人気の育毛剤フィンジアの効果や成分を徹底比較

悩む男性

育毛剤の中でも非常に人気の高いフィンジア。

その人気から過去には商品購入社が殺到して、一時在庫切れで販売休止に陥っていたこともあるほどです。
では、なぜそれほどまでにフィンジアは人気なのでしょうか?

今回は、他の育毛剤と比較しながらフィンジアの魅力を探っていきたいと思います。

目次

人気の秘密は育毛効果に高い期待できる成分を配合しているところ

フィンジアの最も特徴的な点は、キャピシルとピディオキシジルという2つの成分を配合しているところ。

この2種類の成分はどちらも非常に高い育毛効果が期待できると言われており、育毛業界でも注目度の高い成分となっています。

フィンジアはこれらの成分を限界濃度で配合しているので、キャピシルとピディオキシジルの効果を体験したい方にとっては非常におすすめの育毛剤です。

キャピシルはミノキシジルの3倍の効果が期待できると言われている成分

キャピシルの説明に入る前に、まずはミノキシジルという成分の説明をさせていただきます。

ミノキシジルは、CMなどでも有名なあの大正製薬のリアップに含まれている成分で、高い育毛効果があると言われている成分です。

血管を拡張させる効果があるので薄毛の原因である血行不良の解消し、育毛や発毛に加えて抜け毛の予防も行ってくれます。

キャピシルは、このミノキシジルの3倍の育毛効果があると言われており、しかもミノキシジルのように副作用が起こる心配もないので、ノーリスクハイリターンな成分です。

ピディオキシジルはミノキシジルよりも高い浸透力を期待できる

ピディオキシジルは別名ミノキシジル誘導体と呼ばれていて、ミノキシジルと似た分子構造を持っている成分です。

ミノキシジルと似た効果があるにも関わらずキャピシル同様に副作用の心配がなく、浸透力も非常に高い成分であると言われてます。

成分が頭皮の奥まで浸透しないとせっかくの効果も半減してしまいますので、浸透力は育毛剤において非常に重要な要素です。

その点ピディオキシジルであれば、頭皮の奥まできちんと成分を届けてくれるでしょう。

フィンジアは他の育毛剤と比較しても成分を高濃度では配合している

キャピシルやピディオキシジルは高い効果が期待でき、副作用もないということで非常に注目度の高い成分です。

そのため、フィンジア以外にもこれらの成分を配合している育毛剤はいくつか存在します。

しかし、キャピシルとピディオキシジルのどちらも高濃度で配合している育毛剤はフィンジアくらいしかありません

ここでは、他の商品と比較してフィンジアの成分の配合量が本当に高濃度なのか確かめたいと思います。

キャピシルを配合している育毛剤と比較

キャピシルを配合している育毛剤には、フィンジア以外にもボストンスカルプエッセンスやバイタルウェーブスカルプローション、ザスカルプ5.0c、Deeper3Dなどの商品が有名です。

これらの製品におけるキャピシル配合量を調べてみたところ、全ての製品が配合量5%となっており、フィンジアと変わりはありませんでした。

もしかしたら、5%というのはキャピシルを配合する限界の濃度なのかもしれませんね。

ピディオキシジルを配合している育毛剤と比較

ピディオキシジルを配合している育毛剤は、キャピシルを配合している育毛剤にも登場したボストンスカルプエッセンスが有名です。

ただ、こちらのボストンスカルプエッセンスはピディオキシジル配合量が1.5%なので、フィンジアの2%と比較すると少し配合量が少ないと言えます。

つまり、現段階でピディオキシジルを最高濃度で配合しているのはフィンジアで間違いないようです。

フィンジアはキャピシルやピディオキシジルだけじゃない!

フィンジアの代表的な成分はキャピシルやピディオキシジルですが、それ以外にも多くの成分が配合されています。

AGA(男性型脱毛症)の原因と言われる男性ホルモンの発生を抑制するヒオウギエキス、髪の毛の元となる毛母細胞や毛乳頭細胞といった細胞を活性化させる有効成分のセンブリエキス、など合計10種類の育毛成分を配合しているようです。

浸透力を高めるために独自のゲートアクセス理論を採用

浸透力は育毛剤において非常に重要であると先程も話しましたが、フィンジアは浸透力を高めるために独自のゲートアクセス理論に基づいて成分を配合しています。

ゲートアクセス理論とは、簡単にいえば毛穴を開いて成分の浸透力を高めるという理論で、そのためにカプサイシンという唐辛子に含まれる辛味成分を配合しているようです。

たしかに、辛いものを食べた時には毛穴が開いて汗が出てくるので、このゲートアクセス理論にも期待できそうですよね。

フィンジアはキャピシルとピディオキシジルを主軸にバランスの良く成分を配合

フィンジアはキャピシルとピディオキシジルを主成分とし、他にもAGAにも効果があるヒオウギエキスや髪の毛の元になる細胞を活性化させるセンブリエキスなども配合した育毛剤です。

薄毛の原因は人によって異なりますが、フィンジアはバランス良く様々な症状に効果を期待できる成分を配合することによって幅広い層の薄毛改善を手伝ってくれます。

高い効果は期待できますが副作用の心配はないので、育毛剤が初めてという方にもおすすめですよ。

また、フィンジア以外の育毛剤にも興味がある場合は、ランキングなどを参考に選ぶと商品同士の比較ができて分かりやすいのでおすすめです。

よくキャピキシルなどで他と比較されるフィンジアだけど他にもAGAに有効な成分を配合している

フィンジアの人気は他社の育毛製品を圧倒するほどです。

今までどんな育毛剤を試してみても効果を実感できなかった人には、こちらに含まれている次世代成分を試していただきたいと思います。

次世代成分と言われるキャピキシルとピディオキシジルを配合している製品は他社でも開発されていますが、他との配合量を比較してもフィンジアが最も次世代成分を含有している製品となっています。

さらに、高い育毛効果が期待できる成分が豊富に配合されており、とくにほとんどの薄毛の人がかかっているというAGAに有効な効果を発揮します。

男性ホルモンが5αリダクターゼと結びつくと薄毛の原因に

男性型脱毛症とも呼ばれるAGAの原因は男性ホルモンであり、進行を止めるには5αリダクターゼを抑制する必要があります。

通常男性ホルモンは髪を太く強く育てる物質なので育毛には不可欠な物質です。

ここでいう男性ホルモンはテストステロンというもので、通常であれば体に何の害もないのですが、5αリダクターゼという酵素を結びつくと、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンに変性してしまいます。

5αリダクターゼは本来男性ホルモンの働きを補助する役割を持っており、こちらも男性の体には欠かせない酵素です。

AGAを治すなら5αリダクターゼの抑制が不可欠!

5αリダクターゼは毛乳頭で男性ホルモンと結びつくと、その男性ホルモンをより強力な作用を持つ男性ホルモンに変質させてしまうのです。

ジヒドロテストステロンに変質した男性ホルモンは、毛乳頭で脱毛因子のFGF-5を作り出ように指令を出し、毛母細胞の細胞分裂を止めてしまうことで、髪の成長を止めてしまうばかりか抜けやすくするという働きがあります。

AGAでは、このような原理によって脱毛が起きるため、5αリダクターゼの抑制は何より率先して行うべき対策であると言えるでしょう。

キャピキシルやピディオキシジル以外にもAGAに有効な成分が!

フィンジアは他と比較しても多くの次世代成分を配合していると同時に、この5αリダクターゼによる男性ホルモンが脱毛因子を生み出す作用をブロックする効果が期待できます。

よって、フィンジアはAGAの対策にとても有効な育毛製品であると言えるのです。

以上を踏まえて、AGAの方には男性ホルモンを抑制する効果を持つフィンジアがおすすめですが、どれくらい有効であるかをより明らかにするためにフィンジアに含まれるキャピキシル以外の注目成分もご紹介していきたいと思います。

キャピキシルだけで比較できない時に!AGAに有効なフィンジアのビワ葉エキス

フィンジアはキャピキシルやピディオキシジルの配合量で他社製品と比較されることが多いですが、その他にも知っておきたい有効成分はまだまだ存在します。

フィンジアに配合されている成分の中でまずご紹介するのはビワ葉エキスです。

今ではAGAに対する効果が不可欠な要素とされているので、成分を比較することも重要となっていますが、5αリダクターゼに対して有効であることからビワ葉エキスにも徐々に注目を集めています。

ビワ葉エキスは荒れた頭皮環境を整え丈夫な髪の成長を助ける!

ビワ葉はバラ科の植物で抽出されるエキスの中には、クエン酸/リンゴ酸/タンニン酸/サポニンなどの成分が含まれています。

ビワ葉の葉に含まれているアミグダリンは、血液を浄化する効果や細胞の抵抗力を強め痛みを和らげる効果を持つ成分です。

このような効果から、火傷の治療にも使用されており、肌荒れや湿疹などの肌荒れにも有効であるとされています。

肌に嬉しい効果を多く持つのがビワ葉エキスは荒れた頭皮環境にも優れた効果を発揮し、紫外線のダメージを受けやすい頭皮などには効果的です。

頭皮を健康な状態にして強く丈夫な髪が育つ環境を整えることができます。

脱毛因子とは逆の効果を持った髪の毛の成長を助けるFGF-7の生成を促す

そして、ビワ葉エキスは髪の成長を止めるFGF-5の生成を抑制する効果があるとされています。

先程も述べたようにジヒドロテストステロンが毛乳頭でFGF-5を生成し、脱毛指令を出すように促すのですがビワ葉エキスは、髪の成長因子となるFGF-7の生成を助ける効果があります。

つまり、脱毛を抑制する成長因子の働きがあることで、脱毛因子を抑制し髪の毛の成長を補助するというわけです。

このようなビワ葉エキスの効果によりフィンジアを付けることで、より5αリダクターゼによる影響を防ぐことができると言えます。

フィンジアに配合されたヒオウギエキスも5αリダクターゼに有効!他社製品と比較する際に是非チェックを

もう一つフィンジアの注目成分として挙げておきたいのがヒオウギエキスです。

こちらもAGAを抑制する成分として比較的有名な成分であり、フィンジアのようなAGAに効果が期待できる製品には欠かせない成分となっています。

そのため、他の製品同士を比較する場合も、ビワ葉エキスと同じくヒオウギエキスの配合量を確かめておくと良いでしょう。

ちなみに、成分の配合量が多いものほど成分表示では上に表記されていますので、そこから配合量を確認してみてください。

それでは、フィンジアをはじめとした様々な育毛製品でお呼びがかかるヒオウギエキスについて見てみましょう。

ヒオウギエキスには5αリダクターゼの働きをブロックする効果が!

ヒオウギエキスはアヤメ科の植物であり、イリジンやテクトリジンといったイソフラボンが多く含まれています

イソフラボンは女性ホルモンに似た物質として有名ですが、実はAGAにも有効であるとして注目されている成分です。

AGAの原因は男性ホルモンであるとお話しましたが、髪の毛が薄くなるのは通常の男性ホルモンよりも強い作用を持つジヒドロテストステロンによるものであり、ジヒドロテストステロンは5αリダクターゼが通常の男性ホルモンに結びつくことで生まれます。

しかし、ヒオウギエキスの成分は5αリダクターゼが男性ホルモンを変性させる働きをブロックするので、脱毛因子を生成させるジヒドロテストステロンが作られるのも抑制することができるというわけです。

ヒオウギエキスは頭皮のアンチエイジングにも効果的!

このように、ヒオウギエキスは5αリダクターゼの働きそのものを抑えることができるので、AGAをその原因から予防する効果に期待できます。

その他にも、ヒアルロン酸やコラーゲンの働きを助けて頭皮の健康を保つ効果もあるため、特に日頃肌が乾燥しやすい人にとってヒオウギエキスの効果は有効です。

頭皮が乾燥すると紫外線などのダメージを受けやすくなるほか、柔軟さもなくなり頭皮の血の巡りも悪くなりますのでこれは非常にありがたいですよね。

さらに、コラーゲンを分解するMMP-1という酵素の生成を抑制する抗酸化作用もあり、頭皮のアンチエイジングにもおすすめです。

フィンジアにはほかにも優れた育毛効果を持つ成分がたくさん含まれている

フィンジアにはキャピキシルやピディオキシジル以外にも、AGAに有効とされる成分が多く配合されていることがおわかりいただけたと思います。

もし、同じようにキャピキシルなどが含まれている他社製品と比較する際には、他の成分の効果も是非チェックしてみてください。

ビワ葉エキスやヒオウギエキスなどが含まれていれば、それだけ男性ホルモンの影響を抑制できる効果が期待できます。

フィンジアには、このほかにもM-034で有名な褐藻エキスや、とても優れた血行促進効果と細胞分裂を促す効果を持つセンブリエキスなどが含まれていますので、それらの効果も是非確認してみてくださいね。

また、もし他の人気育毛剤と比較したい場合には、下記から男性に人気の育毛剤ランキングもチェックしてみましょう。

育毛剤を選ぶ時に気になるのが商品の口コミ。今回はそんな口コミでも特に男性人気が高かった10種類の商品を口コミと一緒にご紹介します。

魔娑斗選手も愛用しているフィンジア!
▼購入はこちらから▼