。

たとえば、育毛剤の中でも非常に高い人気を誇るチャップアップなどにも含まれているセンブリエキスやグリチルリチン酸2Kなどもフィンジアには含まれています。

その他にも、キャピシルと同じく男性ホルモンを抑制する効果があるヒオウギエキスやビワ葉エキスもフィンジアには配合されており、抜け毛などを防止する効果もあるようです。

フィンジアに含まれる育毛促進成分は全部で10種類配合

先程ご紹介したセンブリエキスやグリチルリチン酸2Kなど以外にもフィンジアには多くの育毛促進が配合されています。

その数は合計10種類となっており、そのどれも育毛促進に対して高い効果が期待できそうです。

キャピシルやピディオキシジル以外にも、センブリエキスをはじめとした10種類の育毛成分が配合されているフィンジアは、様々な角度から抜け毛や薄毛の改善に導くことができます。

フィンジアはゲートアクセス理論に基づいてカプサイシンを配合

カプサイシンとは唐辛子などに含まれる辛味成分のことです。

「育毛剤に辛味成分が入ってるの!?」

とフィンジアの成分表記を見て驚かれる方もいらっしゃいますが、カプサイシンが配合されているのにはきちんとした理由があります。

そして、その理由こそフィンジアが独自に編み出したゲートアクセス理論という考え方なのです。

フィンジアにカプサイシンが配合されているのは頭皮の毛穴を開くため

皆さんは、唐辛子がたくさん入った料理を食べると自然と汗が吹き出してきたという経験がありませんか。この汗が吹き出している状態のときは全身の毛穴が開いていますよね。

ゲートアクセス理論とは簡単に言えばその現象を育毛剤に応用したものです。

つまり、このゲートアクセス理論によって辛味成分のカプサイシンを配合することで、頭皮の毛穴を開いて成分の浸透力を高めることできるようになります。

毛穴を開くことで成分の浸透力が高まる

最近は成分の浸透力にこだわる育毛剤も増えてきており、ナノ化といって成分をナノレベルまで細分化して浸透力を高める技術を採用している商品も多いです。

しかし、フィンジアはこのナノ化とは真逆で、毛穴自体を開かせて成分を浸透しやすくするという方法をとっています。

どちらのほうが優れていると言うのは明確に言うことはできませんが、浸透力が高くなればそれだけ効果が表れるのが早くなるので、カプサイシンには期待が高まりますよね。

フィンジアは主要成分のキャピシルやピディオキシジル以外にも様々な成分を配合

フィンジアの最も特徴的な成分といえばキャピシルやピディオキシジルですが、それ以外にもセンブリエキスやヒオウギエキスといった育毛有効成分を10種類も配合しています。

さらに、ゲートアクセス理論に基づいて辛味成分であるカプサイシンも含まれているので、成分の浸透力に関しても期待できそうです。

様々な成分によって薄毛や抜け毛の改善にアプローチするフィンジアで、髪を健康な状態に導きましょう。

フィンジアはどんな薄毛の症状に育毛効果を発揮するのか?

高い浸透力と育毛効果が期待できることで人気のフィンジア。プッシュ式のボトルなのでこれまで育毛製品を使ったことが無いという方も、しっかりと適量で使用できるなど使い勝手も良いので初心者にもおすすめです。

これまでご紹介したようにフィンジアには豊富な有効成分が配合されています。

しかし薄毛には様々な症状が存在しますので、どの症状に最もよく効果があるのかもしっかりと把握しておきたいところです。

フィンジアを使う場合どのような症状に一番効果的と言えるのでしょうか。

キャピキシルとピディオキシジルの効果から最も効く症状がわかる?

フィンジアの主成分は次世代の成分として注目されているキャピキシルと、そしてもう一つにピディオキシジルがありますね。

これらの成分はまだ新しく開発されて間もないため、まだまだ使用されていない製品もたくさんあります。

また新しい成分は希少価値が付きますので、他の成分を配合するよりもコストがかかるという特徴もあります。

しかしフィンジアにはこのキャピキシルとピディオキシジルが最大量配合されていますので、実質的にキャピキシルとピディオキシジルの効果が最大限期待できる育毛製品であると言えるでしょう。

キャピキシルはDHTによる脱毛因子の生成を抑制する

キャピキシルが持つ効果としては薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制する作用が挙げられます。

男性ホルモンによって起こる薄毛と言えばAGAですね。通常の男性ホルモンであるテストステロン自体は髪を太くするなどの作用を持つのですが、これが5αリダクターゼという酵素と結びつくとDHTという男性ホルモンに変化して、毛乳頭細胞に脱毛因子を多く出すよう指令を送るといった悪影響を及ぼします。

このためAGA治療ではDHTの影響をなるべくブロックすることが改善に繋がるとされています。

キャピキシルにはイソフラボンによる男性ホルモンの働きを抑える作用がありますので、AGAの進行を止めたい場合にも効果的であると言えるでしょう。

ピディオキシジルは髪を作る毛乳頭細胞を活性化する

またピディオキシジルはミノキシジルに劣らない血行促進作用を有していますので、頭皮環境の悪化によって栄養不足になった髪の毛や、ヘアサイクルの乱れを正常に戻す効果が期待できると言えます。

さらに血行を促進させる効果によって毛乳頭細胞と毛母細胞を活性化させる効果も期待できるとされています。

DHTが毛乳頭細胞に結びつくと脱毛因子を発するシグナルを送り、これがヘアサイクルを乱す原因にもなるのですが、血流が活発化することで休止状態にあった毛乳頭細胞が刺激されて、再びヘアサイクルが戻り発毛因子を生み出すことができるとされています。

フィンジアはAGAや頭皮環境の悪化に使用すると効果的!

以上のようにキャピキシルは男性ホルモンの作用を抑制する効果があり、ピディオキシジルは血行促進作用によって髪を作り出す毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化させる効果が期待できます。

これらの効果を総合的にまとめるとフィンジアは、AGAの抑制に有効な育毛製品であると判断することができます。

またキャピキシルとピディオキシジルの希少性から、同成分を配合した製品は高価になりがちですが、フィンジアの場合はこの2つを最大量配合しながらも、公式サイトでより安価な値段で購入できるというメリットもあります。

AGAが原因薄毛や頭皮環境の悪化で髪質が悪いという方には是非おすすめのスカルプエッセンスです。

フィンジアで育毛を成功させたいなら正しい使用方法をしっかりと覚えよう!

フィンジアは主にAGAに効果的であるほか、頭皮環境の悪化にも効く育毛製品であることがわかりました。

AGAは成人の3人に1人は発症するとされており大抵の薄毛の原因と言われているほどです。

よって多くの薄毛に悩んでいる人にフィンジアは効果が期待できると言っても過言では無いと思います。

ただしフィンジアはあくまで育毛効果を持つスカルプエッセンスであり、医薬品のように強い作用を持つ製品では無いので、より効果的な方法で使用することを留意しておく必要があります。

育毛を成功させる秘訣は正しい使用方法をコツコツと続けること

どのような薬品でもきちんと用法と用量を守ってこそ効果を発揮します。

医薬品ほどの影響は持たないにしろ薬効成分を配合しているフィンジアもまた例外ではありません。

髪を早く生やそうとして多めに使用している人もいらっしゃるかもしれませんね。

しかしフィンジアをはじめ多くの育毛製品はたくさん付けても効果が増すということではありません

これらの製品を使用する際に最も大事なのは、正しい方法で毎日コツコツと続けて使っていくことなのです。

フィンジアを使って育毛を成功させたいという方のために、ここからはフィンジアのより効果的で正しい使用方法について解説していきたいと思います。

寝る前に塗布することで有効成分の効果がさらに向上!?

フィンジアは塗布する時間帯として最も最適と言えるのが夜です。

なぜなら夜は頭皮や髪の成長が最も活発になる時間帯であり、有効成分の効果を引き出すのに最も適している時間帯でもあるからです。

髪の毛の成長ホルモンが最も活発化するのは夜の22時~午前2時までとされています。

つまり就寝前にシャンプーした清潔な頭皮に、塗布しておくことでより有効成分の効果をアップさせることができるのです。

よってフィンジアで育毛を成功させたいなら必ず夜塗布することを忘れずに行いましょう。

フィンジアの育毛効果をアップさせるには正しいシャンプーの方法を実践しよう

そしてフィンジアの育毛効果をよりアップさせるなら丁寧なシャンプーを心がけることが大切です。

丁寧に洗うと言っても頭皮をガシガシと擦るのとは違います。それでは逆に頭皮を傷つけダメージを与えてしまうの
でおすすめできません。

大切なのはなるべく余計な刺激を与えずに、頭皮の皮脂と汚れをきれいに洗い落とすことであると言えます。

それではフィンジアの効果をアップさせるための丁寧なシャンプー方法についてご紹介していきましょう。

シャワーをするまえにブラッシングしておくと汚れを落としやすくなる

まずシャワーをする前に髪を軽くブラッシングして余分なホコリを落としておきましょう。

ブラッシングはホコリを落とすほかにも、シャワーをしたときに残った汚れが落ちやすくなるといったメリットがあります。

ブラッシングが済んだら次にシャワーのお湯で予洗いをしましょう。頭皮の予洗いはお湯だけで1分ほど行います。

また予洗いをするときは爪で洗うのではなく、指を寝かせて腹の部分で揉み込むように1分ほど洗ってください。こうすることで頭皮に余計な刺激を与えずに予洗いをすることができます。

シャンプーをするときこそ頭皮への刺激を最大限抑えるべし!

予洗いが済んだら次はシャンプーで頭皮を洗うのですがここでも注意が必要なことがいくつかあります。

まずアミノ酸系シャンプーなど頭皮に優しい製品でない場合は原液のまま付けないこと。

アルコールや界面活性剤など刺激の強い成分が配合されているので、使用する場合は水で薄めて泡立ててから使うようにしてください。

そして予洗いと同じように爪で頭皮を擦らないように気をつけてください。

最後にシャンプーをすすぐ際には予洗い以上に時間をかけて洗い落とすようにしましょう。

シャンプーのすすぎ残しがあると毛穴に詰まってしまうばかりか、頭皮へのダメージの元になってしまうのでしっかりと1分半以上洗い流してくださいね。

より育毛効果をアップさせるなら頭皮に優しいフィンジアシャンプーがおすすめ!

以上がフィンジアの育毛効果をアップさせるための方法となります。正しい使用方法は頭皮に付けるだけでなく夜寝る前のシャンプーも含まれていると言えるのです。

またできればシャンプーも一般のものではなく、皮膚に優しい成分を配合しているアミノ酸系シャンプーを使用することをおすすめします。

同じ販売元から提供されているフィンジアシャンプーには、おなじみのキャピキシルとピディオキシジルが配合されているので併せて使用できます。

フィンジアを正しく使用し効果をよりアップさせた上で育毛成功を目指していきましょう!