フィンジアの発毛効果がどれくらい高いのか調査してみた!

電卓を片手に親指を立てるスーツ姿の男性

育毛剤なんて結局どれを使っても同じと思っていませんか?

しかし最近では新たにスカルプエッセンスという種類の製品が生まれ、中でも多くの利用者から人気を集めているのがフィンジアという製品。

近年開発された新しい有効成分であるキャピキシルとピディオキシジルは、あのミノキシジルよりも高い発毛効果を持っているとされ、それらの成分が配合されていることでも話題になっています。

新しい技術が使われているだけにどれくらい高い効果があるのか気になりますよね。

そこで今回はフィンジアが持つ発毛効果について調べてみたいと思います。

目次

フィンジアはミノキシジルを上回る発毛効果を持つ成分を配合している!?

一昔前までのスカルプケア製品と言えば男性専用のものがほとんどだったり、使っている成分も似たり寄ったりだったりということが珍しくありませんでした。

しかし現在は従来の成分よりも発毛に有効と言われる成分を配合した製品開発が、積極的に行われておりメーカー独自の理論や技術が用いられた製品がどんどん誕生しています。

そんな技術革新が活発に行われている中2015年に発売されたのがフィンジアです。

キャピキシルとピディオキシジルはミノキシジルよりも高い効果を持つことで有名

これまでの育毛剤とフィンジアを分けるポイントは、やはりキャピキシルとピディオキシジルでしょう。

フィンジアを知るまではこの2つについて全く知らなかったという人も少なくないと思います。

今まで効果の高い育毛剤と言えばミノキシジルが最も有名でしたが、キャピキシルとピディオキシジルはこのミノキシジルを上回るほどの、優れた発毛効果を持つと期待されているため高い注目を集めています。

そこまで高い効果を持つとされる根拠は何なのか詳しく見ていきましょう。

カナダの化粧品メーカーが行った実験でフィンジアに含まれるキャピキシルはミノキシジルよりも3倍高い効果を持つことが判明する

まずフィンジアで話題となった成分の一つであるキャピキシルは、ミノキシジルの3倍の効果を持つとされることで話題になりました。

しかし単に3倍と言っても厳密に言って何がどう3倍なのかよくわかりません。

もちろん発毛に関する効果が3倍高いと言いたいのでしょうが、フィンジアの効果について詳しく知るためにもっと具体的に見ていきたいと思います。

毛母細胞を使った実験でミノキシジルよりも高い反応を示すことが実証される

キャピキシルを開発したのはカナダのルーカスマイヤーコスメティック社という化粧品メーカーです。

開発元である会社が実際に培養した毛母細胞を使って、ミノキシジルとキャピキシルの構成物質であるアセチルテトラペプチド-3を添加する実験を行った結果、ミノキシジルでは52%の発毛反応が得られたのに対し、キャピキシルでは156%の反応が得られたというのです。

それぞれの結果から見るとキャピキシルは確かに、ミノキシジルの3倍の効果を出していると言えますね。

AGA患者での臨床実験では休止状態だった髪の毛が活性化することが判明!

さらにキャピキシルを用いた臨床実験によるデータも公開されています。

AGA患者の被験者たちにキャピキシルを使ってもらい、使用前と使用後で被験者たちの髪の毛の状態を分析してみたところ、髪の毛の成長期段階で13%増加しさらに休止状態となっている髪の毛が29%減少したという結果が出ました。

ミノキシジルの3倍と聞いてもいまいちピンと来ないとは思いますが、このような実験結果が実際に出ていることを鑑みると、フィンジアはミノキシジルよりも高い効果が期待できると見て良いのでは無いでしょうか。

フィンジアに含まれるピディオキシジルは血行を促し発毛効果を支える!

もうひとつフィンジアで話題になっているのがピディオキシジルという成分ですね。

ピディオキシジルはミノキシジル誘導体とも呼ばれていて、簡単に言うと副作用の無いミノキシジルと言えるような物質です。

それではフィンジアの発毛効果を支えるピディオキシジルについて詳しく見てみましょう。

育毛剤の中でメジャーなノキシジルだが副作用が大きいことでも有名

育毛剤を使う際に知っておきたいのがミノキシジルの副作用です。

ミノキシジルは非常に高い発毛効果を持つ成分とされている一方、内服すると心肥大や皮膚の炎症やかゆみ、さらに肝機能の低下など大きな副作用の可能性も備えています。

もともとは高血圧の患者に処方されていた医薬品であり、服用している患者の中に副作用として体毛が増えたという症状が出ていたため、これが転じて育毛剤として使われるようになったのです。

ピディオキシジルは吸収率も高く外用薬としてうってつけの成分となっている

ミノキシジルには高い効果があるとは言え、使用には副作用のリスクを避けられないというデメリットがありました。

しかしピディオキシジルはミノキシジルで発生するような、副作用のリスクがほぼ無いということが確認されています。

さらにミノキシジルと同じように頭皮の毛細血管を拡張し血行を促進させる効果があるうえ、頭皮に塗布した際の吸収力も勝っていることから外用薬としても使い勝手が良いと言えます。

ピディオキシジルにはまつげ育毛剤にも使われているほどなので、フィンジア自体もその効果と安全性に関しては従来の製品より高い期待が持てると思われます。

フィンジアは高い発毛効果を期待できるのにも関わらず副作用の心配が無いのでとてもオススメ!

このように優れた2つの最新成分を配合しているフィンジアですので、売り切れが続出することも納得できると言えますね。

キャピキシルとピディオキシジルともに副作用の心配も無いので、高い発毛効果を持つ製品を探しているのであればフィンジアをオススメいたします!

フィンジアの使い方を誤ると発毛効果が半減する!?

フィンジアは最新の育毛成分が配合されていることにより高い知名度を誇りますが、誤った使い方をしていると充分な効果が発揮されない可能性があります。

より効果を高め発毛を促すためにはフィンジアの正しい使い方を理解しておくことが大切です。

キャピキシルなどの最新成分が配合されていても油断は禁物

フィンジアは発売当初から入手が困難になるほどの人気製品で、未だに購入を続けている人もたくさん存在します。

ゲートアクセス理論に基づいて開発された育毛製品となっており、主な成分はキャピキシル/ピディオキシジル/カプサイシンでその他様々な有効成分を配合しています。

メーカーから厳選された成分が使用されているので、発毛や薄毛予防が期待できるスカルプエッセンスと言えますが、間違った使い方をしているとフィンジアの効果が発揮されない可能性もあります。

効果を引き出すには付ける前の準備から万端に整えておく必要がある

フィンジアの使い方と言っても頭に付けるだけでしょ?と言う方もいらっしゃると思いますが大体のところはそれで正しいと言えます。

事実育毛剤に類するスカルプエッセンスをはじめとした製品は、その方法で間違ってはいないのですがさらに言うと、フィンジアを付ける前の準備から気をつける必要があると言えるでしょう。

実のところ準備からの手順を守ると守らないでは、フィンジアの浸透力にまで大きく影響すると言っても過言では無いのです。

フィンジアで発毛を促すための使い方・付ける前の前準備が大事

フィンジアを使用する前にまず頭皮と髪の汚れを落としておく必要があります。

ですが、その前に櫛で髪を軽く梳かしておきましょう。髪をブラッシングしておくことで髪に付いたホコリやほつれを取り、シャンプーのときに汚れがより落ちやすくなります。

注意点として髪の毛を梳かす際には強く引っ張りすぎないようにしましょう。またブラシで頭皮を強くひっかけるとダメージの元になりますので、優しくブラッシングすることを心がけましょう。

シャンプーを付ける前にお湯で予洗いをして汚れを落とす

さて髪を洗うときにはまずお湯で髪を流すと思います。このとき髪を1分ほどお湯で流して汚れを落とします。

これを予洗いと言うのですがお湯で流すだけで、汚れの8割は落とすことができますので丁寧に予洗いをしてください。

予洗いのあとにシャンプーで洗うのですが爪で頭皮を擦るのはNGです。爪を立ててガシガシと洗ってしまうと頭皮が傷ついてしまいます。

シャンプーで頭を洗うときは指の腹を使います。頭皮をこすらないようにマッサージするイメージで優しく洗ってくださいね。

シャンプーの洗い残しはフィンジアの浸透力を落としてしまうのでしっかりとすすぐ

シャンプーするときに頭皮を傷つけないよう洗うことも大事ですが、もっと大事なのはシャンプーをすすぐときなのです。

なぜならシャンプーのすすぎ残しが毛穴に残っていると、毛穴に詰まって髪や頭皮へのダメージの元になります。

またフィンジアや育毛剤の成分が毛根に届くのを、阻害してしまうので浸透力も落ちてしまいます。

浸透力が落ちてしまったらもちろん発毛も期待できなくなります。よってシャンプーをお湯ですすぐときは予洗いよりも時間をかけてすすぐようにしてください。

フィンジアは頭皮全体に塗布することで発毛を促す!マッサージも忘れずに

シャンプーで頭皮と髪を洗ったあとはいよいよフィンジアを付ける段階となります。

育毛剤の中にはドライヤーで髪を乾かしてから付けるものもありますが、フィンジアの場合はタオルで水分を拭き取った程度でOKです。

ただし液垂れなどの原因にもなりますのでドライヤーを使わずとも、タオルでしっかりと水分を拭き取っておきましょう。

髪の毛でなく頭皮全体に付けることが薄毛の改善に繋がる

タオルで水気を拭き取ったあとフィンジアを頭皮の気になる箇所へ塗布します。

フィンジアを塗布するときに気をつけたいのが、薬液を頭皮ではなく髪に付けてしまうことです。

髪に薬液を付けても発毛を促すことはできません。有効成分の効果は髪にではなく頭皮に付けることで作用するので間違えないようにしましょう。

またフィンジアは特に薄毛が気になる部分に付けるだけでなく全体的に塗布していきましょう。

薄毛は頭皮の一部ではなく全体に影響するので、一見薄くなっていない場所も予防として薬液を付けるのが効果的です。

フィンジアで発毛を促すには頭皮マッサージが不可欠

フィンジアを頭皮全体に塗布したら次は頭皮マッサージを行います。

頭皮マッサージは頭皮の血行を促す効果があるだけでなく、フィンジアに含まれている有効成分をより浸透させる効果があります。

また頭皮における血行不良は薄毛の原因にも繋がりますので、なるべく血流を流すことで発毛も促す要因にもなります。

よって、頭皮マッサージは薄毛対策に必須の工程であると言っても良いでしょう。

また頭皮マッサージをする際にも爪を立てず指の腹で優しく皮膚をもみほぐしてください。

マッサージを行ったらドライヤーで乾かしていきましょう。頭皮が熱くなりすぎないように冷風も使うようにしてください。

頭皮を指で触ってみてひんやりしているくらいがベストな状態です。

フィンジアを使う際にも正しい育毛方法を心がけることが発毛に繋がる!

フィンジアはスカルプエッセンスという化粧品に分類される製品ですが、最新の育毛成分であるキャピキシルとピディオキシジルを配合、さらにそのほかにもヒオウギエキスなどの男性ホルモンを抑制する天然成分も豊富に含まれています。

副作用の心配もほとんどなくさらにAGAの症状にも有効なスカルプエッセンスとなっています。

育毛製品は正しい使い方をしてこそ発毛が期待できる!

とくにキャピキシルはあのミノキシジルよりも3倍効果が高いと言われており発毛効果も期待できます。

しかし、いくら高い効果が期待できる育毛製品であっても、正しい使い方を知らなければ発毛も期待できなくなります。

フィンジアは医薬品では無いのでシャンプーでの予洗いや、頭皮マッサージなどある程度の工夫が必要になってくることも留意しておく必要があるのです。

フィンジアに限った話ではなく市販の育毛製品では、正しい育毛方法を心がけて使っていくことが大切であると言えます。

ここでご紹介したポイントを参考にフィンジアで発毛を促せるよう実践するようにしてみてくださいね。