フィンジアで髪の毛が生えたというのは果たして本当か?

顎に手を当てる医師

「フィンジアを使っていたら髪が生えた!」

このような口コミを見かけることがありますが、このフィンジアで髪が生えたというのは果たして本当なのでしょうか。

今回は、フィンジアで実際に髪が生えるのかといったことを検証していきたいと思います。

目次

髪を生やすのは育毛剤の目的ではない

育毛剤とは本来髪を生やす目的で使用するものではありません。名前の通り髪を育てるものです。

そのため、髪を生やす目的で使用するなら、CMでも有名な大正製薬のリアップなどの発毛剤を選ぶべきです。

ただし、発毛剤には髪を生やす強力な成分が含まれているので基本的に医薬品という認定を受けています。医薬品の中には、医師や薬剤師の処方箋がないと使用できないと言うものもあり、入手するには非常に手間がかかるようです。

医薬品である発毛剤は副作用も強力

医薬品に認定されている発毛剤には、非常に効果の強力な成分が配合されています。考えてみれば髪を育てるのと生やすのでは、後者のほうが難しいので強力な成分を配合しているのにも納得です。

しかし、その強力な効果故に発毛剤は副作用も強力なものとなっています。

育毛剤であれば副作用と言っても痒みやかぶれ程度のものですが、発毛剤の場合は発作や鬱病の発症などが副作用として報告されているようです。

フィンジアは育毛剤なので髪が生えたというのはウソ?

ご存知の通りフィンジアは発毛剤ではなく育毛剤です。そのため、髪を生やす効果はなさそうですが、実は必ずしもそういうわけではありません。

これは、フィンジアにキャピシルとピディオキシジルという2種類の成分が含まれているからです。

実はこの2種類の成分は、あの発毛剤であるリアップにも含まれているミノキシジルにも匹敵すると言われています。

キャピシルはミノキシジルの3倍の育毛効果がある!?

ある研究の結果でミノキシジルの3倍の育毛効果が期待できるという結果が出たことで、育毛業界で一気にその知名度を上げた成分であるキャピシル。

このキャピシルは、細胞修復能力の高いアセチルテトラペプチド3という成分に、AGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモンのジヒドロテストステロンの発生を抑制する効果が期待できるアカツメクサ花エキスを合わせた成分です。

しかも、天然由来成分のためミノキシジルのように副作用が起こる可能性は低くなっています。

ピディオキシジルはミノキシジルと似た働きをする

ピディオキシジルはミノキシジル誘導体とも呼ばれ、血管を拡張して血行を良くするなどミノキシジルと似た働きをします。他にも髪の元となる毛母細胞の活発化や眠っている毛母細胞を起こす効果も持っていると言われているようです。

また、ピディオキシジルは非常に浸透力が高いので、浸透の面ではミノキシジルよりも高いかもしれません。

こちらの成分もキャピシル同様、副作用の心配はありませんので安心して使用することができます。

フィンジアに含まれる有効成分のおかげで発毛が促進されたという可能性もあり

フィンジアは育毛剤ですが、発毛剤であるリアップなどに含まれるミノキシジルに匹敵するキャピシルとピディオキシジルという成分が配合されています。そのため、フィンジアを使って髪が生えたというのも、これらの成分のおかげかもしれません。

また、フィンジアには他にもAGAの原因である男性ホルモンを抑制するヒオウギエキス薄毛の原因である血行不良を改善するセンブリエキスなど様々な有効成分が配合されているので、これらの成分が発毛を促進したという可能性もあります。

成分を頭皮の奥まで浸透させることで髪が生えたのかもしれない

フィンジアは成分が頭皮の奥まで浸透するように独自のゲートアクセス理論を採用しています。

この理論のおかげで、成分が頭皮の奥まで浸透して、発毛が促進されたのかもしれません。

ゲートアクセス理論とは、唐辛子などに含まれるカプサイシンという辛味成分を配合することによって、毛穴を開いて成分の浸透率を高めるというもの。辛いものを食べた時に毛穴が開いて汗が出てきますよね。ゲートアクセス理論はこれと同じ原理となっています。

薄毛の症状が表れてからの対処が早かった可能性が高い

薄毛に悩む方が育毛剤を利用するまでには時間がかかることが多いです。

「まだ育毛剤を使うほどではないんじゃないか」

「自分にはどの育毛剤が合っているのか」

と考えている間にも薄毛はどんどん進行していきます。

そのため、育毛剤の使用が早ければ早いほど薄毛や抜け毛が改善するのも早いです。

髪の毛が生えたという方は症状の進行が初期の段階で、直ぐにフィンジアを使用したのかもしれませんね。

フィンジアは発毛促進にも期待ができる

フィンジアには、キャピシルとピディオキシジルというミノキシジルにも匹敵すると言われる成分が配合されています。

他にも、センブリエキスやヒオウギエキスといった様々な有効成分も配合されているので、発毛促進効果にも期待することができそうです。

ただし、あくまでフィンジアは育毛剤ですので、より確実に髪を生やしたいという方は、副作用のリスクはありますが、医薬品の発毛剤を使用したほうがいいかもしれません。

髪が生えたと評判のフィンジアはスカルプエッセンス。育毛剤とは異なる特徴を持つ

薄毛を改善したい方々の中で売り切れが出るほどの、人気を集めたフィンジアですが実のところフィンジアは育毛剤ではありません。

しかしフィンジアはれっきとした育毛成分を配合した育毛製品であり、薄毛の進行が収まって髪が生えたという報告もちゃんと存在します。

育毛剤といっても色々な種類に分かれており目的や効果によって使い分けるケースもあります。

スカルプエッセンスは育毛剤と同じく薄毛に使用するものだけど……?

薄毛に悩んでいる人が使うとなれば誰もが真っ先に育毛剤を連想すると思います。

中でも高い人気を集めているフィンジアに注目している人もたくさんいらっしゃることでしょう。

ただ誤解のないように申し上げるとフィンジアは育毛剤ではなくスカルプエッセンスに分類される製品です。

育毛剤もスカルプエッセンスも同じく育毛成分を配合しているため、用途としてはどちらも薄毛を改善するものとなります。

それでは一体スカルプエッセンスとはどのような違いを持つのか詳しく見てみましょう。

フィンジアは化粧品!?それでも髪が生えたという効果は本当なのか?

一昔前までは店舗で販売されている育毛剤が使われてきましたが、最近では主にインターネットでの通販で購入できるスカルプエッセンスが注目されてきています。

口コミやレビューでもスカルプエッセンスで髪が生えたという報告が多く上がってきています。

フィンジアもまたスカルプエッセンスであり従来の育毛剤とは異なる点をいくつか有しています。

果たしてフィンジアはこれまでの育毛剤とどのような違いがあるのでしょうか?

スカルプエッセンスは育毛剤ではなく化粧品として扱われる

育毛剤とスカルプエッセンスとの違いを知るには、まず種類の違いについて知る必要があります。

厳密に言うとスカルプエッセンスとは育毛剤では無く化粧品という扱いになっています。

よってフィンジアはスカルプエッセンスですので化粧品に分類されることになります。

一方で一般的に店舗販売されている育毛剤の場合は医薬部外品という扱いになります。

医薬部外品として販売するには厚生労働省からの認可を受けている必要がありますので、フィンジアは厚生労働省から医薬部外品として認可を受けていない製品であると言えます。

医薬部外品とスカルプエッセンスの効果には大きな差は無い

フィンジアは厚生労働省からの認可を受けていないと聞くと、育毛効果が本当にあるのかと疑う気持ちが湧いてくる人もいるでしょう。

化粧品に分類されるとまで言われると、髪が生えたというのは嘘だったのかと思うかもしれませんね。

しかし、結論から言うと医薬部外品でないからといって、市販の育毛剤と効果に大きな差が生まれるということは決してありません

よってたとえフィンジアが化粧品に分類される製品であったとしても、一般的な育毛剤と変わりなく使用できると言って良いでしょう。

スカルプエッセンスは独自の効果を持つ!髪が生えたのは最新の成分を配合しているからかも!?

一般的な育毛剤とスカルプエッセンスの違いは厚生労働省に認可を受けているかどうかであり、但し効果に関しては大きな優劣が存在するわけではありません。

フィンジアを使ったとしても育毛効果はきちんと発揮されますので、髪が生えたというレビューも決して嘘ではありません。

それでは厚生労働省による認可を受けた、医薬部外品と化粧品ではどのような違いがあるのかについてより詳しく解説していきたいと思います。

医薬部外品として認められるのは規定の成分を使用した製品だけ

厚生労働省の認可を受けている成否と受けていない製品では、配合されている成分に大きな違いがあると言えるでしょう。

医薬部外品として認められるには厚生労働省による、規定の成分を使用していることが大前提となります。

逆に言えば規定外の成分を配合していると、厚生労働省に医薬部外品として認可を受けることができなくなります。
多くの育毛剤で似たような成分が配合されているのは、こういった事情もあるからなのですね。

しかし厚生労働省規定の成分を使用する背景には他にも様々なメリットがあります。

厚生労働省認定の成分なので効果と安全性が保証されている

一般的な育毛剤は多くの人が利用することが前提となっているため、成分の種類や配合量にも安全基準が設けられています。

厚生労働省は国の機関なのでそこで認定されている成分は、一定の効果や安全性が保証されていることを意味します。

つまり医薬部外品として認可を受けている育毛剤は、大多数の人が安全に使用できさらに効果も期待できる基準に達していると見ることができます。

また国からの保証を受けているので、育毛効果についても大きく宣伝することができるというメーカー側のメリットもあります。

キャピキシルとピディオキシジルが配合できたのは化粧品だから!?

一方のフィンジアのようなスカルプエッセンスについてですが、厚生労働省による規定の成分以外のものも配合しているという特徴があります。

医薬部外品として開発する場合は規定の成分だけしか配合できないというルールがありますが、スカルプエッセンスとして開発する場合はルールに縛られず、規定以外の素材も使えるということになります。

フィンジアに近年開発されたばかりのキャピキシルとピディオキシジルが配合されているのも、医薬部外品における開発ルールに縛られていないためです。

スカルプエッセンスは化粧品だがこれまでにない効果を持つものが多い

つまり医薬部外品として開発されていないスカルプエッセンスは、これまでにない新しい成分を配合できるという特徴を持っていると言えます。

多くの人が使用することを前提に作られるのは育毛剤と同じですので、安全性についてはきちんと考慮されており問題なく使用することができます。

このためフィンジアをはじめとしたスカルプエッセンスは、化粧品として扱われるものの従来の育毛剤とは異なる独自の効果を持つものが多いと言えます。

特にどの育毛製品を使っても駄目だったという人であれば、フィンジアのようなスカルプエッセンスを試してみる価値は大いにあると言えるでしょう。

今度こそ髪が生えたと言いたい人へ!フィンジアならAGAにも効果が期待できてオススメ

以上のことから厚生労働省からの認可を受けているか無いかというだけで、一般的な育毛剤もスカルプエッセンスも安心して育毛のために使用することができると言えるでしょう。

ただし配合されている成分に関してはそれぞれで異なりますので、自分に合う製品であるかをよく考えてから選ぶ必要があるとも言えます。

医薬部外品でも薄毛の症状や原因によっては効果がないことも

フィンジアのようなスカルプエッセンスは新しい成分や、技術などが使用されているので比較的最新の製品である分優れた効果が得られる可能性があります。

医薬部外品の場合は国から認可されている成分が使用されているので、ある程度効果や安全性が保証されているのが強みですが、症状によっては医薬部外品でも育毛効果が発揮されないこともあります。

育毛剤にも発毛剤や化粧品などいろいろな種類があるように、薄毛の症状にも様々な原因や症状が存在するのでよく検討した上で育毛製品を選ぶことが大切です。

原因がAGAである場合は男性ホルモンを抑制できるフィンジアがおすすめ

たとえばAGAを発症している場合は根本的な原因となる男性ホルモンの分泌を抑制できる成分でなければ、いくら頭皮に育毛剤を塗布しても薄毛は留まることなく進行していきます。

そういったケースでは男性ホルモンを抑制するキャピキシルや、ヒオウギエキスが配合されたフィンジアを使用するのが正解です。

フィンジアで髪が生えたというレビューもしっかりと自分に合う製品を選んだからこそと言えます。

それまで他の育毛剤で駄目だったという人も次世代の成分を配合したフィンジアで、今度こそ髪が生えたと報告できるよう頑張りましょう!