比較してみるほどにわかる!フィンジアの推しポイントとは?

青いクエッションマークの隣にいる人差し指を立てるスーツ姿の男性

最新の有効成分を配合したフィンジアは発毛を促進させたい人に、とてもおすすめと言えるスカルプエッセンスです。

フィンジアには育毛効果が期待できる様々な有効成分が配合されていますが、とくにキャピキシルに含まれているアカツメクサエキスは、悪玉男性ホルモンDHTの生成を抑制させる効果もあるのでAGA治療にも効果が期待できると言えます。

とはいえスカルプケア製品にも色々ありますので、複数の製品を検討した上で購入したいという方もいらっしゃるでしょう。

今回はそんな方に向けて色んな製品と比較しやすいよう、フィンジアが持つ数々のメリットを他の製品と比較しながら詳しくご紹介していきたいと思います。

目次

まずは同じくキャピキシルとピディオキシジルを配合しているボストンスカルプエッセンスとフィンジアを比較してみた

先程も述べましたがフィンジアにはキャピキシルとピディオキシジルという有効成分が配合されています。

これらの有効成分は育毛業界で注目されている最新の成分となっており、フィンジアの知名度にも一役買っているのですが、現在キャピキシルとピディオキシジルを配合している育毛剤も別に存在します。

ここでは同じくキャピキシルとピディオキシジルを配合している、ボストンスカルプエッセンスと比較してみたいと思います。

キャピキシルの配合量は同じだがピディオキシジルの配合量に違いが!

まずフィンジアから見てみるとこちらでは、キャピキシルの配合量は5%ピディオキシジルの配合量は2%と表記されています。

そしてボストンスカルプエッセンスでは、キャピキシルの配合量は5%と同じですが、残念ながらピディオキシジルの配合量は1.5%に留まっていました。

キャピキシルの配合量だけで見るならどちらも5%で変わりないです。

しかしピディオキシジルの配合量も含めて考えるのであれば、やはりフィンジアに軍配があがるといったところですね。

キャピキシルを最も多く配合していながら最もコストパフォーマンスが良い

他にキャピキシルが配合されている育毛剤ではDeeper3Dやスカルプ5.3cがあります。

しかしこれらにはピディオキシジルが配合されていません。

つまりフィンジアはキャピキシルとピディオキシジルの配合量が最も多いスカルプエッセンスであると言えるのです。

さらに言うとDeeper3D/スカルプ5.3c/ボストンスカルプエッセンスは、定期購入だと10,000円~30,000円以上かかるのに対し、フィンジアは定期コースでの購入で1本あたり9,980円で入手できます。

つまりコストパフォーマンスが最も良い製品であるとも言えますね。

同じ返金保証制度付きのチャップアップとフィンジアを比較してみると意外な事実が判明!

スカルプケア製品を使って薄毛を改善させるためには、長期間の継続使用が不可欠となっています。

フィンジアも長期間使っていくものですから、効果を実感できなかった場合のことも考えておきたいのは当然ですよね。

チャップアップとどちらが安心か保証日数で比べてみる

フィンジアには全額返金保証制度がありますので、たとえ効果が実感できなかったとしても購入にかかったお金を返金してもらうことができます。

他のスカルプケア製品でも全額返金保証が付いているものがありますが、製品によって保証される日数が異なるので注意が必要です。

もっと言えば保証日数が長いほど余裕を以って製品を試すことができるようになります。

ここでは同じく返金保証制度が付いているチャップアップとフィンジアを比較してみましょう。

同じ30日間保証でもよくよく内容を見てみると全然違う!?

まずチャップアップとフィンジアで返金保証が適用される日数についてですが、これは両製品とも30日間なので日数的にはほぼ同じであると言えます。

これなら比較する必要が無いように見えますね。

しかし同じ30日の返金保証でも両者には明確な違いがあります。

具体的に述べますとチャップアップの場合は商品購入から30日間の保証となっており、フィンジアの場合は商品到着から30日間の保証となっている点が異なります。

実質30日間保証が付くのはフィンジアの方である

つまり表記されている適用日数が同じ30日間であっても、実際のところは違うということになります。

フィンジアは商品を受け取った日から保証日数のカウントが始まります。

対してチャップアップの場合は購入した時点でカウントが始まってしまいますので、商品が郵送されてくるまでの日数も含まれてしまうということになります。

通常配送で受け取る場合は購入してから自宅に届くまで、2~3日かかりますのでチャップアップの場合だと実質27日~28日の返金保証であると見て良いでしょう。

フィンジアとチャップアップを比較する場合、ここで間違えやすいので注意が必要です。

最新の成分を最も多く配合していながらコストによる負担を軽減しやすい

以上のようにフィンジアは最新の有効成分を配合していながら、最もコストパフォーマンスが良く返金保証制度も良心的な内容となっていることがわかります。

とくにキャピキシルとピディオキシジルが配合されている製品は、軒並み高額なものが多いので経済的な負担も軽減しやすいと言えるでしょう。

フィンジアは副作用の心配もほとんど無いのでより安全性は高いと判断できるのでは無いでしょうか。

この記事でご紹介した比較情報を皆さんの育毛剤選びに役立ていただければ幸いです。

M字薄毛にはどちらが効く?キャピキシルとプランテルを比較

近年は薄毛についての関心が非常に高まっている傾向にあります。育毛剤開発の技術が進歩するにつれフィンジアのような、次世代の成分を配合したスカルプエッセンスも誕生しました。

フィンジアはAGA特有の症状であるM字型薄毛に効果があると評判ですが、同じ開発会社からこれまたM字薄毛の改善に特化したプランテルという製品も提供されています。

M字薄毛に悩んでいる人にとってはどちらが効果的と言えるのか気になるところですよね。

そこでここからはフィンジアとプランテルが持つ特徴や効果を比較してみたいと思います。

フィンジアとプランテルの成分を比較その1:キャピキシルとピディオキシジルの効果

フィンジアとプランテルはそれぞれがM字型薄毛に効くとされている育毛製品です。

しかし配合されている成分は全く同じというわけではありません。そのため2つの製品を成分から比較することもできます。

まずフィンジアの成分ですがキャピキシルとピディオキシジルが主に挙げられ、対してプランテルはセンブリエキスとタマサキツヅラフジエキスと天草エキスとなっています。

2つの製品を比較するためにこれらの成分がどのような作用をするのかについてさらに詳しく見ていきましょう。

キャピキシルは悪玉男性ホルモンの元となる5αリダクターゼを抑制する

AGAにより引き起こされるM字型薄毛は男性ホルモンの過剰分泌が原因となっています。

フィンジアに最大量含まれているキャピキシルは、悪玉男性ホルモンを作り出す5αリダクターゼという酵素の働きをブロックします。

よって5αリダクターゼによってAGAの原因となる、男性ホルモンの影響が出る前に予防することも可能です。

ミノキシジルに劣らない発毛効果も確認されていますが副作用の心配が無いという利点があります。

ピディオキシジルは頭皮の血行を促進させ健康的な髪の成長をサポートする

またピディオキシジルは医薬品でも使用されるミノキシジルと似た効果を持ち別名ミノキシジル誘導体とも呼ばれています。

ピディオキシジルはミノキシジルと同じく血管を拡張し結構を促す効果を発揮し、弱った髪と頭皮へ必要な栄養を届けるのを助けます。

さらに血行不良によって硬くなった頭皮を柔らかくし、頭皮全体に髪の毛の成長を促す効果も期待できます。

ミノキシジルと似ているということで副作用が心配されますが、ピディオキシジルもまたキャピキシルと同じく大きな副作用の心配は無いので安心です。

フィンジアとプランテルの成分を比較その2:センブリエキス/タマサキツヅラフジエキス/甘草エキスの効果

フィンジアの成分が持つ効果がわかったところで次はプランテルの成分を見てみましょう。

上記でも触れたようにプランテルの主成分は、センブリエキスとタマサキツヅラフジエキスと天草エキスの3つです。

センブリエキスは髪の毛の生成に不可欠な毛母細胞を活性化する

センブリエキスは育毛剤でよく見かける成分の1つで漢方薬など広く使用される成分です。

こちらの成分は毛母細胞に働きかける効果があるとされています。毛母細胞は毛乳頭細胞と同じく髪の毛の生成には欠かせないもので、センブリエキスは休止した毛母細胞を活性化させる効果が期待できます。

センブリエキスは漢方薬としても有名な成分ですが、このように意外にも髪の毛の成長を助けてくれる作用も発揮します。

タマサキツヅラフジエキス(セファランチン)は末梢血管を拡張する

では2つめの成分であるタマサキツヅラフジエキスについて見てみましょう。

プランテルに含まれるタマサキツヅラフジエキスという名前は、これまた聞きなれないと思いますが別名をセファランチンと言います。

セファランチンの主な育毛効果はピディオキシジルと同じく血行促進です。そのほか末梢血管を拡張する作用があり、頭皮の血液を良くして髪と頭皮へ栄養を送る効果が期待できます。

こちらの成分は自己免疫疾患によって引き起こされる円形脱毛症の治療にも使われています。

甘草エキス(グリチルレチン酸2k)は優れた抗炎症作用を持つ

プランテルに含まれる3つ目の主成分が甘草エキスです。甘草エキスもまたセンブリエキスと同じように、育毛剤でよく見かける成分で別名をグリチルレチン酸2kと言います。

グリチルレチン酸2kの主な効果としてはまず抗炎症作用が挙げられます。

アレルギー症状を抑える効果が高いとされており、かゆみや炎症といった皮脂による頭皮の皮膚トラブルに最適な効果を持つ成分です。

炎症やアレルギー症状をを抑えることで頭皮環境を改善し、抜け毛防止や健康的な髪の毛が成長する効果が期待できます。

センブリエキスとグリチルレチン酸2kはフィンジアにも含まれている!?

このようにフィンジアとプランテルの主成分はだいぶ異なることがお分かりいただけたと思います。

これらの成分による効果を知った上で2つの製品を比較すると良いでしょう。

ただ1つ述べておきたいのはプランテルに含まれている、センブリエキスとグリチルレチン酸2kはフィンジアにも含まれているという点です。

同じ成分が配合されているということはもちろん同じ効果が期待できるということでもありますね。

そうなるとどのようにフィンジアとプランテルを比較したら良いのでしょうか。

効果が被ってる!?フィンジアとプランテルの成分をより細かく比較してみた結果は……

実のところフィンジアにはプランテルの主成分となっているセンブリエキスとグリチルレチン酸2kが配合されています。

同じ成分が配合されているということは効果も似通ったものになるということでもあります。

このようなケースではどのように比較をすれば良いのか迷いますが、さらに成分について詳しく見てみるとよりフィンジアとの違いを比較しやすくなるので解説しましょう。

より多くの男性ホルモンに効果的な成分を配合しているかが比較のポイント

フィンジアとプランテルのどちらがよりM字型の薄毛に効くのかは、どちらが男性ホルモンを抑制できる成分を多く配合しているかによって決まると言えます。

その点で言えばフィンジアは男性ホルモンを抑制する効果においてプランテルよりも優れていると言うことができます。

先程の比較では男性ホルモンを抑制する主成分としてキャピキシルが挙げられましたが、同じような効果を持つ成分としては他にもビワ葉エキスとヒオウギエキスなどが挙げられました。

以前プランテルを使ってみてダメだったという人にはフィンジアがおすすめ

フィンジアに含まれるビワ葉エキスとヒオウギエキスはそれぞれ男性ホルモンに有効であるとされており、特にヒオウギエキスは5αリダクターゼの作用を抑制する成分として知られています。

5αリダクターゼを抑制するヒオウギエキスには、女性ホルモンと似た性質を持つイソフラボンが含まれており男性ホルモンが原因となる脱毛症にも効果的です。

またビワ葉エキスはFGF-7という成長因子により、5αリダクターゼによる脱毛因子の働きをブロックします。

以上のことからM字型の薄毛により効果的と考えられるのはフィンジアだと思われます。

とくに以前プランテルを試しても効果が実感できなかったという人におすすめであると言えるので是非トライしてみてくださいね!