育毛の仕組み徹底解説!フィンジアを使っても生えないというのは誤り!

体の前で×を作るスーツの男性

抜け毛や薄毛に悩んだ時に使用する育毛剤。そんな育毛剤の中でもフィンジアは非常に人気のある商品で、育毛剤愛用者の中でも使用している方は多く存在しています。

しかし、フィンジアを使用している人の中には使っているのになかなか髪が生えないという方も少なくありません。では、フィンジアには髪を生やすような効果はないのでしょうか

今回は、フィンジアには本当に発毛効果が期待できるのかということについて検証していきます。

フィンジアは継続して使用しないと効果が発揮されない

これはフィンジア以外の全ての育毛剤にも言えることですが、短期間でその効果を実感するのは非常に難しいと言われています。

基本的には薄毛を解決するために長期に渡って継続的に育毛剤を使用し続けることが必要です。これは、髪の毛は一定の間隔で生えたり抜けたりを繰り返しているからです。髪の毛はこの生えたり抜けたりといったサイクルを一回繰り返すのに約2年~3年かかると言われています。

また、薄毛や抜け毛といった症状に悩まされている時期は休止期と言い、この時期から髪が生えてきて成長する成長期に入るまでには約3ヶ月~4ヶ月かかると言われています。

そのため、1ヶ月や2ヶ月育毛剤を使用したとしても、すぐにその効果が現れるという可能性は限りなく低いのです。薄毛に対する治療方法はたくさんありますが、最低でも3ヶ月~4ヶ月はフィンジアを使い続けなければ、育毛効果を感じることは難しいと言われております。

薄毛がかなり進行してしまっている場合もすぐには改善が難しい

一般的には、初期の薄毛のほうが治療をするのは簡単だと言われており、薄毛が進行してしまっている場合は人の髪の毛を作るための機能自体が失われてしまっている可能性もあるため、育毛剤を使用してもなかなか髪の毛が生えないと言われております。

フィンジアやスカルプエッセンスといった市販の育毛剤は、あくまでも初期の薄毛の状態から育毛を促進させるという目的で使用するというのが正しい使用方法です。

そのため、生え際が大幅に後退してしまっている方や頭頂部の頭皮が完全に露出してしまっているという方は、フィンジアを使用するよりも専門的な治療を施してくれるAGAスキンクリニックといった薄毛専門クリニックに相談するのも一つの手段となっています。

頭皮環境が健康的な状態ではないと育毛剤は作用しにくい

フィンジアに限らず育毛剤は基本的に毛穴から浸透することで毛髪に対して効果を発揮します。

そのため、毛穴に皮脂や汚れが詰まっている場合などは、薬剤が浸透せずにうまく効果が発揮されないというケースもあるようです。

また、毛穴が詰まっていたりするとそこから雑菌が繁殖し、炎症を起こしてしまう可能性などもあります。

このようなことを防ぐためにも、毎日きちんと染髪を行い頭皮環境を清潔に保ちましょう。

ただし、シャンプーで皮脂などの汚れを落とすためにあまり刺激の強いシャンプーを使ってしまうと、必要な皮脂を取りすぎてしまう原因になったりもするので、普段使用するシャンプーもアミノ酸系の刺激が弱いシャンプーを選ぶようにしましょう。

生活習慣が乱れている方は薄毛改善は難しい

いくらヘアケアやフィンジアを使用してもなかなか抜け毛が止まらないという場合は、生活習慣の乱れが原因というケースも考えられます。

不摂生な生活を送っていては、いくら髪の毛や頭皮をきれいにしていてもフィンジアの効果が表れず、髪の毛がなかなか生えないという状況になってしまいます。

その中でも特に注意していただきたいのが食生活です。肉類や油分を多く含んだカロリーの高い食べ物、糖分を多く含む食べ物を頻繁に食べている方は要注意となっています。このような食生活は、頭皮の皮脂を過剰に分泌させる要因となったり、血流を悪くさせる要因となるのでできるだけ控えるようにしましょう。

もしフィンジアを使っても髪が生えないという方は、もしかしたら自身の生活習慣を見直すことでそのような悩みを解決することができるかもしれません。

フィンジアは正しく使えば効果がある

上記のようにフィンジアを毎日使用していても、なかなか髪の毛が生えないということに対しては様々な原因が考えられます。

薄毛を治すというのは、やはり非常に難しいことで育毛剤だけではどうしても短期間で効果を感じるのは難しい場合が多いようです。そのため、もしフィンジアの効果に悩んでいるという方がいましたら、ぜひ上記の内容を参考にシャンプーを変えてみたり、生活習慣を改善してみたりといったことを併行して行ってみてください。

フィンジアは育毛において非常に高い効果が期待されている育毛剤です。もちろん、髪が抜けてから生えてくるまでのサイクルの問題もあるため、使ってすぐに効果を発揮するというのは難しいですが、それでも正しい使用方法で継続して使用することできっとその効果を発揮してくれるはずですよ。

髪が生えないと悩んでいる人のためのフィンジアの効果的な使い方とは?

育毛剤の正しい使い方を知らないまま使い続けたために、効果を実感できなかったという人は意外と少なくないと思います。

フィンジアもまた使い方を謝れば有効成分が持つ効果を充分に引き出せず、髪が生えないという結果に終わる可能性があります。

ここからはフィンジアの育毛効果をより発揮させるための方法についてご紹介していきたいと思います。

頭皮に塗るだけでは充分な効果を発揮させるのは難しい

大抵の場合フィンジアはただ頭皮に塗布するものと思われています。

確かに基本的には頭皮に塗布する方法で間違いないのですが、単純に地肌へ塗布するだけでは充分な効果を引き出すことはできないのです。

より効果的な使用方法を知らなかったばかりに、せっかくのフィンジアが持つ育毛効果を実感できなかったというケースもままあります。

フィンジアで髪が無事生えるか生えないかは、効果的な使用方法を知っているか否かにかかっていると言っても良いでしょう。

フィンジアの効果をより引き出すための方法としては、最適なタイミングと効果的な手順を知っておくことが挙げられます。

フィンジアを使用する最適なタイミングを守らないと髪は生えない!?

まずフィンジアの効果を発揮するために大事なのが使用するタイミングです。

フィンジアを使用するタイミングとしては夜、お風呂から上がった後が最適となっています。

フィンジアを付けるタイミングはお風呂から上がった後が最適

特に守っておきたいのが必ずお風呂に入ってからフィンジアを使用するということです。

お風呂で頭皮の汚れを落としたあとは、その日のうちに付いた汚れが洗い流され清潔な状態になると同時に、髪の毛穴に詰まった汚れも落ちて毛穴が開いている状態になっています。

毛穴が開いていると毛根まで有効成分が届きやすくなっているので、フィンジアの浸透力がアップしより効果が発揮されやすくなります。

髪の成長ホルモンを分泌させるために良質な睡眠を摂ろう

フィンジアを付ける最適な時間帯が夜であるもう一つの理由は、髪の成長ホルモンが活性化するのは夜であるためです。

髪の毛成長ホルモンが分泌されるのは午後22時~午前2時がピークとされ、この間にベッドに入って質の良い睡眠を摂っておく必要があります。

よってフィンジアの効果を引き出すためには充分な睡眠時間を確保しておくことも重要であると言えるでしょう。

また髪の成長ホルモンは睡眠中に分泌されるので、深夜まで起きていると成長ホルモンによる髪の成長を促すことはできません。

髪が生えない悩みを持つ方はできるだけ早めに就寝する習慣を付けるようにしましょう。

フィンジアの効果的な使用方法。生えない悩みもこれで解消!

髪が生えない悩みを解消するためにもう一つ知っておきたいのが、フィンジアの効果を引き出すための手順です。

きちんと手順に従って使用することでフィンジアが持つ、有効成分の効果そのものを髪の毛を作り出す毛母細胞にまで届けることができるのです。

そのため先に述べた使用するのに最適なタイミングと併せて、正しい手順に則ってフィンジアを使いましょう。

以下ではフィンジアの効果を引き出すための使用手順についてご紹介していきたいと思います。

1・頭皮の汚れが落ちやすいように髪をブラッシングしておく

フィンジアを使用する前にお風呂で頭皮を洗う必要がありますが、さらにその前の準備として髪の毛を軽くブラッシングしておきます。

ここで髪の毛を梳かすのにもちゃんと意味があります。ブラッシングしておくことで髪が丁度良くほどけて、シャンプーをする際にも汚れを落としやすくなります。

面倒に感じるかもしれませんが髪が生えない悩みを解消するには、頭皮の汚れをしっかりと落とす必要がありますので忘れずに実践しましょう。

2・シャンプーの前にシャワーのお湯だけで1分ほど予洗いする

さて髪の毛をブラッシングした後は先にお湯で髪と頭皮を予洗いしておきます。

予洗いは薄毛を発症している頭皮にはより効果的です。予洗いするだけで実に8割の汚れを落とすことができます。

予洗いはそれほど長く行う必要は無く1分程度で充分です。このようにまずは1分ほどお湯で予洗いをしてから、その後シャンプーをするようにしてください。

このときに爪を立てて頭皮を擦らないように注意しましょう。爪を立てると頭皮に余計な刺激を与えることになりますので、指の腹を使って優しく揉むような感覚で洗いましょう。

3・シャンプーは原液を水で薄めてから使用する

お湯での予洗いが完了したらいよいよシャンプーに入ります。

シャンプーを付けるときですがドラッグストアなどの、市販の製品を使用する場合原液のまま付けるのはおすすめできません。

店舗で販売されている市販の製品はアルコール成分が、多く使用されているので頭皮への刺激も大きくなっています。

よって薄毛を発症している場合は刺激の少ないアミノ酸系シャンプー、またはフィンジアシャンプーのような育毛シャンプーがおすすめですが、普通のシャンプーを使用する場合は原液を水で薄めてから使うようにしましょう。

またシャンプーをすすぐときは予洗いよりも長い時間をかけて行い、すすぎ残しが無いように気をつけましょう。

4・フィンジアは気になる箇所だけでなく頭皮全体に塗布する

シャンプーをしっかりと落としお風呂から上がった後はフィンジアの出番です。

フィンジアを気になる箇所だけに付けている人もいますが、髪が生えない場所だけでなく全体的に塗布することをおすすめします。

薬液がもったいないと感じるかもしれませんが、一見そうは見えなくても薄毛は頭皮全体に影響を及ぼしているので、まだ髪が残っている箇所にも予防が必要です。

とはいえ頭皮全体で推奨プッシュ回数の量を付けてしまうと、逆に液垂れして頭皮にうまく浸透しないので、予防であれば少量程度で大丈夫です。

薄毛が改善されない限りはどの箇所も、進行による影響を受ける可能性があることを留意しておきましょう。

5・頭皮マッサージでしっかりと有効成分を浸透させる

フィンジアを付けたら次に頭皮マッサージを行います。このときもシャンプーのときと同じく、爪を立てずに優しく指の腹で頭皮を揉み込んでいきましょう。

頭皮マッサージを行うことでフィンジアの有効成分をしっかりと頭皮に浸透させることができます。

薄毛を改善するには有効成分を浸透させてナンボなので、付けた後も油断せず頭皮マッサージは必ず実践するようにしてください。

頭皮マッサージを終えたら最後にドライヤーで髪を乾かして手順は完了です。

フィンジアを正しく使って髪が生えない悩みを解消しよう!

フィンジアはただ頭皮に塗るだけでなく生活習慣を改めるほか、最適なタイミングとより効果的な手順で使用することが大切です。

フィンジアを使っているのに髪がなかなか生えないという場合は、ここでご紹介した方法も是非実践していただきたいと思います。

市販されているフィンジアのような製品は、医薬品とは違って効果が緩やかに調整されていることから、様々な工夫を凝らして育毛成分が効果を発揮できるよう自分からアプローチを行うことも必要です。

フィンジアの正しい手順を守って成分の効果を上手に引き出していきましょう。