どちらが良いのか?フィンジアとチャップアップについて詳しく解説

水色の背景に悩む女性

フィンジアとチャップアップはどちらも巷で大人気のスカルプ製品ですが、経済的な理由でさすがにどちらも使うというわけにはいかない人もいます。

また育毛剤やフィンジアのようなスカルプエッセンスのよう製品を使うなら、より自分に合ったものの方が、効果もスムーズに発揮されると言えます。

そこで今回はフィンジアとチャップアップのどちらが合うかを選んでもらうために、様々な角度から2つの製品をご紹介していきたいと思います。

目次

フィンジアとチャップアップには高い効果が期待できる有効成分が配合されている!

フィンジアとチャップアップは同じ育毛目的で使用する製品ではあるものの、配合されている成分は全く異なるためそれぞれが独自の特徴を有しています。

それでは2つの製品がどのような特徴持っているのかを見てみましょう。

チャップアップには80種類以上の有効成分が配合されているほかAGAにも効果アリ

チャップアップは非常に多くの有効成分を配合している育毛剤であると言えます。

何回もバージョンアップを繰り返しており2017年の現在では、80種類以上の有効成分が配合されています。

その中でも主なものとしてはオウゴンエキスやヒオウギエキスなどが挙げられます。オウゴンエキスとヒオウギエキスには頭皮の血行を促進させるほか、悪玉男性ホルモンであるDHTを抑制する効果があるので、加齢による薄毛だけでなくAGAにも効果があるとされています。

フィンジアに配合されているキャピキシルとピディオキシジルは最新の有効成分

一方のフィンジアにも数々の育毛成分が配合されていますが、中でも高い注目を集めているのがキャピキシルとピディオキシジルという最新の成分です。

キャピキシルにはDHTを抑制するほか非常に強力な細胞修復力があり、毛包を維持し固定する効果もあるほかに、ミノキシジルの3倍の発毛効果を持つとされています。

またピディオキシジルもミノキシジルと同様の効果を発揮するだけでなく、頭皮への吸収力が高いということがわかっています。

さらにどちらもミノキシジルのような副作用がなく安全性も高いというメリットがあります。

よってフィンジアはミノキシジルよりも、安全に使用できる可能性が高い最新の製品であるとも言えます。

フィンジアとチャップアップの値段から両製品を比較してみると?

どのような有効成分を配合しているかも大事ですが、次に気になるのは値段だと思います。

結論から申し上げると単純なコストパフォーマンスで言えば、フィンジアよりもチャップアップの方が上であると言えます。

チャップアップは単価で14,800円となっており、定期コースのセット価格では7,400円となっています。

そしてフィンジアの場合は単価で12,800円となっており、定期コースのセット価格では9,980円となっています。

価格ではチャップアップの方がフィンジアよりも経済的か

ここまで見ると有効成分ではフィンジアの方が優勢に見えますが、セット価格であればフィンジアよりもチャップアップの方が大幅に安いということがわかります。

スカルプ製品は発毛効果を得るために継続使用することが大前提となっているので、定期的に使用するならばより安い方が経済的に助かるというのは言うまでもないのすが、価格に差ができてしまうのは一重にフィンジアの方がより新しい有効成分を含んでいるからです。

キャピキシルなどの最新の成分が配合されている製品は希少価値がある

というのもこちらの配合されているキャピキシルやピディオキシジルは、近年開発された新しい成分なので希少価値も、従来の育毛剤で使われている成分より高いと言えます。

現にキャピキシルを配合している製品はいくつか存在するものの、どれも決して安くはない値段です。

しかしフィンジアにはどの製品よりも多くのキャピキシルが配合されているため、チャップアップより高額になっていてもある意味納得できる価格であると言えます。

フィンジアとチャップアップのどれが自分に合うのか考えてみよう

以上のようにフィンジアとチャップアップについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

どちらも育毛効果を期待できる成分を配合しているのは間違いないのですが、人による症状やお財布事情もあるのでそこから考えて選ぶことも大切ですね。

初心者である場合と生え際の薄毛で悩んでいる人の場合でおすすめするとしたら?

もし初心者の方であればまずはチャップアップを試してみると良いでしょう。

コストパフォーマンスも良くさらに配合されている有効成分の数が圧倒的に多いので、様々な薄毛の症状に対応できると思われます。

そしてフィンジアは今まで色んな育毛剤を使ったけれど、効果が無かったという人におすすめであると言えます。

とくに生え際や頭頂はDHTの発生源となる、5αリダクターゼが多く分布しているため改善しにくいとされています。そういった方であれば最新の有効成分が配合された、フィンジアを使ってみると良いと思います。この記事でご紹介した情報を参考にどちらが自分に合った育毛剤を選んでみてくださいね。

AGA改善には男性ホルモンに有効な成分が必要!フィンジアとチャップアップはどうなの?

これまで育毛剤を試してみても全然改善が見られなかったという方に、フィンジアは是非おすすめと言えるスカルプエッセンスですね。

もちろんチャップアップも豊富な種類の有効成分が配合されていることから、様々な薄毛の症状に効果が期待できると言えます。

今では数百にもおよぶ種類の育毛剤が、ドラッグストアをはじめとした売り場で販売されています。

ただし薄毛の原因がAGAである場合はどの育毛剤を選んでも良いというわけではありません

男性ホルモンを抑制する成分が無ければAGAには効果が無い!

巷で販売されている育毛剤はそのどれもが薄毛に効果がありそうに見えますよね。

しかしAGAを改善するにはどうしても外すことのできない条件があることをご存知でしょうか。

AGAに効く育毛剤の条件それは、5αリダクターゼまたは男性ホルモンを抑制する効果がある育毛剤であるということです。

成分表示から見て今使用している育毛剤に、そのような効果がある成分が配合されていなければAGAを抑制することはできないと言えます。

なぜならAGAの場合は薄毛を引き起こす、根本的な原因を抑制することが最も有効な改善方法だからです。

どちらにもAGAの原因に有効な成分が配合されている

フィンジアにはAGAの原因となる5αリダクターゼや、男性ホルモンの作用を抑制する成分が配合されていますのでもちろん有効であると言えます。

上記でもご紹介しましたがフィンジアはキャピキシルという成分が主となっており、こちらの成分にはDHTを抑制する効果があるとされています。

またチャップアップにもヒオウギエキスやビワ葉エキスといった、男性ホルモンに有効とされる成分がいくつも配合されています。

よってフィンジアとチャップアップの両者とも、AGAが原因となっている薄毛に使用しても効果が期待できると言えるでしょう。

フィンジアとチャップアップは男性ホルモンに効くが実は悪いものでは無い!?

先程も述べましたがAGAによる薄毛を引き起こす根本的な原因は、男性ホルモンの働きが関わっていると言えます。

そのためにフィンジアとチャップアップのような、男性ホルモンを抑制する成分が配合された育毛剤でないと効果が期待できません。

フィンジアに関する記事でもよく言われていますが、男性ホルモンは薄毛の原因にもなる物質ですので、あまり良いイメージを持たれないことが多いと言えるのですが、一概に男性ホルモンが悪いものであると言い切ることもできないのです。

フィンジアやチャップアップの評判が高まる一方で、男性ホルモンに対する誤解が広まっていますので、ここではより詳しく男性ホルモンの働きについて解説していきたいと思います。

テストステロンは本来強く健康な髪を育てるために欠かせないもの

DHTとは男性ホルモンの一種で通常の男性ホルモンよりも強い働きを持つとされています。

通常の男性ホルモンであるテストステロンは、本来髪に悪影響を与えるものではありません。むしろ毛根を強くして髪の毛の成長を促してくれるものなんです。

つまり毛根が強ければ脱毛も防ぐことができますので、抜け毛を減らすにも男性ホルモンは有効であると言えます。

テストステロンの血中濃度が高いとその分、強い髪に育つということが科学的に判明しています。

またテストステロンが濃い人の方が体毛が多い傾向にあることもわかっています。このように男性ホルモンは体に生える毛にとって大切なものであると言えるのです。

男性が薄毛になりやすいのはテストステロンが減少するから

また髪の毛の他にもテストステロンは健康を保つために大事な役割を果たします。

たとえば男性ホルモンの分泌量が多いとガンや、心筋梗塞のリスクが減り寿命も長くなるという研究結果があります。

女性の場合は更年期を過ぎてもあまり減らないとされているのに対し、男性の場合テストステロンの分泌量が20歳前後をピークに減っていきます

そして50代以降はさらに減ってしまうので、より髪が抜けやすくなるというわけです。

フィンジアとチャップアップが抑制するのは悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロン

このようにテストステロンは健康な髪の毛だけでなく、健康な体を維持するために必要なものだったのです。

フィンジアやチャップアップについて調べていると、男性ホルモンについて悪い印象がついてしまいがちですが、それは誤解であったことがお分かりいただけたと思います。

それでは薄毛の原因となる男性ホルモンとはどのようなものを指すのでしょうか。

薄毛を引き起こすのはジヒドロテストステロンという男性ホルモン

その正体はジヒドロテストステロンと呼ばれる悪玉男性ホルモンと呼ばれる物質です。

ジヒドロテストステロンは略称してDHTとも呼ばれています。つまりこのジヒドロテストステロンこそがAGAによる薄毛を進行させる男性ホルモンの正体ということですね。

実はこのジヒドロテストステロンは通常の男性ホルモンである、テストステロンとも関わりの深い物質となっています。

5αリダクターゼがテストステロンを変性させる原因だった!

というのもジヒドロテストステロンは元々テストステロンだったものが変性し、悪玉男性ホルモンとなったものであると言えます。

テストステロンがジヒドロテストステロンになってしまう原因は5αリダクターゼにあります。

5αリダクターゼは酵素の一種なのですがこれには1型と2型が存在し、2型に分類される5αリダクターゼがAGAの原因となるDHTを発生させる元となります。

2型5αリダクターゼは毛根に多く存在しており、これがテストステロンと結びつくと悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンとなってしまうのです。

2型5αリダクターゼは生え際と頭頂部の毛根に多く分布している

AGAでは生え際や頭頂部から脱毛が進行していくという固有の特徴があります。

それは男性ホルモンをDHTに変性させる2型5αリダクターゼが、主に生え際となる前頭部と頭頂に多く分布しているからです。

そのため生え際と頭頂部は5αリダクターゼに影響を受けやすい部分であるとも言えます。

生え際と頭頂部における5αリダクターゼの発生を抑制することが、AGAの改善にとても重要なポイントとなるのは間違いないでしょう。

その点フィンジアとチャップアップには5αリダクターゼによる男性ホルモンの過剰分泌を抑え、頭皮環境を改善する効果が期待できると言えます。

フィンジアとチャップアップを利用する以外に実践したいAGA対策

AGAの改善には5αリダクターゼの働きを抑制する対策がとても重要であると言えます。

フィンジアやチャップアップを使用することもAGAを抑制するのに適しているのですが、この両者は医薬品では無いので毎日使用する以外にも有効な対策が必要となります。

こちらもフィンジアを使うのと同様に毎日続ける必要がありますが、副作用の心配が無いという大きなメリットがあります。

5αリダクターゼを抑制する成分を日常的に取り入れよう

医薬品を使わずフィンジアなどの市販されている育毛業を使用するのであれば、日常生活でも5αリダクターゼを抑制するための工夫が必要です。

たとえば普段の食べ物やサプリメントで5αリダクターゼを抑制するのに効果的な成分を摂取するのも有効と言えるでしょう。

5αリダクターゼを抑制する効果が期待できる主な候補としては、ノコギリヤシ/亜鉛/イソフラボンなどが挙げられます。

ノコギリヤシをはじめとしたこれらの成分はサプリメントでも販売されています。

また亜鉛は生牡蠣/レバー/しじみなどから、イソフラボンは豆乳/納豆/豆腐などの大豆製品に多く含まれています。

フィンジアとチャップアップを使用しながら、これらの成分も毎日の食生活に是非取り入れてみてくださいね。