フィンジアに含まれる成分はagaにも効果的!

agaに悩む男性
育毛剤の中で非常に人気の高いフィンジア。そして、男性の薄毛の原因の9割を占めるとも言われているaga(男性型脱毛症)

このagaは男性ホルモンを抑える育毛剤が効果的ですが、果たしてフィンジアにそのような成分は配合されているのでしょうか。

今回は、フィンジアがagaにも効果が期待できるのかということを含まれる成分の効果などから詳しく解説します。

目次

フィンジアに含まれる代表的な2つの成分キャピシルとピディオキシジルが効く

フィンジアの特徴は、何と言ってもキャピシルとピディオキシジルが含まれていること。

キャピシルはミノキシジルの約3倍もの育毛効果があると言われており、ピディオキシジルもミノキシジルと同等の働きをすると言われている成分です。

ミノキシジルは薄毛改善に対して非常に強力な効果を期待できますが、副作用のリスクがあるために使用を敬遠している方も多くなっています。

ただ、キャピシルやピディオキシジルはミノキシジルと同等やそれ以上の効力を期待できるにも関わらず、ミノキシジルのように副作用の心配がありません

フィンジアはキャピシルやピディオキシジル以外にも様々な成分を配合している

フィンジアの魅力はキャピシルとピディオキシジルといった成分だけではありません。
ヒオウギエキスやビワ葉エキスといった天然由来の育毛成分も数多く配合しています。

化学成分ではなく天然由来の成分を多く配合しているため、添加物などが肌に与える影響を心配している方にも安心して利用していただける育毛剤です。

また、成分の浸透力を上げるために、唐辛子などに含まれていることで有名な成分の「カプサイシン」も配合しており、薄毛の改善のこと本気で考え抜かれた商品となっています。

フィンジアはaga改善にも大きな効果を期待できる

薄毛や抜け毛に悩む男性の約9割とも言われるaga
この症状の原因は男性ホルモンにあります。

もちろん、先程の成分の説明でフィンジアの薄毛や抜け毛についての効果はご理解いただけたと思いますが、果たしてこのagaにも効果が期待できるのでしょうか。

結論から言うと、フィンジアはagaが原因の薄毛にも高い効果が期待できます

aga改善のカギはキャピシルとヒオウギエキスという成分

agaの原因は男性ホルモンです。

ただ、男性ホルモンにも筋肉整形などに関わる良い男性ホルモンのテストステロンと、体毛の増加などに関わる悪い男性ホルモンのジヒドロテストステロンとがあります。

そして、agaの原因となっている男性ホルモンは、後者のジヒドロテストステロンです。
このジヒドロテストステロンは、テストステロンが体内の5αリクターゼという酵素と結びついて生成されます。

つまり、ジヒドロテストステロンを生成しないようにするには、5αリクターゼの働きを抑制する必要があるわけです。

フィンジアに含まれるキャピシルとヒオウギエキスという成分は、この5αリクターゼの働きを抑制する効果があるのでその働きには十分期待できそうですね。

フィンジアはagaを改善するのは男性ホルモンを抑制するからだけではない

たしかに、フィンジアに含まれるキャピシルやヒオウギエキスは、agaの原因である男性ホルモンを抑制する非常に心強い成分です。

しかし、フィンジアがagaにも効果的である理由は他にもあります。

たとえば、フィンジアには保湿や皮脂の分泌を抑制して頭皮の環境を整えるために含まれている、センブリエキスやグリチルリチン酸2Kといった成分。

これらの成分が頭皮の環境を整えてくれるおかげで、効率良く育毛を行なうことができるというわけです。

独自のゲートアクセス理論で効率の良い育毛を行える

フィンジアは成分以外にも、ゲートアクセス理論という独自の理論で注目を集めています。

これは、唐辛子に含まれるカプサイシンという辛味成分を配合することで、毛穴を開いて成分の浸透率を上げるというものです。

想像してもらえば分かるとは思いますが、唐辛子がたくさん入っている料理を食べると汗が吹き出しますよね。

その時に体中の毛穴は開いてはいませんか?フィンジアは、このゲートアクセス理論を元に成分の効果だけではなく、その浸透率にもきちんと目を向けている育毛剤と言えます。

フィンジアはagaに対してもきちんと効果が期待できる

フィンジアがagaにも効果を期待できる理由をまとめると、大きく分けて3つあります。

まず、キャピシルとピディオキシジルといったミノキシジルに勝るとも劣らない成分が配合されている点です。

この2つの成分は、ミノキシジルと同等やそれ以上の効果があるにも関わらず、ミノキシジルのような副作用はありません。

次に、agaの原因であるジヒドロテストステロンを生成する5αリクターゼの働きを抑制する、キャピシルやヒオウギエキスといった成分が配合されている点です。

agaを改善するには、ジヒドロテストステロンを抑制するのが最も効果的と言われているので、この効果には非常に大きな期待ができそうです。

最後に、ゲートアクセス理論に基づいてカプサイシンを配合している点です。
これによって成分の浸透率は格段に上がります。

また、保湿や皮脂の抑制など頭皮の環境を整える成分が含まれていることにも注目です。
このようにagaの改善にも充分役立つことが期待できるフィンジアを、皆さんもぜひ一度使用してみてくださいね。

フィンジアはagaに効果的!次は症状について詳しく知ろう!

ここまで、キャピキシルやピディオキシジルなどの成分や独自のゲートアクセス理論によってフィンジアがどれだけagaに効果的であることを解説してきました。

しかし、agaについて詳しく知らないという方も多いですよね。

男性ホルモンによる影響は同じだがタイプによって異なる見た目に!

配合されている成分から見てフィンジアは、男性型脱毛症とも呼ばれるagaにも効果的なスカルプエッセンスであると言って良いでしょう。

男性型脱毛症と呼ばれるように主な原因は男性らしさを司る男性ホルモンが、過剰に分泌されることで薄毛が広がっていく症状となっています。

しかし、それだけでなく実は複数のパターンが存在します。

具体的には、額の生え際から薄毛になっていく、頭頂部の髪が薄くなっていく又は額と頭頂部が同時に薄くなっていく、といった複数のパターンを有しています。

タイプを把握すればより効率的にフィンジアを使えるようになる!

フィンジアを塗布する際には、やはり気になる箇所から重点的に使用していくのが効果的であると言えます。

単に塗布するのではなく、自分がどのタイプか把握した上で使用する方がより効率的にフィンジアを使用できるでしょう。

タイプによっては、男性ホルモンの影響を受けない箇所もあるので、タイプがわかっていればどの箇所に薬液を使えば良いのかも見分けやすくなります。

それでは、agaによって起きる複数のパターンについて詳しく見ていきましょう。

agaは3タイプに分かれる!フィンジアを使って対策するには?

症状が複数のパターンに分かれていると聞くと、なんだか専門的な知識を覚えなければならないのではないかという気がしますよね。

ただ、agaの場合は専門家ではない一般人でもどのパターンか簡単に判断できるように、下記のような3つのパターンに分類されます。

  • M字型
  • O字型
  • U字型

自分がどのパターンに当てはまるかによって、フィンジアの使い方も変わってくるので、以下でより詳しくそれぞれの特徴について解説していきましょう。

M字型は頭部のサイドから進行していくタイプ

前髪が薄くなる又は生え際が後退してくのがM字型のパターンです。

いわゆる生え際の薄毛で有名なM字ハゲというのはこのタイプですね。

M字型は前髪で隠れて見えない場合もありますので、前髪を長く伸ばしている人は気づきにくいかもしれません。

最初は前髪で誤魔化せてもサイドからどんどん進行していきますから、症状が進んでいくとまるでM字のような見た目の生え際になっていきます。

フィンジアを使う際には、やはり生え際をより意識して使用していくようにしましょう

また、頭頂部には予防程度にフィンジアを付けておくと良いでしょう。

O字型はつむじから広がっていくので非常にわかりにくい

つむじから広がるようにして頭頂部の薄毛が進行するのがO字型です。

上から薄毛が広がっていくのですが前髪は残っているので、頭頂部だけが頭皮を露出する形になります。

O字型の場合は初期団だとつむじが正面から見えにくいので、発見するのがM字型よりも難しいパターンであると言えます。

フィンジアを使う際には、頭頂に重点を置いて使っていくと良いでしょう

O字型は区別が付きにくいパターンでもあるので、O字かもしれないと感じたときは定期的に、自分のつむじを写真に撮っておくと早期発見に繋がりますのでおすすめです。

U字型は髪が残らず全体的に頭皮が露出していく

前述した生え際から後退していくM字型とつむじから広がっていくO字型が、同時に進行していくのがU字型のパターンです。

一般的にはU字型と呼ばれることが多いですが、他にもA字型と呼ぶ人もいます。

M字型は頭頂部の髪が残りO字型は生え際の髪が残るのに対して、U字型の場合は最終的に完全に頭皮全体が顕になるのが特徴です。

そのため、U字型は3種類のパターンの中でも、最も広範囲に渡って薄毛が広がっていくタイプであるとも言えるでしょう。

フィンジアを使う場合も、全体的に使っていくことをおすすめします

また進行度によってはクリニックで医薬品での治療も検討した方が良いかもしれません。

なぜagaは異なるタイプに分かれるのか?フィンジア以外の対策が必要になる場合も!

このようにagaにはそれぞれ異なるパターンに分かれているため、フィンジアを使用する際にもどの部分を重視して使うのが異なってきます。

また、どのパターンも同じ男性型脱毛症として見られていますが、それぞれ発症する原因にも異なる特徴が見られます

そのため、フィンジアを使用する以外にもそれぞれの原因に合った対策が必要となる場合がありますので詳しく解説していきたいと思います。

M字型は5αリダクターゼの影響を最も受けやすいタイプ

生え際から後退していくのがM字型の特徴ですが、何故このようなことが起きるのかというと、それは生え際が薄毛の原因となる5αリダクターゼが生成されやすい部位となっているためです。

5αリダクターゼはテストステロンという男性ホルモンと結合することによってDHTという強力な男性ホルモンに変性させます。

5αリダクターゼは生え際に多く分布しているので他の部位よりも、余計にDHTが生み出されやすいというわけなのです。

そのため、M字型の薄毛を改善させるにはフィンジアなどの、男性ホルモンに対抗できる成分を持った製品を、生え際で重点的に使用する必要があると言えます。

O字型の場合は5αリダクターゼ以外にも原因が考えられる!?

つむじから薄毛が進行していくO字型も基本的に原因は同じ仕組みになっています。

O字型の場合は頭頂部で男性ホルモンが、5αリダクターゼによって変性し薄毛が進行していくというものです。

ただ、生え際とは違って頭頂部は5αリダクターゼの生成量が少ないので、本来ならばDHTの影響もそれほど大きく受けない部位となっています。

O字型の場合は5αリダクターゼによる男性ホルモンの変性の他に、生活習慣が原因に繋がっている可能性が高いです。

強いストレスや偏った生活習慣が原因に繋がっている

たとえば、強いストレスがかかると体の中の血管が収縮します。

それによって、血行不良が起こり髪の毛に充分な栄養が届かなくなり薄毛が発症する可能性もあります。

よく精神的なストレスによってハゲるという話を聞きますが、それも血行不良によって髪の毛の成長が妨げられていることが原因となっている可能性が高いです。

また、頭部に近い肩や首の凝りなども、頭皮の血行不良に繋がる可能性があります。

あるいはジャンクフードばかりの食生活や、過剰な喫煙/アルコールの摂取も薄毛の原因となりますので、心当たりのある場合は生活習慣を見直すことをおすすめします。

U字型は頭皮全体への大きな負担が原因となっている可能性が

U字型はM字型と似ていますがO字型も同時に進行していくため、5αリダクターゼの発生範囲がより広い場合に起きると言えるでしょう。

たとえば、頭皮全体に負担のかかりやすい髪型をしている場合は、U字型を発症させる原因に繋がりやすいと考えられます。

髪の毛をきつく束ねるような髪型や過度なパーマ・ヘアカラーなどは、やはり頭皮全体に影響が及ぶので注意が必要です。

U字型の疑いがある場合は、フィンジアを使うことはもちろん、パーマを過度にかけないなど頭皮全体の負担を軽減することを意識して改善に務めるようにしましょう。

フィンジアは医薬では無いので他にも有効な対策を実践しよう!

このようにagaにも複数のタイプがありそれぞれにも、異なる特徴や原因があるので自分の症状についてもしっかりと把握しておくことは大切です。

フィンジアは医薬品ほどの強力な作用は無いので、フィンジアを使う他にも症状に見合った対策を自分で実践していくことが不可欠となります。

自分の持つagaのパターンはどれなのか、フィンジアだけでなくどのような対策を取れば良いのかが分かれば成功への突破口が開くはずです。

▼魔娑斗選手も愛用▼