フィンジアが良いって聞くけど副作用はあるの?

ソファに座り悩む男性
育毛剤やスカルプケアを使う上で一番気になるのは効果があるかどうか、だと思いますが次に気になるのが副作用ではないでしょうか。

評判が良くて効果があると言われている育毛剤を使ってみたら、髪が生えるどころか頭皮がただれてしまったり体調を崩して倒れてしまったりしては元も子もありません。

販売開始から大人気で二度も在庫切れが起こるほど話題沸騰中のフィンジアなら、なおさら副作用があるのかどうかは気になるところだと思います。

結論から言うとフィンジアは副作用が起こりにくいようにできているため安心です!

目次

フィンジアはこれまで副作用の報告がほとんどありません

大人気のフィンジアですから口コミや使ってみたレビューはネット上にたくさんあります。

しかし、その中で副作用があったという報告のあるレビューはほとんどなく、かなり安全なスカルプエッセンスであることが証明されています。

なぜフィンジアは副作用が起こりにくくなっているのでしょうか?

自然由来の天然成分が主成分になっているため副作用が起こりにくい

フィンジアの主成分になっているキャピキシルとピディオキシジルは一部の人工アミノ酸と大部分の天然由来自然成分でできている成分です。

基本的に自然成分では副作用がでにくくなっているため、一部人工アミノ酸が入っていると言っても安全に使うことができるスカルプエッセンスなのです。

また、人工アミノ酸に関しても従来効果の高いミノキシジルから、副作用がでなくなるように改良されたアミノ酸であるため人工物であっても非常に安全だと言えます。

キャピキシルの安全性について

キャピキシルは、アカツメクサ花エキスとアセチルテトラペプチド-3という成分を組み合わせたものです。

  • アカツメクサ花エキス

昔から薬用ハーブとして用いられてきたこともある植物であり、現在でもハーブティーとして口にする人もいるほどです。口にしても大丈夫なくらいなので、安全性は非常に高いと言えるでしょう。また、そのエキスにはAGAの原因である悪玉男性ホルモンを抑制する効果があると言われています。

  • アセチルテトラペプチド-3

4つのアミノ酸で構成されている成分です。強い細胞修復作用があるので、医療の現場でも使用されています。具体的には、やけどによって傷んだ皮膚や機械などで切断された切断面など、自然治癒だけではなかなか治療が難しい場面で使用されているようですね。医療現場にも使用されている成分ということもあり、安全性は保証されています。

ピディオキシジルの安全性について

ピディオキシジルは別名ミノキシジル誘導体とも呼ばれ、その構造がミノキシジルと非常に似ている成分です。

ミノキシジルとは、脱毛に効果的であると認められた世界初の成分で、大正製薬のリアップなど現在でも多くの育毛剤に使用されています。そんな薄毛に効果絶大なミノキシジルですが、副作用のリスクと浸透性の低さという2つの課題を抱えていました。そんな課題をどちらもクリアしたのがピディオキシジルというわけです。

つまり、ピディオキシジルは副作用もなく浸透力の高いミノキシジルを目指して生み出された成分なので、安全性はある意味どの成分よりも重視されている成分であると言えます。

その他の成分についても安全性は高い

キャピキシルとピディオキシジル以外にも10種類の成分が配合されているフィンジアですが、これらも天然由来のものである上刺激の少ないものを使っているため肌が荒れるなどの心配はありません。

また、頭皮や肌への影響というのは人によって大きく異るため数十種類や数百種類の成分が配合されているスカルプエッセンスですと、その内のどれかが引っかかってしまう可能性もあります。

しかし、フィンジアの場合にはキャピキシルとピディオキシジルの他にはカプサイシンと10種類の天然成分のみが配合されていますので、副作用が起こる可能性は非常に低いと言えるでしょう。

トウガラシ果実エキスは大丈夫なの?

フィンジアの成分表を見ると、通常の育毛剤には絶対に入っていないであろうトウガラシ果実エキスの文字を見つけることができます。

「トウガラシのエキスなんて見るからに頭皮に悪そう…」

と考える方もいらっしゃいますが、こちらは頭皮に対して刺激にならない程度の量しか入っていないので全く問題ありません。むしろ、トウガラシに含まれるカプサイシンという成分には、毛髪の成長を促進させる効果があると実験で分かっていますので、育毛においては非常に有効であると言えます。

また、カプサイシンの力で毛穴を開き、成分の浸透を促進させるというフィンジア独自のゲートアクセス理論にも期待が高まります。

植物成分を主体とした天然成分

フィンジアにはキャピキシルやピディオキシジルの他にも、下記のような10種類の天然成分が配合されています。

  • センブリエキス

センブリは昔から生薬として使用されてきた植物で、非常に苦味が強いことが特徴です。生薬として飲まれていたくらいなので、安全性は非常に高い成分となっています。細胞の活性化や胃・肝機能の状態を整える効果もあります。

  •  ヒオウギエキス

ヒオウギはその美しさから観賞用として古くから親しまれている植物です。ベラムカンジン・テクトリジン・イリジンというイソフラボンを含んでおり、育毛において非常に高い効果が期待できます。また、女性用化粧品にも多く使用されているくらいなので、肌に塗っても大丈夫な安全性の高い成分となっています。

  • ビワ葉エキス

ビワの葉には肌の修復能力があるのは有名ですよね。やけどや傷など肌の問題であれば何でも解決してくれます。こちらも古くから使用されており、その歴史は3000年前まで遡るとか。化粧水や軟膏といった肌に塗る製品に昔から使用されていますので、その安全性は保証されています。ただ、滅多にいませんがビワにアレルギーを持つ方はこちらのエキスにも反応してしまう可能性がありますのでご注意下さい。

  • ヒキオコシ葉/茎エキス

ヒキオコシはハーブティーのようにお茶にして飲むのが一般的な植物です。飲んでも大丈夫なくらいなので、頭皮に塗っても副作用があるリスクは皆無でしょう。センブリと似た効能で、胃など臓器の状態を整えることに加えて、こちらもセンブリ同じく非常に苦味が強くなっています。また、血行促進効果もあるので育毛にはもってこいの成分です。

  •  褐藻エキス

褐藻エキスとは分かりやすく言えば海藻のぬめり成分です。チャップアップやBUBKAなど多くの有名育毛剤にも含まれている成分で、保湿効果が高いので頭皮に潤いを与えてくれます。育毛剤の中でも副作用のリスクが極端に低いと言われているチャップアップやBUBKAに含まれていることこそが何よりの安全性の証明となっています。

  • グリチルリチン酸2k

グリチルリチン酸2kは敏感肌化粧品などに使用されている成分です。効果としては抗アレルギー作用や抗炎症作用が認められています。敏感肌の方が使用しても問題ないくらいの成分なので、副作用の心配もなさそうです。

  • ボタンエキス

こちらも化粧品に多く使用されています。肌に良い以外にも鎮痛や鎮静にも利用できるので漢方としても使用されています。肌に使用できるくらいなので副作用の心配はなさそうです。

  • フユボダイジュ花エキス

フユボダイジュ花は古くからお茶にして飲まれていました。リラックス効果を得られるということで不眠症などに効果的とされています。他にも、化粧品にも多く含まれています。お茶にして飲んでも大丈夫なものが安全じゃないわけないですよね。

  • キハダ樹皮エキス

こちらも化粧品に多く使用されており、殺菌効果や抗炎症効果があることで有名です。傷の治療やニキビの改善など体外に働く効能から、整腸作用や健胃作用などといった体内に働かく効能まで幅広く役立ちます。そのため、胃腸薬としても昔から親しまれており、安全性も高くなっています。

  • パンテノール

パンテノールは皮膚の細胞を活性化させる働きがあります。そのため、傷の修復や回復を促進する効果に期待できます。その働きからシャンプーや育毛剤など幅広いヘアケア剤に使用されています。多くのシャンプーや育毛剤にも使用されていることが、安全性の証明にもなっています。

このように、フィンジアに使用されているのは、肌に使用しても大丈夫なものや飲んでも大丈夫な成分ばかりです。

また、昔から生薬として使用されていた成分なども多く、安全性は非常に高いと言えます。

塗り薬である点も副作用のリスクが低い証

育毛剤には、フィンジアのような頭皮に塗布するタイプと、飲んで服用する錠剤タイプが存在します。

一般的には、効果が高いのは内服タイプの方ですが、その分内服タイプは副作用を引き起こすリスクも高くなっています。

そのため、効果は高いにも関わらず飲み薬タイプは敬遠されることも多いのです。

ここでは、手始めに錠剤タイプの育毛剤とはどういったものなのかをついて詳しくご説明します。

錠剤タイプの育毛剤の基本的な3種類

錠剤タイプの育毛剤の数は頭に直接塗布するタイプよりも圧倒的に少なくなっており、内服タイプの育毛剤を使用している方は、基本的に下記のいずれかを使用しています。

  • プロペシア
  • フィンペシア
  • ミノキシジルタブレット

どの製品も非常に強力な効果を持っている反面、副作用のリスクもやはり高くなっています

プロペシアってどんな育毛剤?

プロペシアは抜け毛を防ぐために適した育毛剤となっています。

これは、フィンジアに含まれるフィナステリドという成分に、薄毛の原因である悪玉男性ホルモンの発生を抑制する働きがあるからです。

実際に、AGA(男性型脱毛症)予防効果は97%~98%と非常に高く、1年使用した方でおよそ6割、3年使用した方でおよそ8割の方が効果を実感しています。

ただ、薄毛を食い止めたい方には非常に向いていますが、この成分に発毛効果があるわけではないので、髪を生やしたい場合には後述のミノキシジルタブレットと組み合わせると効果的です。

フィンペシアってどんな育毛剤?

フィンペシアは、先程ご紹介したプロペシアのジェネリック医薬品です。

そのため、プロペシアと比べて価格が非常に安価であり、プロペシアの5分の1程度の値段で購入できることが特徴となっています。

また、プロペシアは医師の処方箋が必要ですが、フィンペシアはジェネリックであるため処方箋は必要ありません。

ジェネリックであるため、効果はプロペシアの8割~9割位と言われていますが、それでも価格や利便性からこちらを利用している方も多いです。

ミノキシジルタブレットてどんな育毛剤?

ミノキシジルタブレットは、その名の通りミノキシジルが主成分の育毛剤です。

ミノキシジルは元々高血圧の治療薬として開発されたものであり、血管を拡張させて血行を良くする効果があります。

髪への栄養は血管を通して届けられるので、血行促進を行なうことで髪の成長を促すことができるというわけです。

また、細胞を活性化させる効果もあるため、髪の元となる毛乳頭細胞や毛母細胞の働きを活発にして育毛や発毛をサポートしてくれます。

飲み薬タイプは効果が非常に強力

上記の3種類の育毛剤は非常に効果が強力です。

そのため、効果が通常の製品と比べて実感しやすく、短期間で現れやすいということも大きな特徴となっています。

この特徴から現在も利用者が多く、ネット上でもその効果の高さを証明するコラムや口コミを多く見かけることができます。

なんと1ヶ月程度で効果を実感できたという声も!

効果の強力な飲み薬タイプの育毛剤を使っている方の中には、なんと1ヶ月程度でその育毛効果を実感できたという方もいらっしゃいました。

症状が初期状態であったのだとしても、1ヶ月という短期間で症状が改善した方がいるのは驚きですよね。

また、他にも2~3ヶ月で症状の改善が見られたという方も複数いらっしゃいましたので、その効果は本物のようです。

組み合わせて使う人も多い

上記の3種類の育毛剤でプロペシアとフィンペシアはジェネリックということもあって効果もほぼ同じですが、ミノキシジルタブレットはどちらとも効果が異なります。

つまり、プロペシアとフィンペシアにはない作用がミノキシジルタブレットにはあり、ミノキシジルタブレットにはプロペシアとフィンペシアにはない作用があるのです。

そのため、プロペシアやフィンペシアとミノキシジルタブレットと併用しているという人も多くいらっしゃるようですよ。

飲み薬タイプはデメリットも多い

ここまで、3種類の内服タイプの育毛剤の特徴をご紹介してきましたが、どれも育毛において非常に魅力的なものばかりでした。

ただ、メリットが多い反面やはりデメリットも多く存在します。

ここでは、そんな内服タイプの育毛剤のデメリットについてご紹介していきます。

飲み薬タイプのデメリットその1:副作用も強力

先程のどれも非常に強力な効果があるということをご理解いただけたのではないでしょうか。

しかし、その分副作用が現れた際には症状が重いことも多いです。

具体的には、プロペシアやフィンペシアは性欲減退や鬱病など、ミノキシジルタブレットは発作や目眩などが引き起こされる可能性があります。

これらは、製品に含まれるフィナステリドの男性ホルモン抑制効果やミノキシジルの血管拡張効果によって起こるものですので、正に諸刃の剣と言ったところでしょうか。

副作用が強力なわけ

飲むタイプの育毛剤の副作用が強力な理由としては大きく分けて2つあります。

1つ目は、単純に薬の効果が強力なためです。

効果が強力な薬は、基本的にその副作用も強いものが多くなっています。

2つ目は、頭皮よりも粘膜からの摂取のほうが吸収効率が高いためです。

体外から摂取するよりも体内から摂取したほう吸収効率は高くなっているので、副作用もより現れやすくなるというわけです。

飲み薬タイプのデメリットその2:効果が全身に作用する

フィンジアのように頭に塗布するタイプの育毛剤の場合、その効果は主に頭部周辺にピンポイントで作用します。

しかし、飲み薬の場合は効果が及ぼされるのは体全身となってしまいます。

そのため、効果や副作用が期待通りの形で現れないというケースもあるようです。

実際に、髪ではなく体毛が濃くなってしまったり、男性はED(勃起不全)になってしまったり、といった望まぬ結果を招いてしまった方もいらっしゃいます。

フィンジアは頭皮の奥にピンポイントで届く

フィンジアはスプレータイプのボトルを採用しているスカルプエッセンスです。

気になる部分に直接塗布する仕組みになっているため、内服薬のように体内で吸収され全身に効果を及ぼすということもありません。

「じゃあ、同じように髪や頭皮にも吸収されにくいのでは?」

と考える方もいらっしゃいますが、フィンジアはこの課題を解決するためにゲートアクセス理論という独自の理論を用いています。

成分にカプサイシンを配合することで固く閉じた頭皮の毛穴を開き、成分の浸透率を高めているというわけです。

よく辛いものを食べると全身から汗がどっと吹き出すことありませんか?

あの原理を利用してしっかりと頭皮の奥まで成分を届けているのがフィンジアの特徴なのです。

飲み薬タイプのデメリットその3:入手に手間や時間がかかる

効果が高いにも関わらず内服タイプの育毛剤が敬遠されているのは、副作用の他に入手に手間がかかることが挙げられます。

内服タイプの育毛剤を使用したいと思った場合には、下記のようにして手に入れる必要があるのです。

  • プロペシア:専門のクリニックで処方してもらうor海外などから個人で輸入する
  • フィンペシア:海外などから個人で輸入する
  • ミノキシジルタブレット:海外などから個人で輸入する

このように、塗布するタイプの育毛剤とは違ってドラッグストアやインターネットで簡単に購入することができないことも内服タイプの大きな特徴です。

また、個人輸入を行なう際に正規品ではなく、粗悪品を掴まされるというケースもありますので、そのリスクも考えるとなかなか手を出しづらいというのも頷けます。

詳しい個人輸入の方法

育毛剤を個人輸入しようと思ったら、まず個人輸入代行サービスを行っている業社を探すところから始まります。

こちらはインターネットで探すことができ、その業社に商品を注文することで商品が自分の元に届くという仕組みです。

しかし、ここで注意が必要なのは商品は注文した業社からではなく、海外の業社から発送されてくるという点。

具体的には、顧客→個人輸入代行業者→海外業社→顧客という流れが、商品注文から到着までの流れとなっています。

代行業者が輸入した商品を顧客に発送することが法律で認められていないため、どうしてもこのようなややこしいルートとなってしまうのです。

個人輸入の危険性

個人輸入のリスクは、粗悪品を掴まされたりすることだけではありません。

何よりも怖いのが、もし薬の使用で不都合が起きた場合でも全て自己責任であるという点です。

日本のクリニックで処方されたものや市販の製品であれば、保証などが付いているものも多いですが、個人輸入したものにはこういった保証は一切ありません。

しかも、効果が強力で粗悪品を掴まされる可能性もあるので、個人輸入を行なう際にはそれなりの覚悟が必要です。

フィンジアは分類的にも副作用が起こりづらい

育毛剤には大きく分けて下記のような3種類の分類があります。

  • 医薬品
  • 医薬部外品
  • 化粧品

医薬品が最も効果が強力とされており、下にいくほどその効果は緩やかになっています。

厚生労働省によってそれぞれ明確な規定で分類されていますので、ここではそれぞれどのような特徴を持っているのか詳しくご説明いたします。

医薬品の育毛剤とは?

医薬品の育毛剤は、厚生労働省から効果があると認められた製品のことです。

現在、日本でこの医薬品と認定されているのは、大正製薬のリアップのみとなっています。

購入の際には必ず薬剤師からの説明を受けなければならず、効果が強力な分副作用も強力となっています。

リアップが公式に発表したデータによると、リアップを使用して副作用が起こったのは約8%ということです。

医薬部外品の育毛剤とは?

医薬部外品の育毛剤は、厚生労働省から効果があると認められた成分を一定量含む製品のことです。

インターネット上やドラッグストアで販売されている育毛剤のほとんどがこの医薬部外品であり、人気の育毛剤であるチャップアップやBUBKAなどもこちらに分類されます。

医薬品よりも効果は緩やかで副作用の心配もほとんどないため、副作用が心配である方でもこのタイプの育毛剤であれば安心です。

化粧品の育毛剤とは?

化粧品の育毛剤は、厚生労働省によって効果があると認められた成分を含まない製品です。

フィンジアはこの化粧品に分類されています。

「厚生労働省から認められていないっていうのは効果がないってことなんじゃないの?」

おそらく多くの方がこのように思っているのではないでしょうか。

たしかに、化粧品に分類される育毛剤の中には粗悪品も多いですが、フィンジアのような最新成分を配合されているものもあります。

厚生労働省が成分の効果を調査するには長い期間がかかりますので、厚生労働省に認められていないからといって効果がないというわけでは決してありません

また、効果が緩やかなため副作用のリスクも最も少なくなっています。

育毛剤の使用において副作用が起こる代表例

ここまで、フィンジアの安全性についてご説明してきましたが、そもそも育毛剤における副作用とはどのようなものなのでしょうか。

フィンペシアやミノキシジルなどの副作用は特殊なものについては先程ご説明しましたが、多くの育毛剤でああいった性欲減退や発作といった甚大な副作用が起こるわけではありません。

ここでは、一般的な育毛剤において起こる代表的な副作用についてご説明します。

代表的な副作用1:成分によって起こる頭皮トラブル

育毛剤の使用において最も多いのが成分による肌トラブルです。

育毛剤に含まれる成分によって頭皮が炎症を起こしてしまったり、痒みが発生してしまったりといった症状はどの育毛剤でもたいてい報告されています。

アルコールによる肌トラブル

肌トラブルで最も多いのがエタノールなどアルコール成分による肌トラブルです。

アルコール成分は品質維持や殺菌のためにほぼ全ての育毛剤に配合されていますので、アルコールパッチテストなどで反応が出た人は要注意となっています。

ただ、これらの症状はもともと敏感肌の方やアトピー肌の方からの報告が多いので、肌に問題を抱えていない方は過度に心配しなくても大丈夫です。

アレルギー成分による症状

稀に育毛剤に含まれる成分にアレルギーを持つ方がいらっしゃいます。

たとえば、フィンジアにはビワ葉エキスが配合されていますが、ビワにアレルギーを持つ方はこの成分にもアレルギー反応を引き起こしてしまう可能性もあります。

育毛剤でアレルギー反応を起こしてしまうというパターンは珍しいですが、考えられないことではないので使用前に成分表記はきちんと確認しておきましょう。

代表的な副作用2:使用方法のミスによって起こるトラブル

育毛剤に含まれる成分による頭皮トラブルの次に多いのが、間違った使用方法によって起こる副作用です。

たとえば、薬剤を付け過ぎることによって、正常に乾かず蒸れてしまい悪臭や頭皮の炎症などの元になるということもあります。

そのため、使用する際には必ず用法用量を守って使用するようにしましょう。

むやみに併用をしないほうが無難

育毛剤の併用は育毛業界でも昔から賛否両論となっている話題です。

たしかに、効果の異なる2種類の育毛剤を組み合わせると両方の効果が得られる可能性はありますが、混ぜると商品のそのものの効果が薄くなってしまう恐れがあるのもまた事実。

ただ、どのメーカーに問い合わせても基本的に商品の併用はしないほうが良いという返答でしたので、むやみに商品を併用するのは避けたほうが良さそうです。

育毛剤の正しい使い方

育毛剤を使用するベストタイミングは入浴後です。

入浴後は頭皮が清潔であることに加え、頭皮が柔らかくなっているため成分の浸透率が高くなっています。

また、その後頭皮マッサージをすることで更に効果がアップするので、ぜひ効率の良い正しい使い方で覚えましょう。

代表的な副作用3:抜け毛のトラブル

最後にご紹介するのは抜け毛の副作用です。

髪を生やすために育毛剤を使っているのに、副作用で抜け毛が起こってしまうなんて非常に恐ろしい話ですよね。

でも、この症状は初期脱毛と言ってただの抜け毛ではありません。

初期脱毛は、乱れていた髪のヘアサイクルが正常に戻っている証拠なのです。

育毛剤によってヘアサイクルが元に戻ることによって、新しい髪が生えてきて古い髪が抜け落ちているので一時的に抜け毛が増えますが、古い髪が全て抜けると症状も治まります。

初期脱毛が起こっているということは育毛剤が効いている証拠ですので、急に抜け毛が増えたでも慌てずにむしろ効果が現れていることを喜びましょう。

初期脱毛は1~2ヶ月くらいに起こりやすい

初期脱毛は育毛剤を使い始めて1~2ヶ月くらいに最も起こりやすいと言われています。

ただ、ヘアサイクルには個人差がありますので、最初の3ヶ月くらいまでは抜け毛が増えても慌てないようにしましょう。

また、この症状は育毛剤の効果が強力であればあるほど起こる可能性が高くなっているので、内服タイプの育毛剤を使っている場合などには覚悟しておいてください。

初期脱毛の時に注意すること

初期脱毛が起こっている時、頭部では新しい髪の毛が生えてこようと必死になっている状態です。

そのため、できるだけ頭部に刺激を与えないようにしましょう

抜け毛が落ちるのを防ぐためや頭部を隠すために帽子を被って対処する方もよくいらっしゃいますが、帽子を被ることは育毛の妨げになります。

初期脱毛が起こっている時には周りの目が気になるという気持ちも分かりますが、新しい髪のためだと思ってグッとこらえましょう。

また、抜け毛にダニなどが寄ってくることもあるので、枕カバーも毎日交換するようにしてください

まとめ

度重なる研究によって緻密に配合された成分と利用方法によって、フィンジアはスカルプエッセンスの中でも副作用が起こりにくい製品になっているわけですが、それでも完全に肌や頭皮への影響がないというわけではありません。

体質や髪質は人によって大きく異なりますし、肌への影響もどの部分で表出するかわからない部分が大きいため、フィンジアで副作用が出る可能性はあります。

特に肌が極端に弱いという方や以前他のスカルプケアを使って影響が出た、という方は予め医師に相談してからフィンジアを利用するようにしてください。

また、ちょっとでもおかしいなという症状が現れた場合には継続利用の途中であっても直ちに使うのを中断してくださいね。

魔娑斗選手も愛用しているフィンジア!
▼購入はこちらから▼