フィンジアはAGAには効かないと言うのは本当なのか!?

緑の背景に頭に手を当てる男性

薄毛や抜け毛に悩む男性の9割と言われるほど多くの男性を悩ませているAGA(男性型脱毛症)ですが、人気の育毛剤フィンジアはこの症状に効かないという口コミなども多くなっています。

では、本当にAGAに対して効果を発揮しないのでしょうか。

今回は、フィンジアがAGAによる薄毛や抜け毛に対して本当に効かないのかということを調べてみたいと思います。

目次

AGAに効かない育毛剤には男性ホルモンを抑制する成分が入っていない

現在、薄毛に悩む男性の約9割がAGAであると言われています。つまり、男性の薄毛はそのほとんどが男性型脱毛症であるというわけです。

そして、そんなAGAの原因と言われているのがジヒドロテストステロンという悪玉男性ホルモン。

そのため、AGAを改善するためにはこのジヒドロテストステロンが生成されるのを止めなければなりません。しかし、男性型脱毛症に効かない育毛剤は、このような悪玉男性ホルモンを抑制する成分が入っていないことが特徴となっています。

ジヒドロテストステロンを抑制するって具体的にどうやって?

悪玉男性ホルモンであるジヒドロテストステロンを抑制することは、男性型脱毛症の改善にもつながります。しかし、具体的にはどのようにこのジヒドロテストステロンの発生を抑制するのでしょうか。

基本的には、ジヒドロテストステロンは善玉男性ホルモンのテストステロン5α-リダクターゼという体内の酵素が作用することによってできたものです。ですので、5α-リダクターゼの働きを抑制すると自然とジヒドロテストステロンの数も少なくなります。

フィンジアには男性ホルモンを抑制する成分が含まれている

AGAを改善しようと思ったらジヒドロテストステロンを発生させる原因である、5α-リダクターゼという酵素の働きを抑制することが効果的です。

そして、フィンジアにはこの効果がある成分が2種類含まれています。

その中でも、特に効果が期待できるのがフィンジアを構成する代表的な成分の1つキャピシルです。

つまり、フィンジアがAGAに効かないというのは間違いのようですね。

フィンジアに含まれるキャピシルは5α-リダクターゼを抑制する効果を持っている

フィンジアの代表的な成分と言えばキャピシルとピディオキシジルですが、5α-リダクターゼを抑制する効果に期待できるのはキャピシルのほうです。

キャピシルはアカツメクサエキスとアセチルテトラペプチド-3を配合した成分で、このアカツメクサエキスにはビオカニンAというイソフラボンが含まれています。

イソフラボンには5α-リダクターゼを抑制する効果があり、しかも、アカツメクサエキスに含まれているイソフラボンの量はなんと大豆の10~20倍。イソフラボンをここまで配合していて効かないというのは考えづらいでしょう。

フィンジアにはキャピシルだけではなくヒオウギエキスも配合

フィンジアにはキャピシル以外にもヒオウギエキスという成分が含まれています。

この成分にもキャピシルと同じく、ジヒドロテストステロンの生成を抑制する効果があるのでAGAには非常に効果的です。

また、このヒオウギエキスもキャピシルを構成するアカツメクサエキスもどちらも植物由来なので体に優しい成分となっています。

フィンジアが効かないとされる薄毛はどのようなもの?

フィンジアがAGAには効果的ということは含まれている成分からも分かっていただけたと思いますが、効かないタイプの薄毛や抜け毛も存在します。

それがストレス性の薄毛や抜け毛です。ストレスが原因で薄毛や抜け毛を発症している場合は、フィンジアに限らず育毛剤を使用しても効かない可能性が高くなっています。

このタイプは一部が集中的に薄毛に悩まされる円形脱毛症になっている場合が多く、改善する方法はストレスの原因を解決するしかありません。

毛根が死滅している場合にもフィンジアは効かない可能性が高い

フィンジアに限らず育毛剤は活動が弱まっている髪の成長を促すものです。そのため、既に毛根が死滅している場合には、使用しても効かないということがほとんどとなっています。

ただし、相当のことがなければ毛根が死滅することはないので安心してください。

具体的には、頭部に外傷を負ったりヘルメットや帽子などを長い期間被っていたりといった方は要注意です。

このような経験がない場合は、毛根が活動を休止しているだけなのでフィンジアで復活する可能性は充分あります。

フィンジアはAGAに効かないというのは嘘!

フィンジアには、AGAの原因である悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンを抑制する成分がしっかりと含まれています。そのため、AGAに効かないというのは間違いのようです。

ただし、ストレス性の円形脱毛症や毛根が死滅してしまっている場合には、いくらフィンジアでも症状の改善は難しいかもしれません。

もっとも、自身の薄毛のタイプがこれら以外なら、たとえAGAでもフィンジアで改善することは充分に可能なので、ぜひ使用を検討してみて下さいね。

フィンジアが効かないのは使い方を間違っているのかも!AGAが進む前にきちんと確認しておこう

フィンジアの効果を実感するためにはただ頭皮に塗るのではなく正しい使用方法を守ることが肝心です。

AGAの症状を改善するために育毛剤を塗ってはみたものの、いまいち効かないという方も少なくないようです。

育毛剤をはじめとしたケア製品は長い期間使用するものなので効果が出てくれないと困ってしまいますよね。

効果には個人差があるが正しく使用できていない可能性が

しかしそのように成分の作用を実感できないという人ほど、有効な使い方をしていない可能性があります。

お金を支払って購入したのに薄毛が改善しない!と不満に思う気持ちは充分に理解できます。

とはいえフィンジアの効果も個人差がありますので必ずしも、使用した人全員に効果が発揮されるとは限りません。

また育毛効果を実感できない理由は他にも考えられます。

それは間違った方法で使用している可能性です。

間違った使い方をしてしまうと薄毛がどんどん進んでしまうことに

フィンジアをはじめ育毛剤は正しい方法で使用しなければ効果が発揮されることは無いでしょう。

さらに意味のない使い方をしているとAGAのような、進行性の薄毛はより症状が悪化していってしまいます。

しかもフィンジアはある程度時間をかけなければ、育毛作用が発揮されないので時間を無駄に浪費しないためにも、やはり育毛剤の正しい使い方を知っておくべきであると言えます。

とくにAGAに悩まされている方のためにフィンジアをより効果的に使用するための方法についてご紹介していきたいと思います。

フィンジアの使い方を間違っているせいでAGAに効かないと錯覚している可能性が!?

フィンジアにはAGAによる抜け毛や頭皮環境を改善する効果が期待できる成分が豊富に配合されています。

しかし毎日使っていく上で有効成分の効果を、より発揮させるための方法を知っておくことも、成分が効かない事態を避けるためには必要であると言えます。

フィンジアを使う上で重要となるポイントには以下のようなものが挙げられます。

間違えやすい育毛剤を付けるタイミング!髪を洗ったあとはドライヤーしてから使う?

まず基本知識としてフィンジアはシャンプーで、髪を洗ったあとに使うということはご存知だと思います。

ここはフィンジアを購入した方なら当然ご存知でしょうが、重要となるのは髪を洗ったあとで髪が濡れたまま薬液を塗るか、ドライヤーで髪を乾かしたあとに塗るかということです。

この点は育毛製品によって異なるので必ず説明書で確認しておきましょう。

髪を乾かすか否かを確認せずに塗布してしまうと、育毛剤に配合されている成分を充分に浸透させることができなくなります。

フィンジアを付ける際には乾燥させる必要はなくタオルドライ程度でOK

フィンジアの場合も使用方法で間違えやすいポイントとなっています。フィンジアの使用方法ではタオルドライが推奨されており、髪を乾かしたあとに塗布するとは記載されていません。

しかし一部の育毛剤の中にはドライヤーで髪を乾かしたあとに塗布するものもあります。

そういった育毛剤を使用した経験がある人の場合は、フィンジアの場合も同じだと思ってしまっている可能性もあります。

育毛剤に関して初心者である人はもちろんですがそうではない人も、説明書をよく読んで手順を確認しておくことをおすすめします。

髪の長さによっては余計な水分を取るためにドライヤーが必要な場合も

上記のようにフィンジアはタオルドライの状態で使用するのが正しいと言えますが、髪の長さによってはドライヤーが必要になることもあります。

髪が短い場合はすぐに乾いてしまうのでドライヤーは必要ありません。逆にドライヤーを使うと頭皮も乾いてしまい毛穴が閉じてしまいます。

逆に髪が肩にかかるという具合にある程度の長さがある場合は、タオルで水分を拭き取っても水分が多く残っているので、あるドライヤーで軽く水分を乾かしてからフィンジアを付けると良いでしょう。

ある程度髪の長さがある場合は軽くドライヤーして水気を飛ばす

ただし髪を乾かしすぎると頭皮が乾燥してしまいますのでやり過ぎは禁物です。

ドライヤーで余分な水気を飛ばす場合は、ドライヤーを時々とめて水分が残っているかを確認しながら行うようにしましょう。

指で触ってみて髪の根本が湿っていると感じる程度が丁度良いと言えます。

お風呂から上がるとしばらく毛穴が開いた状態になっているのですが、その分フィンジアの成分も浸透しやすくなっています。

よってAGAなどの薄毛を改善したい人には、まさにこのタイミングが有効成分を浸透させるのに最適なタイミングであると言えるのです。

効果がすぐに出ないのはフィンジアがAGAに効かないのではない

フィンジアを使用する前に留意しておきたいことがあります。それはすぐに髪が生えるような効果は有していないということです。

AGAに悩んでいる方の中には育毛剤を使っても効かないと嘆いている方もたくさんいます。

目に見えるような効果が見られないとすぐに、フィンジアを使うことをやめてしまう方も少なからず見られます。

育毛製品は効果が出てくるまで根気よく使用することが大事

しかし育毛製品の大半はすぐに髪の毛が生えてくるということはありません。

フィンジアは次世代の成分であるキャピキシルとピディオキシジルを配合しているといっても、数日くらいで目に見えるような育毛効果を発揮するわけではなく、ヘアサイクルに則って徐々に効果が現れてきます。

よって説明書に従った使い方をしたのにAGAの症状で改善効果が感じられないように見える人もいると思われます。

しかし先程も述べたようにフィンジアの効果が現れるまでには時間がかかるので根気よく使っていくことが前提となります。

どの育毛剤も効果が出てくるまでは最低半年くらいの期間が必要

フィンジアをはじめとした育毛製品の効果が現れてくるのは、早くても3ヶ月からとされており大半は6ヶ月くらいから効果が見えてくるようです。

そのためフィンジアも使いはじめてから半年から1年くらいかけないと、AGAの改善を確認することはできないと言えるでしょう。

他の育毛剤でも効果が出るまでにはそれくらいの時間がかかります。ですから1週間くらいで効果が出てきたという口コミなどは、ほぼ信用できないと思って良いでしょう。

AGAによる薄毛で悩んでいる人からすれば、なるべく早く髪の毛が生えて欲しいという気持ちが先走ってしまいがちですが、どのような育毛製品でも効果が出るまでは、半年かそれ以上の時間がかかりますので根気よく続けていくことが大切です。

効かないと思う前にフィンジアの効果的な使用方法を知ってAGAを抑制しよう

以上のようにフィンジアの効果には個人差があるため使い方によっては、効果を実感できない場合もあると言えるでしょう。

フィンジアはAGAに効果があると言っても、その作用が目に見えるまでにはそれなりに時間がかかります

しかし効果的な塗り方で使用していれば早くて3ヶ月ほどで、AGAの症状を抑制できる可能性もあります。

最初は面倒に感じることもあるでしょうが難しいことは一切ないので、慣れてしまえば半年続けることも充分可能です。

フィンジアを正しく使用しより効果を引き出すことができれば、AGAには効かないと判断するような事態も回避できるでしょう。