フィンジアにはアルコールが含まれてる?その影響は?

悩んでいる様子の女性

皆さんはフィンジアという育毛剤の持つ効果やその影響を知っていますか?

育毛剤は非常に多くの成分を含んでいますが、その量や種類はそれぞれ異なっているのです。

今回はフィンジアのに含まれている成分の効果やオススメのポイントを紹介していきます。

目次

アルコールの影響はどのようなものなのか?

育毛剤には多くの成分が含まれています。また、男性ホルモンに効果を及ぼす成分であったり血行を促進させる成分であったり、とその効果も様々です。

そして、そんな成分の中にはエタノールなどのアルコール成分が含まれていることも多々あります。
このような成分は基本的に健康な肌に塗っても悪影響を与えるものではありません。想像してもらうと分かりやすいですが、大人はお酒として飲んでいるようなものなので体に大きな悪影響を及ぼすものではないのです。

しかし、これはあくまで健康で強い肌の方に言えることです。また、肌は強くても頭皮の状態があまり良くない方(ニキビができている、炎症を起こしているなど)は成分から良くない影響を受けてしまうかもしれません。

もしかしたら、アルコールの含まれた育毛剤を使ったことのある方の中には、ヒリヒリすると感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自身の頭皮の状態を確認してから使用する必要がある

実際に、頭皮は悪い状態ではないのに育毛剤を使用して頭皮にかゆみを感じたりヒリヒリ痛みを感じたことのある方は、この成分に対してアレルギーをお持ちかもしれません。

また、肌の弱い方、敏感な肌の方にとって、あまり良くない影響を与えてしまう可能性があります。

どんなに育毛に効果のある成分が含まれていようが、頭皮に悪い成分が含まれていては全くの逆効果ですよね!

もしアルコール成分の含まれた育毛剤を使用する際は、ご自身の頭皮の状態をしっかり確認してから使うようにしましょう。

メリットが多いので育毛剤には配合されていることが多い

肌の弱い方や頭皮の状態が悪い方には悪影響を及ぼす恐れもあるにも関わらず、多くの育毛剤でアルコール成分が使用されています。

これは育毛剤に欠かせない作用がたくさんあるからです。

ここでは、どのような働きをしてくれるのということをご説明します。

余分な皮脂を溶かしてくれる

夏場などは特に発生することが多い皮脂。

そんな皮脂が毛穴に詰まると炎症などの原因になります。

アルコールには余分に発生した皮脂を取り除く作用があるので、炎症を防ぎ育毛剤の浸透力を高めてくれるのです。また、フケやかゆみを抑えてくれる効果もあります。

製品の品質を長持ちさせる

最近では、頭皮状態を悪化させないために無添加の育毛剤も多いです。

しかし、そういった育毛剤は添加物が入っているものに比べて、短期間で品質が悪くなってしまいやすいというデメリットもあります。

そのため、アルコールを配合することによって品質維持をしているのです。

お酒は賞味期限がないですよね。それと同じ効果ということです。

頭皮や容器内で菌が発生するのを防ぐ

アルコール消毒という言葉を聞いたことがありますよね?

アルコールには殺菌作用があるので頭皮において雑菌が発生するのを防いでくれます。

また、育毛剤の容器内は菌が繁殖しやすいので、薬剤の品質維持もできるというわけです。

アルコールの含まれた育毛剤を悪いと決めつけるべきでない

上記のように、アルコールは悪いことばかりではなくメリットも多くなっています。育毛剤の購入を検討中の方で何を買おうかお悩みの方はメリットやデメリットをしっかり頭に入れておきましょう。

では、ここで本題のフィンジアについて話を戻します。フィンジアにはアルコール成分が含まれているのか?フィンジアの持つ有効成分はどのようなものなのかといったことを解説します。

フィンジアにはアルコール成分が含まれている

結論から言うと、フィンジアにはアルコール成分が含まれています。

「じゃあ肌が弱い自分にはフィンジアは使えないな…」

と感じた方そこのアナタ!

実際にフィンジアの利用者の口コミを見てみると、ヒリヒリする感覚や、かゆみを感じた方はほとんどいませんでした。割合にすると1~2%程なのではないでしょうか。

フィンジアは体に優しい育毛剤

フィンジアにはアルコールが含まれていますが、体に優しい育毛剤となっています。

その証拠に、フィンジアは副作用がないことでも人気の育毛剤です。

また、フィンジアは厳密に言うと、スカルプエッセンスという分類になるので、強い刺激を与える成分は多く含まれていません。

フィンジアは話題の最新成分を高濃度で配合!

フィンジアには、薬局やCMで見かける育毛剤には含まれていない「キャピキシル」「ピディオキシジル」という2種類の成分が配合されています。この2つの成分は海外でも話題になっている成分です。

2種類の成分を簡単に説明すると、キャピキシルが抜け毛を防ぎ髪に栄養を与える成分でピディオキシジルが血行促進して育毛・発毛促進を行なう成分です。

また、成分の浸透力を高めるためにカプサイシンを配合していることも大きな特徴と言えるでしょう。

フィンジアは体に優しい育毛剤

アルコールの懸念点とメリット、フィンジアの特徴を挙げてきましたがいかがでしたでしょうか。

フィンジアはアルコールが含まれているものの、体に対しての副作用はなく安心して使用できる育毛剤となっています。

気になった方はぜひフィンジアのホームページをチェックしてみてくださいね!

フィンジアに含まれたアルコールがどうしても気になる人の場合は?

フィンジアに配合されたアルコールによる刺激が、どうしても気になるという方も少なからず存在すると思います。

フィンジアによる副作用の心配はほとんど無いと言って良いものの、人によって体質は異なりますから絶対であるとは言い切れない部分もあります。

しかしアレルギーなどの敏感体質の方に配慮した製品も、数多く提供されているので自分の体質に合わせて選ぶことができます。

アレルギーなどの体質的な不安があるなら成分にもこだわりたい

たとえばオーガニック素材や無添加で作られた育毛剤は頭皮が敏感な方にはおすすめです。

こういった製品は女性用のイメージが強いですが、男性が使ってもなんら問題はありません。

むしろアルコールに反応するといった体質的な問題を抱えているのであれば、育毛剤に配合される成分にこだわった方がより安全に使用できると言えるでしょう。

ここからは育毛剤の成分にこだわりたい方のために、無添加で安全な育毛剤が有する特徴や選び方について解説していきたいと思います。

男女兼用で使えるフィンジアのような製品は頭皮に優しいものが多い

フィンジアなどの育毛製品は髪にではなく、頭皮に塗布することで成分の効果が発揮されていきます。

よって肌が敏感なのであれば地肌への影響にも気をつける必要があると言えます。

健康な髪を育てたいのであれば頭皮が健康な状態であることが大前提だからです。

フィンジアをはじめ育毛剤が肌に直接付けるものである以上、アルコールなどの成分に敏感であるほど特に注意しておいた方が良いでしょう。

育毛剤選びで失敗しないためにもまずは、オーガニックや無添加の製品について解説していきたいと思います。

無添加のフィンジアは男性も女性も使用できて頭皮にも安心

オーガニックと言えばコスメなど女性が使う化粧品などを思い浮かべますが、男性が使用するような育毛剤でもオーガニックにこだわった製品はちゃんと存在します。

もっと具体的に言うと女性用や男性用に分かれているというわけではなく、男女兼用の育毛剤に多いと言うことができます。

男女の性別を問わず使用できる育毛剤はアルコールなどの成分による、頭皮への刺激に考慮して開発された製品となっている場合がほとんどです。

フィンジアもまた男女兼用であり、無添加のスカルプエッセンスですので、刺激をなるべく抑えた製品であると見ることができるでしょう。

男女兼用になっているフィンジアのような製品は刺激が少ない

先程も述べましたがフィンジアのような男女兼用の製品は、アルコールによる頭皮への刺激に関してとくに配慮して開発されていると言えます。

実は男女それぞれで薄毛を発症する原因は違います。頭皮環境によるものだけでなくホルモンなどの要因が複雑に重なっているので、男女別に対応した治療法が存在するのです。

さらに女性の頭皮は男性よりも敏感なのでより刺激の少ない成分にこだわる必要があります。

よって男女兼用のフィンジアも皮膚へのダメージをできるだけ与えないよう、添加物による影響が少ない無添加の製品として開発されているのです。

天然成分を配合している育毛剤なら刺激が少なくて敏感な人も使える

育毛剤のようなケア製品には多種多様な成分が配合されているので、配合されている成分のどれかが刺激となって肌に合わないという人も実は少なくありません。

成分が合わないせいで育毛剤を使用することができなかったという人も存在します。

しかし主に天然由来の成分を配合し無添加で作られている製品なら頭皮への刺激も少なくて済みます。

敏感肌の男性も安全に使用できるため肌が弱いという方にもフィンジアはおすすめできると言えるでしょう。

フィンジアは添加物をなるべく省いているがアルコールに弱い人はその点にも注意しよう

近年はオーガニックやフィンジアのような無添加の製品も着々と数を増やしています。

また男女兼用で使用できる製品が多いので、性別を気にせずに使用できるという大きなメリットがあります。

とはいえフィンジアは無添加ですがアルコールは入っているので、この点に不安がある人は本当に添加されていないのか、という部分についてもきちんと確認しておく必要があると言えます。

ここでは安全に育毛剤を使いたいという方のために無添加の育毛剤を選ぶ際のポイントについてご紹介していきたいと思います。

植物性オイルは添加物と同じように刺激のある成分なので注意

オーガニック成分を使用している製品でも中には、化学成分を使用している場合もあるので注意が必要です。

たとえば石油系由来の化学合成物質を使用していたり、香りを付けるための香料を使っていたりする製品などがあります。

よってパッケージに無添加などの文字が記載されていたとしても、成分表示からどのような成分が配合されているのかしっかりと判別することが大事です。

特に注意しておきたいのが植物オイルを使用した製品です。こちらも肌への刺激があるのですが、植物由来とすることができるので誤解してしまう人が後を絶ちません。

かぶれなどの症状が出やすい人は特に気をつけた方が良いかも

また先程からも述べていますが頭皮への強い刺激を持つ、アルコール成分にも気をつけておきましょう。

フィンジアにも含まれていますが主に製品の品質を保つための防腐剤としての役目を持ちます。

製品の質はどうしても劣化するものですから、少しでも維持するためには仕方のないことなのです。

しかし殺菌効果がかなり強いという特性を持っているため、頭皮を守るために必要な皮脂や常在菌まで洗浄してしまうといったデメリットがあります。

フィンジアはほかの添加物をなるべく排除しているため、あまり刺激の強い製品でないと言うことはできます。

しかし、かぶれなどの症状が出やすい人は無添加のほかに、ノンアルコールであることも重視して製品を選ぶと良いでしょう。

フィンジアのように無添加にこだわり、さらにノンアルコールの製品も増え続けているのはなぜ?

オーガニックや無添加の製品がどんどん注目を集めている昨今、フィンジアのように育毛剤にも成分にこだわる傾向が徐々に強くなってきています。

これまでは添加物入りでも薄毛を止めるために育毛剤を使用していた

フィンジアなどのスカルプケア製品はそのように悪化した頭皮環境を改善するための成分が多数配合されていますが、多くの場合は同時にアルコールや香料などの添加物も含まれています。

香料などの添加物は気になるところですが薄毛になったら、育毛剤を使用しなければどんどん進行していってしまいます。

薄毛を発症するそもそもの原因は頭皮環境の乱れです。男性ホルモンによる毛乳頭細胞の弱化や加齢によって、頭皮の血行不良などが原因となり頭皮が弱ってしまいます。

このように今までは添加物が入っていても、薄毛を止めるためにやむなく使用するしか無い状況が続いていました。

近年はアレルギー体質の人が増えているので益々使用する成分にも配慮する必要が出ている

フィンジアのような育毛剤は長く使っていかなければ効果を発揮することはできません。

しかし近年ではアレルギー体質を持つ人が増えている傾向にあるため、育毛効果のほかにも化学成分による影響にも配慮する必要が出てきたのです。

用途や効果は異なりますが化粧品と同じくフィンジアのような育毛製品も、頭皮つまり地肌に付けることによって効果を発揮するものです。

つまり肌に付けるものだからこそ育毛剤もこだわりを持って選ぶことが重要になっていると言えるでしょう。