結局フィンジアはAGAに効くの?効かないの?

頭を抑える女性

フィンジアはAGA(男性型脱毛症)に効く・効かないと言うのは、口コミなどでも賛否両論です。

また、フィンジアを販売している公式サイトを覗いてみても、AGAに効くということは明記されていません

そこで、今回はフィンジアがAGAに効くのかどうかということを調査していきたいと思います。

目次

フィンジアはAGA に対して効く?効かない?

インターネットが発達した現代では、スマートフォンやパソコンを使って気軽に使用者の口コミを見ることができるようになりました。

「フィンジアを使用したらAGAが改善しました!」

実際に製品を使用した方のレビューを調べると、商品に対してこのような声も多く見つかります。

「フィンジアを使用してもAGAは改善しない!」

一方でこのような声があるのもまた事実です。

フィンジアにはAGAに効果が期待できる成分が配合されている

口コミを見ても真逆の意見があるフィンジアですが、消費者として気になるのは実際に効果があるのかどうかですよね。

調べて見ると、フィンジアにはAGAの原因である男性ホルモンを抑制するキャピシルとヒオウギエキスという成分が含まれていました。

つまり、AGAに対して効果を期待できるというわけです。

しかし、「効果が期待できる成分が含まれている」といきなり言われても、それがどういったものか不安になると思いますので、効果を期待できる理由についても詳しくご説明します。

キャピシルとヒオウギエキスがジヒドロテストステロンをブロック

フィンジアに含まれているキャピシルとヒオウギエキスには、AGAの原因である男性ホルモンを抑制する効果があります。

男性ホルモンは、筋肉などを形成する善玉男性ホルモンのテストステロンと体毛の増加や頭部の薄毛や抜け毛を引き起こす悪玉男性ホルモンのジヒドロテストステロンの2種類で、キャピシルなどが抑制するのは後者の悪玉男性ホルモンのみです。

成分の効果が期待できるのにAGAに効くとは言えないわけ

フィンジアにはキャピシルやヒオウギエキスが含まれているので、AGAに対しても効果が期待できます。

しかし、「フィンジアはAGAに効く」ということを公式サイトなどで発表することはできません。

これには、薬機法(旧:薬事法)に基づいた深い理由があるのです。

フィンジアは医薬部外品ではなく化粧品に分類される

育毛剤は薬機法という法律によって大きく分けて3種類に分類されます。

まず、最も高い効果が期待できる医薬品。こちらは、病気の治療や予防に使用されることが目的の製品です。国から製品に効果があること認めれています。

次に、医薬品よりも効果が緩やかとされている医薬部外品。こちらは、主に病気の予防が目的で利用されます。国から製品に含まれる一部の有効成分が認められています。

最後に、医薬部外品よりも更に効果が緩やかであるとされる化粧品。こちらは、国からの製品や含まれている成分の効果が認可されていないものとなっています。そして、フィンジアはこの化粧品に分類されているのです。

化粧品に分類されているのは最新のスカルプケア成分を使用しているから

フィンジアには、キャピシルとピディオキシジルという2種類の最新スカルプケア成分がどの育毛剤よりも高濃度で配合されています。

キャピシルは医薬品にも使用されているミノキシジルのなんと約3倍もの育毛効果があるという研究結果が出ており、ピディオキシジルはミノキシジルと非常によく似た分子構造で高い発毛促進効果と浸透力が売りです。

しかし、この2種類の成分は最新成分であるため、未だに国からは認められていません。そのため、「フィンジアはAGAに効く!」というようなことを公式サイトで明記してしまうと薬機法に接触してしまうため、効果のある成分が含まれていたとしても公には症状に効くということは言えないのが現状となっています。

口コミの評価を探ってみるとAGAに効くという声が多い

口コミからフィンジアの評価を探ってみると非常に高評価となっています。

そのため、現在効くかどうか分からないという理由で購入を迷っている場合は、実際に使用してみて効く・効かないを判断するだけの価値は充分にあるようです。

効かないと思った場合は使用後の返品も可能

フィンジアには30日間の初回限定全額返金保証が付いているので、もし効かないと思った場合には商品に支払った代金を返金してもらうことが可能です。

ただ、このサービスには注意点が2点あります。

まず、公式サイトからの購入以外ではこのサービスを受けることができません。

次に、2本目以降を使用してしまった場合には、その返金に応じてもらう音ができません。もちろん、1本目の代金は期間内であれば返金してもらえますよ。

AGAに効くとは明記できないが、その効果には期待できる

フィンジアはキャピシルやヒオウギエキスといったAGAに対して効果的とされる成分が含まれています。

しかし、フィンジアに含まれる最新成分は未だに国から認可されていないため、薬機法においての分類は化粧品となっているようです。

そのため、「薄毛や抜け毛に効く!」というようなことを発表してしまうと、法律に接触するので明確に記載することができません。これが公式サイトなどで効果について明記していない理由となっています。

AGAに効く!フィンジアがあれば脱毛症の症状に素早く対処できる

髪の毛の悩みも人によって様々ですがもしもその原因がAGAならば、対処が遅れると脱毛が進んでいき、かろうじて現在残っている髪の毛も減ってしまいます。

フィンジアは男性ホルモンが原因となる男性型脱毛症の対策におすすめのスカルプエッセンスです。

知識が無い人でもフィンジアで対策を取ることが可能!

薄毛だと思ったらとにかく早めの対策が肝心となります。とはいえほとんどの人は頭皮や髪の毛について豊富な知識を持っているとは言えません。

しかし、フィンジアがあれば専門的な知識を持たない人でも対策を行うことができます

できるだけ早くAGAによる薄毛の症状を緩和したいという方には、是非今すぐに試していただきたいスカルプエッセンスとなっています。

ここからはなぜフィンジアが薄毛の対策に効くと言えるのか、そして薄毛はなぜ起きるのかその具体的な原因について解説していきたいと思います。

フィンジアは脱毛対策に効くけれどそもそもAGAの原因はなんなの?

一般的に薄毛にはフィンジアなどの育毛製品を使って対処しますが、闇雲にただ育毛剤を使用しても意味が無いケースもあります。

とくにAGAの場合は原因が男性ホルモンの過剰分泌、という特殊なケースなので髪に良い成分を塗布するだけでは改善できません。

こういった症状の改善にはフィンジアが効果的であると言えますが、男性ホルモンによる脱毛症を抑えるにはまず、脱毛が起こる仕組みについて知っておく必要があると言えるでしょう。

男性ホルモンが5αリダクターゼによって変性し毛乳頭細胞を攻撃する

男性型脱毛症とも呼ばれるAGAはほとんどの薄毛の原因になるとも言われているほどです。

まずはフィンジアを使う前に脱毛が起きる詳しい原因について解説していきましょう。

髪が薄くなる原因には主に頭皮環境の悪化が挙げられます。しかしAGAによる薄毛が現れる原因は男性ホルモンの変性が大きく関わっています。

通常は無害な男性ホルモンであるテストステロンですが、5αリダクターゼという酵素と合体するとジヒドロテストステロンまたはDHTと呼ばれる悪性の男性ホルモンになってしまうのです。

DHTは髪の毛の成長周期であるヘアサイクルを乱す作用を持つ

このDHTという悪玉の男性ホルモンは髪の毛の成長に大きな影響を及ぼします。

頭皮でDHTに変性した男性ホルモンは、髪の成長を司る毛乳頭細胞を弱らせヘアサイクルを乱す作用を持ちます。

通常の髪の毛はまず毛穴から発毛して成長していきます。ある程度の長さまで成長した後は自然に抜け落ちて、あとから毛乳頭細胞によって再び新しい髪の毛が生えてきます。

このようなヘアサイクルによって通常は、髪の毛が抜けても新しく髪を補充することができます。

ヘアサイクルが乱れると健康な髪の毛が生えてこなくなる!?

しかしDHTの作用によって毛乳頭細胞が弱ってしまうと、毛根の働きも鈍くなってしまうので一定の周期で髪の毛を生やすヘアサイクルも乱れてしまいます。

そうなると健康な髪を作り出すことが難しくなり、生えてきても弱々しかったりすぐに抜け落ちてしまったりということが起こります。

AGAではこのような悪玉男性ホルモンによる作用で脱毛が起きる仕組みになっており、フィンジアのような男性ホルモンに効く育毛製品を使わないと、脱毛がどんどん進行していくにつれ残った髪が減っていってしまいます。

フィンジアがAGAに効くのは男性ホルモンを抑制する効果を持つ成分を配合しているから

フィンジアは現在AGAにも効くスカルプエッセンスとして人気を集めていますが、その人気の理由はカナダの化粧品メーカーによって開発されたキャピキシルとピディオキシジルを配合しているからと言えるでしょう。

フィンジアに使用されている有効成分はそのどれもが、育毛効果が期待できる成分ですが中でもAGAに対して効果的と思われるのがキャピキシルとヒオウギエキスですね。

キャピキシルに含まれるアカツメクサエキスがDHTの生成を抑制

フィンジアに含まれている成分の中でもキャピキシルは最も代表的な成分であると言えます。

キャピキシルは開発メーカーの実験により、AGA治療で使用されるミノキシジルという成分を使った医薬品よりも、3倍高い育毛効果があるということが証明されました。

またアカツメクサエキスはキャピキシルを構成している物質の一種で、こちらは頭皮で脱毛を起こす根本的な原因となる5αリダクターゼの作用を抑制することができます。

フィンジアが男性ホルモンによる脱毛に効くとされているのも一重に、このアカツメクサエキスによる効果が大きいと言えます。

アセチルテトラペプチド-3は弱った毛乳頭細胞を修復し髪の成長を促す

そしてもう一つキャピキシルを構成しているアセチルテトラペプチド-3という物質は、とても高い細胞修復力を持つことで有名です。

アセチルテトラペプチド-3が持つ優れた細胞修復力ならば、5αリダクターゼで変性したDHTの刺激によって弱った毛乳頭細胞の働きを修復できると期待されています。

毛乳頭細胞が活性化されれば髪の毛の成長を促すことができ、さらに健康的で太い髪の毛を生やすことも可能になるので、薄毛に悩んでいるなら是非あやかりたい効果であるのは間違いありませんね。

ヒオウギエキスもアカツメクサエキスと同じく男性ホルモンを抑制する

フィンジアに配合されているヒオウギエキスもAGA対策に効く成分となっています。

ヒオウギエキスが持つ効果はアカツメクサエキスに似ており悪玉の男性ホルモンであるDHTの働きを抑制する作用を持ちます。

ヒオウギエキスはベラムカンジンといったイソフラボンを含有しているという特徴があります。

イソフラボンは女性ホルモンに近い作用を持っており、男性ホルモンを抑制することができるためアカツメクサエキスのように、AGAの根本的な原因にアプローチすることができる成分であると言えます。

AGAに効くフィンジアは誰でも安全に薄毛対策ができるスカルプエッセンス!

以上のことからフィンジアにはAGAの根本的な原因を抑制する成分が豊富に含まれていることがわかります。

とくに脱毛を引き起こすDHTを抑制できるキャピキシルやヒオウギエキスの存在はやはり大きいです。

ほとんどの薄毛症状は男性ホルモンが原因となっているそうですから、フィンジアは薄毛対策とても有効であるという話も頷けます。

ミノキシジルのような副作用は無いので誰でも薄毛対策できる

またフィンジアは髪や頭皮に関して深い知識を持たない人でも安心して使用することができます。

AGA治療で使われるミノキシジルは効果が他の育毛剤より大きい反面、心臓負担や低血圧症などの大きな副作用が心配されるデメリットがあります。

フィンジアにはキャピキシルなどをはじめ副作用が心配される成分はほとんど配合されていません。

アルコールなどの成分が含まれているものの、よっぽど敏感な体質でない限りは安全に使用できるはずです。

そのため薄毛症状の対策を早く取りたいという方はまずフィンジアを手にとって使ってみることをおすすめします。

▼魔娑斗選手も愛用▼